ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
夏の思い出(って、やっぱチャリかいっ!)
2016年09月21日 (水) | 編集 |

お久しぶりでございます。m(_ _)m

急に寒くなりましたねー。

9月だと言うのに先週までは30度超えるような暑い日が続いてましたが、
昨日(9/19)の朝なんて、ウチんとこは体感温度9度とかで。

何、このいきなりの気温差!!(~_~;)
秋を通り越して、冬が来た!みたいな。

特に予定も無い日だったんで、ずっと布団に包まっていましたよ。。。

振り返ってみれば、今年の夏は(今年の夏も?)
特にどこかへバカンスに出かけるでも無く、
バイト〜、部活〜、テニス〜の繰り返しで終わったような。

そして今年の夏の最後の思い出は、
やっぱ チャリですかね〜。(はい、チャリ話スタート)


先日ペタさんもようやく『おニューのチャリ』を得まして、
(私からの誕生日プレゼントねー、370ユーロのヤツねー)
隣りの、もひとつ隣り町、Denkendorf(デンケンドルフ)にある
古い教会まで一緒に走ってきましたよ。
(そんな遠くないの)

ペタさんのチャリと
ペタオヤジのオヤジ色のオヤジチャリ。


Kloster Denkendorf1
Kloster Denkendorf
(デンケンドルフ修道院)

この小さな町のシンボル的建物で、現在はエバンゲリッシュの教会です。

Kloster Denkendorfパンフ
全体は、まぁこんな感じ。(^▽^;)


Kloster Denkendorf2
歴史はさかのぼる事1128年頃に始まり、当時エルサレムへの聖地巡礼は
遠いし非常にコストがかかるので、ここをエルサレムの代わりというか、
祈りをささげる参拝の場所にしちゃおうと登場したようです。

『Klein Jerusalem』(小さなエルサレム)

この周辺の地域では、今でもそんな風に呼んでいるそうですよ。


Kloster Denkendorf3

そして、神秘的というか、ちょっと不気味な感じがする場所が
地下にあります。
 
Kloster Denkendorf4
Krypta(クリュプタ)と言って、『地下墓室』があります。
エルサレムにあるキリストの墓をイメージしており、

キリストの『復活』後なので、空っぽの墓なんですけどね。

多分この地下がこの教会のハイライトなんでしょう。

Kloster Denkendorf5

天井アーチに描かれた絵や、

Kloster Denkendorf6



Kloster Denkendorf7

柱の彫刻など、すごく古いものだと感じさせられます。


Kloster Denkendorfの広場から1

教会の前の広場からの風景。

Kloster Denkendorfの広場から2


小さな湖(池と言うべきか)もあるけれど、それは特別な感じでは無いな。


Kloster Denkendorfの池の周り1

でもその箇所箇所を切り抜けば、木漏れキラキラで
夏の眩しさなんかを感じました。


Kloster Denkendorfの池の周り2



Kloster Denkendorfの広場から3
あら、あたしの素敵なチャリもキラキラ。(≧∇≦)


Denkendorf
帰り道、高台からデンケンドルフの町を一望するのも気持ちいい〜。

で・す・が、、、

実はこの新車ペタさんとの初ライドは、自転車が倒れたり(ペタさんのね)、
チェーンが外れたり(ペタさんのね)、それ故にアップダウンな帰り道を
私も一緒にチャリから降りて歩いたり、しかも近道と思って『いばら』道を
行こうとするもんだから、トゲが足に刺さりまくって、
「いてーんだよ、ここはっ!あたしゃ戻るぜ!!」と大暴れしたり(私がね)、

もうさんざーん (-""-;)

やっぱペタさんとは、あまり一緒に走りたくないなと感じた、

そんな夏の終わりでございました。。。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

最近お気に入りの言葉(セリフ)。
『ケツが毛ダルマ』..... by 銀魂 (≧∇≦)/

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
飯能市の南高麗菜園仲間たちの永山隆です。今、ドイツにお住まいなのですか。のらぼう摘みをした記事を拝見させていただき、その後は拝見していませんでしたが、久しぶりにブログを拝見させていただき、ドイツにお住まいとのことで、びっくりしました。お変わりございませんか。
2016/09/28(水) 23:03:33 | URL | 永山隆 #-[ 編集]
永山隆さん(^_^)
コメントをありがとうございますm(_ _)m
恐れながら、のらぼう摘みの記事を書いていないので、もしかしたらそれは別の方の記事かもしれませんe-263
でものらぼうを検索してみて、飯能市付近で多く栽培されている菜と知りました。
飯能市は実家にも近いので、次に帰省た際は、のらぼう、気にしてみたいと思いますよ(^_^)
2016/10/01(土) 23:46:23 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する