ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
『休暇の見本市』に行ってきました(完結編)
2013年01月21日 (月) | 編集 |

( 前回の続きです:完結編 )

『休暇の見本市』に行ったのは、先週の日曜日(1/13)1日きりなのに
以前書いたシュヴァーベン山脈名所巡りくらいの続き物に
なってしまいました。

なのでそろそろ完結にしなくては!
( でも"簡潔"にはならないの〜、、

たった2ホール回っただけで、すでに3時間経過しちゃったので
足の状態も考えて、ホール4は駆け足です。(走ってないですよ。)

ホール4
ホールに入るとすぐにあるのが、フランス・イタリアのブース。
あとトルコのブースなんかも大きなスペースがとってありました。
(・・・が、私とペタさんは その辺は素通りです、、。)

私達は奥の方にあるドイツの北・東にある州のブースを目指しました。

私も含め、多くの人が足を止めて「ほ〜っ」と感心したのがコレ
 
ザクセン1
木の幹を彫った、大きなピラミッド彫刻です。

ザクセン州のブースの一角に立っていました。

ザクセン2
からくりで車輪が回って、金槌が鉄をついたり(鍛冶屋の様子?)
炉が明るく光ってたり、芸が細かいです。

こういったものの工房見学とかも、今後たくさんしてみたいなぁ。

この彫刻工房のHPはコチラ Schnitzkunst-Michael


またザクセン州といえば、マイセン(陶磁器)も有名ですが、

マイセン1

お皿の絵付けの実演もやっていましたよ。

マイセン2
ものづくりって楽しいでしょうね〜!

ちなみに、Stuttgartのすぐ北にあるルートヴィヒスブルクでも
マイセンに退けをとらない程素敵な陶磁器を作ってますよ。

ハルツ山地
そして、私がドイツ語の勉強を続けることに拍車をかけた
"ハルツ山地"
まだちゃんと行ったことがないです。
ヴェルニゲローデとかも行きたいのです )

それから ペタさんと私には外せない訪問地のひとつ、
メクポム1
"メクレンブルク=フォアポンメルン州"
Mecklenburg-Vorpommern(通称メクポム)


ペタさんのお母さんが、この州にある"Penzlin ペンツリン"
という小さな町の出身なのです。

お母さんは標準ドイツ語を話すので、話してくれる内容については
私にも大分 理解できます。
バリバリのシュバーベン人のお父さんの話はサッパリ分りませんでした

メクポム2
同州のロストック Rostock にも親戚がいるようなので、
ペタさんのお母さんが元気な内に、ベルリンとか巡りながら
この地も訪れたいと思っています。

そしてギュウギュウの人ごみをかき分け、ヘロヘロになって
やっと見つけた『アイルランド Irland 』のブース!

アイルランド
この時間(午後3時頃)の会場はどこも人だらけで、写真も
上方の看板を撮るのが精一杯!(ミッキーさんゴメ〜ン!)

後はとにかくパンフレットだけシャコシャコと集めた感じです。



この後、ペタさんのご希望のホール1もチェックする予定だったので

デンマークのブースのそばにあった屋台でちょっとオヤツ

デンマークのインビス1
これでもか!』な "Lachs ラクス(鮭)"にも心魅かれましたが、

デンマークのインビス2
"Nordseekrabben 北海エビ" 4,50€ を食べましたよ。
( エビも詰まって、超おいし〜!コーラにもあいます )



というわけで、最後にそのペタ希望ホールに寄ってきましたが、
それは『番外編』でご紹介します。
( 結局また長くなったので、、。)

メッセ8

最初は「まぁ、だいたい3時間くらいで〜。
と思ってた『休暇の見本市』でしたが結局5時間以上
会場を歩き回った結果となりました。

パンフレット1
2人で持ち帰ったパンフレットは10Kg位になったと思いますよ。

なんだか地元のシュバーベン地方一番フィーバーした気がしますが、
そんな地元地域でも、行ってない場所がまだまだあるなぁと思いました。

ドイツ国内にも、観光したい所がいっぱいありますしね。
なんとか機会を作って出かけたいと思います。うん。


そして、どうです?
シュバーベン地方にも遊びに行こうかな』とか思ってもらえました?

怖くないですから、ぜひこの地にも足を運んでみてくださいね〜!



<おまけ>

おかしな話かもしれませんが、、

このメッセに行って、一番旅行したくなった場所

九州のパンフレット

"九州" です。

次 帰国したら、九州巡りもオカン(母)としたいなぁ。
( ウチの両親は宮崎の人間です )


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
週末、行ってきました!
行く前に見たい国リストを作ったんですが、由麻さんたちと同じく、
私たちも結局シュヴァーベン地方で一番時間を使っちゃいました(笑)
BW州の温泉カタログ、持って帰ってきましたe-224
マイセンの絵付けもやっていたんですね!これは見たかったなぁ。

ペタさん希望のホールのレポートも楽しみにしてますe-257
2013/01/22(火) 01:09:19 | URL | しるでぃ #-[ 編集]
しるでぃさん(^_^)
おおー、温泉カタログ!(気づかなかった〜!)
さすがしるでぃさんです。v-218
BW州といえば温泉!
しるでぃさんの『温泉巡り』情報を強く希望します。
マイセンの絵付けをしていた人は、きっと工房のマイスタリンでしょうね。
あーいった事も体験したいですよね〜。
ペタさんの意外な趣味(いや、夢かな?)にもご期待ください。(*_*)

2013/01/22(火) 04:43:03 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
ウチは残念ながら行けませんでしたが、旅心が刺激されそうな、なかなか濃いイベントだったんですね!
BW州近辺の「ちょっといいところ」な情報は、意外と手に入りにくいので、由麻さんの情報はいつもとっても参考になります!もっと早く見つけてればよかったなぁ!(笑)
番外編野郎にも期待してます!
2013/01/22(火) 06:37:32 | URL | K #-[ 編集]
Kさん(^_^)
Stuttgartの『周辺』には、面白い場所がいっぱいです。
『控えめ』なシュバーベンの、「くすっ」と思う発見は楽しいですよ。
番外編野郎は車関係でーす!(^_^)
2013/01/22(火) 15:55:52 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
シュバーベン地方、もちろん行ってみたいですよ!v-91

アイルランドのパンフの表紙の写真、(アイルランドでは数少ない)輝ける陽光のふりそそぐ日の田舎の風景、いい線いってるよ!^^
お皿の絵付けに一番目が釘付け!楽しそうだなあ、植物の絵が画けたら。
大きな見本市だったんですね。アイルランドコーナー、ちょっと残念。
で、質問します。ドイツから見たら、アイルランドってどんな印象とかありますかあ?^^
2013/01/23(水) 02:33:07 | URL | ミッキー. #J9gPYW9c[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
パンフの表紙の写真は重要ですよねー。
まず手に取って、旅行に行きたくなるようなのじゃないと。
アイルランドの方が、ドイツより風景の色が明るいイメージがあります。
それに、より神秘的かな。(^_^)

2013/01/23(水) 17:59:43 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する