FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
そうだ、シカを見に行こう!(^_^)
2014年10月28日 (火) | 編集 |

お久しぶりです、、

ブログの更新もせず、メールで近況報告もしていなかったため、
母から心配のメールをもらいました、、。(ごめ〜!

はい、私「元気ですよ〜〜〜っ!」

日本の帰省(もう1ヶ月も前だわ?)の話を続けて書いてて、
そうしてる間にも、このドイツ田舎生活、いろいろ起こり、
「おお、これを先に書くか?なーんて
欲張っていたら、全部中途半端で止まっておりました。
冬時間も始まってしまったね=日本との時差は8時間よ)

日本帰省の続きの話は、自分が書きながら悶絶しそうになる
『食べ物』の画像の羅列になりそうですが、

今回はあえてドイツ話。(しかも、いつもの森の散歩話)


ペタさんの仕事が変わってから、今までの様に"休日は二人で森へ"
というのも難しくなりまして、

それでも久々に25(土)、26(日)でペタさんが休みだったので
25(土)シカを見に行こう! と、近くの森に行きました。

Schönbuch1
はい、いつもの森ですよ〜。(Schönbuch シューンブーフ)


Schönbuch2
○印の周辺がこの日の散歩の目的地。
自然公園(=森)シューンブーフの丁度 真ん中あたりですな。

Schönbuch3
シカイノシシなどの野生動物が生息している場所には、
地図上に 『鹿マーク』が書かれていますよ。
DAMWILD GEHEGE ダムヴィルト ゲヘーゲ =ダマ鹿の囲い地)

P』マークは駐車場。つまり、森の真ん中ではありますが、
ここのシカの囲い地のすぐ近くまで車で入って来る事ができます。

で、 上の地図の『ダマ鹿の囲い地』上方に、もう一つの
『鹿マーク』がありますね?

私達はまず、そっちの囲い地(柵で囲われたエリア)へ向かいました。

アカジカのエリア1
駐車場から15分ほど歩けば、もうその『鹿マーク』の囲いに到着。(近い近い)

鹿が生息しているエリアは、フェンスや木の柵で囲われています。

鹿の観察小屋1
『鹿の観測小屋 も建っています。
(しばらく来ない内に、いろいろ新しくキレイになってるなぁ)


鹿の観察小屋2
中はこんな感じ。丸太のベンチもあります。


鹿の観察小屋3
こうやって小屋の隙間から鹿を観察します。
(小型の双眼鏡で鹿を探すペタさん)


鹿の観察小屋4
いませんね〜、鹿、、。

本来はもっと早い時間帯、午前中とかに来るべきですわね。
(私達はこの日のんびりと、午後1時ごろに来ちゃったもんで)

アカジカのエリア2
ま、小屋を出て「今日は鹿が見れないかもね〜。」と思いながら
フェンスに沿って歩いてみます。


アカジカのエリア3
すると「お、いたいた!」とペタさん。
(この先 にいるらしい。え〜、見えないけど〜?)

双眼鏡を借りて探してみたら、

アカジカ雄
いた!!
(しかもこっち見てるやん!)

アカジカ雌1
メスの鹿たちも!


アカジカ雌2
いっぱい!


アカジカの群れ
ファミリーやんかー。

みんなコッチを見てるけど。相当離れてるのにな〜。
やっぱ、やつらは人間の匂いとか気配とか敏感に感じ取ってるんだな。


アカジカ
ちなみに、このエリアに生息している鹿は、
Rotwild ロートヴィルト』アカシカ)という種類です。
Rothirsch ロートヒルシュ ともいう呼ばれ方もあります)

シカの囲いの途中途中には、シカについての説明が書いてある
立て看板がアチコチにありまして、それに依るとこのアカシカ
オス(肩高 1m〜1,4m/体重 160kg〜200kg)
メス(肩高 0,9m〜1,2m/体重 90kg〜120kg)


といった体格を持つ、大型の鹿です。

大抵は群れを作って暮らす、赤いシカ野郎


次に、駐車場に近い、もう一ヶ所のダマジカ』エリアへ。

ダマジカのエリア1
お。いきなり、フェンスからそう遠くない所に を見つけたぞ!


ダマジカのエリア2
いた!


ダマジカ雄
マッタリ中のDamhirsch ダムヒルシュ』ダマジカ)です。

さっき見てきた『アカシカ』よりも少し小柄で、体重も半分くらいの鹿。
でも距離が近いのと、手のひらのような角のために、大型に見えます。


ダマジカ雌
ダマジカのメス。
お尻の体毛の模様がカワイイです。


白いダマジカ
なんと『白い』のもいましたよ。


ダマジカエリア3
この子なんて、もうフェンスのすぐそば。

ダマジカの体毛は、季節によって色に変化があるようですが、
全体的に灰色がかっていて、斑点をもつものが多いようです。


ダマジカのエリア4

以前にここシューンブーフの森の、別のエリアダマジカを見た時の
過去ブログがあります。(良かったら見てね 過去ブログ


シカ撮影中
クマ(私)がシカを撮影中。


この日の散歩エリアには、シカに関する楽しい『お遊び』があるのだけど、
長くなったので、また明日にでも書きまーす。m(_ _)m



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

はっ!夜中だわい!


ドイツに戻ればやっぱり必須?(wandern)
2014年07月24日 (木) | 編集 |

お友達 Cさんがドイツに戻ってきました!

とはいっても、ドイツの義父母さんのところへ一時帰省で。

ドイツ人の旦那さんは今回一緒にこちらに来れなかったので
Cさん1人でのドイツ帰省でしたが、
『ドイツに戻ったら、やっぱり "wandern ヴァンダーン"でしょう!

ということで、20日(日曜日)に Cさんとペタさんと私の3人で
森へ ハイキングに行ってきたんですよ。



Cさんが滞在している、義父母さんの住む町(Pforzheim)には
ウチから車で35分くらい。

朝9時頃にお迎えに行って、ちょっと義父母さんとも話をしました。

ペタさん「今日は Schwäbische Alb(シュヴァーベン山地
歩こうと思うんですよね〜。」
アヴェ マリア教会のあるあたりです)

義父さん「ほ〜、そりゃいいね。我々もあの辺はよく歩いたよ。」
みたいなやりとりがあってからの出発でした。

目的地に向かいながらも、ちょっと(いや、結構)寄り道

引き取られなかった14本の柱の前を通ったり、
同じく、その柱のあるBad Cannstatt バート カンシュタットに湧く
"鉄分タップリ!"のミネラルウォーターを味見しにいったり、、。(不味いよ?)

また、エカテリーナ王妃が眠る礼拝堂のある、
Rotenberg ローテンベルク』という丘を登って、

Rotenberg1
Grabkapelle auf dem Württemberg


Rotenberg2
そこからのブドウ畑バート カンシュタットの町の景色を眺めに行ったり。
(なんてのんびり、悠長な )

そんなことをしていて、お昼過ぎに "目的地 その1" へ到着。
Ave Maria アヴェマリア教会です。
(どうしても見せたくなっちゃう教会なんですよね〜)

Ave Maria1
結婚式がこれからあるのか、すでにあったのか、
座席の通路側には『白いリボン』が飾られていました。


Ave Maria2
去年、弟たちがここで "祝福の式" を挙げた時には白いバラを飾ったんですが、
こういったシンプルなリボンも可愛いですねー。


Ave Maria3
アヴェの周りはいつもキレイな花で飾られています。


Ave Maria4
アヴェの森の中で、またちょっと "木漏れ日集め" をして、

いよいよ "目的地 2" というか、本来のハイキングの場所へと向かいました。

しか〜しっ!腹が減っては、なんとやらです。

ハイキング弁当
まだハイキングもしてない内からお弁当タイム』〜♪(PM 1:20頃)

そしてお腹いっぱいになったところで、ようやく歩きだしました。


場所は、アヴェマリア教会からそう遠くない、
Aufhausen アウフハウゼンというところです。
(ここへ来るのは、かなり久しぶりなんだなー)
Cさんと1
天気はあまり良くなかったけど、雨にならないことを祈って、、。


