ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
弟たちとの10日間(7日目)は、「百水」さんのカラフル集合住宅へ
2013年12月17日 (火) | 編集 |

<7日目の話>

・・・日本帰省までに完結させたいわぁ・・・
(スパートかけていかねば)

慌ただしい7日間が、あっという間に過ぎて、
弟の嫁さんR子さんのご両親は、日本でのお仕事の都合上、
一緒に観光できるのはこの日(9/27)が最終日でした。

みんなそろってでやり残しているのは、

Volksfest フォルクスフェスト
バート カンシュタット Bad Cannstatt(シュトゥットガルト)の
秋のビール祭りです。

そのビール祭りは午後から行くとして、
午前中は近場の名所と向かいました。



朝10:00に出発して、先ずは私の勤めるバイク屋に寄って手短にご挨拶

店の店長夫妻やスタッフに
「母でーす。弟とその奥さんとご両親でーす。
昨日はノイ シュバンシュタインに行って来まして、
今日はフォルクスフェストに行くんですよ。
等々。。。

そして、すぐ隣町 Waldenbuch ヴァルデンブーフにある
Ritter SPORT リッタースポーツ』お土産のチョコを調達に。
(車で10〜15分くらいで着きます)
リッタースポーツ1
『リッタースポーツ』で、"チョコレートが出来るまで" とか、"会社の歴史"
などの展示を、ササっと一覧して回りました。

ドイツのチョコレートで有名なこのリッタースポーツ』の本社
現在ここヴァルデンブーフにありますが、発祥の地はシュトゥットガルトの
バート カンシュタット
です。(ペタさんも そこで発祥)

リッタースポーツ2 リッタースポーツ3
種類も豊富で、日本へのお土産には欠かせないので
そんな買い物ついでには、自分用にも大人買いをしてしまいますよ。

日本でも数種類は売ってますが、値段は3倍くらいしてるようですね。。。

リッタースポーツ4 リッタースポーツ5
この時はちょうど、クリスマス向け商品が登場した頃でした。


リッタースポーツ6
そしてみんなで『大人買い』!(みんな嬉しそう?)

車にチョコを置いといて溶けたらやだよね、って事で、一旦家に戻って
チョコを降ろしてから、

やっと本題の本日の名所へ。
 
フンダートヴァッサー1
オーストリアの芸術家 フンダートヴァッサー設計の
プロッヒンゲン Plochingen の集合住宅

プロッヒンゲンは、シュトゥットガルトから(ウチからも)約20kmほど東にある
小さな町です。(10km四方くらい)

フンダートヴァッサー2
私も2度来た事がありますが、ドイツに来るまでは、
この芸術家フンダートヴァッサー Hundertwasser』さんをまるで知らなくて、

"フンダート(百)ヴァッサー(水)?何それ?" って感じでした。。。


フンダートヴァッサー3
曲線を多用した、カラフル自由な形が印象的ですね。


フンダートヴァッサー4
実際に人が住んでいるので、勝手に中庭へは入っていけませんが、
田舎町だけど "家賃高そうだな〜っ" って感じですよね。。。


フンダートヴァッサー5
『Regenturm(雨の塔)』という建物(右)
遠くからはこのが目印になります。
左の建物の窓からは が飛び出てますねぇ。どんな生え方をしてるのかな?


フンダートヴァッサー8
階段も手すりも、クネクネ曲線。


フンダートヴァッサー9
建物の中は、どんなデザインなんだろう?住み心地はいいかしら?


フンダートヴァッサー6
この集合住宅に入っているカフェの入り口の柱もこんな感じです。


フンダートヴァッサー7
そのカフェの向かい側の壁には、フンダートヴァッサーさんの横顔
タイルを使ったモザイク画です。

ドイツ語のウィキペディアフンダートヴァッサーのところを眺めていたら、
"日本 Japan" の文字が出て来ました。(そこから抜粋)

"Hundertwasser reiste 1960 nach Japan, wo er 1961 bei der 6. Internationalen Kunstausstellung in Tokio den Mainichi-Preis erhielt.
1962 heiratete er ein zweites Mal. Die Ehe mit der Japanerin Yuko Ikewada wurde 1966 geschieden.
Während der Zeit in Japan entstand auch der Name Friedensreich.
Er übersetzte seinen Vornamen in die japanischen Schriftzeichen für die Begriffe Friede und reich und nannte sich von nun an Friedensreich."


1960年 フンダートヴァッサーは日本に渡り、1961年に東京で開かれた
第6回(日本)国際美術展では毎日賞を授与された。
1962年に2度目の結婚を日本人のイケワダ ユウコとしたが、1966年に離婚した。
『フリーデンスライヒ(平和の王国)』の名前も日本の滞在中に生まれた。
ファーストネーム(フリードリヒ)を日本語の文字に置き換えたら、
『平和』と『王国』の意味になったからである。
それ以来自分を『フリーデンスライヒ』と名乗るようになった。

なんと 日本とご縁の深いっ!
(今ブログを書いてて初めて知って、まぁビックリ!)

風呂敷のデザインもして、しかも大阪にはこの芸術家が設計した
ゴミ処理場 があるんですねー!
(R子さんのお母さん、行きました?)


フンダートヴァッサー10
この "カラフルな集合住宅" は、15分もあれば充分ゆっくり見て回れますが、

とりわけ、R子さんのご両親に気に入ってもらえたみたいで良かったです♪


さて!(ヒザぽんっ

弟が一番楽しみにしていたビール祭りに向かう準備をしましょうか!

ということで、一旦家に戻ったのでした。

(つづく)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

頑張れ、姉っ!(`へ´*)ノむお〜!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する