ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
シュヴァーベン花見 2018
2018年04月29日 (日) | 編集 |

この春も行ってきましたよ、
Schwäbisches Hanami
(シュヴァーベンの花見)

場所は、Weilheim an der Teck
(ヴァイルハイム アン デア テック)周辺です。

※Stuttgartの南東、道のりで約45kmくらいのところの町。

今回は右足首を "捻挫" していることもあり (>_<)、
その町中の桜は車の中から眺めて通り抜け、南に位置する
"Limburg"(リムブルク)という小山の下へ。
 
花見Limberg2
Limburg

4月19日(木)快晴!!


花見Limberg4

桜、りんご、洋ナシなどの木がたくさん植えてありますが、
まずはが一斉咲き。

花見Limberg3



花見Limberg5

『花見 Hanami』という言葉もウチの町のローカル新聞の見出し
登場したり、思ったよりドイツに浸透している言葉なのかもしれません。


花見Limberg6

この日は平日でのんびり静かに歩けましたが、
土日ともなれば『花見客』がたくさん集まってくるようです。
・・・とは言っても、日本の比ではないのでしょうけどね〜。


花見Limberg7



花見Limberg8

桜の花かわゆい、かわゆい!!


花見Limberg9
これはリンゴの花。桜の次にブワッと咲いていきますね。


花見Limberg10
菜の花の黄色い絨毯も、もうあちこちで見られるようになりましたよね〜。


花見Limberg11
Limburgをくるりとめぐり、Hepsisau(ヘプシスアウ)という小さな地区を抜け
更に南側を登って登って(車でね〜)の高台からの眺め。


花見Limberg12
もっと登って登って〜、、、からの眺め。(笑)
左下の赤い屋根屋根のところがHepsisau

桜の木に囲まれたこのHepsisau。
地区の『Wappen(紋章・ワッペン)』"サクランボ " が描かれてるのが
なんとも可愛いのです。 (=^.^=) Hepsisau(Wikipedia)


まぁ、わざわざLimburgまでやってこなくても
ウチのとこ周辺でも同じような『シュヴァーベンの花見』はできますけどね。

天気がいいと、(捻挫していようが)ちょっとだけ遠出もいいかな?
って思いますね。


次は、わたし的には遅ればせながらの
"アスパラ野郎フィーバースタート"のお話でーす。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

やっちまった〜。今度は右の人差し指、やっちまったなぁ、おい〜っ!
もういやん!!(>_<)


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
近くまでいらしてたんですね(^^♪
こんばんは~
おお、ここまで遠征されてたんですね!
ここの桜とリンゴの木は有名です。
今日はKUROSEさんに行こうか?どうしようかと思いながらドイツ料理となりました、ハハハ。

怪我、早く良くなってくださいね(^^♪
2018/04/29(日) 22:43:11 | URL | アルペン大好き #-[ 編集]
アルペン大好きさん (^_^)
ありがとうございまーす!!

この時期は、アヴェマリア教会に向かう時などに、『Teck〜、Limburg〜』と
ポコポコと白く咲く果樹園の木々を車中から眺めるのが楽しかったりします。
あの風景は遠くから見ても可愛いですよね〜。

KUROSEは週1〜2回程の平日で入ってますよぉw
またアルペン大好きさんたちがお越しになる日と重なるといいな〜♪
2018/04/30(月) 17:28:56 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する