ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
新年早々、救急車のお世話に
2013年01月06日 (日) | 編集 |

( 前回の続きです )

"足元を見ずに階段を降りれば、何が起こりうるか"
だいたい察しがつくってもんです。

そうっ、階段から落ちました、、。
( でも たった2段ほど上から

次の1歩で階段は終わり〜って気がしていて、

そのつもりで足を出して、段を踏み外しました。

ただその時 左の足首が 『くにゅっ』って
湿った、いや〜な音を出したんですよね、、。

自分は「あ〜〜れ〜〜っ!って感じです。

もっと上から転げ落ちてたら
「銀ちゃん、かっこいーっ!」(蒲田行進曲)なんて
セリフで決めることも できたんでしょうけどねー。

頭も打たなかったし、『折れたかも? なんて感じは
しなかったけど、すぐに立ち上がれる状態でもなかったので

『ちょっとこのままで、じっとしていよう。』と思ってたら、

運良く、丁度ペタさんが帰ってきまして。(PM 5:00頃)
すぐ続いて、同じアパートに住む20才位の女性も帰って来て

「わ〜、何があったの〜!救急車呼ぶ〜?」

「あい、お願いしやす、、。」と即答する私。

あ〜、寝間着のままで転がってなくて良かった〜。(当たり前じゃっ!)



とりあえず なんとか一旦部屋に戻り、保険のカードを用意して、

待つ事 約10分で、2名の救急隊員が到着

痛いか、足先の感覚があるか、足首が動かせるかなどを聞かれて、

今は痛くない、感覚はある、ちょこっとなら動かせると示すと、


添え木1
手で曲げて形が作れる コレを救急バッグから取り出し
私の足首・かかとにあて、包帯で軽く固定して外へ連れ出してくれました。

私は救急車、ペタさんはマイカーで、この町で1番大きい病院
"Filderklinik フィルダークリニーク"へ向かいました。

(サイレンは鳴らしてませんでしたよ)

10分位で病院に着いたと思いますが、足首はその間に
だんだんと痛くなってきて、気分も悪くなってきて、

30分位は乗ってたような気がしましたよ、、。



2人の救急隊員が、夜間救急診療室(3室あり)の前の廊下に
置いてある移動式ベットまで運んでくれて、

看護師さんに、私の足首の状態を簡単に説明してから
「じゃぁね〜、アデー。と去って行きました。


看護師さんには、ウチの電話番号と、かかりつけの医者(いないけど)の
名前
を聞かれましたが どちらも答えられず、なんともバツの悪い思い

私の"かかりつけの医者 der Hausarzt" は、ペタさんのお医者さん
なりますが、まだ診察してもらったことがないので、知りません、、。
それに、自宅の電話番号。これから覚えられるかなぁ、、。


ペタさんが看護師さんと話してくれて、カルテが出来上がり、
私はその、廊下の移動式ベットに横たわって順番待ち。

約1時間半後足首のレントゲン写真を撮ってもらえました。

その後 "外科のアシスタント医師 Paul なんとか" さん と
名札をつけた若いお医者さんが来て、ウチの"かかりつけの医者"に
渡すための診断書
(かな?)を書いて、看護師さんに指示を与えて、

「じゃ、お大事に〜。アデー。と去って行きました。

で 看護師さんが、何か白くて重いクリームの付いたガーゼ
患部にあててその上を包帯で巻いて、全て終了

病院での所要時間は、約2時間半くらいでした。
(レントゲン撮影以外は、全て"廊下"での処置・・・)

"なるべく足を高く上げておくように" とのことでして、

今のところは 家に常備の痛み止めを飲んで様子見です。



『階段を降りる』という動作にはついては、過去の体験からも
一番気をつけていた事でしたが、( 駆け下りない、足元に注意する など )

まさかドイツで、しかも新年早々 転げるなんてね、、。はふっ、、。

やっと あばら骨野郎が良くなって、寝る前の腹筋30回
再開したばかり
なのにな〜!

