ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
楽しくシカのお勉強(森の続きの話)
2014年11月01日 (土) | 編集 |

今日は ハロウィーン ですね、、?(本日10/31)

この後、玄関のチャイムが鳴ろうとも、居留守を決め込みますよ?

前回、"続きは明日にでも〜" などと書いておきながら、
面白い遊び道具を手に入れちゃったもんだから、
なんかもう、そっちに夢中でね〜、、。(いかんいかん)

というわけで、やっと続きです。

ようこそシカの体験ゾーンへ看板
『ようこそ、シューンブーフ アカシカの体験小道へ』

シューンブーフ(Schönbuch)の森シカ が生息する囲い地には、
主に子供達が楽しみながらシカの事を知る事ができるように、
案内板ちょっとした遊び場なんかが用意されています。

RehはHirschの雌?看板
Reh(レー:ノロジカ)ってHirsch(シカ)のメスなの〜?』
Ist das Reh die Frau vom Hirsch?

『ううん、違うよ〜ん。』
Nein, dem ist nicht so.


この案内板には、"Reh(ノロジカ)とRotwild(アカシカ)は確かにシカの仲間では
あるけれど、どちらも外見、行動、習慣が全く違う種類なんだよ"

と、それぞれの体格食べ物生態などが紹介されています。


森の囲い地の歴史看板
シューンブーフの40kmもの長さに及ぶ『囲い』の歴史 のお話。

中世の貴族の、娯楽や権力誇示の為のシカの狩猟の話から、
それに伴って農民たちの苦しい労働があった事。

1848年の革命後の狩猟動物の激減に対する狩猟法の改正と、戦後に制定された
狩猟禁止が、今度はシカの数の激増を招くことになった事。

大量のシカの群れにより、農業や林業に莫大な損害を被った地元の自治体が、
アカシカの根絶を要求するも、保護と保持、土地の文化的観点から
1960年代の始めに森の4000ヘクタールを柵で囲んで、
そこにアカシカを住まわせるようにした事。

そして野生と森に関心をもつことが、調和へと繋がっていき、
シューンブーフの森は、シカ達がここで元気に暮らすことを
望んでいるんだよ。(ってな事が書いてあります。難しいよ、これ


こんな体験コーナーもあります。
 

幅跳び1
『どこまで飛べる?幅跳びコーナー』
(ペタさんが立ってる所は 9m 地点)


幅跳び2
ハリネズミは飛べないね(0m)、ネズミは0,7m、ウサギは2m、
キツネが2,8m飛べて、イノシシはなんと4mも飛ぶ!
ノロジカ(Reh レー)は6mも飛ぶけど、


アカシカ9m
アカシカ(Rotwild / Rothirsch)は 9m ジャンプっ!

さぁ、君はどこまで飛べる?ってやつです。


重さ比べ
コレは何でしょう?(3基 並んでいます)

『体重はどれくらい?』体験です。

足の踏み台みたいなのがありますが、
アレを手でつかんで引き上げるのですよ。


野うさぎ5kg
野うさぎの体重は5kgほど。取っ手は楽々持ち上がる〜。


若いノロジカ15kg
若いノロジカ15kg。まだまだ楽勝で持ち上がる〜。


若いアカシカ80kg1
そして3基目の若いアカシカは〜?


若いアカシカ80kg2
おお、80kg!こりゃ、無理すると腰をやられるな、、。
(大人のアカシカはこの2倍以上の重さになるよ、との事)


おばさんも挑戦
後から来たおじさん、おばさん達。
だいぶ年配の方達のようですが、おばさん2人とも「うりゃっ!」と
80kgを持ち上げていましたよ、、。(おじさんは見てただけ〜)


でもこんな大型のシカが道路に飛び出して来ようものなら、、、
 
交通事故
シカも不憫だけど、事故処理も大変ですわね、、。
(分りづらいけど、車のフロントガラスにシカが刺さってます)


めくってみよう
これは『誰の足跡?』当ててみてコーナー。


足跡(キタリス)
歩幅と、前足・後ろ足の足跡のイラストが描かれたプレート。

めくってみると〜?
 

キタリス
Eichhörnchen アイヒホーンヒェン(キタリスでしたー!

ドイツで見かけるのは、このリスばかり。(でも超かわいいから


足跡(イノシシ) DSCF2717.jpg
イノシシの足跡はこれ。


足跡(キツネ) キツネ
キツネの足跡。わりと足の運びが真っすぐですねー。


足跡(アナグマ) アナグマ
アナグマの足跡。
(前足と後ろ足が)2度重なるって書いてあるけど、、、
どんな歩き方してんの??


足跡(アカシカ) アカシカ
そしてもちろん、アカシカのも。

こうして見ると、前足と後ろ足の形が違うもの、4本とも同じ形のもの、
歩き方も様々で面白いものですな〜。


鳴き声を聞こう1
『森の動物の声』のコーナー。

1. 『発情期(♡)のアカシカの雄の声』ですって。ぷぷぷ。
んごあお〜〜〜うっっ!って野太い声。

鳴き声を聞こう2
動物の番号を選んでスタートを押すと、上のスピーカーから
そやつの鳴き声が流れますよ。(10秒間くらい)


君の声も
『・・・そして今度は君!』

自分の声を録音して流せるようです。
(恥ずかしくね?)

こんな感じで、遊び心も満載のシューンブーフの森

今日(10/31)も別のエリアを小1時間ほど歩いてきましたけどね。

10月末の森1

暑くも寒くもなく、カサカサと音がする落ち葉の道
とても気持ち良かったですよ。

10月末の森2
もうすぐ森もハゲハゲになっちゃうから、今のうちに楽しまないとね!
(キタリスにも会えるといいな〜)


保護地区
野生動物の憩いの場

今や私の憩いの場でもあります。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お、11月に入っちまってるよ?

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なかなか遊ぶところが沢山あっていいじゃないのー
2014/11/01(土) 12:10:19 | URL | wombat #-[ 編集]
wombatさん(^_^)
森と動物を大事にして、うまく共存していきたいっていう地元の人達の思いが感じられる体験ゾーンでした。
森で見かける人のほとんどが年配の人ばかりなので、子供達にはもっと知って欲しいことがたくさんあるんでしょうね。
wombatさんの森は、こことはまた違った自然の森の姿なんでしょうねー(^_^)
2014/11/01(土) 17:48:50 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
うちのほうは最近の散歩道の土の中に穴があって何かがいるみたいですぞよ。多分ウォンバットだとおもうんだよねー
2014/11/01(土) 22:04:25 | URL | wombat #-[ 編集]
wombatさん(^_^)
えー、ウォンバットって穴に潜るの!?
顔が出て来たら可愛いね〜♡
2014/11/02(日) 01:18:57 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する