ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
フランクフルトに行きましたよ -ワクワクの出会い編-
2012年09月11日 (火) | 編集 |
(前回の続きです)

フランクフルト アム マイン中央駅のホームに降りてから
すっかり「おのぼりさん 」気分で、写真を撮りながら

「まず、改札をでてー、、」とか頭に浮かんでいたのですが
ドイツの駅には いわゆる日本の "駅改札口" なんてものは
存在しないんでしたね、、。システムの違いを再認識、、。

駅の通路に着いた瞬間、「わ〜っ!」URARANさん
駆け寄ってくれました。(感動の初対面!

到着の番線を伝え忘れていたのですが、URARANさんの
"野生の感" 「ここに違いない。」と教えてくれたそうです。
フランクフルト中央駅
(フランクフルト アム マイン中央駅)

「こんにちは、初めましてー!3日間お世話になります!
と ごあいさつの後、一旦 URARANさんのお住まいへ。

U-Bahn バス
フランクフルトの Uバーン(地下鉄)バス車両の色
ターコイズグリーンなんですねー。( Stuttgart黄色です )



チャーリーURARANさん宅は白を基調とした
全部屋南向きの、とっても明るい住まい。

URARANさんお気に入りの素敵な
シャンデリアのある居間では
熊の「チャーリー」君が、、、
・・・で、でかいんすけど

(3日間、宜しくね。チャーリー



タイ料理1
 身軽になって、まずは腹ごしらえ

  "Koh Samui"という タイ料理
 レストラン
へ連れてってもらいました。






タイ料理2

天気が良いので、外でお食事です。

タイ料理3

とにかくレストランに不慣れな私は、すべてURARANさんにおまかせ。

タイ料理4

こうして写真を並べるだけで、思わずヨダレが、、。おいしそでしょ。

タイ料理5

ちいさなカゴに詰めてあるご飯をよそって、

タイ料理6

こんな風にして頂きました。(さっぱりしてて、おいし〜!)

おしゃべりしながら、2時間近くいたんじゃないかな?
お腹いっぱいになったところで、ようやく観光開始です。

このレストランから、レーマー広場に向かう途中
屋内市場 Kleinmarkthalle クラインマルクトハレをのぞき、
Kleinmarkthalle1

Kleinmarkthalle2
Stuttgart では見た事も無い "超ご親切な看板" に感動し。

「今晩は しゃぶしゃぶなんですが。」と言えば、
「お、じゃあ 薄切りやね!」と、すぐにわかってくれそう!

Kleinmarkthalle3 Kleinmarkthalle4
あ〜、ジャガイモ以外〜〜!(里芋〜、サツマイモ〜!)

そして、フランクフルトの観光名所のひとつ
レーマー広場1
"レーマー広場"(おぉ、ここかぁ!)
PM 4:00頃
観光客もまだまだ大勢いました。

レーマ広場2
3つの屋根が連なった建物フランクフルトのシンボルですね!
レーマー広場3
その中央の建物 が、旧市庁舎 レーマー Römer だそうです。

カイザードーム1
フランクフルトの大聖堂
"Kaiserdom カイザードーム"


カイザードーム2 カイザードーム3
大聖堂の中は、こんなキレイなサンゴ色! 珍しいかもー。

レーマー周辺は、教会がとても多くて(大聖堂を含めて8つ)
全部は見てまわれませんでしたが、とても古い歴史をもつ
キレイな教会ばかりでした。

Eisener Steg
そして レーマー地区からこの、全長 約170m鉄の橋
"Eiserner Steg"
アイゼルナー シュティーク
を渡って、
マイン川の南 ザクセンハウゼン へ。

橋の上では お洒落して、多分 結婚10周年とか、65周年記念写真
撮ってる人達もいました。(ずっと お幸せに〜!

Eisener Stegから1
この橋から見た、北側の景色

Eisener Stegから2
そして、南側の景色

近代の高層ビル歴史的建物共存している都市なんですねー。

また、URARANさんちに戻るまえに、
ボートハウス1
橋のたもとにあるボートハウスで ちょっと休憩PM 5:30頃

ボートハウス2
川に浮かんでるので、何気にゆらゆらと揺れてましたが、
それにもすぐに慣れました。

その後、URARANさんちへ戻ってのんびりさせてもらってる内に
旦那さんも仕事から帰ってこられて、3人でワインで乾杯

先ずは 私がお土産で持参した、ペタさんの故郷でもある
Stuttgart Bad Cannstatt バート カンシュタット産赤ワインで。

その後は、URARANさんご夫妻が「大人買い」した赤ワインと、
URARANさん手作りの、とてもおいしいおつまみお料理
いただきながら、夜中まで楽しくおしゃべりして過ごしました。

手料理の写真を撮りそびれてしまいましたが 味だけでなく
見た目も 盛りつけの和食器も、とても素敵でした。(すごい〜!

そして、グッスリ休んで フランクフルト2日目へ。


・・・つづきまーす。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おいしそう…!
タイ料理、おいしそう!!!v-10もう見ているだけで涎が・・・!
ご飯もかごに入ってるなんて~かわいいですねe-257
しゃぶしゃぶ用のお肉を切ってもらえるなんて、夢のようです。私はいつも薄く切ろうと神経を超集中させて切ってますが、薄くなりませんe-258
川沿いのカフェもいいですね~♪デュッセルドルフに行ったときも思いましたが、街中を大きな河が流れているのっていいなと思いましたe-454ネッカー川はちょっと小さいですよね~。
2012/09/12(水) 14:35:50 | URL | しるでぃ #-[ 編集]
しるでぃさん(^_^)
ね、なんだかこのタイ料理の味が想像できそうでしょう?e-349
(ご飯はカゴからよそったら、すぐ食べないと固くなります)
そして、肉屋さん。StuttgartのMarkthalleにも、こんな粋なお店があったらなぁ、、。e-450
川の上のカフェは、見晴らしも良くて気持ちよかったです。
夜景をみながらってのも、きっと格別でしょうね〜!e-490
2012/09/12(水) 15:37:52 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
薄切り
由麻さん&しるでぃさん、こんにちは。
薄切り肉は助かりますよー。先輩日本人さん達が長年かけてお肉屋さんを教育?してくれた賜物かと。。
Stuttgartのお肉屋さんも、ハムとかベーコンを切るヤツで出来るはずです! 仲良くなってチャレンジー?!
「シャイブン、ビッテ」デス。
2012/09/12(水) 21:13:28 | URL | URARAN #-[ 編集]
URARANさん(^_^)
なるほど、たしかに先輩達が切り開いた道だったんでしょうね!
日本人には、薄切り肉が必要なのよ〜!ってv-218
私もいつか、お肉屋さんと仲良くなれるかな〜。
「シャイブン、ビッテ」で頑張ってみます!!e-442
2012/09/13(木) 03:40:57 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
URARANさんから飛んできました。とても楽しそうですね!
明日は少し時間が取れそうなのでとても参考になりました!
2012/09/13(木) 13:27:08 | URL | こじ #-[ 編集]
こじさん(^_^)
こんにちは、こじさんe-454
可能なら、ぜひ マイン川に浮かぶボートハウスでのカフェーを!
眺めもいいし、 開放的で気持ちよかったですよ。v-218
2012/09/13(木) 16:03:57 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する