FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
あれはなんだったのかな?? (-""-;)
2017年11月27日 (月) | 編集 |

ドイツに戻ってから、怒涛の4日間バイトでヘトヘトになりましたが、
この土日をだらだら過ごしてすっかり復活!

ただ、、、夜9時頃に寝落ちしては夜中の2時3時に目が覚めて、
1〜2時間ほど無駄に起きてまた7時まで寝るといった
おかしなことになっております。。。う〜む。
ま、元気だからいっか。

・・という感じですが、ようやく私の今回の帰省の思い出話しを始めまーす。

ってか、いま思い出しても謎な出来事があったんですけど、

ペタさんと空港でバイバイして、
余裕持ってさっさと搭乗ロビーに行っちゃおうと思って、

搭乗ロビーへ
先ずはここへ。
T2(ターミナル2)への入り口です。

この奥で手荷物検査とボディチェックをサクッと終えて、
(空いてたのであっちゅー間)
次は初めて行く『ミュンヘン行き搭乗ゲート』だなぁ、、と思い、
『ゲート162』の案内に沿って向かって行ったのです。

ゲート162↘️(下)と出ていたので、エスカレーターで下に降りたら、
なぜか『出口』だけがありまして、、、

いやいや、出ちゃダメだろ〜!って思って、もう一度上に上がって
案内を見直そうと思ったんですよね。

でもエスカレーターはさっきの「下り」だけで「上り」が無く、
上に行きには階段かエレベーターを使うしかなさそう。

(膝も痛いし)エレベーターで上がるか、、、とそれに乗って、
搭乗ロビーへ(ボタン:飛行機が飛ぶマーク)を押して、
開いた扉を出たところ、なんかよくわからない場所に出たのですよね。

空港職員さんが数人いたので、そっちに行ったら、
「ダメダメ〜」みたいな感じで、
私がゲート162に行きたかったのですが、と告げると、

「んじゃ、こっから出て」と、言われたとこから出ると、、、

搭乗ロビーへ

はい、ここからやり直し〜。。。(>_<)

なぜっ!?


この『2度目』の手荷物検査&ボディーチェックの時は、
もう結構混みあっていて、時間もかかるしドキドキだし、
検査員たちには「あれ?この人さっきも来なかった?」みたいな
雰囲気をかもし出してるし、、、(>_<)

なんだか変な汗をかきながらも問題なく通過し、
再び例の『ゲート162↘️(下)』案内のところへ。

う〜、、、やっぱ『下へ降りろ』ってなってるよなぁ。
でも降りたら『出口』しかなかったわけで、、、
その『出口』を出ちゃえば良かったのかなぁ、、、いやいや、、、

と、ぐるっとあたりを見回したら、すぐそばに『エレベーター』が一基。

お!これは明らかにさっきの『謎の』エレベーターとは違うやつだ!

結局それに乗ってゲート162のあるフロアへ行けたのです。

が、、、

この後も一気に白髪になっちゃいそうな出来事が起きたのでした〜。(TT)


続く、、、(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

はい、今日からまた怒涛の4日間が始まりますぅ。。。
頑張ろ。。。


スポンサーサイト
戻りました〜、、、
2017年11月22日 (水) | 編集 |

あ"〜、、、早くもドイツに戻ってきました。
(11月19日の夜に帰宅〜)

おかげさまでペタさんも元気になっていまして、やれやれ、です。
ご心配をおかけしました m(_ _)m

今回はペタさんに車でフランクフルト空港まで迎えにきてもらったので、
当初の予定(フランクフルトから電車でシュトゥットガルト)よりも
だいぶ楽に帰ってこれましたが、

・・・当然だよね?(まだ怒ってる 笑)

だって、8kgあるリュック背負って、合計46kgの2個のスーツケース押して、
膝も痛くて引きずってるのに、一人で無理やろ〜〜〜っ!!(`へ´*)ノ

ま、フランクフルト空港から家までの約2時間爆睡して、
その夜も翌朝10時過ぎまで爆睡して、

超熟背負って

リュックに入れて大事に背負ってきた『超熟』で朝食 (≧∇≦)

超熟で朝食inドイツ
3日間くらいは超熟で朝食できるな〜。


そしてドイツ生活が再開しました。。。

残りの11月いっぱいは、土日以外バイト休み無しです。
体がなまってるなぁ〜。(>_<)
みんなに迷惑かけないように頑張ろ。


と、いうわけで、しばらくは『日本です!(2017年11月)』を
書いていきたいな〜と思っています。

が、前回の帰省のことも序章で終わってしまっているという前例が。。。

いや!今回は完結させたいと思っております。(^▽^;)

ので、よろしかったらおつきあいくださいね。m(_ _)m

まぁ、ただの私の思い出話なんですけどね〜、、、




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今さっき超熟、食べきってしまいました。。。(>_<)
・・・では、バイト行ってきま〜す!!


