ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
幽霊ドライバー(授業のヒヤリングにて。)
2011年11月18日 (金) | 編集 |
ドイツ語の授業も9日目になりました。
そして朝の寒〜い通学が、結構つらくなりました。
Es fällt mir schwer, frühmorgens zur Schule zu gehen.

ドイツの家の中って、暖房装置 ( die Heizung ) がとても良く機能しているので
冬の朝の早起きも苦にならない暖かさですが、一歩外に出ると
もう、ほほを刺すような寒さですよね。
朝は路上の車が凍っていますもん。昼でも日陰にある車は凍ったまま、、。

一番困るのが、授業の行われる建物に着いても 入り口の鍵が開いてないことです。
鍵は先生が持っているのですが、授業30分前にはまだ来ていません。
次のバスを使うと、今度は私が遅刻しちゃいます。
Wenn ich den nächsten Bus nehme, komme ich dann zu spät.

毎日その建物の前で「お願い、先生 早く来て、、。」と祈るばかりです。

    先生到着:「あら〜、あなた凍っちゃうわねー。」
        ( まるで、ひとごとです、、。)
    私のの叫び:「ですから、先生も早く来てください、、。」

それ以外は割と順調に授業を受けています。
最初は日本語なしで行われる授業を、果たして理解できるものだろうかと
疑問だったのですが、
Am Anfang zweifelte ich, ob ich den Unterricht ohne Japanisch verstehen werde.
案外 適応するもんだなぁ、と感じています。
こういうのを " Es funktioniert. " というのでしょうね。

前置きが長くなりましたが、先日 ヒアリングテストの練習で
ラジオ交通情報のアナウンスを聞いて問題に答えるというのがあって
「 ウルム〜ミュンヒェン間のアウトバーン8号線( A8 )で 12 Km の渋滞が
報告されています。また、事故のため、、、うんぬん、、」などに続いて
「警察の連絡では、A96 号線の ○○ 〜 ○○間で Falschfahrer (直訳:間違ったドライバー)が対向車線を走行しているとの事ですので、一番右側 ( äußerst rechts )を走行し、追い越しをしない ( nicht überholen )でください。」
というのがありました。
この Falschfahrer は またの名を Geisterfahrer (幽霊ドライバー)といって
アウトバーンなどで逆走するドライバーのことを指すそうです。
逆走する理由の一つに、「自殺目的」でわざと対向車線に進入するというのがあり
しかも ひんぱんに起こっているそうです。他のドライバーを巻き添えにする
大事故を引き起こすので、幽霊ドライバーと呼ばれるらしいのです。

先生:「こういった交通情報を扱ったヒアリングの試験も多いですからね。
    あと、車で走行中も交通情報を良く聞いて、命を大事にしてくだいね!」
生徒達:「マジっ!?」

もらい事故とか、巻き添えで、、、なんて不条理な話ですが
とにかく 命を大切にしましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アウトバーンは何キロでの走行までがOKですか?
2013/01/16(水) 12:58:18 | URL | ウォンバット #-[ 編集]
ウォンバットさん(^_^)
無料・無制限です。。。
とはいえ、全区間ではないですけどね。
『フォーーーーーンっ」といって、ポルシェとかアウディのすごいやつが、
カッ飛んでますね。
ちなみに町に入ると50Km、町の中心30Km、それ以外の道で
特に制限速度標識がない所は100Km制限です。
2013/01/16(水) 17:06:54 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック