ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
証明書ってドイツ語、いっぱいありすぎです!
2011年11月29日 (火) | 編集 |
先週(第3週目)のVHSでのドイツ語授業は、文法として習う量は少なかったの
ですが(zu +不定詞の用法など)、テキストに出てくる単語や合成語が、
私のほとんど知らないものばかりだったので、読み聞きに骨が折れました。

そもそもここで行われる外国人のためのドイツ語レッスンというものは、
"ドイツへの移住者のための"(für Zuwanderer)が趣旨であるため、
例えばこの週の授業ではロールプレイング(das Rollenspiel)的に
職安(das Arbeitsamt)で職業相談(die Berufsberatung)をうけたり、
広告の求人欄(die Stellenanzeige/n)をみて、どのような能力(die Fähigkeit/en)が
要求されている(verlangen werden)のか拾いだす練習や、
電話で仕事の内容を問い合わせる(sich4 erkundigen)流れとか、
志願書(das Bewerbungsschreiben)の書き方、履歴書(der Lebenslauf)の書き方とか
面接(die Vorstellung)の準備に必要な事とかとか、、、そんなのばっかりで
簡単でもなければ楽しくもない

でも就職活動に限らず、ある事柄へのドイツ語での問い合わせ方や、
予約の仕方など生活の中で直面するであろう場面で応用できる内容だったので
しっかり押さえといた方がいいだろうなと思います。(ここも 前向きにっ!)

で、例えば面接などの際に持参する証明書類(複数で Unterlagen)の例として
授業のテキストの中ででた範囲では、以下のような やはり楽しくない単語がありました。

・der Lebenslauf 履歴書
・die Arbeitsgenehmigung 就業許可証
・das Aufenthaltserlaubnis 滞在許可証
・das Abschlusszeugnis 卒業証明書
・das Fortbildungsnachweis 研修証明書
・Referenzen (複数で)紹介状、推薦状
・der Führerschein 運転免許証

特によく解らないのが、例えば証明書を辞書でひくと
die Bescheinigung, der Ausweis, das Zertifikat, das Zeugnis, das Attest など
いっぱい出てきて、使い分けが不明です。
身分証明書は der Personalausweis だし。

許可(証)」にいたっても、同様。 
die Erlaubnis, die Genehmigung, die Zulassung などなど、、。

明日先生に聞いてみようかなぁ。質問の意味が通じるか疑わしいのですが。
証明書は証明書、許可証は許可証でいいんじゃない?
あ〜、日本語って つくづく便利だなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/01(木) 11:26:00 | | #[ 編集]
Re: はじめまして
こんにちわ!
FilderstadtはStuttgartに近いとはいえ、ほんとにのどかな田舎町です。
私もまだこの町に定住して5ヶ月程度ですが、シュヴァーベンの人々は
陽気で親切だと感じます。
私もそちら様ご家族が、やってこられるのを楽しみにしています。
ぜひまたご連絡ください!よろしくお願いしますe-257

2011/12/01(木) 19:54:40 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
No title
どこの国でも、手続き関係の書類はメンドクサイってことですね・・・(;´Д`)
只今スタバでずる休み^_^;
2011/12/02(金) 10:23:33 | URL | ともち #-[ 編集]
ともち
今思うと、日本の役所はテキパキして、親切でした。e-287
少なくともドイツのよりは、、、。e-350
2011/12/02(金) 13:36:50 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック