ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
いちばん恐れていた事が!(授業初日)
2011年11月08日 (火) | 編集 |
前書き:私は方向音痴です。
    それも筋金入りだということを、本日 もう、いやっ!というほど
    再認識しました。

私の受けるドイツ語講座は、市民学校(VHS)からは結構離れた
別の建物 (Alte Mühle という建物)の1室で行われます。

昨日(6日)に、その建物への道のりを、ペタさんと一緒に下見してきました。
まず、バスで Filderstadt 駅まで行ってー、そこで76番バスに乗り換えてー、
バス停 Marktstraße で降りたら、徒歩5分くらいだね!
Schule.3 Schule.2

で、授業は 7 : 45 からだからー、6 : 52 発のバスに乗ればー、7 : 20 頃には
教室に行けるね! と。

もう、今朝はやる気まんまんで、5 : 30 には起きて、朝食もとって(これ大事)
トイレも済ませて 6 : 40 には家を出ました。

正しく、Marktstraße で下車しました。
「おぉ、割と時間通り!」と、安心したのもつかの間。
目指す Alte Mühle へ向かう途中の、左折場所を間違えました。
「あれ、もう少しまっすぐ行ってから、左折するんだったかな? んじゃ、この辺で
右に曲がれば、Alte Mühle 前の道につながるかも。」と進んで行きましたが、、、

道がなくなりました。
今来た道をバス停まで戻ってやりなおすと、完全に遅刻です。
泣きたい気分で周りを見渡すと、ひなびたキャベツ畑を発見。
「なんか、この畑を抜ければ、Alte Mühle に近づく気がする。
違ってても、どのみち遅刻だい!」と、再び気合いいれて
ぬちょぬちょのキャベツ畑を(最悪でも滑って転ばないように)進みました。
「こんな朝早く、霧深いキャベツ畑をのしのし歩く日本人なんて、私だけだろ!
下見も車止めて、バス停から歩いておくんだったなー!まったく〜!」と
いろいろ悪態をつきながら。

なんとか無事、転ばずに畑を抜けたところで、おばあさんを発見。
「おはようございます!すみませんが、Alte Mühle に行きたいのですが。」と
尋ねてみました。
「すぐそこよ、ほらあそこ。」 なんと!これはラッキー!
お礼を言って、猛ダッシュ! 現在 7 : 43 。間に合うぞ!!
Schule.1

汗だくで、その建物の2階まで駆け上ると、教室のドアの前ですでに10人程の
生徒が立っていました。
私は呼吸を整えながら、教室案内のプリントをリュックから取り出し
教室の番号を確認したら、違ってました、、。思わず「 Falsch! (違う!)」と
口に出し、今度は階段を駆け下りて。
落ち着け自分!
ほら、ここにあるじゃないか!

と言う訳で、なんとか初日に遅れる事なく 授業に参加できました。
授業の様子は、明日のレッスン2日目と合わせて書きたいと思います。

とにかく、疲れたの一言でした。
AM 11 : 00 には帰宅しましたが、すぐにまた寝間着に着替えて
ベットに横になるほどヘロヘロでした。

だって、帰りのバスも方向間違えたんですもん。(マジ もう、いやっ!)

追伸:母へ。
市民学校( Volkshochschule = VHS )←「ビデオ」のことではないからねー!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
あなたもですか…(- -;)筋金入りの方向音痴!!
私も以前、子ども達を連れてお墓参りに向かったものの、山をひとつ越えてしまい県も越えてしまいました。
結局その日はお墓にたどり着けず、子ども達は二度と私の後を着いてきません…
2011/11/08(火) 08:00:33 | URL | ともち #-[ 編集]
No title
ともちへ。
自慢じゃないけど、ここの近く(徒歩30分)にある
スーパーに行けるようになるまで、3日かかった。
つまり、3日目のチャレンジでやっと行けたのだ。
町の地図見ながら歩いたのになぁ。
でも、君ほどひどくないね、あたしの方向音痴。
(何のレベル比べやねん。)
2011/11/08(火) 19:07:30 | URL | 由麻 #VP19wp2M[ 編集]
イヤー毎日が、はじめてのお使いみたいだねー
2013/01/16(水) 13:11:01 | URL | ウォンバット #-[ 編集]
ウォンバットさん(^_^)
歩いて行ける所にあるスーパーへさえ
いっぱつで行けるまで3日間かかりました、、。(-_-;)
2013/01/16(水) 17:11:54 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック