ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
弟たちとの10日間(6日目)は、やはりアノお城へ
2013年12月02日 (月) | 編集 |

<6日目の話

あれ?まだ続いてたの?終わってなかったの?

はい、5日目の話までで一旦 燃え尽きておりました。

(忘れていたわけではないからね、弟よ、、)




アヴェマリア教会で、ささやかで暖かい『祝福の式
あげることができた弟たち5日目 祝福の式

これでもう、この来独最大の山場を乗り切ったので、
あとは残りの滞在中、ドイツ(=ウチの近場)を満喫する方向で。

とはいえ、弟たちの
「やっぱ、ノイ シュヴァンシュタイン城 は行きたいんだよね〜。

という希望が以前からありましたので、
『式』の翌日での強行ではありましたが、向かいましたよー。
(新婦R子さんのご両親は、仕事の都合上、弟たちより早く日本へ戻る
予定がありましたしね)

そして 9月26日(木)AM 8:00 頃 出発〜!

この日の予定は、ノイ シュヴァンシュタイン城 → ヴィース教会 →
エッタール修道院 → リンダーホーフ城
です。

ノイ シュヴァンシュタイン城は、ウチから約220km 南東
バイエルン州 シュヴァンガウ(白鳥の里)という町にあります。
オーストリアに隣接

ノイシュヴァンシュタイン城へ1
弟たちがドイツ入りした 9月20日以降、5日間ずっと天気が良かったのですが、
この日は『雨が降るでしょう』といった残念なお天気

"霧でお城が見えないとかになりませんよーに!" です。

ノイシュヴァンシュタイン城へ2
Füssen フュッセン に入ったあたりから見えて来る山々も、
ウチの周辺で見慣れている、なだらかなシュヴァーベン山脈(高地)とは違って
もっと高くて、険しい姿をしています。

シュヴァーベン山脈が標高 7〜800m程の山々なので、
ここから見えるのはその倍はあります。
(この辺一帯は、アルプス山脈の前衛に位置するアルゴイという地区です)


出発から約2時間半後AM10:30頃
ノイ シュヴァンシュタイン城ふもとの駐車場に到着〜。

ノイシュヴァンシュタイン城へ3
見上げると すでにお城が見えています。 曇ってて残念だけどね〜

お城の中を見学するには、あらかじめ入場券を買わなくてはならないので、
先ずはチケットセンターへと向かいます。
(直接 お城では販売していません)


ノイシュヴァンシュタイン城へ4
ここ(駐車場やチケットセンターのある所)は、シュヴァンガウ町の
『ホーエン シュヴァンガウ』という地区。

かわいいホテル・レストランが数軒建っています。

ノイシュヴァンシュタイン城へ5
チケットセンターは長蛇の列。夏はもっとすごかっただろうな〜。

お城の見学は約35分間のガイドツアーのみで、日本語だと
オーディオガイドのプレーヤーをお城で借りることになります。

チケットは、"ノイ シュヴァンシュタイン城"のみの見学(12€)
チケットセンターの近くの "ホーエンシュヴァンガウ城"のみの見学(12€)
両方とも見学(23€)がありますが、
私たちは、 "ノイ シュヴァンシュタイン城"だけの見学に。

で、ツアー番号:456番(12:40)のチケットになりました。
購入した時刻から 約1時間半後のツアーでしたが、開始までには
お城にたどり着いていなければなりません。

ま、時間に余裕があるので、すぐ近くの "ホーエンシュヴァンガウ城"へ。

ホーエンシュヴァンガウ城
ホーエンシュヴァンガウ城
Schloss Hohenschwangau


ノイ シュヴァンシュタイン城を建てた、ルートヴィヒ二世 LudwigⅡ.』が、
幼少時代〜青春時代を過ごしたお城。


ホーエンシュヴァンガウ城2
このお城の入場券は買わなかったけど、入り口まで行ってみよう
結構急な坂をのぼって行きましたよ。 ぜーぜー、、


ホーエンシュヴァンガウより
その ホーエンシュヴァンガウ城からの眺め。(降っちゃってまーす)


AM 11:30頃。「そろそろ ノイ シュヴァンシュタイン城へ向かわなくては!」
徒歩で約40分くらい登って行きますからね。。。)

ノイシュヴァンシュタイン城へ6
お城までは ミニバスや、 馬車に乗って行くこともできますが、
我らは歩いて行く方向で。。。(いや〜、クマとしてはキツかったー!


ノイシュヴァンシュタイン城へ7
「わ、私に構わず、先に行ってくれ〜〜〜!ノロノロと歩き、
約30分後に『ちらっと見えたノイ シュヴァンシュタイン城

お城はまたすぐに森に隠れ、更に登り続けると、

いきなり『どーーーんっ!』と再び姿を現します。(到着〜!
 
ノイシュヴァンシュタイン城1
『どーーーんっ!』

ノイ シュヴァンシュタイン城
Schloss Neuschwanstein

ノイシュヴァンシュタイン城2
ここからだと でかすぎて、全体が分りません。。。


マリエン橋1
やはり今回こそ、あの深い渓谷に架かる吊り橋、
『マリエン橋 Marienbrückeから
このお城の全景を見てみないと!
(私は母とペタさんとで、2011年5月に一度きたことがありますが、
その時はマリエン橋に行かなかったんですよ。。。)


ノイシュヴァンシュタイン城3
お城の門をくぐった先の広場で、自分達のツアーの始まる時間まで待機

もう、いろんな国の言語が飛び交ってました。

ノイシュヴァンシュタイン城4
中庭の木の黄色がスゴくきれいでしたよ。(秋ね〜)


いよいよ私達の入場時刻となり、約30人くらいのグループで(みんな各国の
オーディオガイド プレーヤー
を手に)お城見学のスタッフに続いて、
先ずは 4階までいっきに階段を登っていきます。(これもキツ〜〜っ!

お城の中は撮影禁止ですが、もう、豪華絢爛!
金色ブルーと、白鳥がモチーフのカーテンやインテリアに、
『メルヘン王』と呼ばれた ルートヴィヒ二世夢の世界を感じます。

1886年ルートヴィヒ二世が謎の死を遂げたときには、このお城はまだ
3割しか完成していなくて、結局 その後の工事は中止となった
未完成のかわいそうなお城でもあります。


ノイシュヴァンシュタイン城から1
お城のバルコニーからの眺め。
アルプ湖 Alpsee と、先ほどの "ホーエンシュヴァンガウ城"と、背後の
アルプス前衛の山々 が一望できる、とても美しい景色です。(あー、お天気が〜)


模型1
お城の中に、このような模型も飾ってあります。


模型2
『ガンプラ』とかは作らないけど、こういったお城の模型とかは
作ってみたいな〜♪


約35分の見学ツアー "さりげなく"終了し、マリエン橋へと向かいました。
(お、雨はもう降ってないね〜

マリエン橋へ
お城からマリエン橋までは、徒歩で 20分くらい。 歩いてばっかり。


マリエン橋2
PM 2:00頃マリエン橋にやってきました!(実にワクワク!)

そして〜、

ノイシュヴァンシュタイン城5
わーい、全景〜!
これが見たかったー


マリエン橋から1
橋から下をのぞくと、、う、高い、吐きそうっ。オエっ(高いとこダメ)


マリエン端から2
でも、とてもキレイな水の色ですね。(でも、オエっ)


こうして 弟たちも、"念願の" ノイ シュヴァンシュタイン城見学ができて
『もう満足だったかもしれませんが、

まだこの後 3ヶ所 巡る予定ですからね〜。

気合いれて出発しましょーう!

・・・というわけで、まだ続きます


見学ツアーは結構慌ただしいですから、お土産屋さんで、
『ガイドブック(日本語あり)』『絵はがきセット』の購入をおすすめします。


ドイツ(ZDF)の番組で、Super Bauten(すんごい建築物野郎ども)』
というドキュメンタリー番組があって、
"ノイ シュヴァンシュタイン城"がテーマのムービーが見れます。

ドイツ語ですが、城の中の様子や、出来上がる(出来上がってないけど)までの
出来事
ルートヴィヒ二世今後建てようとしていた城の事など、
ドイツ語が分らなくても面白く感じられると思います。

良かったら、時間のあるときにでもどうぞ。(約42分の番組ですよ)
ドイツ ZDF "Terra X" Super Bauten / Schloss Neuschwanstein


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

この番組を私も「日本語」で見たいです。。。(>_<)

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お城はどこの国も周りが神秘的ですわねー王様とかお姫様がいるからかねー。
2013/12/02(月) 06:58:19 | URL | wombat #-[ 編集]
wombatさん(^_^)
そう考えてみると、このお城はお姫様がいないですね、、
世界中の多くのひとが憧れるこの素敵なお城は
豪華であればあるほど、さみしさを際立たせている気がします(>_<)
2013/12/02(月) 16:01:32 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
ノイシュヴァンシュタイン城行かれたんですね~!ずっと昔に旅行で行ったことがあって、またお城やフュッセン行きたいな~って思い出しては思い、先日もネットで写真を眺めたんですよ。。今度行けた時はマリエン橋も挑戦してみたいです!
いいところですね~v-290春夏秋冬と一回ずつ行ってみたい(*^_^*)ちょっとはしゃぎすぎかもです。
2013/12/02(月) 20:51:46 | URL | ミッキー. #J9gPYW9c[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
ミッキーさん、私でよければ お供しますよん!
一緒にはしゃぎましょう!
ホーエンシュヴァンガウ城のほうも、時間があれば中を見学したかったです。
(この後行った、リンダーホーフ城も)
どの季節も背景の様子で違った風に見えるでしょうね!
やっぱ、こーいった名所は、泊まりがけで行かなくてはですねー。
2013/12/03(火) 00:30:06 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する