ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
魚って どう鳴くの?
2011年12月10日 (土) | 編集 |
私の通っているVHSのドイツ語コースは朝の7時45分スタートです。
だもんで、授業の間中 窓の外から「コケコッコー 」が聞こえます。

ある朝 先生に「日本では鶏 (der Hahn/雄鶏)はコケコッコーと鳴くんですよ。」
と話したら
先生「ここでは "キッケリキー kikeriki" よ。
   そうだわ!今日はそれから始めましょう!」 え?どれ

私達の先生の授業はいつも、なにかしら教科書から離れた話題(約30分間程度)
から始まります。そこで、この日の授業はこれから。
"Was machen die Tiere?" (直訳:動物は何するの?)
   

犬:Der Hund bellt. (犬は吠える。)...不定詞:bellen
:Die Katze miaut. (猫はミャウと鳴く。)...不定詞:miauenミャウエン)
鶏:Der Hahn kräht.(鶏は鳴く。)...不定詞:krähen
:Die Kuh muht.(牛はムーと鳴く。)...不定詞:muhenムーエン)
豚:Das Schwein grunzt.(豚はブーブーと鳴く)...不定詞:grunzen
鳥:Der Vogel zwitschert.(鳥はさえずる。)...不定詞:zwitschern
:Das Schaf mäht.(羊はメーと鳴く。)...不定詞:mähenメーエン)
馬:Der Pferd wiehert.(馬は いななく。)...不定詞:wiehern
:Der Elefant trompetet.(象は吠える。)...不定詞:trompeten
:Der Frosch quakt.(蛙はクヴァッ クヴァッと鳴く。)...不定詞:quaken
 (クヴァッケン)
蛇:Die Schlange zischt.(蛇はシューシュー音をたてる。)...不定詞:zischen
ライオン:Der Löwe brüllt.(ライオンは吠える。)...不定詞:brüllen

その他の生き物(例えば、猿・熊・カラス・アヒル・鳩 などなど)についても
少し調べてみたのですが、吠え方、鳴き方、またその動物によっては 同じ動詞で
あったり、別の動詞があったり、、。

でも、の例のように、明らかに鳴き声からできた動詞
面白いです。(ミャウエン、ムーエン、メーエン、、。)
そういった 擬声語 (die Lautmalerei, die Onomatopöie) から出来上がった動詞を
lautmalerische Verben というそうです。
(音で描写された動詞という意味でしょうね)

また ドイツでは、トランペット」の音みたいに吠えるように
聞こえてるんですね。

更にペタさんにも ちょろっと聞いてみました。
私:「ネズミって どう鳴くの?」
ペタ:「*+&$#*.P«≠º¢*.」←鳴けてません、、。
ペタ:「でも ネズミは piepst だよ。」 ...不定詞:piepsen
Also, die Maus piepst.
(すなわち、ネズミは ピィピィと鳴く。)ようです。
いや、チュピ チュピ かもしれません。いや、、、なんか甲高い声です。
      
あ、最後になってしまいましたが、"魚って どう鳴くの?"
先生の答え:「(パク パク パク)。。。」← ただ 口をパクパクさせるだけ。

先生なりの ジョークだったようです、、。 おちゃめな先生なんです、、。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック