ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
Schloss Solitude ソリテュード宮殿 (^_^)
2012年05月21日 (月) | 編集 |
前回のつづきです。

シュトゥットガルトの西アカジカとイノシシの公園の に立つ
小さな宮殿 Schloss Solitude ソリテュード宮殿 です!

お気に入りのお城(宮殿)なので、大きめ画像でいきまーす。

solitude1
"Schloss Solitude" 

solitude2

solitude3

solitude4
1763年に、ヴュルテンベルク公カール・オイゲン( Carl Eugen )
狩猟用の別邸として建てた ロココ様式の宮殿 です。

シュトゥットガルトの "新宮殿 Neues Schloss" を建てたのも
 この オイゲンさん。

neues schloss シュトゥットガルト新宮殿


天気が良かった日の ベストショットはこれです。
          
solitude5

以上の5枚の写真は、宮殿の"南側"です。


"北側"は、宮殿前が一面 芝生になっていて、とてもキレイな景色なんですが、

solitude7
ちょうど 逆光なのと、この日は雲が多くて 残念ながら写真はこんな感じ、、。

solitude8
でもこの時、結婚式のパーティーをしている人達がいました。
宮殿で(しかも Solitudeで )パーティーだなんて、いいですね〜!

また、宮殿の "(?)" のところが、ポッカリ開いた通路になっていまして、
solitude6
当時は そこから 約13km 先 まっすぐ
"Residenzschloss Ludwigsburg ルートヴィッヒスブルク宮殿"
まで、
連絡道路としての並木道が続いていたそうです。
今は、ただのアスファルトの道路ですが、まっすぐのびているのが見えます。

residenz ルートヴィッヒスブルク宮殿


私はこのソリテュード宮殿には、これまで(過去4年間)に4回程きていますが
なぜか機会がなくて(たまたま閉まってたり、時間がなかったり)
まだ一度も中に入ったことがないのです。(今回もそう

そろそろ帰ろうかなという頃に、なにか始まりました。
solitude9

多分ですが、乗馬クラブとかで、昔の伝統にのっとった形式
"狩り" に出かける様子を楽しんでいるんだと思いますよ。
ラッパのファンファーレが鳴った後、森の中へと消えていきました。
solitude10


宮殿の東側から続くマロニエ(西洋トチノキ Rosskastanien)の並木道。
solitude11

道のすぐ横の牧場では、約10頭程の馬草を食べてたり
solitude12

たわむれていたり
solitude13

こっちに寄って来たり。はろ〜!
solitude14
やっぱ、宮殿とかお城には が似合いますね。 かっこい〜っ!

また今度この宮殿を訪れるときは、ぜひとも中に入ってみたいものです。



<おまけ>

"19世紀" の ソリテュード宮殿 の周辺の様子
solitude15
実はこの絵(ジオラマ)シュトゥットガルトの「メルセデス・ベンツ博物館」
撮った写真の中で見つけました。

"当時、ソリテュード宮殿の住民達への食料品などは、もっぱら馬車での運搬
であったが、ゴットリープ・ダイムラーは 1886年に、このような馬車に
最初の高回転型ガソリンエンジンを取り付けた"


みたいな解説がついていましたよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
由麻さん、こんにちは!
ブログ村でお見かけしてお邪魔しました。猫2匹とシュトゥットガルトで暮らしています。

こんな素敵な場所がシュトゥットガルト郊外すぐ近くにあるんですね♪ぜひ今度行ってみたくなりました。

またちょくちょくお邪魔しま〜す☆

2012/05/22(火) 23:38:08 | URL | tsukikumo #o/PXu/q6[ 編集]
tsukikumoさん(^_^)
こんにちは、tsukikumoさん!
Solitudeのブログを読んでもらえて嬉しいです。e-446
ほんとに可愛いお城ですので、ぜひぜひ行ってみてください。
北側の芝生でまったりってのも、私もいつかやってみたいんですよ〜。おにぎり持参で。v-375 v-365
2012/05/23(水) 02:11:59 | URL | 由麻 #Q9J.FUXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する