とにかくもっと慎重にならないと!(無理の利かない年頃です)

ちなみに、救急車で病院に運んでもらうのは有料だそうです。(ドイツ)
保険で支払われるのか、いくらか負担が発生するのか
請求書が届いてからのお楽しみのようです、、。ドキドキ、、



<おまけ>

救急隊員の応急処置の"添え木"として使われたコレ。

添え木2
もういらない様だったので、持ち帰りました。

添え木3

に置いておいても、に積んでおいても役立ちそうです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
よ!銀ちゃんかっこいい。
いや、かっこわるいです。階段オチ、しかも1段。

とりあえず何にもなくてよかったですね。

ペタさんも、近所の人もいてよかったです。これが1人だともっと心細いでしょうからね。

2013/01/06(日) 09:31:55 | URL | wombat #-[ 編集]
wombatさん(^_^)
ありがとうございます!

ウケを狙いたいタイプとしては、『1段落ち』がかっこ悪いです。
ま、若い頃のような俊敏さは失われましたので
動作も慎重にならねばです。。。
2013/01/06(日) 17:37:30 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!

階段の段の踏み外しの転倒、いやあ、痛そう、というか、痛い!わたしも、忘れた頃に、うっかりとやってしまいそうになることがあって、ヒヤっです。
由麻さん、でも大事に至らなくて良かったですね。

出発前に鳥取、雪が沢山降りました。

↓おせち料理の写真、美味しそう^^
2013/01/06(日) 18:06:18 | URL | ミッキー. #J9gPYW9c[ 編集]
ミッキーさん(^_^)
わーい、ミッキーさん!
あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いします。v-22
ミッキーさんはきっと、世界一美味しくて素敵なお正月を過ごしたんでしょうねー!
あ、あたしは、、、。痛いです(>_<)
慎重な1年にしなくては。

ミッキーさんのブログの更新を楽しみにしてまーす!

2013/01/06(日) 19:54:46 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
明けましておめでとうございます。
新年早々大変でしたね。大事に至らなくて良かったです。仕事始めまでに完治されるようお祈りします。
今年もドイツの様々な話題,楽しみにしてます!
2013/01/06(日) 21:07:54 | URL | Chiko #-[ 編集]
こっちでは救急車有料なんですね。
覚えておこう。

ま、当分の間、寒い中の散歩はないってことですよね?
あせらずにご養生ください。
2013/01/07(月) 00:27:18 | URL | ヨーコ #-[ 編集]
Chikoさん(^_^)
Chikoさん、あけましておめでとうございまーす!
良いお正月を過ごされましたか?
私はしょっぱなから、とんだことになりましたが、
今年の教訓になりました。(*_*)
そして、地元の話題が中心のブログになりますが、コレからも
どうぞ宜しくお願いします。v-22
2013/01/07(月) 00:48:52 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
おぉ、、、痛そう。。。(>_<);
幸い骨は折れてなかったということだったのかしら?
痛みと腫れがひくまでゆっくり休んでください〜。

階段、つい慣れてる場所だと油断しちゃうんですよね。。すぐにペタさんが帰ってきて良かったですね。

↓クロワッサンの猫ちゃんね、私のブログでリンクさせてもらってる「美味しいものが食べたいin USA」のみこちゃんと「ドンタコスの日々」のドン子ちゃんがたしか出てたと思います♪チェックしてみてくださいね〜
2013/01/07(月) 00:52:00 | URL | tsukikumo #o/PXu/q6[ 編集]
ヨーコさん(^_^)
ヨーコさん、ありがとうございます。
ペタさんは昨日、一人でも散歩に行ってましたよ。(^_^)
救急車手配の料金は、20〜30ユーロ程ではないかと思ってるんですが(ペタさんも分んないって言ってて)、請求書がきたら、またブログ上での報告もできるかな。
日本の無料ってのがいいですよね!(すごいことなのかも)
2013/01/07(月) 00:55:56 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
tsukikumoさん(^_^)
階段、恐怖です、、。(>_<)
喋りながら降りたりも、結構ひやっとする時ありますもんね。
気をつけましょーう!

みこちゃんとドン子ちゃんですね!
早速チェックしてみまーす!(^_^)
2013/01/07(月) 02:01:25 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する