ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
草原のチェロ 馬頭琴(ばとうきん)
2015年12月25日 (金) | 編集 |

Frohe Weihnachten !!

なんだけど、趣味の話を続けます(^_^)

これに関しては趣味だった、、って過去形になってしまうのだけど、
(残念ながら、今やもうやれないもんで、、、)

『草原のチェロ』とよばれる、モンゴルの弦楽器『馬頭琴』
かなり真剣に練習していました。
(2006年〜2008年頃かな)

馬頭琴1
私の 馬頭琴 野郎(モリンホール

モリンホールとは、モンゴル語で直訳すると『馬の楽器』だそうです。

馬頭琴2
先端の棹(さお)は馬の形 (^_^)

弦は2本。

馬頭琴3
四角い共鳴箱。


馬頭琴4
そして、弓。

この楽器を弾きたいと思ったのは、当時18才のモンゴル馬頭琴演奏者
イラナ(Yilana)』さんという女の子が、NHK教育テレビの
『サイエンス ZERO』という番組のテーマ曲光の旅を弾いている姿を
見たのがキッカケです。

馬頭琴の音色の美しさもそうだけど、何よりこのイラナさんが
とても楽しそうに弾いてる姿に心が魅かれました。

テニスや歌、まぁ自転車もそうですが、
私は"見てる"より"自分がやりたい"って人。

馬頭琴の知識なんてまるで無いのに、とにかく馬頭琴が買える店を探して
速攻で買いに行きましたよ。

さて、買ったはいいが、どうやって弾くのだ??(;゜∇゜)

教本1
とりあえず、1冊だけ馬頭琴の練習本をみつけたので、
それも購入して練習を始めたのですが、「むむむ〜???」

やはりちゃんとレッスンをしてくれる先生を探さなくては!

教本2
馬頭琴の弦は、ギターのように上から指で押さえるのではなく、
横から(水平方向に)爪の付け根や指先で押さえます。
押さえるっていうより、横から『押す・触れる』って感じ。

(楽譜は普通に音符のやつ)


実は馬頭琴、『内モンゴル』のと『モンゴル国』のでは微妙に違うのです。
(もちろん、それすら知らずに買いに走ったんですけどね〜)

この二つは、楽器自体の大きさ、チューニングの音、
弦の高さをたもつ駒の高さなどいろいろと違う。

弦の高さが違うので、弾き方(指の使い方)にも違いが出るのです。


そしてそして、イラナさんが弾くのは『内モンゴル』の馬頭琴。
私が買ったのは『モンゴル国のそれ。

なので『モンゴル国』の馬頭琴を教えてくれる先生を探さないとならない。

幸い、ウチから電車で1時間半程度で通えるところに先生を見つけ、
仕事が休みの毎週水曜日に通う事ができました。


馬頭琴5

最初は弓の使い方に四苦八苦しましたね〜。
こんなふうに持つのですが、手首は柔らかくプランプランに動くようにしつつ、
弦に添えた薬指と小指で、グッ!と弦を張ります。
(超難しい!どうしても手首もカチンコチンになってしまう)

この状態で弓を弦にあてて外側へ引いたり(UP)、内側へ押したり(DOWN)
して音を奏でるわけですが、UPからDOWNへの、またDOWNからUPへの
変化が、聞いててわからないくらいに滑らか〜に動かすのも
すっごく難しい。(説明するのも難しいね、、、)


ま、ここで、『この楽器はどんな風に構えるの?』ってとこで
お恥ずかしながら当時の私の写真で、、、(おいおい!また登場か!?)

馬頭琴を構える
あ〜、いくらか若いですね〜、まだそれほど太っていませんね〜、、

まぁ、こんな構え方です。
背筋を伸ばして、イスに浅く腰掛け、
両手を添えなくても馬頭琴が固定されてるって感じで
両膝に挟みこむフォームです。

場所は当時の職場ですわ。
仕事前に1〜2時間、毎日職場で練習してました。すんまそん、、
(かなりの大音量で響く楽器ですからね、、家じゃちょっとね、、)

大きな鏡を前に置いて、弓が弦に直角に動いているか確認しながら。

頑張って練習すればするほど、少しずつだけど弾けるようになってくるもので、
ちゃんと曲として弾けるようになった暁には
『路上ライブ』なんかやっちゃおうかな!って夢みたりしていましたが。

まー、のっぴきならぬ事情によりレッスンを続けることが出来なくなりまして、、

もうあれから何年? もう7年くらいたつのん?
音階の指使いももう忘れちゃったな〜、、、(>_<)

馬頭琴6

今では帰省で実家に戻る度に、この楽器をケースから出しては
懐かしく眺めているだけです。




私が馬頭琴を弾くキッカケになったという、正にその映像を
YouTubeでみつけましたよ。(イラナさんの弾く『光の旅』

残念ながら、あのテーマ曲の映像が完全には見れませんが
雰囲気は伝わるかな〜。(^_^)


(私は『サイエンスZERO』を録画していたので、完全映像を持っています)

あ〜、私も馬頭琴で『光の旅』が弾けるようになりたかったな〜。

『銀河鉄道999』『G線上のアリア』とかもね。

さすがにドイツで馬頭琴を教える人はいないでしょうね。

ざ〜んね〜〜〜ん!



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

帰省の荷造りしないと!なんでブログ更新をしてるんだ!?
・・・ってか荷造りに飽きて、現実逃避してるところですぅ。(*_*)
もう一つの趣味の話は、日本に持ち越しかな、、



スポンサーサイト

"One More Kiss"、入りました〜(^_^)
2015年12月23日 (水) | 編集 |

ここの所、『趣味の話』を書いております。

私ね、歌うのが大好きでね〜♪

若い頃は掛け持ちで、3つのバンドのヴォーカルをやってました。
レベッカのコピーバンド、女の子バンド、ヘビメタバンド)

中でもレベッカのコピーをやってたバンドについては、その後
オリジナル曲も作って活動していましたけど、
現在『解散』はしてないものの、ものすご〜〜〜く長い『休止』状態です。

もちろんバンドで歌うのが一番好きですが、やはりカラオケも好き。
ドイツで暮らしていて、ほんとに残念な事の一つが、
歌が歌えないという状況。

でももうすぐまた日本へ一時帰省をしますから、
『お一人様カラオケ』でいいので、熱唱してきたいと思っています。
(結局、前回の帰省の時は果たせなかったのよね)

で、今回の帰省で、以前レベッカのコピーバンドで
『キーボード』を担当していた Yちゃんと「カラオケ行こうか!」
って話になり、、、(^_^)

「レベッカの、"One More Kiss" を歌ってね」
リクエストを頂きました〜。

この "One More Kiss"

レベッカの曲はほとんど全部コピーして、ライブとかもやったけど、
この曲はコピーしてなかったような、、、したっけ?

すごくステキな曲だけど、歌い込んだ記憶がないので
これから『コソ連』に励もうと思ってます。





レベッカの曲は、私にとっては全部が思い出深い名曲ですが、

私が一番好きなのは、『ヴァージニティー』

"誰にも染まらずに 自由に飛んで行けよ
雪は君の前に 痛みを隠して降り続くよ"


これはレベッカの初期の頃の曲ですな。

当時、私はまるで『ノッコ』のような格好ばかりしてましてね〜。
髪型とか服装とか、、、。

電車の中で「ね〜、あの人、ノッコっぽくない?」なんて
言われてた日にゃぁ、もうっ!(っと自己満足の世界)
もっと言って〜〜〜〜♪

SUPER GIRL
真夏の雨
RASPBERRY DREAM
LONERY BUTTERFLY
COTTON TIME


この辺りの曲は、ほんと大好きですね〜。

そしてやはり『締め』は、、、

『Maybe Tomorrow』


ノッコがソロで出した曲『人魚』は、
片思いの相手とカラオケに行ったときに歌って、

泣きそうになった、、、いや、泣いたのか?

・・・もう忘れました〜(*_*)


そんな私の青春のレベッカ。

Yちゃん!
"One More Kiss" のコソ連、頑張るね!
(上手く歌えなかったら、ごめんちゃい)


さて、日本への帰省までに、趣味の話をあと2つ書こうと思ってたけど、

う〜む、、、。ひとつくらいは書けるかな?(*_*)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お一人様カラオケでは、アニソンも歌いまくるぞ!
アニソンがたくさん入っているカラオケ機種は、っと。
JOYSOUND?