Cさんと2
森へ入る前には、可愛らしい草花が広がる草原を歩いていきます。


Cさんと3
ちっちゃな白い星を集めたような草花や、


Cさんと4
"Margarite マーガレット" の花畑、他にもクローバーが咲き乱れる
原っぱなど、ついつい足を止めて眺めてしまいます。(雑草可愛い)

Cさんと7
森へ向かって、ガシガシと歩いて行くCさん&ペタさん
(んー、ついて行けるかな〜、、)


Aufhausenの森
森の中は全体的に歩きやすい道が続きます。


Cさんと6
頻繁に見かけた、キキョウのような青紫の花


Cさんと5
なんと野生の "Himbeere ヒムベーレ"(ヨーロッパキイチゴ)
あちこちに生っていて、見つけては "つまみ食い" しながら進みました。


Cさんと8

歩き出してから約1時間後に到着したのが
アヴェマリア教会のちょうど真上にあたる山の上に立つ十字架のある所。
 
Kilianskreuz
Kilianskreuz キリアンスクロイツ(PM 2:50頃)


Kilianskreuzから2
そかからの眺め(Deggingen デッギンゲン)う〜ん、お天気が残念。


Kilianskreuzから1
この十字架、こんな 崖の上に立っているのです。

そしてこの辺から山道は、ゴツゴツ石野郎の道が続くので、

ゴツゴツの道
「もう足の裏が痛いわ〜。などと弱音を吐きながら
ちょっと休憩して更に登っていき、最終目的地の礼拝堂に到着〜!


Kapelle1
Buschelkapelle ブッシェルカペレ標高746m)PM 3:30頃


Kapelle2
この小さな礼拝堂に来るためには、こうやって山を登ってこなきゃいかんのね。

このあとは、約30分ほどで下山できたのですが、
なかなか車を停めた場所にたどり着けず、しばらくウロウロ、、、。


Aufhausenの牛
(この辺りで飼育されている牛は、こんな色の牛〜)

結局このハイキングは、約3時間弱でおよそ7Kmを歩きましたが、
なんかもっといっぱい歩いた感じがしました。(足の疲れ具合によると)

車に戻った時には汗びっちょりで、着替えが欲しいくらいでしたが、
雨も降らず、暑すぎず、山歩きには丁度よかったかも。

何より、Cさんが久々のドイツでの山歩きを楽しめたのが良かった〜!
私も3人で歩いたのが楽しかったし。

Cさんは22日に日本に戻ってしまいましたが、Cさんの旦那さんはこの後
ご両親の元に里帰りに来るそうなので、
きっと今から故郷での山歩きを一番楽しみにしてるんじゃないかな〜。

だってね、「ドイツでの休日の過ごし方は?」なんて聞かれたら、
「森の散歩か山登りですかね、、」って私も答えるだろうし。

だってそれしか私の周辺には無いんですもん。(慣れちゃったけど、、)

ま、歩けるうちに、いっぱい歩いておこうと思ったりもしたのでした。


Cさん、お疲れ様でした!
また来年も一緒にハイキング行きましょうね〜!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

やー、しかし山登りには『余計な体重』がほんとにこたえるな〜


桜の中で、まぁびっくり『ラーマ』に会う!
2014年04月09日 (水) | 編集 |

前回(テニスの話)の続きでーす (^_^)

とても楽しくて、ヨロヨロのテニスの練習が終わり、

汗ビッチョリになったTシャツだけ着替えて、
ペタさんとその辺を散歩しました。(まだ午前11時過ぎです)

テニスの後2

テニスコートの脇道を少し登って行くと、


テニスの後1

眩しい新芽の木々向こうに、

テニスの後3

りんごの木があるクラインガルテン der Kleingarten』がいくつもありました。

クラインガルテン(直訳:小さな庭) クラインガルテン


タンポポの絨毯
タンポポと、ドイツでよく見かける白い花の絨毯がとてもキレイです。


クラインガルテン

小さい庭だなんて、とんでも無い。

どのクラインガルテンもかなりの広さがあって、いろんな果物の木や
を植えていたり、野菜を育ててたり。

そんなクラインガルテンを持つのは、ペタさんと私の夢でもあります。


リンゴの木

そして 真っ白なリンゴの花が、とってもキレイ!


