ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
また イイとこみっけ!(Felsengärten と Tripsdrill)
2012年10月06日 (土) | 編集 |
最近の休日のドライブは、Stuttgart の北方面向かうことが多いです。

10月3日 ドイツ統一の日(祝日)は、Stuttgartの 25Km ほど北にある
ベーシヒハイム Besigheim という街方面に向かいました。

といっても 街を散策するためではなく、その街のそばにある、

Felsengärten1
Felsengärten フェルゼン ゲルテン(岩園?)
ここにくるためでーす。

Felsenggärten10


Felsenggärten2
ここは、ネッカー川"くるりっ" と囲まれた
ヘッシヒハイム Hessigheimという村にあります。

Felsengärten3
ここでは ロッククライミング Klettern が楽しめるので

Felsengärten4

やってる、やってる!

Felsengärten5

登ってる、登ってる!!

Felsenggärten7

やー、私はやりたくないですねー、、。(高いとこ苦手)

Felsengärten6
きっと この下でも、、。恐ろしくてこれ以上は覗き込めませんっ!

Felsenggärten8 Felsenggärten9
ただ、眺めはサイコーですよ!(曇ってて残念)



このヘッシヒハイム村もそうですが、この辺り一帯は
広大なブドウの生産地

Felsenggärten11

ちなみに ヘッシヒハイムの 村の紋章ブドウ
Hessigheim紋章
ネッカー川に育つブドウをイメージしてるようです。
かわいいですね!


おいしいワインを作るための、各品種のブドウ畑だらけです。

リースリング1 リースリング2
( Riesling リースリング )

レムベルガー1 レムベルガー2
( Lemberger レンベルガー )

ケルナー1 ケルナー2
( Kerner ケルナー )

こう書いてると、ワイン通(つう)になった気がしてきます。

ブドウ畑のところどころには、小さなワインスタンドがありましたが、
Felsenggärten13
ドライブの続きがあるので、がまんがまん、、

Felsenggärten14
午前中は雨がちでしたが、だんだん晴れてきました。



このあと、ワイン畑の斜面 Weinberge が続く道を西へ走り、
Felsenggärten12

次に向かったのが、
自然リゾート Tripsdrill トリプスドリル
Erlebnispark 体験パーク

ドイツで最も古い遊園地と、野生動物公園 のあるところです。

最初、遊園地の方の駐車場に行きましたが、すでに満車!(PM12:30頃)
なので隣りの動物園の方に行きました。
(まぁ 私は遊園地はあんまり〜、、 なので、そっちのほうがいいのです。)


車を降りて 動物園へ向かうと、
野生の楽園1
まず 羊たちがお迎えに近寄ってきます。

野生の楽園2 野生の楽園3
ま、お迎えというよりは「何かくれ!」みたいな、、。

野生の楽園4
で、野生動物公園 Wildparadies "野生の楽園"

野生の楽園5
羊飼いの荷車(Schäferwagen)の形の入園券売り場
(入園料は 9ユーロ)


野生の楽園6
野生の楽園の案内板
ヒグマ、ヤク、白オオカミ、フクロウ、アライグマ、ムフロンとかいう
野生の羊、、なんとニホンジカまでいるようです。




あとで調べたら、フェレットもいる〜〜!
フェレットは日本でずっと飼ってたので、"野生動物"って
気がしませんけどね、、。



この日は 午前中の雨と寒さにやられたのか、
あまり体調が良くなかったので 入園はしませんでしたが、

入り口のすぐ横に、木の家5〜6件建ってるのを発見!
なんだろ、あれ!?
木の家1


木の家2


木の家3

なんと 泊まれるんですって!(宿泊施設でした)
(トイレ・シャワー・TV・冷蔵庫・カフェマシーン・床暖房完備 )すごいなそれ。

木の家5
いいな〜、泊まりた〜い!(ただ 3名様から宿泊可能、、

羊飼いの乗り物1 羊飼いの乗り物2
この緑の荷車も宿泊施設。
(洗面所・TV・冷蔵庫・暖房完備)こちらは2名様から宿泊可能 おっ!

サニタリーハウス
敷地内にある、サニタリーハウス(トイレ・シャワー室)

トイレ
しかも、ここ おトイレ。( 洒落てますねー

宿泊施設
ここにある荷車も、全部宿泊施設。(広びろ〜〜)

遊園地方面
奥に遊園地の "木製ジェットコースター"が見えてます。
100種類以上のアトラクションがあるとのことですよ。

( てか、ドイツには大きな祭りの時だけに設置される移動式の
組み立て絶叫遊園地しかない
のかと思ってましたよ、私 )

木の家の森

や〜、マジで泊まりたいです。
Das gefällt mir!!(気に入った!)

宿泊料(参考まで):泊まる人数によって、
一人当たりの宿泊料が異なりますが、
木の家のほう(3人以上から)は、77€(ハイシーズン 87€)
荷車のほう(2人以上から)は、75€(ハイシーズン 85€)

朝食と野生の楽園 (Wildparadies) の入園料込み

遊園地も動物園も、今年は 11月3日までの営業です。

それまでに泊まりにいけるかなぁ、、?
でもちょっと、マジで計画たてようっと!



体験パーク トリプスドリル TripsdrillHPコチラ

(なんか 操りにくいホームページですね、、)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いいとこですね!
たくさんドライブに連れてもらっていいな〜由麻さん。
崖の景色も絶景ですね。きっとその場にいたらもっと壮大な感じなんだろうなーと思って読ませて頂きました。
自然リゾート超面白そうな場所ですね。荷車泊まってみてください! こんな所での目覚めは気持が良さそうです。
※ブログのデザインが可愛い♡ねこちゃんもカボチャもニコニコ♡
2012/10/08(月) 03:01:06 | URL | URARAN #-[ 編集]
URARANさん(^_^)
ペタさんのドライブは、近場でも一度出発すると、いつ帰宅できるのか予測できませんが、「おー、ここは14年ぶりだぁ。(数字に細かいドイツ人)」とかいいながら、自分でも懐かしの場所を楽しんでるみたいですよ。e-454
営業期間内に泊まりに行けなくても、遠くない場所なので、野生動物公園は行きたいなー。
e-465たまにテンプレート変えるのも楽しいですねっ!
2012/10/08(月) 04:25:17 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する