FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
やっと始動す!(あとWilhelma動植物園のお話〜)
2018年03月28日 (水) | 編集 |

ドイツでは、3月25日(日)から『サマータイム』に切り替わり、
日本との時差は7時間になっております。

そして今年は、3月30日(金)の Karfreitag 〜 4月2日(月)の
Ostermontag
までが、いわゆるイースター(復活祭)休暇というやつで、
世間様は4連休です。

小旅行を計画して楽しむ人たちも多いのですが、
どこにも行かない私たち(仕事のあるペタさん&その間は暇人な私)にとっては、
「あ〜、29日のうちに食材を調達しておかないとね〜!!」って感じです。
(=スーパーが閉まってるので、、、ってか 29日って明日だし!?)

まぁ、春の始まりのお祝いってことでもあり、ようやく暖かくなってきたかな?

そして私もようやく『一人チャリ部』再開です!(^_^)/

冬の間に体に蓄積したお肉(ってか脂肪)が重いし、
脚の筋肉も随分と衰えてしまった感が半端ないので、

「まぁ、ゆっくり、、、無理なく行けるところまで、、、」で。

でも結局、いつもの部活走行コース(18km程度ですけどね)を
走ってきましたよ。快晴で気持ち良かったんで。

始動す
(3月24日 土曜日の午後)

折り返し地点のStuttgart空港(の裏の方) まだまだ殺風景!!

ここが緑でいっぱいになる頃には、またブンブンとペダルを
回せるようになっているかな〜。うん、サボらなければね〜(^▽^;)


で、殺風景といえば、、、

先日行ってきた『Wilhelma(ヴィルヘルマ)動植物園』
 
殺風景なWilhelma
(3月15日 木曜日の様子)

はい、同じく殺風景。。。

ここの春の自慢の『マグノリア』もまだまだでした。(>_<)

・・・が、

植物園(温室)のツツジと椿は見頃でしたよ。

温室ツツジ1



温室ツツジ2



温室ツツジ3



温室ツツジ4



温室ツツジ5



温室ツツジ6



温室ツバキ1



温室ツバキ2


ねっ?(^_^)b


そして、ヴィルヘルマの温室ほどではないけれど、
ウチの周辺も、少しづつ春。

でも春



でも春2



でも春3
(我が家の窓際の"シャコバサボテン"
ドイツで、Weihnachtskakteen(クリスマスサボテン)という
呼び名があるんですけどね〜。。。

クリスマス、、、ひっぱるねよ〜(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

バイト先のKくんと「お腹周りを絞ろう!!」と、、、
お互い、最初の意気込みは良かったんだけどね〜、、、
(Kくんは続いてるのかぁい?)



スポンサーサイト
鼓童・KODO・鼓動がドドーン!
2018年03月11日 (日) | 編集 |

お久しぶりです!もんのすごく、、、(^▽^;)

"足腰が立たなくなる" って状態になる日が続いてましてね〜。
(あ、今度はギックリ腰とかじゃなくてね)

活動してる時は「あ〜、忙しい〜、疲れたよぉ〜」
弱音吐く程度で済んでいるのだけど、

帰宅して「ばたんきゅ〜 .... ドーーーン!」とか言ってベットに
体を放り出すと、そのまま腰や足全体がズブズブと沈んでいって、
二度と起き上がれないんじゃないか?っていうお疲れモードです (>_<)

まぁ風邪とかじゃないので、しっかり体を休ませれば
大丈夫そうなのだけれど、
翌日、まだ回復してないうちに行動開始するとなると、
またまたベッドの上で "足腰が立たない" の二乗になっているという。

あ〜、回復が遅いお年頃〜、、(ToT)

なので全く何の予定もない日は、とにかく体の疲れを取ることに
専念(=ゴロゴロ だらだら)しております。


そんな中、まぁもう先週の日曜日の話になりますが、
コレ!!   観てきましたよ (≧∇≦)

壁のポスター
(駅にあったポスター)

太鼓芸能集団『鼓童 KODO』
シュトゥットガルト公演です。

和太鼓の演奏と言ったら、テレビとか映画の中でしか観たことないと
思うのだけど、一度は "こういうの" 生で観てみたいな〜と思っていたし、
"こういうの" が好きなペタさんにもきいてみたら『観たい!!』ってんで、
チケットを購入するに至りました。(ネットで調達)


鼓童チケット
(ペタさんと私の分)

購入手続きは2月6日のことだったけど、もう結構空席が少なかったので
ドイツでも和太鼓って人気あるんだな〜って思いました。


そしてあっと言うまに公演当日、3月4日(日)

"足腰立たない" ほどお疲れとは言え、日曜日のテニスは楽しいので
午前中はちゃんとそれに参加してから、開演の約1時間前に会場に
到着するように家を出ました。


Liederhalle1
<会場:シュトゥットガルト Liederhalle(リーダーハレ)>


"ベートーヴェン ホール"、"ヘーゲル ホール"、"モーツァルト ホール" など、
中にはいくつかのホールがあって、
今回の "鼓童" のコンサートは『ヘーゲル ホール』という
2番目に大きなホールが会場でした。


私の友達カップルの分も私が一緒に連番のチケットを調達していたので、
着席までの空き時間に、ロビーで4人でビールとかワインとか1杯飲んで、

19:00 いよいよ演奏開始です。

『鼓童 ワン・アース・ツアー 2018 : Evolution 』
ヨーロッパ公演
 
鼓童 ワン・アース・ツアー 2018 : Evolution


超かっこよかったっす!! (≧∇≦)

和太鼓かっこいい!演奏者の皆さんもかっこいい!
演目もかっこいい!筋肉、かっこいい〜!!!

や〜、迫力ありました!大太鼓は言わずもがなですが。

で、桶胴太鼓っていうのかな?
肩から下げて腰のあたりでたたく太鼓の
バチを振る腕の動きが速すぎて見えなくてビックリ。
(どう動いてるんだろ〜?凄いテクニックだな〜!)


演奏時間は、第一部が約1時間。
20分ほどの休憩が入り、第二部が約40分くらいだったかな。
全身を使っての演奏だから、かなりの体力がいりますね!

ペタさんも一曲終わるごとに「ブラボーーー!」って大拍手。
すごく感動した〜〜!って言ってましたよ。


ちなみに私たちの席は、1階17列目、舞台の中央くらいの位置で
演奏者の顔の表情とかも小さいながら見て取れる感じでしたが、

真剣に、一心不乱にバチを振る様子や、にこやかに、とても楽しそうに
太鼓をたたく姿は、もっと間近で見たくなりました。

ってか、私もやりたい!!(笑)

このツアーでの演奏者は20代〜30代の若い人たちでしたから、
私も次、20才くらいで研修生になりに佐渡に行こう!
(次って、、、笑)


やる気
(ペタさんもやる気満々?)


そう言えば、日本人のお客さんをほとんど見かけなかったな。
もっといっぱい観に来られているかと思ってましたが。


帰りもペタさんは興奮していて、
「佐渡(鼓童の拠点)にも行かないと!」って(笑)

私もいつか佐渡観光したいです(^_^)


そして鼓童の皆さん、ヨーロッパ公演はまだまだ続くようですので
体調に気をつけて頑張ってくださいね!!




<おまけ>

10日ほど前までは、ずっと気温マイナスで(マイナス10度とか!)、
寒くて目も開けられない、開けたくない感じでしたが、

ここにきて一気に暖かくなりましたね。。。
(今日なんか日中の気温、プラス17度)

スノードロップ
庭のスノードロップ(独:Schneeglöckchen)も
春を告げておりますよん (≧∇≦)

さて、"足腰が立たね〜" とか言ってないで、
そろそろ部活(一人チャリ部)始めないとね〜。

体につきすぎたお肉が重いです(>_<)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

明日からもまた怒涛の日々が続きますぅ。
頑張れ!自分!