りんごの花1

ツボミがうっすらピンク色なので「お、リンゴだ!と解ります。


リンゴの花2

そして完全に咲いた状態は、真っ白


リンゴの花3

やー、桜とはまた違った可愛さですね!


そのままもう少し先に進むと、

Stuttgart Bad Cannstatt バート カンシュタット区が見渡せます。

Bad Cannstatt1
ワイン用のぶどう畑から臨む、バート カンシュタットへの眺め


メルセデスアリーナ
あれはメルセデス・ベンツ・アレーナ(サッカースタジアム)』です。

現在、"酒井 高徳(さかい ごうとく)選手"が所属している
『VfB シュトゥットガルト』のホームグラウンド


Bad Cannstatt2
やはり同じく 白い花を咲かせる木々のあるクラインガルテンがいっぱい見えます。


ライラック
なんともうライラック』(独:フリーダー der Flieder)も咲き始めるところ!


「やー、テニスの後に、気持ちいい散歩したな〜。
と、私はもう満足なのでしたが、

リムブルク(廃墟のある丘)のところもキレイだから寄ろう!
サービス精神旺盛なペタさん。。。(あたしゃ、お腹減りました)

こーいう時に断ると、「なんでやねん!」と悲しがるので行きましたよ。
(帰り道方向ですしねー)


リムブルク1

そうして寄り道で眺めたリムブルク(奥の小山)。

周辺にもポコポコと、リンゴや桜の白い花が満開の木々が見えてます。

ちなみにですが、『リムブルク Limburg』にはこんな思い出が。。。
(いや〜、あれはマジで寒かった!  過去ブログ


リムブルク2
白い花がポコポコの内に、あのリムブルクがまた登れるかな??


そうして今度こそ本当に帰ろう!とした時に、


あーっ!ラーマがいるーっ!
と、ペタさん。

「えー?どこどこー?(ってか、ラーマって何?)



ラマたち1
いました、 ラーマさん 。。。
(白いのと黒いの。馬も一頭おりました)

ラーマ das Lama(またはリャマ) ラクダ科の動物ですってー


ラマさん1
すっごいお澄ましさん。


ラマさん2
この白いラーマさんは、ずっとカメラの前でポーズ決めまくり

や、確かに流し目でお美しいですけどね。しかも桜満開の中で。
アルパカさんとは違うんですねー。)


ラマたち2

こんなところで、こんな動物に会うなんてね。ふふっ
(ペタさんは得意顔)


お腹空いてることも忘れてラーマさん達を見ていました。


さぁ、今度こそ帰るぞ〜!と思ったら、


菜の花畑

菜の花 がとてもキレイでした。(=また寄り道)


なんだか 3度の飯よりも、こんな寄り道が好きみたいです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

それでもシッカリ食べるので、痩せることはないのだよ。(>_<)


子ウシ、増殖中(^_^)
2013年08月26日 (月) | 編集 |

相変わらず、毎週土曜日(または日曜日)の午前中
シューンブーフ Schönbuch という森 におりまして、

7月の森1
「マイナスイオーン!」
とか言いながら歩いてます。

でも 『マイナスイオン』→『森』→『癒し・健康』と結びつけているのは
日本人だけなのかもしれません。

私が言いたいところの『マイナスイオン』というのは
科学用語ではない "和製英語" なんだそうで、ペタさんに
Minus-Ion ミーヌス イオーン』と言っても通じませんでした、、

科学用語『陰イオン』→『negatives Ion/ negativ geladenes Ion/ Anion』


森の中では たまに変わった植物も見かけますが、

7月の森2
こんなキレイな ブルーの羽の昆虫も見かけました。
(姿は "カゲロウ" という種類に似てますかね)

森の様子も徐々に秋へと向かってますが、
まだまだキレイな花も咲いているので楽しいですよ。

森の花2
最近のシューンブーフの森で良く見かけるピンクの花


森の花1
これなんか黄色い花の周りに、小さな白い星が輝いてるみたいでしょ。


約1時間半目安の散歩のあとは、森のそばの農場へ
牛乳(セルフサービス)を調達に。
 
牛乳調達1
<Schönbuchhof シューンブーフ農場>


牛乳調達2
でもって、これが 乳しぼりの様子 でーす。(おいおいおい、、、)

ペタさんとは 毎週交代 で乳しぼりです。


乳しぼりの後は、ちょっくら 牛小屋 を覗きに行きます。

子牛の小屋1
牛小屋の前には 子ウシ用 の小さな囲い小屋(合計で5つ)があって、
そこにはいつも、かわいい ニューフェイス がいるんですよ。

子牛1
ド〜モ〜♪ あたし ニューフェイスでーす。
(おお、キミの鼻の色は白黒半分こだ!

子牛2
コゲ茶色が入っている子ウシもいればー、


子牛3
真っ黒さんもいました。ツヤツヤだねー。


子牛4
好奇心旺盛な子ウシは 近くに寄って来てくれるので、


子牛5
ナデナデ できちゃったりします♪


子牛6
ナデナデ〜(ぺろりっ)かわいいよー、子ウシ

なんと毎週1〜2頭、こんなニューフェイス達が増えてるのです。

そうしてお母さんウシ達が、私達にも新鮮で美味しい牛乳
分けてくれてるんですよねー。ありがとねー。

牛小屋5
そんなお母さんウシ達からは、
「ぬぬっ?まーた オメーさん達けー。」
とでも 言われてるようです。。。


農家のウサギ
ここの農場には、ウサギ も5〜6羽います。


藁のプール
ワラで作られた、手作りプールなんてのも 牛小屋の前にデーン!
置いてあります。(農場のチビッコ達はいいなー)


農家の花
まわりはいつも何かしらのキレイな花が咲いているので、
それらの花を見るのも楽しみのひとつ。


ラズベリー
この農場を経営してるご家族の家は、すごくシンプルながらとても素敵で、
ラズベリー(Himbeere)ブラックベリー(Brombeere)に囲われた庭には、
リンゴ洋梨トマトなどの野菜やたくさんの花など、

それはもう 命と実りがいっぱいの世界 が広がっています。

農場を営むってのは 休む暇もないだろうし、とても大変な事だと思いますが、

なんて素敵な生活なんだろう

と感じずにはいられなくなるような シューンブーフ農場です。

農場の仕事かぁ。。。(想像してみる)
あー、やっぱ私には務まらなさそうだなー。((((


それはさておき、毎週 子ウシ野郎 が増殖中の、
こんな素敵なシューンブーフ農場。

来週は どんな ニューフェイス に会えるか楽しみです。




<おまけ>

おばけアザミ1
牛小屋の外側に咲いてた "巨大なアザミ" のような花。

高さは2メートル近くあります。

おばけアザミ2

あー、びっくりした〜っ!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ウ○コには勝てそうにないんだもん。


今度はヒマワリ(^_^)
2013年07月22日 (月) | 編集 |

夏ですね〜〜!

ここ10日間ほど、気温30度くらいが続いています。
やー、暑い暑い!

森の中は涼しいですけどね。

schönbuch1

そして森の散歩の後は、またセルフサービスの牛乳を調達しています。

その牛乳を提供している牧場そばの "セルフサービスの花畑" は、
(6月半ばに "ルピナス" が咲いてたところ)

花のセルフサービス



ひまわり1

今は "ひまわり" のセルフサービス中です。


ひまわり3
いい顔してますねー!


ひまわり2

ひまわりもラブです。


カモミール1
ひまわりの足元には "カモミール" がたっくさん!


カモミール2
カモミールの花粉を、指先につけては嗅ぎ、つけては嗅ぎしながら
歩きましたよ。(リンゴみたいな香りがします)


ひまわり4
セルフサービス用のひまわりは、まだどんどん咲きそうです。


リンゴの実2
そばにあるリンゴの木からの眺め


花のセルフサービス2
ひまわりの次の準備もされています。何が咲くのかな〜。
(ウチの母:グラジオラスじゃない?)

それにしてもがカラっカラ!植物がかわいそー

そろそろ 一雨 来て欲しい。。。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村