体重絶賛増量中〜(^▽^;)
2017年11月14日 (火) | 編集 |

日本です!(^▽^)/
11月2日から。ウフッ

ですが、一緒にいるはずのペタさんはここにいません、、、

私達は、11月1日の午後の便でStuttgart空港から発つ予定で、
9月の初旬にはチケット取っていろいろ計画し、
ペタさんも出発2日前から休暇を取っていたのに、
休暇に入った途端にペタさんは体調不良で寝込んでしまいまして。

仕事の疲れが一気にきたか、風邪でもうつされてきたか、
ずっと横になったままで荷造りを始める様子もなし。

結局は出発当日に私が早起きして、慌ててペタさんの荷物を用意したり
お土産詰めたりバタバタしていましたが、
ペタさんの体調はさらに悪くなっていき。(吐いたり下痢したり)

なんとか、なんとか、と祈る気持ちでギリギリまで様子を見ていましたが、
家を出発する1時間前に、ペタさんの『ドイツ居残り野郎』が決定しました (-_-;)

まぁ、あの様子では『無理!!』ってのはよぉく分かるんだけど、

「なんでこうなるんだよ〜〜〜っ!!」
って、ペタさんを心配するどころか、暴れましたね、私。
一気に血圧上昇!具合の悪いペタさんより上がった、、、


今回のフライトは、初めてのミュンヘン経由で(いつもはフランクフルト経由)、
帰りはフランクフルトから飛行機ではなく、電車DB(ドイチェバーン)で
Stuttgart中央駅へ向かうという慣れない行程で、
例えば何かわからないことが起きても
「ドイツ人(=ペタさん)がいるから、大丈夫やろ?」って安心していたのに
奴の脱落でそれらのことが一気に不安になったし、

日本側でも、母が叔母と私ら4人でのバスツアーを用意してくれていたり、
大阪の妹家族のところにも行く予定だったから、その手はずもしてもらっていたし、
なんか今まで準備していたことが、いっぱい無駄になりそうで、

みんなに申し訳ないという思いやら、無駄になるチケット代のことやら
いろんなことが一気に頭の中をぐるぐる回り始めて、

(なにやってんだよぉ〜〜〜っ!)って暴れました。
ふ〜ふ〜言ってたと思う。

、考えれば、
「ペタさん、体調悪くてかわいそうだったな」とも思うけど、
その時はもう『バカやろ〜っ!!』って感じで、、、それしかなかったです。


とにかく、Stuttgart空港はうちから近いので、ペタさんには
機内へ荷物を預ける窓口までは一緒に来てもらって、
そこでペタさんには「僕は乗りませんので」と自分で説明してもらい、

「んじゃ、行ってくるわ。達者でな!」(激おこ)
お別れして、私はサッサと搭乗手続きへと向かったのでした。


案の定、初のミュンヘン経由のフライトは、
私の不安が現実になったというか、"いろいろ" 起きて、、、

まぁ、結局はこうして日本を満喫しているわけではありますが、
その"いろいろ" については追々書くとしましょうかね。(^▽^;)

家を出発してから羽田に着くまでの長い時間を、
ず〜〜〜〜っとムカムカと怒りっぱなしで
過ごしたわけですが、今じゃ「やっぱ気楽でとても良いわ」と感じてます。

毎朝、大好きな『超熟』で始まり、
 
超熟で朝食


夜はふっくらモチモチな『伊賀米』が待っており、
 
伊賀米で夕食
あぁ、日本の家族飯、最高〜!


伊賀米10kg
なんてったって今回は『伊賀米』10kg調達しておきましたからねっ。
5kg分は『5分づき』で精米のもの。
初めて食べたけど、普通に炊いてでモチモチ美味しいです。

とにかく日本の食事は家でも外でも美味しくて、
『毎日体重増量中』です。(^▽^;)

実は先月から『ひざ』を痛めていて(最近は常にどこか痛めてるような〜)
痛めた原因ってのはいろいろあるのでしょうが、
私のこの『体重』もひざに大きな負担を与えてるようで。
本来はソコをなんとかしないといけないんですよね。
ドイツに戻ってから、真剣に減量を始めようかね。


そんな体重増量天国な日本滞在も、毎日バタバタしているうちに
あと数日で再びドイツへ、というところになりました。(>_<)

ペタさんももう回復しているようだし、毎日LINEでやりとりはしていますが、
(私は一方的に食事の写真を送りつけているだけですが。ざま〜っ!って)

ドイツ、天気悪くて寒いらしいですね。

ずっとポカポカの秋晴れが続く日本から、
すでに寒〜い、暗〜いドイツにはマジで帰りたくないです。

もともとの計画を『ペタさんと一緒に帰省する』ってのにしていなければ、
もっと長い滞在をしていただろうにな、って考え出すと
またムカついてきますけど、
そろそろ帰ってやらないと、ペタさんが寂しがるかもしれないしなぁ。
(私は全然寂しくないんだけどね)


ま、残り数日、美味しいものいっぱい食べて、
ドイツでの越冬に備えよう。

(って、ひざは〜〜〜っ!?)



<おまけ>

羽田に到着したときはいつも、
迎えにきてくれている母と一緒に到着ロビー内にある食堂で
『うどん』を食べるのが楽しみの一つだったのですが、

その食堂がなくなっていました!(タリーズコーヒーになってた)

うどんを探して探して、、、

羽田でうどん
4階 江戸小路の『和カフェテリア Dining24 羽田食堂』ってとこで
ありつけたって次第です!


ちなみにペタさんとこの冷蔵庫は、、、

空っぽ冷蔵庫

出発に合わせて、空っぽ状態にしてきましたからね〜。

あー、居残りペタさん、おかわいそうに〜!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

これから友達と『立ち飲み』に行ってきます(笑)
え?雨降ってるって?、、



ガチョウ食堂に行ってきましたよ(^▽^)
2017年11月04日 (土) | 編集 |

10月26日(木)
『 Gänse-Besen (ガチョウ食堂)
に行ってきましたよ!

BAUERLE

ガチョウ食堂1

期間限定のアスパラ食堂牛肉食堂に続いて、
このレストランは10月26日から『ガチョウ食堂』なのです (≧∇≦)

そしてそのガチョウ食堂オープン初日に友達と行ってきました♪
(初日に行くという、この意気込み!)


ガチョウ食堂2
入り口には『Fellbacher Teller』の看板。
(フェルバッハー テラー)
おすすめ盛り合わせメニュー、なわけですね。

なになに〜?
" ガチョウ肉のソーセージ、ハンバーグ
マウルタッシェ(くたくたの玉ねぎかけ)
それにブルーキャベツ または、ポテトサラダ " ってな感じ。
11,50ユーロ

「なるへそ。とりあえず入ろう!(わくわく)」


ガチョウ食堂3

12:30頃。

思ったよりもたくさんのお客さんがすでに食事をしていましたが、
席にはまだまだ余裕がありましたよ。


ガチョウ食堂4
いつもは『白ワイン』か『ロゼ』なんだけど、
今日は『赤ワイン』って感じだな〜、と、
種類とかよくわからないけど赤ワインを一度に2種類、
小さいグラスで注文しましたよ。(飲み比べ〜)

でもって、「ふむふむ、こっち(左)の方が私には飲みやすいかなぁ」とかね。


さて、肝心なお料理の方はどれに、、、と周りを見回していたら、
近くの席に座っていた年配のご夫婦が
「見においで」と自分たちの食べている料理を見せてくれて
「これがこれで、これがこれ」と教えてくれました。
ご親切にありがたいです。m(_ _)m


ガチョウ食堂5
友達が選んだのは、看板にもあり、そのご主人が食べていた
『フェルバッハー 盛り合わせ』

おお、美味しそう!

※看板に"ブルーキャベツ"と表記されていたやつは、
くたくたに茹でられた温かい千切りキャベツでした。


で、私はそのご夫婦の奥さんの方が食べていた、

ガチョウ食堂6
ど〜〜〜んっ! (≧∇≦)

カリカリに焼かれたガチョウ〜(1/4)
アップルムース添え、肉汁ソース(グレイビーソース)がけ

17,90ユーロ。


付け合わせに、4ユーロくらいの
Apfel-Rotkohl(りんご・赤キャベツ)
・・・って書いてあったけど、友達のお皿にあった『ブルーキャベツ』
みたいな温かい添え物でしたよ。(ただ量が半端ない、、、)

※ちなみにそのご婦人のお皿には、さらに『Semmelknödel』といって
、、、まぁ、これもシュヴァーベン地方ではよく出てくる付け合わせが
乗っていました!

ご婦人から「これも美味しいのよー」と勧められていましたが、
私はこれ、あまり好きではないのでやめておきました。。。

(ってか奥さん、細身なのによく食べるな〜。旦那さんよりもだ)

ガチョウ食堂7
あ〜、美味しそう〜!!
(ほれっ!よだれ、よだれ!)


ガチョウ食堂8
鶏より赤身な感じです。

ちょ〜っと『焼き過ぎ?』ではありましたが、
カリカリジューシーで美味しかったです!

そしてウエイトレスさんの中には、私のことを覚えてくれているのか、
(まぁ単に日本人かなと思ってかも?ですが)
「こんにちは!」、「美味しい!」って声をかけてくれる人もいて、
それもいつも嬉しいのです。


ガチョウ食堂9

『ガチョウ食堂』今年は12月20日(水)までですよ。

12月に妹とその友達が遊びにきた時は、
ペタさんも連れて4人でまたこようっと! (≧∇≦)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

はい、昨日(11/2)からまた一時帰省で日本におります(^▽^)/
時差ボケMAXなう!です。

ドイツ出発前から色々問題発生で、、、
それについてはまた書きたいと思います (>_<)