ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
2011年3月11日 14時46分頃、私は。
2012年03月11日 (日) | 編集 |
さっき迄、日本帰国シリーズの続きをブログに書いていたのですが、
今、一番書きたい事がありましたので、変更する事にしました。

去年の3月11日(金)、私は母と大阪にいました。

会社の定休日と有給休暇を使って、3月9日から2泊3日で 母と京都・奈良への
旅行をした最終日が3月11日でした。
そして、東北地方太平洋沖地震が起きた 14:46 には、大阪伊丹空港向かう
リムジンバスに乗っていました。

15時ちょっと過ぎに 大阪伊丹空港に到着し、「先ずはトイレにでも〜。」と
言う時に、母の携帯にはから、私の携帯には職場の店長から電話がかかって来ました。

店長:「今、すごい地震があったけど、大丈夫!?」
私:「へ? 地震あったの?
店長:「そうだよ! さん(私の事)もお母さんも、大丈夫なの!?」

大阪もその地震の時、震度3程の揺れがあったようなのですが、
バスに乗っていて、まるで気づきませんでした。
職場の様子の事を聞くと、"2階の展示バイクが倒れて、窓ガラスが割れた"
との事でしたが、スタッフ・お客さんともケガ人は出なかったようでした。

店長:「飛行機、飛ばないんじゃないかな?」

ここでやっと、周りの状況を見渡しました。

空港内、やはり様子が変でした。

結局その日は帰りの飛行機は飛ばなくて、大阪のの住まいに
泊めてもらったのですが、そこで初めて 東北地方を襲った津波の映像を見ました。

先々月(1月)に日本に帰国した時に、私の机の上に数枚の年賀状がありました。
その中の一枚は、喪中の挨拶のはがきでした。
"兄が3月11日に○○歳で永眠しました。"

岩手県 釜石市に住む、昔の友人からのはがきでした。

私は彼に地震の後、何もしてませんでした、、。
「岩手県に住んでたよなぁ、、。大丈夫だったかな。」と思うだけで
携帯番号も知っていたのに、電話もかけませんでした。

その事を はがきで知った後も、何の連絡もせずにドイツに戻ってきました。

そして今、胸が痛いです、、。

職場の店長は、私と母親を案じて、すぐに電話をくれたのに
私は あの友人に、何もしませんでした。

ごめん、、、。本当にごめん、、。

今からでも遅くないかな。
手紙書いても、いいかな、、。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/11(日) 04:43:12 | | #[ 編集]
鍵コメさん
コメント入れてくださって、ありがとうございます。
あの時はできなかったけど、今ならできるかもしれません。
何から書いたらいいか、考えがまとまらないのですが、まずは筆をとろうと思います。
お話、嬉しかったです。i-241
ありがとうございました。
2012/03/11(日) 06:57:39 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/11(日) 21:47:28 | | #[ 編集]
鍵こめ2さん
コメント、ありがとうございました。
連絡途絶えてしまった人、ドイツに行く事を連絡せずに
そのままの人、何人もいます。
少しづつでも連絡をとろうと思いました。

ありがとうございました。
2012/03/11(日) 23:29:09 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/12(月) 03:55:24 | | #[ 編集]
鍵コメ3さん
コメント、ありがとうございました。
たとえ返事がこなくても、思い切って手紙書こうと思います。
ありがとうございました。
2012/03/12(月) 06:00:19 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック