ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
ハイデルベルクに行きましたよ(ロッカーでトラブル)
2013年09月12日 (木) | 編集 |

旅にハプニングはつきもので、
翌日は『コインロッカー事件』から始まりました。
(ちょっと大げさ過ぎかー)

ハイデルベルク城周辺を観光して、帰りはそのまま
中央駅から列車に乗って帰れるように、

荷物をコインロッカーに預けてから行こうとしたのですが、
そこでちょっとしたトラブルが。

ハイデルベルクのロッカー
ハイデルベルク中央駅にあったコインロッカーは、
ロッカー1つごとにコインを入れて鍵をするのではなく、
いくつものロッカーが並ぶ面の中程の一ヶ所にコインを入れる所があります。

 こんなの 

コインロッカー1

そこにあるディスプレイ画面で、コインロッカーの使い方が見れますが、
 
コインロッカー2
先ず荷物をロッカーに入れて、扉を閉めて、
(テクテクとその中程の所に移動して)お金を入れると
何か丸いのが出て来るから取り出してね、みたいな絵による説明。

荷物を取り出すときは、またこの中程の所でその『何か丸いの』を入れると
自動的に自分のロッカーが開く仕組みです。

他にもこのコインロッカーの使い方が書いてあるところが
あったのかもしれませんが、そんな特殊なものだとは思わなかったので、

サッサと空いてるロッカーに荷物を入れて、

「あれ?鍵がついてないよなぁ。ここで今 扉を閉めたら、、?

と 扉を閉めることに躊躇していたら、丁度同じロッカーの列に
スーツケース預け入れ、中程の所でコインを入れていたご夫婦がいたので

そうか、そうかと扉を閉めて、中程の所に行って小銭を入れました。

が、入れた3ユーロは戻ってきてしまいます。(何度やっても)

で、私のロッカーは閉まっております。

しかも先ほどここでトライしていたご夫婦のロッカーは開いております。

そのご夫婦も、また扉を閉めて、コインを入れるがコインは戻り
扉も開きを繰り返してるウチに、やっとコインを受け入れ

『コロンっ』黒い4cmくらいの円盤(ディスク)が出て来ました。

『ああ、あの夫婦は何とか上手くいったんね。』と思いきや、

そのご夫婦のロッカーの扉はまた開き、私のロッカーは閉じたまま。。。

『もー、なんだかわかんなーーいっ!』

・・・というわけで、係員を呼びました。。。

係員が何やら小型の機械を中程の所(こればっかり )に接続し、
パスワードとか打ち込んで、私のロッカーを開けました。

(開ける前には、何を入れたか、それは何色かと聞かれましたよ)

結局ご夫婦の方の手元にやってきた『黒いディスク』を係員が回収し、
私に「あなたはこちらの方に3ユーロ払ってください。と言いました。

『えー、結局 まだロッカー使ってないじゃーん!』
というのが正直な気持ちでしたが、

『あの夫婦が(結果的に)私のロッカーの代金を支払ったんだろうな』
とも薄々思ってたし、仕方ないかなーという気持ち。

多分、このご夫婦がロッカーを使用する作業の途中で
私が自分のロッカーの扉を閉めたので、ロッカーのシステムは
私のロッカー用の『黒いディスク』を出してきたのでしょう。

ただ 果たして彼らがコイン(3ユーロ)を入れる前に、
正しい使い方の通りに自分達のロッカーを閉めていたのか、
はたまた私と同じように使い方が良く分らず、開けたままだったのか、

それともやっぱりシステムの調子がおかしかったのか、

じぇーんじぇん分りませんが、ここで人(ドイツ人なわけですが)
もめる
のも、それによってどんどん時間が過ぎてしまうのもだったので、

『解ってますよ〜』とか言いながら、3ユーロをそのご夫婦に渡しましたよ。

そのご夫婦の旦那さんも「Es tut mir Leid, aber... 」
(すみませんね、でもね、、、)
といって受け取りました。

そしてそのご夫婦は、もうそこのコインロッカーを使わずに去ってしまいました。

私もね、今や使い方は分ったけれど、
『この機械、故障してんじゃないのぉ?」

と思っていたので、荷物は持ち歩こうかなぁと思いましたよ。

でもコインロッカーの周りには私と友達以外はもう誰もいなくなり、
(きっと係員まで呼んで、やいのやいのやってたので
ロッカーを使おうとしていた他のお客さんも不安になったのではないかな?)

『一度ちゃんと試してみようかなー』という気持ちもあったので
また3ユーロかかるけど使ってみました。

"扉を閉めて、中程の所()に行って、3ユーロ入れて"

『コロンっ』


出ました、丸くて、薄くて、4cmくらいの黒いの。

あとは荷物を取り出すまで、この黒い円盤野郎を持ってればいいのだな。

と いうわけで、結構時間がかかってしまったけど、
ロッカーに荷物を預けて出発。

でも、あのコインロッカーのシステムは、もっと混んでて、
使い方が分らない人がいっぱいいたら、
相当トラブルが起きるんじゃないかなぁ。

2人いれば、『私は扉を閉める係、あなたは中程の所でお金を入れる係』

みたいな連携プレイができるけどね。。。

しかもこのトラブル発生の直前には、ここのコインロッカーの前で、

「ボクの入れる1ユーロが吐き出されちゃうんだ。
あなたの1ユーロと交換してくれませんか?」
と聞かれ、
交換してあげたばかりでしたしね。。。

やっぱ、壊れてたんじゃないの〜〜っ!?
にゃろめ〜っ!

あー、ロッカーの話だけで終わってしまった。。。(ので、つづく)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

シンプルなのが一番!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ハイディルベルグ行かれたんですか~。一度行ってみたいな。お城とその周辺、どんな感じでした?

このコインロッカー、ちょっと微妙な感じ、かな?笑
使う前、慣れるまでちょっとドキドキしそうだ。。
他に何人か使おうとしている人がいたら、使い方教えて下さ~いって、はなっから係員さん呼んで、結局係員さんにさせてそうな気もする(~_~;)



2013/09/13(金) 23:36:46 | URL | ミッキー. #J9gPYW9c[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
ハイデルベルクはドイツの観光名所のひとつですからねー、
やっぱ素敵な眺めですよ(^_^)
ほとんど廃墟となって残っているハイデルベルク城も、
長い歴史を感じさせます。
今回の旅行では見て来なかったけど、夜にライトアップされる
この古城もとても幻想的な眺め。

外国でこの時のようなトラブルがあると、言葉の問題でいろいろ厄介。。。
誰でも分るようなシンプルなものでお願いしたいです。(>_<)

2013/09/14(土) 02:09:09 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
こんにちは。
あー、このコインロッカー!
今年の年始に旅行した時に私もバッチリ利用しました。無事に黒い円盤野郎はゲットできましたがロッカー前で説明文を読んだりシミュレーションしている時に何度もドイツ人のおじいちゃんが心配そうに様子を見に来てくれていて円盤ゲットで「グート」って言って去っていかれました。

私たちはシュツットガルトHbfのロッカーでやられました。ホーム上にあるロッカーよりスタバ横のロッカーが安かったので入れたのですが、帰ってきたら「お金入れろ」の表示が。ホーム上のは一日料金、スタバ横は一時間料金の表示でした。
よく見てなかったのが悪いんですが、トホホでした。
2013/09/15(日) 18:35:40 | URL | H0lly #aAuxo48E[ 編集]
HOllyさん(^_^)
こんにちは、HOllyさん。
HOllyさんは無事に『黒い円盤野郎』をゲットしたんですね!立派!e-451
心配そうに気にしてるおじいちゃんの様子(かわいい!)が目に浮かびます。
私もこのハイテク(?)コインロッカーは、今後は使えるでしょうが、ちゃんと説明なり表示なりを確認しないといけませんね〜。(*_*)
失敗しては勉強の繰り返しです。。。
2013/09/15(日) 21:32:46 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
はじめまして
ハイデルベルグに12月に行くので、ロッカーの有無を検索してたらこちらのブログを発見しました。
ロッカーがある事にはホッとしたのですが、怖いですねこのシステム…。私は1人の上、ドイツ語も英語も駄目なので何かあったらと思うと…。
(ちなみに、ストラスブールかハイデルベルグ泊か迷ってて、泊まらない方で荷物を預けないとならず…。ストラスブールは有人みたいで面倒でw)
人がいない時にやったら良いのかな?どちらにしても日本以外で何か始めての事をするのはドキドキです。
他の記事も読ませて頂きますね!
いきなり失礼致しました。
2013/11/17(日) 21:25:41 | URL | あや #ArsZa4UI[ 編集]
あやさん(^_^)
はじめまして、あやさん!なんと、1人旅なんですね!
うー、ロッカーのそばで、ついていてあげたいです〜。(*_*)
このコインロッカーは、本来は一ヶ所のロッカーが完了するまでは、次の人は閉じる事ができないんだと思うのですが、よく解っていない2組が同時にあれこれやったので、おかしな事になったんだと思います。
なので、荷物を入れてロッカーを閉じたら、
「私、私〜〜〜!」って感じで、すぐに中央の料金支払い機に行って、3ユーロ入れて、出て来た黒いディスクを受け取れば大丈夫なはずです。

私も初めて1人でドイツに来た時は、早くも空港でドキドキでした。
スーツケースの受け取り場所が解らなくて、『あ、日本人だ!』と思って声をかけて尋ねたら、「私、韓国人よ。」と言われました。
それでも彼女は身振り手振りで教えてくれましたよ。
なんとかなるものです。(^_^)

12月はクリスマスマーケットが楽しいですよ。
シュトゥットガルトのも盛大なので、チャンスがあったら是非、足を運んでみてください。
あやさんのドキドキで楽しいドイツ旅行を応援していますよ!v-441


2013/11/18(月) 06:33:16 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する