ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
『第三回 壁外調査』(ラクダに乗れるんじゃなかったのか!?)
2015年06月30日 (火) | 編集 |

はい、一部のところでお待ちかねの(?)、

『第三回 壁外調査』
(6月28日 日曜日)

毎週日曜日はですねー、朝9時から11時までの2時間、
テニスではっちゃけているんですよね。
(あ、またテニスの事、書きたいわねー)

重い体なりに、飛んだり跳ねたり、転がったり(前回は仰向けに!)して
もう、帰宅後はシャワーして、ジャンク食って、
あとはまったりとゲームでも、、、

し・た・い・の・にっ!
            したいのに〜〜〜〜〜っ!

たいていはペタさんに「ほれ、行くよ!」
と、どこぞやへと連れ出されてしまうのです。(もしくは庭掃除など)


この日も「あ〜、あとはベットに寝っころがってゲームだね〜」
程よいダルさと、心地良さに埋もれていると、、、

『シャッチ〜!ほら〜、出かけるよ〜?』と
ペタさんが寝室を覗きにくる、、。
(※ペタさんの言う"シャッチー"ってのは『ハニー♡』みたいな呼びかけです)


ペ:『ラクダに乗れるところが近くにあるんだよね〜』との事。

(なにっ!? ちょっと興味出た!これは『調査』に行かねばか?)

というわけで、すっかりダルダルになっていた体を起こして向かったのはー、、

『Kamele mit Herz』カメーレ ミット ヘルツ
(心あるラクダ?...."優しいラクダ" とでも訳しておきますか)

という名前の『ラクダ園』

ゲルトリンゲン地図
そこは、家から道のりで西へたったの約35kmのところにある
Gärtringen(ゲルトリンゲン)という町にあります。
(Stuttgartからも同じくらいの距離ですかね)


ラクダ園1
この『優しいラクダ園』ホームページにもラクダに乗ってる画像が。


ラクダ園2

ええやん、ええや〜ん♪
ラクダ乗ろうっ!


あ、ちなみにこの日は『自由の翼 リュック』ではなくて、

ショルダーバッグ
『自由の翼 ショルダーバッグ』を肩にかけての
壁外調査ですよ。他にトートバッグもあるで?
(え?そんなことどうでもイイ?.... ただの自慢ですわ)


出発は午後2時過ぎで、途中のアウトバーンでは事故渋滞もあったので
この『ラクダ園』付近に着いたのは午後3時過ぎ。

カーナビでも目的地まであと少しの場所に車を止めて
プラプラ歩いていってみようかと。

Waldhöfe1
まぁ、この周辺、農場だの牧場だの、そんな野っ原だらけなので
ナビといっても、なんとなーくあやふやな道案内なのでして。

でもラクダ野郎にも、やっぱこんな広い場所があるとイイだろうしね。(^_^)


Waldhöfe2
「お、なんかいるっ!ラクダかっ!?


Waldhöfeの牛1

『牛』 でした。。。それもかなりワイルドな。

Waldhöfeの牛2
こんな牛、見た事なかったな〜。なんとも立派な角をお持ちで。

でもココに集まってるのは『お母さん牛』と子供達。


Waldhöfeの牛3
この種類の牛には、メスにもこんなスゴい角があるわけです。

「なによあんたー。角もないの〜?」と嘲られてる感じ。(*_*)

写真がないんですが、『お父さん牛』と思われる、立派な牛が一頭いました。
(ん? まぁ、いろんなところが立派なわけで、、、)


で、農道をどこまで歩いて行ってもラクダに会えなくて。


Waldhöfe3
広い空がつづくだけ、、、

「えー、こっちじゃないんじゃないのぉ〜?」

また車に戻って、位置確認。

あー、ちょっと方向が違ってるね〜。(~_~;)
こんなところは、ちょっとの違いでとんでもない場所まで行っちゃうもんね。

で、ようやく目的の『ラクダ園』に着いたには着いたのですがー、、

ラクダ園3



ラクダ園4
日曜日・祝日は、午後2時で閉園やんけ!

(しかもその他は、月曜日・木曜日しかやってない!)


ラクダ園5
外からフェンス越しに、3頭のラクダと2頭のラーマは見えましたけどね。
結構施設はしょぼかった、、


素敵なお尻
最後に近くでお食事中の、3頭の馬の『素敵なお尻』に見惚れてから帰りました。
(草食べてばかりで、あまりこっち向いてくれませんでしたからねー。
お尻でも眺めるしかないよねー、、)


以上、『第三回 壁外調査』終了。


調査結果:営業日・営業時間のチェックは必須です!(当たり前や)
        ま、広い空は気持ちいいし、ほのぼのしたところです。



ただ、"ラクダ乗りたい熱" は、すでにサァ〜っと冷めておりますが。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

月の〜砂漠を〜はるばると〜 旅の〜ラクダが〜行きました〜♪
なんか寂しい感じの歌なんですよね。
この歌の影響でか、ラクダの瞳をのぞくと何か悲しい気分になるんよね(>_<)



関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
壁外調査、お疲れ様です(`・ω・´)ゞ
ペタさんはお出かけ好きなんですね。
私の知るかぎり、ドイツ人でも日本人でも「出かけたくない夫族」が多いので、羨ましいです。(でもテニスの後はまったりしていたいですよね・・・)
ラクダに乗れるなんて面白そう(^O^)
角のある牛さんは、よくそのままにしてあるなと思いました。
牛同士でも人間に対しても危ないし、メスの性格が凶暴になると聞いた気がします。
たいていは、早いうちに角切をしてしまうんですよね。
2015/06/30(火) 17:38:54 | URL | はいでぃ #j3jfKb1k[ 編集]
はいでぃさん(^_^)
ありがとうございます!行って参りました!( ̄^ ̄)ゞ
ペタさんのお出かけ好きは、ずっと変わらないですねー。
「ほっといてちょうだい!一人で行ってきて!」と思うんですが、
悲しい顔をするので(も〜〜〜〜っ!)しょうがなく。
でも出かけてみると、面白い発見もあるので、最後には楽しいかな?

なるほど!メス牛の角、切っておくのが普通なんですねー。
もしかしたらこやつらも、この土地みたいなホノボノ牛なのかもねー(^_^)

2015/06/30(火) 23:30:46 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
立派な角、、とてもワイルド感というか、迫力あり(^u^)
でも角があって絵になりそうなお姿。
なんか、元気よくかけっことかしてるのかな?
ラクダ、砂丘にもいるらしい、牛もこんな感じで大山にいるし。ちょいと懐かしかった(~_~)
2015/07/02(木) 06:46:45 | URL | Shaz #J9gPYW9c[ 編集]
Shazさん(^_^)
ね!かっこいい牛だよね!
そしていいお乳が出るのかなー。
おお、だいせん!(>_<) 楽しい思い出がいっぱいです!!
鳥取砂丘は、小さい頃に一度だけかな?
あー、郷愁を誘う、、、
2015/07/02(木) 09:31:34 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する