ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
聖金曜日の行列 in Stuttgart Bad Cannstatt
2012年04月09日 (月) | 編集 |
4月6日(金)に、
"Prozession am Karfreitag in Stuttgart Bad Cannstatt"
(聖金曜日の祭礼行列:シュトゥットガルト バート カンシュタットにて )

を見てきました。

この祭礼行列は、1978年以来、毎年聖金曜日 Karfreitagに この
バート カンシュタット Bad Canstatt という町(というか 地区)でも行われて
いて、イエス・キリストの受難 Leidensgeschichte Jesus
(逮捕後の裁判〜十字架刑)
を役者が町なかを移動しながら再現していく
催しです。

Bad CannstattStuttgart の1地区で、まもなく始まる
"春祭り Frühlingfest" や、秋の"市民祭り Volksfest" なども盛大に行われる、
Stuttgartで最も古い地区であります。 (ペタさんの実家もあります。

祭礼1
PM 3:30 演目スタートで、私達が着いたのは約20分遅れ。
催しのある広場 (Unterer Kurpark) はすでに見物客でいっぱいでした。

特設舞台の上で、キリストの受難が演じられますが、最初のプログラムである
"Jesus im Ölberg オリーブ山のイエス" はすでに終わっていたようで、
祭礼2
"Verrat durch Judes ユダの裏切り" により捕われるイエス・キリストの場面と
"Verleugnung durch Petrus ペトロの否認 "あたりから見る事ができました。

祭礼3 祭礼4
 ↑ 連行されていく イエス・キリスト。

祭礼5
同広場 (Unterer Kurpark) の別の特設舞台の上で演じられる "Verhör vor den Hohen Priestern 祭司長の前での審問" の場面。
"アンナスによる予備審問" といわれる場面のようです)

祭礼6
この "キリストの受難" を演じるのは、イタリアのカトリック共同体 (Italienishce Katholische Gemeinde) で、全員がアマチュアの役者 (Laienschauspieler) であり、毎年選抜されてくるようです。

祭礼7
再び連行されていくイエス・キリスト。(次のシーンへと向かいます)

祭礼8
役者達の行列に続いて、見物客も一斉に移動します。
う、すごい人波! なんてこったい! Um Gottes Willen!

移動中も 写真を撮るのに熱中していたら、ペタさんと はぐれました、、。
しかも、携帯 携帯。(ま、最後は駐車場に行けばイイや)

祭礼9
"Verhör vor Pilatus ピラトの前での尋問" の場面。
イエス・キリストが 十字架刑を言い渡されます。

祭礼10

祭礼11
十字架をかついで、刑場のある "ゴルゴタの丘" に向かうイエス・キリスト。

祭礼12
ゴルゴタの丘(と、想定した特設舞台のある Oberer Kurpark )までの道のり
の間に イエス・キリストは、3度 崩れ落ちます。
(後ろでも "荷" をかついでいる、2人の罪人役にもご注目を)

祭礼13
なんとも つらそうな表情です、、。

祭礼14
"Simon von Zyrene hilft Jesus das Kreuz tragen イエス・キリストの
十字架を代わりにかつぐキレネのシモン"
の場面。

この辺で ペタさん発見!(こんな大勢の中、よく見つかったなぁ!

ペタさんと2人で、「上の会場に先回りしよう!」ということで、行列よりも
一足お先に Oberer Kurpark へ。

この間に "Veronika reicht Jesus das Schweißtuch ヴェロニカがイエスに
汗拭きの布を差し出す"
シーンがあったようですが、見損ないました。

祭礼18
なんと ゴルゴタの丘(特設舞台)は、すでに先回りしていた人々でいっぱい!
(でも、なんとか舞台の正面で見よ〜っと

祭礼15
やがて、ゴルゴタの丘に イエス・キリストが到着します。
プログラム "Kreuzigungsszene はりつけの場面"
(私の目の前は人の頭だらけなので、カメラを上にあげて当てずっぽうで撮影

祭礼16
他の罪人2名とともに、十字架にはりつけられるイエス・キリスト。
ちなみに もう午後6時過ぎ。気温も下がってきてるので、役者らも大変です。

あ、このイエス・キリストのふくよかなお腹に注目しちゃダメですよ。
(十字架が起こされた時、このっ腹に 思わずのけぞってしまいました。)

祭礼17
息絶えてしまったイエス・キリスト。

この後、3人は十字架から降ろされ運ばれて行きました。

祭礼19
最後に司祭らしき人達(役者?本物?)がイタリア語とドイツ語で、舞台の上で何か話をして、この催しに集まった人々にお礼の言葉を述べて終了となりました。
(時刻は 午後6時半

政治の仕組みの事といい、宗教行事の事といい、ブログに書こうとすると
「ホントに何も知らないなぁ。」とあらためて自分にガッカリします。
興味がそこに無かったので、知ろうとする気が起きなかったことが原因ですが
少し知ると、いろんなことが繋がってきて、「へぇ〜、そういう事〜
"気付き" に嬉しくなったりもします。

ただ、理解しながら 関係付けをして覚えていくのに、ものすご〜く時間が
かかります。
大事なことさえ忘れていく事の方が多いくらいですから。

でも、ぼ〜っとしてちゃダメですよね。
「自分には難しいよなぁ」と思う事でも、せめて入り口くらいは覗いてみるといいのかもしれません。分からなくなったらやめればいい。

よし、今度は宇宙の謎について考えてみようかなぁ。(半分本気


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大舞台
由麻さんへ

本格的!!街を舞台にした伝統劇なんですね。
ドイツ人ってやることが大きい〜。
世の中知らない事は多いですが、今回もとても勉強になりました!!ブログを見ているワタシも近くで見た気になりました。由麻さん記者だった??


・・携帯 不携帯。とか面白い文章がハマります。
そして、キリストサマたちのお腹に大爆笑(失礼(;´▽`A``
2012/04/09(月) 18:02:01 | URL | URARAN #-[ 編集]
来年は行きます!
すごい、Cannstattでこんなスケールの大きな受難劇があったんですね!!
イタリア人の共同体がやっているというのが、また雰囲気をだしていていいですね(ドイツ人だと、外見がちょっとエルサレムの人々とかけ離れますものね…)。
この寒空の下、イエス役の人は十字架上で何を思ったのかなぁと考えてしまいました。
素敵なレポートありがとうございました!
来年はぜひ、Cannstattの受難劇、見に行こうと思います!
2012/04/09(月) 21:46:53 | URL | しるでぃ #-[ 編集]
URARANさん(^_^)
URARANさん、もし私が記者だったら、そくクビですよぉ。
(要点がかいつまんで書けなくて e-258
でも、ありとうございます。e-466

イエス・キリスト役の人の顔が、ほっそりしていただけに、ぷっくりお腹が「残念っ!」でした。でも寒い中3時間も薄着で(無報酬)頑張ってくれてホント「お疲れ様でした!」と言いたいです。
、、が、ドイツ語でどう言えばいいのか分かりませんe-286
URARANさん、知ってます?
2012/04/10(火) 02:44:14 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
No title
わー、本格的ですね~e-317
こちらの方では、こういう行列は見られないです。
ビール腹のキリストって。。。
笑いました!^^
ドイツの人達って、イースターホリデーはどんなふうに過ごされるんですか?やっぱり旅行とかですか?
2012/04/10(火) 02:45:18 | URL | ミッキー. #TU639gx.[ 編集]
しるでぃさん(^_^)
この催し、Prozessionの意味がよく分からなかったのですが、実際見て「なるほどね」でした。
しるでぃさんの来年のオースターン休暇の予定に、ぜひ組み込んでみてくださいね!

PS:きっとイエス役の人は、現実的なこと(暖かいスープとか)のこと考えてたんじゃないかなぁ。e-454 私ならそれは「ラーメン」ですね!!
2012/04/10(火) 03:12:57 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
アマチュアの役者で構成されてるとはいえ、なかなか本格的でした。
(ま、お腹のことは片目をつぶるしかないですねe-348

ドイツ人の連休の過ごし方は、やはり旅行に出かける人が多いと思います。アウトバーンも渋滞してますし、うちのアパート(11世帯)の駐車場も、復活祭の休暇中、半分以上がずっと空っぽでしたから。e-450
2012/04/10(火) 03:25:49 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
No title
あれれ?沿道に屋台が見えませんが…(;¬_¬)

大阪名物、造幣局の通り抜け(桜ね)では、下を見ればブルーシート、目の前には黒山の人だかり、空に桜***

屋台は稼ぎどきです!!
2012/04/11(水) 00:22:31 | URL | ともち #-[ 編集]
ともち(*_*)
ゴルゴタの丘にむかう沿道で、焼きそばの匂いはだめでしょう、、。e-286
でも屋台たってたら、まず腹ごしらえをしただろうなぁ。
で、演目終了したら ラーメン。

あ、ここドイツだったね、、。e-350
2012/04/11(水) 00:51:39 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する