ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
本日のシュヴァーベン(Schönbuchシューンブーフ)
2011年10月31日 (月) | 編集 |
ドイツのおじさん、おばさん、おじいさんも、おばあさんも
森や野原を散歩するの 好きですよね。
(森で若い人たちをあまり見かけません)

うちのペタさんもご多分に漏れず、散歩大好きです。
土日の午前中は、朝食をたっぷりとって、まるで当然のごとく
近くの森に 連れていかれます 連れってってくれます。

よく行くのは、私の住んでいる所から、車で約15分ほどの所から始まる、
S.1 S.2

Naturpark Schönbuch(自然公園シューンブーフ)で
およそ15.6 ヘクタール(156 平方キロメートル)の広さの森です。
S.3
あくまでも「散歩!」なので(ハイキング das Wandern ではなく)
1時間〜1時間半程度で歩いてこれる距離を、コース案内板でチェックします。

S.5
平坦な道がほとんどで、歩きやすいですが、

欠かせないのが、こういった携帯GPS。
S.6
歩きながら位置を確認しないと、車を止めた場所に
たどりつけなくなります。

一度ペタさんがこれを家に忘れて来て、3時間以上
この森をさまよって、足がフラフラになりました、、。

S.7
道が分かれていたら、まずGPSチェーック!

S.8
途中でこういったものがあると、道に迷ったときの目印になります。
「あ、ここ、さっきも通ったよね、、、。」みたいな。

ただ、正規の(?)道を行くと、とんでもない距離を歩くはめにもなります。
なので、GPSを頼りに「道かもしれない」方向へ進んで行くことが多いです。
S.11 え?そっち入っていくのぅ?

        S.12
        はた と立ち止まっては、GPSをチェックするペタさん。

なんかそっち、やばいと思うんですよね。
S.13 暗いし、ぬかるんでるし、

S.14 大木またいでいかなきゃならないし。

S.10
ま、なんとかなるでしょう。天気もいいことですし。


お、前方には我らのベルリンゴ!(車の名称です)
S.15 S.16
ひとりぼっちになってますね。「さぁ帰ろう!もう、お腹減りました。」

※余談ですが、この森を散歩中にすれ違うご老人に
よく「ここはどの辺かしら?」みたいなこと聞かれます。
その後無事に目的の駐車場にたどりついたかどうか、気になります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック