ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
私なりに分類してみました(証明書)
2011年12月05日 (月) | 編集 |
授業へ向かうためのバスを、1本後のバスに変えてみました。
というのも この寒い早朝に、授業の行われる建物の前で鍵が開くのを
20分も凍えて待つのがアホらしいというか、苦痛になってきたので。
ただ、1本後のバスというのは30分後のバスに乗るという事でして
予定通りなら、ギリギリで授業に間に合うといった、賭けのようなもの。
結果としては、そのバスが遅れて来たので、次の乗り換えのバスはすでに発車後で
バス停で更に30分待つはめになり、結局は授業に遅刻しました、、。
うが〜っ!ジタバタ ジタバタ!!
   ↓
Also, entweder ich friere vor der Tür oder ich komme zu spät zum Unterricht.
(というわけで、ドアの前で凍えるまたは授業に遅刻するなのだ。

ところで 質問してみましたよ、先生に
"証明書""許可証" というドイツでの使い分けが解らないって事を。
慌ただしい中でのやりとりだったので、結局なんとなくの区別しか理解できませんでしたが。

例えば " 証明書 " と和独辞書で調べると、下記のような単語がでてきます。
die Bescheinigung, der Ausweis, das Zertifikat, das Zeugnis, das Attest usw.
で、先生が言うには
das Attest と聞くと、"お医者さん" を思い浮かべるとの事で、
つまり診断書(診断証明書)のことのようです。
また以下も同様に、単語に対して向かって行くイメージがあるそうです。
個人的に調べてみたものを絡めて、簡単に分類してみます。

der Ausweis: まず身分証明書(Personalausweis)を思い浮かべる。
      パスポート(der Pass)や、運転免許証(der Führerschein)なども
      身分証明書として機能するとのこと。

das Zeugnis: 学校の成績表(Schulzeugnis)や、雇用(職歴)の証明書(Arbeitszeugnis)
      を思い浮かべる。

das Zertifikat: ラテン語(lateinisch)から来た"証明書"という意味で
       技術・技能などを検査する団体などから与えられるものを
       イメージするとの事。
       例えば、ISO(国際標準化機構)とかから企業に対して与える
       "ISO 900x" とかの認定証明書が das Zertifikat。
       また、ドイツ文化センター(Goethe-Institut)が行うドイツ語
       検定試験などで認定発行されるレベルの認定書もこれ。
       また、生産物や製品などに与えられる証明書、例えば
       原産地証明書(Ursprungszertifikat)も この単語を用いてます。

die Bescheinigung: 一般的に使う"証明書"という単語。
    例えば "Zertifikat は amutliche(公認の)Bescheinigung証明書)です。"
    のように使われます。(やれやれ、堂々巡りじゃないのん?)
    先生が言った面白い説明では、
「この単語はかなり広い意味で使われて、スタンプ付きの書類ね。」でした。

また、"認定(証)" という単語については

die Erlaubnis: 先生曰く、「一般的に "Ja(はい、いいですよ)"というもの。」
       滞在許可(証)(Aufenthaltserlaubnis)
       就業許可(証)(Arbeitserlaubnis)

die Genehmigung: こちらも公認の(amtlich)許可(証)
       就業許可(証)(Arbeitsgenehmigung) ↑ 上にもあるじゃん

die Zulassung: 大学(die Universität)の入学許可証の意味で良く使われるそうです。
        ※der Zugelassener (合格者
        また、自動車登録証という意味でも使われています。

これらを整理するだけでも 時間かかりましたが、そのおかげで
ある程度の分類ができたように思います。
でも、しばらくこの件は忘れようっと。今はとにかく 甘いもの、甘いもの

あー、それより明日からのバス どうしようかなぁ、ほんっとに。
やっぱ授業に間に合う方が 今の自分には大事だしなぁ。
でも、健康第一がモットーだしなぁ、、。(ジレンマ)

Ich muss mal nachdenken.(ちょっと考えなければっ)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
20分は長いですね…
この時期、暗くて寒い中20分待つのは大変ですね。
私なら遅刻していくことにします!
本数が少ない上に、バスや電車が遅れることの多いドイツでは、賭けですよね…。私は賭けたときに限って、電車が遅れたり、運行しなかったりしますv-12賭けに失敗して、いろいろ遅刻しました。
明日からしばらく雨のようですし、VHSの前で風邪をひかないように気をつけてくださいv-290
2011/12/05(月) 06:28:59 | URL | しるでぃ #-[ 編集]
No title
確かに20分吹きさらしは寒すぎる((+_+))
毛布とか持っていく?
寝袋とか(^^)d
2011/12/05(月) 12:45:58 | URL | ともち #-[ 編集]
しるでぃさん (^^)
>私なら遅刻していくことにします!
素敵ですっ!もうドイツ慣れされてますね。
今日は別のルートを見つけたんです。
家から2番目に近いバス停からですが、乗り換えなしで学校までいけるバスです。
方向音痴なので念のため10分前からバスを待ってたら、奴は10分遅れでやって来て、、、。
結局今日も20分雨の中でした e-260v-279
でも明日はもっと上手く行くと期待しております。
(ドイツで期待しちゃダメかも?)
2011/12/05(月) 19:38:53 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
ともち
>毛布とか持っていく?
あたしの肉襦袢をもってしても、この先の寒さを考えると
足りないのかも、、、。
2011/12/05(月) 19:44:40 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック