ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
シュヴァーベンの花見、スタート!ってことで(^_^)
2015年04月24日 (金) | 編集 |

"シュヴァーベンの花見"が始まりましたっ!

いえね、ウチに入るローカル新聞4月15日の記事にあったんですよ。

新聞記事
Paradiesische Blütenträume
天国のような花夢
Veranstaltungsreihe "Schwäbisches Hanami" startet
一連行事『シュヴァーベンの花見』始まる


ほう、『花見』って言葉は、このシュヴァーベン地方にも定着してるのか?

一応、記事の中で簡単に説明されていましたよ。
花を観賞するという日本語の『花見』は、春に桜の花の美しさを祭りと共に祝う
日本の古くからの伝統ですよと。


この記事で紹介されているのは、Schwäbische Alb(シュヴァーベン山地)
中の一地帯『Albtrauf(アルプトラウフ)に広がる果樹園では
4月から7月にかけて、Kirsche(桜)、Zwetschge(プルーンみたいなの)、
Birne(西洋なし)、Apfel(リンゴ)の木が
シュヴァーベンの花見を開催しますよ。といったもの。

こういった記事を見ちゃうと、すぐにウズウズして
出かけたくなっちゃう『ペタさん』。

夕方5時頃にバイトから帰ってきた私の首根っこをつまみ(ちと大げさ)、
ペタ:「様子を見に行かないと!」と出陣。


4/15 気温28度
2015年4月15日 17時27分 28度 !(マジ暑い日だったー)

向かったのはLimbrug(リムブルク)』という城の廃墟が残る小山が
見渡せる高台。(ウチから車で30分くらいかな)

4/15リムブルク
Limburgの小山のふもとには、ぽこぽことした白い木々が見えています。


4/15リムブルク下
今咲き始めている木々は桜。これからどんどん咲いていきますよ。

そして日をあらためての4月20日、このリムブルクの近くの町、
Weiheim an der Teck(ヴァイルハイム アン デア テック)へ。
 
4/20Weilheim1
町の入り口にそびえ立つ、大きな桜の木!


4/20Weilheim2
『ようこそ桜の花咲く町へ!』って感じでしょ?


シュヴァーベン花見1



シュヴァーベン花見2

この町(Weiheim an der Teck)や、Kirchheim unter der Teck
(キルヒハイム ウンター デア テック)
テック城のふもとにある町で
この周辺は中央ヨーロッパの中でも、大きな果樹園地帯のようです。

シュヴァーベン花見3
そばを走るアウトバーン(A8)からも、こんな風景が見られます。


シュヴァーベン花見4
桜の次はリンゴかな〜

どうぞ『シュヴァーベンの花見』を楽しみにきてくださいね〜!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

久々のシュヴァーベン情報だわい (^_^)

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
素敵な見晴らしですね~!
ぶらりと散歩に出かけてみます(^^)
2015/04/25(土) 20:08:40 | URL | 文 #9L.cY0cg[ 編集]
文さん(^_^)
A8を走っているときに、山頂のTeck城やLimburgの小山を眺めるのが好きなんですが、今はご覧の通りの白いぽこぽこが広がっていて、可愛いんですよー。
あの辺はワインディングロードっぽくなっているので、ライダーもたくさん見かけて「あ〜、バイク乗りたいわ〜」ってつくづく思いましたよー。
でも、狭いカーブも多いので、バイクも車もお互いに気をつけなくては!
です。
2015/04/26(日) 06:19:48 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する