ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
弟たちとの10日間(1日目)
2013年10月03日 (木) | 編集 |

<1日目のお話

9月21日(土)晴れ

今回来独したメンバーは、

主役の2人、(M彦)とお嫁さん(R子さん)
ウチの母とR子さんのご両親5人です。

彼ら5人は9月20日(金)フランクフルトでまず一泊。

翌日の21日(土)のお昼頃にペタさんと私が車で彼らを
ピックアップし、ウチの町(シュトゥットガルト近郊)に戻りながら
途中の ハイデルベルクにも寄ろうという計画。

VWレンタカー
8人乗り(運転手含めると9人乗り)のレンタカーを使用しましたよ。

ウチからの出発に手間取って、5人の待つホテルに着いたのは
午後1時半近くになってしまいました。。。

Steinberger Hotel
5人が泊まった『Steinberger Hotel Metropolitan』
フランクフルト中央駅のすぐ前に建つ、素敵なホテルです。

ドアおじさん
ホテルの入り口には、かわいいドアマン(ドアおじさん)が立っていて
「ようこそ〜!」って、イイ感じ。

そして 約1年半ぶりに母と弟、お嫁さんのR子さんと再開しました。
いや〜、「1年半くらいじゃ、変わってないですね〜」と思いきや、
弟はスマートになってて超ビックリ!
(話には聞いていたが、これほどとはっ。。)

R子さんのご両親とは初対面です。(初めまして〜

みんなはこの日の午前中もフランクフルトを少し観光してきたようなので、
とにかくハイデルベルクへ向かって出発。

ハイデルベルク1
フランクフルトを出て 約1時間後の午後2時半頃
ハイデルベルク城からネッカー川を挟んだ対岸に車を停めて
アルテ・ブリュッケ Alte Brücke(カール・テオドール橋)を渡って
ハイデルベルク城へと向かいました。


猿の像
アルテ・ブリュッケのたもとにある『鏡を持つ猿の像』
"鏡に触ると金持ちになれる"とかで、ピカピカになってますね。

(おかーさーん。やっぱコレは『猿』でしたよ、『猿』

アルテブリュッケの門塔
アルテ・ブリュッケの門塔


シュトゥデンテンクス
ハイデルベルク・シュトゥデンテンクス Studentenkuß
(ハイデルベルクの学生のキス)のチョコレート屋さん


ハイデルベルクには、私はつい最近(9/4〜9/5)遊びに来ましたが、
そのときとは違う道のりで、橋も渡って『猿』野郎も見れて良かったです。

みんなで記念撮影をしながら観光してたら、どんどん時間が押してきたので

「ハイデルベルク城については、ブログを見てちょうだい 」→

ということにして、ハイデルベルクを出発することにしました。(午後4時頃)


再び橋を渡って、車へと向かう途中の信号で、
なんとアンペルマンを見ましたよ。

アンペルマン
ちょうど『止まれ』『進め』が切り替わる瞬間だったみたい。。。

アンペルマンは、旧東ドイツの信号のキャラクターですが(→ アンペルマン
ここ(ハイデルベルク)にもあるとは思いませんでしたー。

女の子バージョン(アンペルフラオ)ってのもあるみたいですね。


そして再びアウトバーンでシュトゥットガルト方面へ。

時間があれば、途中のマウルブロン Maulbronn』にも案内したかったけど、
残念ながら素通りしました。。。
(→ マウルブロンの過去ブログ



午後6時頃、ようやく我が町フィルダーシュタットに到着

ホテルにチェックインを済ませ、しばし休憩した弟たちと一緒に、

ウチの近くのレストラン『ハーネン Hahnen』へ行きました。(7時半頃)

ハーネンにて1
なにか特別な日にしか行かないけど、近所だし、アットホームな感じ
とても素敵なレストランです。
( 一番最近に行ったハーネンの過去ブログ →

ハーネンにて2
初めてのことですが、こんな風に『マウルタッシェ』が一皿出されましたよ。
日本の居酒屋で出る "お通し"みたいなのかな?

珍しく、生地が少し緑色をしていたので、ハーブか何かを練り込んだ
生地だったのかもしれません。(マウルタッシェ →

弟とR子さんは、『シカ料理』と『イノシシ料理』を仲良く半分こ。


ハーネン(シカ料理)
"シカのステーキ Hirschsteak"


ハーネン(猪料理)
"イノシシのステーキ Wildschweinbraten"


ハーネン(魚料理)
私と母は、"ツァンダーの切り身 Zanderfilet" というスズキ目の魚の料理。
(前回も食べたやつです)

ハーネン(豚料理)
ペタさんはいつもの"豚ステーキ Schwäbischer Zwiebelrostbraten"


R子さんのお父さんは、"Geschmorte Schweinebäckle" という、
豚のほほ肉の蒸し煮(?)。今度食べてみよーっと。

R子さんのお母さんは、"カレイの切り身の料理 Schollenfilet"
Forelleじゃなかったです、お母さん。。。)


食事がすんだ後も、いろんなビールを飲んだり、ワインを飲んだり、

ハーネンにて3
初日から飛ばしていた弟たちでした〜。

でも9時半頃には、ホテルに送ったんだっけ?

料理も気に入ってもらえたようだし、
彼らの滞在中に、もう一度は来たいね〜と思いましたよ。
(ペタさんとは滅多にレストランに行かないし、、)


この日の走行距離 約500Km

そして翌日は『ウルム』方面に向かって出かけました。
(しかも、盛りだくさんよ〜!)




<弟たちへ

レストラン ハーネン(ドイツ語)
フランクフルトの訪問記(過去ブログ)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

アヴェでの『祝福の式』まで、あと4日!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ドイツらしく今度はVWの車ですね?
皆さんでレストランにいくのも、大体メニューが分からないから
通訳も大変でしょう。おつかれさんでした
2013/10/03(木) 07:41:11 | URL | ウォンバット #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/03(木) 11:49:58 | | #[ 編集]
ウォンバットさん(^_^)
ウォンバットさん、良くわかりましたねー、VW。
長いデカいで駐車スペース探しがネックでした。(*_*)
ドイツ語でのメニューは「豚」か「牛」かは解っても、
どういった調理方法のものなのか、未だに解読しがたいです。
せめて料理が写真付きならいいのにな〜。
2013/10/03(木) 23:22:27 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
鍵コメさん(^_^)
コメントをありがとうございま〜す!
私もとても楽しい10日間でした。(^_^)
この日々のことを少しずつアップするので、
気長に、そして楽しみにしていてくださいねー。
2013/10/03(木) 23:25:14 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
とても楽しい10日間でしたね。
すごく楽しそうですよ~(*^_^*)
と同時に、由麻さんペタさんお疲れさまでしたv-365
ご近所のレストランのあの魚料理、あいかわらず美味しそうだなあって、自分まで食べたくなっちゃいました^^
また続き楽しみにしてます!
2013/10/04(金) 00:31:17 | URL | ミッキー. #J9gPYW9c[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
ミッキーさん、どうもありがとー!(あ、お茶)
ほんっと、もりもりだくさんな毎日でしたー(*_*)
魚料理はなかなか家ではやれないので、外食となると『ここぞ』
とばかりに魚料理に目がいきます♪
とかいいつつ、『豚のほほ肉』の蒸し煮にも心が揺れて。。。
2013/10/04(金) 07:08:22 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する