FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
大、どんでん返しっ!! (ノ_-。)(とほほ〜 その4)
2018年08月01日 (水) | 編集 |

(あ”〜、8月に入っちゃいましたが、続きでーす)

入院3日目の7月15日 日曜日。

いつも通り、朝5時の点滴から始まりました。
(うむ、もう慣れた。大事無い)

朝6:15 の日の出を迎え、体温・血圧等のチェック。

そして 7:40 朝食。

7月15日朝食
7月15日(日)朝食

おやっ? 何か増えてる!(=^.^=)

いつものブイヨン野郎以外に、何か『エネルギードリンク』が追加。

バニラアイスが溶けて液体になったような、甘〜い飲物。。(しかもぬるい)
これ1本 200ml で、300kcal(1260kJ)ですって〜。

「うわっ!あっま!!」でしたが、それでも体が糖分を欲しがってましたね〜。


8:15頃に、入院して3日目にして初めて検査っぽいことを。
 
注射器3本分の血液をとりました。(そんだけ....)

9:00頃、早くも血液検査の結果がでたようで、
「検査結果もかなりいいみたいよ、月曜日には退院できるだろうって話よ」
と言いながら、看護師さんが追加でヨーグルトをくれました。(^▽^)


10:30頃、ペタさんが来てくれたときに
ちょうど回診で病室に来ていた H先生(このドクターも主任医師の一人)が
「明日(月曜日)には退院できるよ。火曜、水曜はホームドクターの所で
抗生物質を処方してもらって服用してね」
.... みたいな話を
私たちにしてくれまして。(やった〜! とにかく退院〜!!)


炎症の痛みは完全になくなっていたわけではないけれど、
結構普通に動けるし、再度CTをしたわけでもないけれど、
血液検査の結果で炎症もほぼおさまったと判断されたのでしょうね。

ペタさんが看護師さんに "明日は何時ごろに迎えに来ればいいか?" と
尋ねて、11時〜11時半ごろには迎えに来てくれることになりました。

あー良かった良かった♪


7月15日昼食
7月15日(日)昼食

おお〜!! (^▽^) いきなりたくさん!!

鶏肉を細かくしたようなもののソースがけ、ブロッコリーとコーンを
すりつぶしたようなもの、ジャガイモのピュレーに
(多分)ジャガイモのポタージュ。
デザートのミルヒライスは苦手でーす。。。(甘くて)

ゲフッ!!(この量でもうお腹いっぱい)

そして、12:30頃からいつもの点滴(2本)

7月15日夕食
7月15日(日)17:00頃に夕食

Brei(ブライ)という『おかゆ』みたいなドロっとしたもの(あまっ!!)と
再登場のブイヨン。

18:30に太もも注射で、20:20に点滴して就寝。

(あ〜、髪洗いたいな〜〜!! 明日退院したら速攻で洗おうっ!)


そして翌日、7月16日(月)

朝5時の点滴、6:30の体温・血圧等のチェックがあり、
7:20に主任医師の回診(この日は 初日に来た優しそうな K先生

K先生「今日は月曜日です。(知ってらい!)明日、明後日は"何とかかんとか"で、
"どうのこうの" ね」

(きっと昨日の『H先生』と同じ事をおっしゃってるんですよね?)
 
大問題が勃発中!!
(実は『同じ事』はおっしゃっていなかった!)


7月16日朝食
この日の退院をまるで疑わず、7月16日(月)の朝食

Kaiserbrötchen(カイザーブレートヒェン)と穀物食パン一切れと
スライスチーズ1枚とバターにプラムジャム
(さらに両隣りのお二人が、自分たちの穀物食パンを私にくれました)

もりもり食べて、『そろそろペタさんが迎えに来るな〜』と思っていたら、

10:50頃に "今後の献立の説明をする人(コーディネイター?)"が来て、
同室のお二人だけでなく、私にも明日明後日の食事の話したので、

「え? 私はもう今日で退院ですよ?!」って言ったら、

「違うわよ? あなたの退院は明後日の水曜日でしょ?」と。

はぁぁ〜〜〜〜っ?! (*_*)??


