FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
来場5万人は、あながち嘘ではないのかも...(キャベツ祭り)
2017年10月25日 (水) | 編集 |

10月13日(金)〜15日(日)に隣町のLeinfelden-Echterdingen
(ラインフェルデン - エヒターディンゲン)
で行われたドイツ最大(笑)のキャベツ祭り、

『39. Filder KRAUTFEST 』
(39回 とんがりキャベツ野郎祭り)

私は14日(土)に、Ulm発の友達2人を連れて行ってきましたよ。
(ペタさんは残念ながらお仕事で参加できず〜)


キャベツ祭り1
お祭り会場(Echterdingen側)の入り口を飾るトレードマーク。
とんがり盛り(笑)

" Alles rund ums Kraut "
" あっちこっち、キャベツだらけ "....です。


キャベツ祭り2
こっちにお尻を向けて、ギッシリと並んだトンガリ野郎どもが圧巻。


友達とはEchterdingen駅で午後1時ちょっと前に待ち合わせして
駅前のメインストリートで行われるお祭り会場へと繰り出したのですが、
その時間ってのはまだ準備中の屋台が多かったです。
(※祭りのハイライトである日曜日は午前中から賑わいますけどね)

なので、すでに営業中だった こちらへ。

キャベツ祭り3
『 s’ Höfle 』

『Höfle』ってのは、 『Hof(中庭...など)』の縮小形(シュヴァーベン地方)
標準語で言うところの、Höfchenとか Höfleinってことです。
(小さな中庭、農家の小さな家屋)

キャベツ祭り4
その小さな中庭で、「遠いところをようこそ!」っつて乾杯して、



キャベツ祭り5
とんがりキャベツをふんだんに使ったシュヴァーベン料理で軽く腹ごしらえ。



キャベツ祭り6
この中庭の建物はレストランで、店内はこんな様子で可愛かったです。
いつかディナー、来てみたいな〜。


キャベツ祭り7
1時間くらいこの中庭でノンビリしてから、再びメインストリートへ。


お天気も良く、気温もどんどん上がっていく中、
おしゃべりに夢中になって歩いていたら、
お祭り会場の終わりまで来てしまっていました。。。

まぁこのまま、Leinfelden(ラインフェルデン)側の会場まで
歩いちゃおうってことで、さらに約30分近く歩き続け。(汗だく〜)


キャベツ祭り10
ラインフェルデンの会場に着いた時には、
「疲れたね〜」ってことで、手作りケーキを振舞っていた屋台でお茶。(^▽^;)

こっちの会場は、先ほどのエヒターディンゲンよりも小規模なので、

一息ついたところで、またエヒターディンゲンの会場に戻り
野菜直売でお買い物したり。(祭りは〜??)


キャベツ祭り9
Leinfelden〜Echterdingen間の移動手段として、
こんな『6人乗り』の貸出し自転車がありましたよ!
(なんか楽しそ〜!)

ちなみに会場間の『シャトルバス』も走っていますけどね。


結局今回は、祭りを楽しむというよりは、友達とおしゃべり歩きばかりで
あまり祭りの様子を紹介することができないのですが、、、

良かったら去年の様子なんぞをご覧ください。m(_ _)m


ところで、このドイツ最大のキャベツ祭り。
開催期間3日間での来客は、のべ5万人ということなんですが、
(記事によっては4万人.....どっちさ?)

土曜日に行った感じで言えば、
「ほんとかなぁ?一体どこからそんなにぃ〜?」
半信半疑だったのですが、、、
 
キャベツ祭り8
祭りの最終日、10月15日(日)午後3時ごろの様子。。。
(Echterdingen在住の友達より)

あながち嘘ではないのかも、です。。。


来年は『キャベツバーガー』ってのを食べに行きたいと思ってます!!
(美味しいんですって〜、知らなかった〜)



<おまけ>

ザウアークラウト
キャベツ祭りに一緒に行った友達が『お礼に』と買ってくれた
『サウアークラウト』(1kg入り)

ペタさんが2日で平らげていまいました。。。(^▽^;)




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

アヤたん、写真ありがとね〜(^_^)/"


スポンサーサイト
ドイツの秋といえば〜(さりげなくその2)
2017年10月15日 (日) | 編集 |

これまたドイツの秋の風物詩のひとつ。

といっても、教会の中の様子なんですが、

Erntedank1
祭壇の前が、超可愛い!!
(ちなみにここはいつものアヴェ・マリア教会)
10月3日(火)の様子。


Erntedank2
『Erntedank』(エァンテダンク)収穫への感謝です。

その地方で獲れた作物など(ワインもありました)を捧げて、
収穫への感謝の気持ちを伝えるんですね〜。

多分10月1日(日)には、そのための礼拝があったと思われ。


Erntedank3
トマトやらブドウやらに混じって、、、
おおっ!? 『みかん』が!!
えー、この辺りではみかんも作られているのかね!?


Erntedank4
この『ERNTE DANK』のプレートは、パンでできていますよ。

前に置いてあるのは、この教会で作っている『ハチミツ』
とても濃厚で美味しいですが、知らぬ間にハチミツの種類が
2種類に増えてるわ〜!(今度試してみようっと)


普段は何気なーく野菜や果物を買って食べているわけですが、
こういった『収穫への感謝』の表れを見ると、

「ああ、そうだよな。ありがたいんだよな」
ふと思い出したように、しみじみとした気持ちになります。


10月のアヴェ1
アヴェから眺める景色も、もうすっかり秋で。



10月のアヴェ2
今月末頃に、もう一度ここ、アヴェへ立ち寄るつもりでいますが、
その頃はもっとずっと寒いのだろうなぁ。

ドイツの冬って駆け足でやってくるような気がしますし。。。


10月のアヴェ3


・・・さて、そろそろ、、、


10月のアヴェ4

日本へ一時帰省の準備を始めないとな〜。(わ〜い!!)




<おまけ>

りんご密集

すごくね?? (^▽^)
窮屈そ〜!!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

帰省準備その1:通販で『伊賀米』を調達して実家に送っておく。(はい、ここ重要!!)伊賀米らぶ


ドイツの秋といえば〜
2017年10月06日 (金) | 編集 |

ドイツの秋の風物詩のひとつ (^▽^)
 
かぼちゃ1
道端の『かぼちゃ野郎』(直売)

うちの近所も畑だらけなので、大小のこういった直売所が
あちこちにあるのです。


かぼちゃ2
が、特にココのすごいところは、それぞれのかぼちゃの前にある『立て札』

味、保存期間、特徴、調理方法などが書かれています。
(あと大きさごとのお値段とか)

例えばこの『Hokkaido』。札には、

Geschmack(味):人参とジャガイモ風味
Lagerdauer(保存期間):4〜8ヶ月
Merkmale(特徴):果肉オレンジ色、皮は取り除かなくて良い
Verwendung(使用方法):スープ、炒め物、煮物、ピューレ、スフレ
Verarbeitung(調理方法):皮をむかずに半分に切り、種を取り除き、
サイコロに切って、煮たり焼いたり。

って感じで表記されています。(親切〜!)


かぼちゃ3



かぼちゃ5



かぼちゃ6
お!! 緑のホッカイドー!!("NEW"ですって)


かぼちゃ7
立て札の表記内容は、先の Hokkaido とほとんど同じのようです。


かぼちゃ4
こういったのは『飾り用』かぼちゃね。



近所の1
うちの近所の農家の軒先でも。。。


近所の2
そして4kg級『とんがり野郎』

一個買ってもうちではすぐには使い切れないんだよなぁ〜。
友達と半分ずっこにするかな。(^▽^;)


キャベツ祭り看板
そして地元の(隣町での)『キャベツ祭り』も、もうすぐでっす!!
10月13(金)〜15日(日)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

おでんが食べたい季節になりましたね〜。。。(>_<)