FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
4年に一度の農業祭 Landwirtschaftliches Hauptfest
2018年10月22日 (月) | 編集 |

はい、前回の続き〜(=^.^=)

農業祭1

14時ちょっと過ぎにようやくこの日(10月6日)の本命、
『第100回 農業祭』会場にやってきました。

まぁ私は、トラクター大好きペタさんの付き合いなんですけどねー。


この祭では、バーデン=ヴュルテンベルク州(Land Baden-Württemberg)
現在の農業畜産に関わる機械や動物の展示、講演・実演などが行われています。

入場してすぐに、
 

ジョンディア
JOHN DEERE(ジョンディア)のトラクター野郎
(はい、ペタさん、お目目キラキラ〜)


ま、トラクターは逃げないんで、『畜産』のテントから見て回りました。

LWH1
最初はニワトリとかそういった『小さい』やつらの展示。



LWH魚1
4年前には無かった『アクアリウム』が設置されていました。
(ええ、4年前にも来たわけですよ)



LWH魚2
ちびっ子達にお魚の説明をしていましたよ。



LWH魚3
この州で釣り上げられる魚の一例。



LWHうさぎ1
お魚の展示よりも、こっちが好き〜 (≧∇≦)

いろんなウサギの展示です!

LWHうさぎ2
うきゅ〜〜〜っ!! (≧∇≦)


LWHうさぎ3
可愛い過ぎる〜〜!!


LWHうさぎ4
こういった囲いの中に、いろんな種類のうさぎが展示されています。
(畜産、、、なわけですね??)

ずっとウサちゃん達を眺めていたいところですが、はい次っ。


LWHブタ1
ブタのテントでーす。
(ドイツのブタ、美味しいです!!)


LWHブタ2
子ブタとのふれあいコーナー。



LWHブタ3
ブタもいろんな種類の展示がありますが、
何と言ってもこの特徴的なシュヴァーベン地方のブタ。

後ろで「Das schmeckt etwas anders,」
(このブタは、ひと味違うのよね〜)
みたいなことを言ってる人がいましたよ。


LWHひつじ1
続いて、ヒツジヤギの展示のテント。



LWHひつじ2




LWHひつじ3
あなたのお目目は一体どこに!?



LWHヤギ1


ヤギのお乳が本当はとても美味しいってことを4年前のこの農業祭で知りました。
美味しすぎてビックリしましたもん♪


LWHヤギ2




LWHウシ1
そしてウシの展示テント。ちょうど『Forum』でこの地方の
ウシの紹介をしていましたよ。


LWHウシ2
「どーも、シュヴァーベンの牛やってますぅ」



LWHウシ3




LWHウシ4
右のウシがなんとも言えず... ❤️(耳がっ、耳が〜っ)



LWH馬1
のテントもあって、

テントの外の広場では、何か馬術?演技?をやっていたようです。

LWH馬2
が、ちょうど終わったところでした。。。。



LWH馬3
先の演技は見逃しましたが、続いて4頭の馬による演技がスタート。



LWH馬4
クラシックの音楽に合わせての静かな演技。



LWH馬5
こんな馬、初めて見たぞ!?


いろんな種類のニワトリ、うさぎ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウシ、馬などに
癒されて、畜産(でも畜産。。。)ブースは終了。



LWH2
まぁ、あとはまたペタさんのトラクター見学に付き合って。



LWH3
ってか、このタイヤ、すげくないっ!? (*_*)



LWH4
我らが『Kubota』トラクターは、うちの近所のお店からの展示です。
(ペタさんはしょっちゅうそのショップに覗きに行ってます)


約1時間半この農業祭を楽しんで、そろそろ会場を後にしようかと。


LWH5
『Auf Wiedersehen beim 101. Landwirtschaftlichen Hauptfest 2022』
(2022年の101回 農業祭でお会いしましょう)

はい、また4年後に。。。やっぱ来るのかなぁ (^▽^;)


さて、この農業祭の会場を出ると、Volksfest側なんですが〜、、、
 

2018 Volksfest28
我々は、先ずあの矢印で記した観覧車のあるところまで戻らなくては。

もう、むっちゃ混んでます〜〜っ!! (-""-;)

なかなか前に進めません!


2018 Volksfest29
ビアホールとか、入れ替え待ちの人たちですかね〜。。。
人で溢れかえってます。



2018 Volksfest30
もうどこかで一休みなんて無理だったので、
とにかくこういった簡単なものだけ買って食べて。



2018 Volksfest31
ランゴス。これも好きなんで食べて。(笑)
(トウモロコシは食べ損ね。。。)

残念ながらたった一杯のビールも飲めなかったペタさん。

「開催中に、また来よう!昼間にっ!」(がしっ!)


そして、『ビールを飲むぞ〜のペタさんと
10月9日(火)、再びここへとやってきたのでした〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

昨日(10月21日)はキャベツ祭りにも行ってきたのよね〜。
祭り続きだわ〜。。。



スポンサーサイト
Volksfest ... を素通りして〜(^▽^;)
2018年10月19日 (金) | 編集 |

10月6日(土)

Volksfestが開催されている広場(の奥の敷地)で
4年に一度で同時開催されている
『農・業・祭』の方に行ってきましたよw
(ペタさんがトラクター見に行きたいってんで、、、)

Volksfestは入場無料ですが、農業祭へは14ユーロの入場料がかかります。

が、

Stuttgartの交通担当機関である
VVS(Verkehrs und Tarifverbund Stuttgart)との連携で
市電Sバーン、バス、Uバーンを利用しての乗車料金込みで14ユーロという
『Kombiticket(コンビチケット)』が出てたのでそれを利用しましたよ。
 
kombiticket
最寄りのバス停に設置されている自動券売機で買えました。
行き・帰りで乗車する際にはこのチケットを検札機に差し込んで
ガチャ!っとスタンプを押しますよ。

うちからだと会場への往復で8ユーロくらいかかるので、
それ込みで14ユーロってことになるのでかなりお得!!


2018 Volksfest1
Bad Cannstatt駅には12:45頃に到着。

駅から歩いて約4分くらいでVolksfest会場の入り口です。
(入り口では警備員によりカバンの中身のチェックが入ります)


2018 Volksfest2

土曜日とはいえ、この時間(12:50頃)はまだ空いてました〜w。


2018 Volksfest3

お〜、久々のVolksfest !!

ここ2〜3年はこのVolksfestを訪れてなかったんです。

2013年には弟たちとも一緒にVolksfestに行ったけど、
ブログカテゴリー『弟たちとの10日間』では丁度お祭りの話に移る
途中まで書いたあたりでフェードアウトしちゃったんだったわ。。。
(未完結ですまぬ、弟たちよ。でもまた遊びに来てw)


ってか、それも含めて今までブログにVolksfestの話を書いたこと無かった事に
"あっちょんぷりけ〜〜〜!! "です(^▽^;)
(知ってます? BJのピノコちゃんw)


まぁ、この日については目的がVolksfestでは無かったので、
ぐるっと一回りはしてみましたが、ほぼ素通り。。。

ですが Volksfest会場の様子を載せていきますね〜(^▽^;)

はい、こんな感じ〜。
 

2018 Volksfest4
ロング滑り台、空いてる空いてる〜。



2018 Volksfest5
なんだか親しみ深い名前がチラホラ (=^.^=)



2018 Volksfest6
くじ引きの景品のぬいぐるみ。
やっぱ最近アルパカ "きてる" のかも!?



2018 Volksfest7
でっかいトラの、当てて抱えて帰ってみたいです。



2018 Volksfest8
あちこちから美味しそうな香りが漂ってきますが、
今は我慢、我慢。



2018 Volksfest9
トウモロコシは帰る前に買って食べようっと!(=^.^=)



2018 Volksfest10
乗り物に乗って巡るお化け屋敷



2018 Volksfest11
Historisches Volksfestのゴーカートに比べてると、
随分とモダンになったものですね〜。



2018 Volksfest12
高さが売り物の『絶叫系』もかなりあります。



2018 Volksfest13
80メートルくらいの高さでグルグル回る回転ブランコとか、



2018 Volksfest14
80メートルくらいの高さから、一気に落ちてくるやつとか。



2018 Volksfest15
80メートルくらいの高さまでブンブン回るやつとか。
(80メートルが肝?w)

まぁ、こういったのが祭りの間だけ設置されるってのがまたすごい。
(祭りが終わったら撤収〜)


2018 Volksfest16
火災発生!、、、ではなく、煙を吐きながら回るやつ。



2018 Volksfest17




2018 Volksfest18
民族衣裳を売ってるお店もあります。
(上等なやつだけにお値段も上等。。。)

老若男女、やはりこういうの着て来てる人は多いですね〜。
お祭りだもの。


2018 Volksfest19
この町(Bad Cannstatt)のシンボルマークにもなっている
Kessel(やかん)



2018 Volksfest20
アトラクションを過ぎたあたりで見えて来ましたよ、この祭りのシンボル
『Fruchtsäule』(収穫の柱)



2018 Volksfest21




2018 Volksfest22
柱の足元にはカボチャで『200』(200周年なんで)と書いてありましたよ。



2018 Volksfest23

有名どころのビアホールを抜けて〜。。。



2018 Volksfest24

(素通り、素通り)


2018 Volksfest25




2018 Volksfest26
ちらっと中をのぞいてみたら、もう結構混んできていました。

ビール好きのペタさん、我慢してます〜。


2018 Volksfest27

Volksfest側を背にして、いよいよ、



農業祭1
『農業祭』Landwirtschaftliches Hauptfest 会場入り口に到着っ!
(こちらは100周年記念)


さて、農業祭って何があるのかなぁって?


へへへ、続く。。。で〜す(^_^)/""""



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

明日、明後日(10月20日、21日)はまた、地元の『キャベツ祭り』っ!!
え〜、もう!? 早いな〜〜〜〜(*_*)


ツッコミすぎだろ〜っ!! (`へ´*)ノ
2018年10月14日 (日) | 編集 |

今日は(一応まだ)10月14日です。

早いもので『Cannstatter Volksfest』も最終日です。
(今頃夜で、すんごいことになってるんだろうな〜)

2018 Volksfest1


私とペタさんも、開催中の半ばにこのVolksfest
4年に一度の農業祭『Landwirtschaftliches Hauptfest』
に行ってきましたので、その話でも。。。

と思ったけど、写真とかいっぱいあって、
ストーリーが定まらないので(一応いろいろ考えて書いてますぅ)

今日はやめ。(^▽^;)


またバイク関連のお話。

私のバイク(MSX125)の駐車場所はここです。
 

MSX駐車場所1

アパートの真ん前であり、十字路のそば。

このバイクの後方に車を駐めるスペースはありません!
(十字路の角から5メートルは空けとかないといけない。はず)

が、しかし!

最近無理やり車を駐めている輩がいましてね。
(アパートの住民ではなさそうですが)


ダメだろ1

おい、こら!


ダメだろ2

当たってねーか?
(当たってはいないようだ、、、)

でもなに、このムカつく駐め方〜!! どこの家のの客さ〜!? (`へ´*)ノ 怒っ!

って、ムカムカのヒヤヒヤでいたら、、、


お前もか1

お前もか〜っ!! (`へ´*)ノ


お前もか2

ムキ〜っ!! (`へ´*)ノ

(とにかくバイクにぶつかっていないかヒヤヒヤなわけよ)


まぁ、あの私がバイクを駐めているスペースは、特にお金を出して
借りてるわけではなく、空けば誰でも駐めちゃえるわけで、
バイクで出かけて戻ってきたら、私の駐車スペースが他の車に
奪われちゃってることもありますが。
(大抵は一時的なので、空けばまた私が奪い返す!)


この2台のムカつく車、いつも土日に駐めてるので、
このアパートの住民の誰かのお客さんなんでしょうけど、

ダメでしょ〜!! 私の後ろは〜!!


やはり昨日(土曜日)も、

またか1

うおりゃ〜〜〜っ!!! (`へ´*)ノ (`へ´*)ノ
(またいつものお前〜!)


またか2

1ミリかっ!? なぁ、1ミリかっ!?

ってか、ぜってー『ちょこんっ』って1回当ててるだろ〜っ!!

いつかバイク倒れてたら許さんけんね!
(ナンバーも写真撮ってあるんだから)


アウトっす

それにその駐め方 完全にアウト なんで。
(おまわりさーん、切符切ってやってくださーい!)

ペタさん曰く、
「もっとバイクを後ろに駐めて、その後ろに駐められないようにしなよ」
です。。。

いや〜、でもそれもちょっと気が引けてねぇ。。。う〜む。


以上、最近の気を揉む案件なのであります。(>_<)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お、ガチョウ食堂は23日からか〜!
行かねば行かねば〜 (≧∇≦)



Historisches Volksfest kommt wieder ですって〜(≧∇≦)b
2018年10月05日 (金) | 編集 |

9月26日(水)〜10月3日(水)に StuttgartのSchlossplatz(宮殿広場)で
開催されていた『Historisches Volksfest』

うちで取ってる新聞『STUTTGARTER NACHRICHTEN』によると、
延べ、約600,000人の来場者があったそうです。(マジで?)

私は9月27日(木)にちょっとだけ寄って来ましたが、
ペタさんも行ってみたいという事で、
この祭りの最終日、10月3日(水)にペタさんと行って来ましたよ。

(11:40頃に到着)

天気はあまり良くなかったのだけど、最終日&祝日(ドイツ統一の日
ということもあり、すでにたくさんの人が来ていました。

最終日HVF1




最終日HVF2
すぐに "ヴィルヘルム 1世" と "カタリーナ妃" ご一行に遭遇。
(ヴィルヘルム1世のお顔が素敵〜!!❤️)


この日は私たちも時間があったので、ゆっくり見て回って来ましたよん。


Entenangeln1
『Entenangeln』(アヒル釣り)

日本の祭りの『ヨーヨー釣り』みたいなもんですかね〜。


Entenangeln2
カラフルなアヒルが流れて来ますw



インビス

時間的にお昼近かったので、ちょっとお腹が空いていたけど、
漂う美味しそうな香りに心惹かれながらも散策続行。。。
(後で絶対に食べるぜ!)


ワイルドな屋台
『Wildspezialitäten』(野性的スペシャル料理いろいろ〜)


ワイルドな屋台2
ワイルドな匂いがしますwww



アーモンド菓子
出来立て熱々の甘〜いアーモンド菓子。(キャラメリゼっての?)

買っとけばよかった。。。(ノ_-。)


豚の丸焼き
おっっ。。。豚さん、回転しながら炙られておりました。



占いの館
『Wahrsagen』(占い・予言)
(カードを使ったり、手相をみたりするようです)



手回しオルガン弾き語り1
大道芸の『Drehorgelspieler』(手回しオルガン弾き語り)

手回しオルガンの曲にのって、挿し絵を差しながら物語を歌います。
(日本だと紙芝居っぽい感じ?)

ここで語られたのは、『Sabinchen war ein Frauenzimmer』という
タイトルの風刺・コメディ。(コメディは違うか...)

タイトルを直訳すると、
『ザビンヒェンは女(軽蔑的に)だった』ですかね?


手回しオルガン弾き語り2
なんか挿し絵がヤバイですね〜。。。(^▽^;)

1849年に登場したこのお語の内容をかなり大まかに説明すると、

ザビンヒェンという名前の、主人に忠実で従順な若いメイドが、
ある日ふらりとやって来た旅まわりの呑んだくれ靴職人の男に
たぶらかされて恋に落ち、いいように利用されちゃった挙句に
カミソリで首を掻っ切られて殺されちゃった。。。ってお話です。(*_*)
(結局、男も捕まって冷たい牢獄に繋がれることになるのですが)


このように、大道芸人が手回しオルガンなどの伴奏で語り歌われる
モリタート(die Moritat)と呼ばれる恐ろしい絵物語
結論として何らかの『教訓』とか『忠告』とかを与えるものらしいですが、

この『ザビンヒェン』のお話では、下記のようなことを忠告してます。
 
・若い娘が、通りすがりの男にホイホイついて行っちゃだめなわけよ!

・悪事はいつかバレますよ!(これはこの歌の歌詞の一節の、
"Der Krug, der geht so lange zum Wasser,
bis dass der Henkel bricht". で、古い諺として残っています。
でも、なんでこの一節が『悪事は〜』の意味になるのだろうか。
う〜む、、、?(*_*)?

(この『モリタート』てものが興味深かったので
ちょっと説明が長くなりましたね〜。。。)


はい、続けます(笑)


Handwerkmarkt(手作り市場)の場所では
いろんな手作り職人さんが、商品製作の実演販売をしていました。
 

Seiler綱作り
Seiler(綱作り職人)



紙作り
紙を作る昔の機械(実演してたら見たかったなぁ)



Klöppelnボビンレース編み1
Klöppeln(ボビンレース編み)



Klöppelnボビンレース編み2
ボビンレース。。。知りませんでした〜。難しそう。


他にも藁のカゴとか、ブラシとかの実演販売がありましたよ。


12:30頃にシュロスプラッツの真ん中で、
 

綱渡り1
綱渡りの曲芸が始まっていました。


綱渡り2



綱渡り3
まぁ、15分くらいのホノボノした感じの綱渡り。


もう大体見たので、あとこれだけ

笑いの国1
なぜか日本の旗が中央ではためく、
『Das Land des Lächelns』(微笑みの国)

オペレッタとは関係なさそうです。

ペタさんは、子供の頃にこんなアトラクション館に入った記憶があるけど、
どんなのだったか覚えてないな〜ということで、
入館料もたったの1,5ユーロだったので入ってみました。







こんな館でした〜。。。

笑いの国2

いろんなグニャグニャした鏡が掛かっているだけ。


笑いの国3

まぁ、クスッっと笑ってきましたよ(笑)


最後に、自分たちへのお土産として、


ビールジョッキ
記念のBierkrug(ビールジョッキ)。5ユーロ。
普通、ビールジョッキは容量1Lのやつなので、容量半分の
この0,5Lビールジョッキ
シュヴァーベン語だと『Bierkrügle』ですw


それと、

お土産お札1
こんな機械がありましたので(お土産紙幣)、


お土産お札2
200周年記念祭りの『0ユーロ紙幣』。(2ユーロ)
を調達してきましたよ♪


ソーセジパン
『Stuttgarter Rote』(左)と、『Jubilärms Bratwurst』(右)という
ソーセージを食べながら、このお祭りを後にしたのでした〜。
(あ、私のは右のね♪)

ってな感じで、結構楽しんじゃったわ〜 (≧∇≦)


Cannstatter Volksfestの200周年を記念して、
特別にここシュロスプラッツで開かれた『歴史的なVolksfest』でしたが、

好評につき、来年からも本祭りのWasen(お祭り広場)の一角に
この『Historisches Volksfest』のスペースを設けて続けるということです。


今年の本祭り(Cannstatter Volksfest)は10月14日(日)までですよ。




<おまけ>

ヴィルヘルム1世

この『ヴィルヘルム1世』の笑顔にメロメロで〜す (≧∇≦)b

Stefan Müller-Doriat という名前の役者さんとの事でした。ウフッ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

昨日(4日)からお湯が出るようになりました〜!
由麻ちゃんやっと、"ちゃんとsauber(清潔)" でーす♪(^▽^;)


Statt des Umzugs Wilhelma(^▽^;)
2018年10月02日 (火) | 編集 |

9月30日(日)、11:00に Kursaalをスタートして
Volksfest会場の広場までを練り歩く
『Umzug』(祭りの山車行列)がありました。

何年か前にペタさんと見に行ってきたことがありますが、
今回は200年目のVolksfestで、何か特別な山車がありそうなので、
また見てこようとペタさんと一緒に向かったのですが〜、

(まさかの)車で向かった為、渋滞にはまったり、駐車場所がなかったりで
そうこうしてる内に『行列』はスタートしちゃってたし、
もはや見学できる場所もなさそうだったので、

 

行列見学は断念して『Wilhelma』(動植物公園)へ(^▽^;)


Whラクダ


Wilhelma 友の会会員の私たちとしては、随分ご無沙汰で。。。


Whアシカ
今年の7月に、28歳の高齢だったメスのシロクマのCorinna
病気で死んでしまったあと、空っぽになっていたこの展示場には、
カリフォルニアアシカが越してきていました。

※Wilhelmaはまたシロクマの展示を望んでいるようですよ。



Whユキヒョウ1
Schneeleopard ユキヒョウ



Whユキヒョウ2
今年の3月に、この新設された展示場に移ってきてから
初めてちゃんと会えました〜。



Wh1




Whハス池
蓮池はもうこんな感じで。夏も終わりね〜。



Whハス池2




Whハス池3
大鬼蓮(オオオニバス)の葉が裏返ってるのが(笑)



Whハス池4




Whマグノリア通り




Whの花1




Whリス
温室には『リス』が一匹遊びにきてました〜!! わ〜い!!



Wh温室椿1
温室はもうしばらくしたら『ツバキ』が咲き出しそうです。



Wh温室椿2


外はポカポカの秋晴れで、ってか歩いてると汗ばむくらいで、


Whバク
Er ist fast fertig. (^▽^;)

ヤツ(マレーバク野郎)はほとんど "くたばって" ました(笑)
まぁポカポカで気持ちよかったですからね〜。
(ワッチも君のように日向で寝転びたい)


"祭りの行進" は見れなかったんですけどね、
その代わりにのんびりとWilhelmaで気晴らしてきた日曜日。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

昨日(月曜日)からウチのアパートはお湯が出ないし、暖房もなし。。。
金曜日まで、アパートのHeizung (加熱・暖房設備)の工事のためなんですが、
暖房が欲しいくらいに急に寒くなったので、なんともツライっす〜(>_<)

『水』は出るようです。。。(トイレ行けるw)