同室のお二人も、「そうよ、さっき K先生がそう説明してたのよ?」と。

・・・絶望感に泣きそうになりました。。。(ノ_-。)

なんか、両隣りのお二人が、私を気の毒そうに見ている雰囲気を感じました。
(ああ、ドイツ語がわからなかったのね、、、的な)

え〜、、なんで.....?? これってアレですよね。

大っ、どんでん返しっ!!(ねるとん、懐かし〜)


11:30頃に『迎えに』来たペタさんに、看護師さんに事情を聞いてもらったら、

『点滴は止めて、錠剤の抗生物質に切り替え』
『退院は水曜日』
という決定だったそうです。。。(TT)


・・・もうみんなに『今日退院!』って連絡しちゃったよぉ。
着替えももう無いよぉ。
ってか、髪洗いたいんだよぉぉぉ〜〜っ!! (ToT)


ペタさんは、「とにかく水曜日なんだってさ。仕方ないよ」とだけ。
(なんかムカつく〜〜〜っ!!)

「もう着替えが無いから、あと2日ぶん持って来てっ!!」と喧嘩腰で頼んで、


私、ついに意を決っしました!! (`へ´*)ノ
 
『シャワールームを使ってやる!! 』

(あるんなら、さっさと使えばいいのに、、、)

一応ね、あるわけですよ、シャワールーム
私たち女性の3号室と、野郎どもの4号室共同のシャワールームが。

こう言っちゃぁ失礼でしょうが、
"野郎どもと一緒のシャワールームを使いたくなかった!" のです。(*_*)

だって、トイレも共同のトイレでしたが、明らかに野郎どものうちの誰かが
『おしっこ撒き散らした跡』があったりしてて。

ちなみに病室には更衣室(ロッカーも)あり、そこに洗面台があったので
体だけはタオルを絞って拭いたりしていましたが、

でももう背に腹はかえられぬ!! (髪洗いたいのよぉ〜!)

もう使う!今、使う!っと思ったら昼食の時間で、、、

7月16日昼食
とりあえず、11:40頃、7月16日(月)の昼食

ん〜、何ですかねコレ。
なんかクチャクチャして、ニョッキみたい。(なんか私、無理...)

あとで調べたら、ニョッキですね。これ。
GNOCCHI っていうの? 日本語かと思ってました)

バババッと食べて(少し残しましたが)、

いざ!シャワールームへっ!!(ダッシュ!)

もう、ウッヒョッヒョ〜でしたね。
とっとと使えば良かった!

シャンプーもリンスもして、さっぱり〜!!

清潔になって嬉しくなって、

入院前までの日課(3日に一度の日課)であった、
スクワットもその場で始めちゃったりして。

1時間近くシャワールームを占領したあと、
ドライヤーとかは無いので、憩いの場みたいな部屋のバルコニーで
そよそよと風にあたって髪を乾かしました。

現金なもので、自分がこうサッパリしちゃったら、
「ん? あと2日入院? おっけーおっけー」
なーんて思ってしまっていたのでした〜。

続く。。。。

(今回で完結としたかったんですけどね.....次、絶対に完結させます!)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

同室のご婦人たちに、「あなた何歳なの?」と聞かれて
まぁ、正直に答えたわけですよ。
ぶっ飛んでましたね〜。(笑)
「・・歳くらいかと思ったわ」と言われて、
今度は私がぶっ飛びました(爆)


関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
病院食でげっそりしなくてよかった(ヽ゚д゚)
アジア人は若く見られるよね。更にぽっちゃりだともっと若く見えるかも♪お互いぽっちゃり美人の年齢不詳でステキ人生楽しみましょうね!
でも、でっぷり美人にならないようにお互いぽっちゃりをキープしていこうね!
2018/08/02(木) 15:03:13 | URL | Cyocyo #JzYdd9Jg[ 編集]
Cyocyoさん(^_^)
ちょうど入院する数日前に、部分白髪染めして更に若く見えるタイミングだったのよね〜。
この手は使えるな(笑)
ぽっちゃり仲間、これからもよろしゅうね〜 (≧∇≦)b
2018/08/02(木) 17:17:53 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する