ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
異国にて、ときどき懐古録
2015年07月16日 (木) | 編集 |

一(ひとつ)、人格の完成に努むること
一、誠の道を守ること
一、努力の精神を養うこと
一、礼儀を重んずること
一、血気の勇(けっきのゆう)を戒むること

(血気の勇とは、単にカーっとなって暴力をふるうこと)

これ、何だか分ります?

空手道の心です。

私が子供の頃に通っていた空手の道場に掲げられていた道場訓、教えです。

私は小学校5〜6年生の頃、父が勤める航空自衛隊の基地内の道場で
空手を習っておりました。

もちろん大人の隊員たち、自衛官の子供たちが一緒になって
稽古をつけてもらうわけです。

稽古が始まる前には、道場の床(畳じゃないよ)に正座して、
正面の壁に掲げられたこの『道場訓』を全員で斉唱しました。

きっと他の武道(剣道や柔道や)にも、こういった『教え』
があるでしょうね。(ぜひ聞きたい)

ま、私の場合は『空手』を通して、この5箇条を"人の道"として
心に刻んできたわけです。

こう言ってしまえばカッコイイですが、

さて、そんな大人になれたでしょうか、、、?(*_*)
  

いずれも『空手の稽古を通して〜』を前提にした教えですが、
この道場訓の意味を、簡単に読み解いてみます。
(ほんとはもっと意味深いんだけど)

先ず(1番目を抜かして)、2番目に掲げられている
誠の道を守ることについて。

善悪を見きわめ、善に励み、うそや人の悪口・陰口を言ってはならない。
自分や他人に対し、誠実に真心を持って接する。
悪かった事には素直に反省する心を持つ。

自分:「これ、守ってるでしょ、、。のはず、、。」

.............................................................................................................................

んじゃ次、3番目の努力の精神を養うこと

厳しい稽古や練習は、我慢することと耐える力を養う。
そしてその力は、今後の人生(学校や職場においても)きっと役に立つ。

自分「おほ、おほほほ、、、逃げてるよな〜、自分、、」

.............................................................................................................................

次、4番目礼儀を重んずること

他人に対する思いやりや尊敬、感謝の気持ちを態度や言葉や態度に表す。

空手は礼に始まり、礼に終るといいまして、
道場に入ると、そこに人がいようが、いまいが、礼をします。
"自分がここで稽古できるまでに関わってくれた人たちに対し、
感謝の気持ちをという形で表現する"ということなのです。

自分「感謝の気持ちを忘れ、"な〜な〜" になってやしないか?」

.............................................................................................................................

はい、5番目血気の勇を戒むること

空手を暴力に使ってはならぬ!ってこと。
謝って済むことなら謝り、逃げられるなら逃げる。
これが自分も他人も傷つけないことになるのです。

(例外:相手の不正な暴力によって家族や仲間、大事な人などが危険に
さらされたときだけは必要最小限の技を活用しよう。)

自分「暴力はいかんよ、暴力はっ!でも口では勝てない、、

.............................................................................................................................

では最後だけど最初(1番目)に戻ります。
人格の完成に努むること

実は、2番目〜5番目にあがっていることから返ってくる教え。

自分の心と体を日々の稽古で磨き、正直で正義感のある親切な人、
社会に役立つ人になるための努力をしよう、ということ。

自分「ふ〜〜〜む、、。
日々の怠慢、意志の弱さで心身ともにタルタル。
馬鹿正直でお人好しの空回り野郎。
社会のためになる努力はしてないから、せめて迷惑にだけは
ならないようにしなくては。」


「あ〜、総合的にだめじゃんっ!」

今更だけど、空手、続けてれば良かったな〜。
ずっと背筋を伸ばして、もっと"しゃん"としていられたかもしれない。

そしたら、もしかしたら、心も体も鍛えられて、
こんな凛とした素敵な演武だってできるようになったかも!(ぷぷぷ、無理か)
 

す、、ステキだっ!宇佐美 里香さん


ま、、まぁ私も〜?(かた)の大会』有級の部(茶帯だった頃)で
優勝して金メダルもらったんだけどね〜。

後にも先にも、たった一つの私の金メダル。
まだどっかにしまってあったかなー、、、(>_<)

大会では、"平安四段"という形(かた)をやったな。
("鉄騎(てっき)初段"、"抜塞大(ばっさいだい)"って形も
今でもなんとなーく覚えてるけど)

その "平安四段" も、You Tubeで見つけたわい (^_^)
 

あー、見てると力はいるわ〜〜〜 (*_*)

ふと、こうして思い出したってことには、何か意味があるのかもな。

以上、ドイツと全く関係ないけど、ニューカテゴリー
『ただなんとなく、、書く』でしたー♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

空手は素晴らしいけど、剣道もやってみたかったな〜 (;゜∇゜)
ってか、殺陣(たて)をやってみたい!!

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ニート参上♪
ども。職業:ニートのcyocyoです☆彡
世の中、超スーパーご立派な人もいれば、全然立派じゃない人もいる。でも、世の中の全員がご立派だと、平和な世界が成り立たない気がする。
なので、これからも私は「ゆるい人」担当でいこうと思ってる♪
べ、別に言い訳じゃないからね・・・(@_@)

由麻さんは(ゲームは長めだけど)頑張ってると思うよ('◇')ゞ

道場訓を胸に、今日からむかつく相手への頭突きはやめます!



2015/07/16(木) 15:50:27 | URL | cyocyo #JzYdd9Jg[ 編集]
cyocyoさん(^_^)
何事もバランスなんだけどね〜、、。
cyocyoさん、ゆるい人?(うっそ〜ん、そんなことないやん?)
私、タプタプな人、、、。身体の鍛錬、し、、しないとね(*_*)

頭突き、、!!なんと、最強の技をお持ちですな!(ごちっ!)
ぜひ、血気の勇を戒めてくださいm(_ _)m
2015/07/16(木) 17:55:39 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/17(金) 05:21:11 | | #[ 編集]
鍵コメさん(^_^)
『若い時の苦労は買ってでもしろ』と言いますが、買わずとも、困難に直面することは何度もありますよね。
その時に逃げたか、立ち向かったかは、後に後悔したのか、自信に繋がったのかに別れる部分だと思います。

そして今、もう『若くない』ので苦労をするよりは〜、って楽な道ばかり選んでしまうけど、なんかもうそれでもいいのではないか?って思うのも事実。
ただ、こうしてちょっとでも『そういえばあの時、、、』って懐古すると、また大事な事を思い出せますね。
この記事書いていた間は、なんかもう一度襟を正そうとか、『しっかりしろぃ!』って感じた時間になりました。(*_*)

2015/07/17(金) 06:08:02 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
私は昭和3段。(ただし腹肉)
思い立ったが吉日。というじゃありませんか~♪

ストレッチ代わりに?(笑)平安4段をまた始めて見られたらいかがじゃろうか?

私事ですが、うちの祖母は80歳から始めた水泳で(当時カナヅチだったんだけど)バタフライ以外は全部50メートルくらい泳げるようになったのですよ。
8年ぐらいかかってた気がするけどね。(今は98歳)

別に選手にならなくてもいいと思うのだけど、なんでも出来ないより出来たほうが世界が広がって楽しいじゃない。
ゆるーくなんでもやってみたら、ええんじゃないのん~~~(笑)

その道一筋ってのも素敵だし
多趣味ってのも憧れるわ~~♡
2015/07/17(金) 23:55:42 | URL | のん #-[ 編集]
のんさん(^_^)
昭和三段(腹の肉)。
のんさん、相変わらずうまいな。。。

たまにね、鏡の前でやってみるんですよ、平安四段。
途中で「なんだっ、これ(このプヨプヨ)は〜〜!」と、見るに耐えない自分に卒倒しそうになります。
(ゆわっしゃ〜!!)
「よし、また腹筋運動やるか!?」ってその時は思うのに、気がつけばiPod片手にゴロゴロしてる有様。
リラックマを地でいってるみたーい。

のんさんのばーちゃん、スゴいですね!!
「水泳、やってみちゃう?」って思ったのかな♪
バタフライは流石にされないほうが良いかと、、、
でも、すごい!そのお話、勇気でた!(`へ´*)ノ
2015/07/18(土) 00:51:51 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する