天女がいたり、デビルだったり、、(雲の話)
2015年12月18日 (金) | 編集 |

前回宣言した通り、

『ボウボウで見た、ちょっと不思議な形の雲』

をご紹介〜 (^_^)

まぁ、わたしが『そう見えた』ってだけですがねー。


天女な雲
これ、『天女』が両手を広げて飛んで行くように見えましたよ。


少女の横顔な雲
『女の子の横顔』に見えました。


龍な雲
『龍の群れ』が飛んで行くところみたい。


海賊な雲
青空にはためく『海賊の旗』


はてな雲
迫り来る(はてな)』だわい。


そして、そして〜、、、

これは忘れもしない、一昨年の2月14日。

デビルな雲1
顔も凍りそうな、すっごく寒い朝。
ボウボウに現れた雲も、水面に張った薄い氷のよう。


デビルな雲2
ふと右側を見ると、、、「あれ?ハート形の雲?」


デビルな雲3
「いや、、、違うな〜」

上空の風の流れは、相当速かったみたいで、


デビルな雲4
その不思議な形の雲は、どんどん、どんどん私の方へ近づいて来る、、、。


デビルな雲5

「ぎょえ〜〜〜っ!でかデビル〜〜〜っ!」(>_<)


デビルな雲6

ま、何事もない平凡な一日だったんですけどね。ほっ (^_^;)


また面白い雲野郎に出会いたいな〜♪




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

4日間、部活動ができまへんでした。今日こそは!
うずうず、うずうず、、、(((o(≧∇≦)o))) 




雲が好きなのです(^_^)
2015年12月14日 (月) | 編集 |

「あ〜、暗くて長ーいドイツの冬が始まるわ〜」

寒くなり出した頃からゲッソリ していた割りには、
なんだか『青空』の日が多い気がします。

空を見上げると、秋の雲に分類される『すじ雲』『うろこ雲』
見る日も多いので、
12月とはいえ、秋の空を見ている感じ。

雲9


雲って面白いんですよね。


雲10


雲について詳しいわけでは無いけど、
ドイツに来てから、、というか、ボウボウを歩くようになってから

『空は毎日ドラマチックだわい!』
って感動していて、雲の様子をいつもカメラに収めてました。

前にも、ボウボウの雲のコレクション画像をブログに載せましたが、
今回もまた雲特集をしてみたいと思います。


雲1

春夏秋冬、バイク屋のバイトへと向かって歩く『ボウボウの畑道』


雲2

同じ道でも日々違った表情を見せる空と雲。


雲3

歩くと約15分程度のこの道のりに、毎日感動しておりました。


雲4


ボウボウから眺める雲の様子は、右を見ても左を見ても面白くてねー。
(さ、ここから画像いっぱい載せますよー)

雲5



雲6



雲7



雲8



雲13



雲11



雲12



雲14



雲15



雲16



雲17



雲18

私の『雲コレクション』にはキリがないので、この辺で(^_^)


次は、ボウボウで見た、ちょっと不思議な形の雲を紹介したいと思いまーす。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

しばらく、驚きの?趣味の話を続けようかと、、、。
あ、イケメンゲームも部活動も趣味かにゃ??(*_*)




自転車、はねられた!(私じゃないけど、、)
2015年12月11日 (金) | 編集 |

先日、12月7日(月)。

ああ、そうだ。
前回ブログに書いた、キレイな『すじ雲』の空を独り占めした部活の後。

家に帰って、速攻でシャワーして、ベットに寝っころがって、
まったりとイケメンゲームをしていた時に、

午後3時半頃だったかな?
『ガシャーーーンっ!』って音が外でしたので、
ベットから起き上がって窓の外を覗いてみたんですよね。

ウチの家は十字路の角で、寝室の窓からその交差点は丸見え。
車と自転車の衝突事故でした。

家の前
ここ、ここ。(窓越しに撮影)

右側通行のドイツでは、標識の無い交差点では
『右側』からの車両(自転車も)が優先


ウチの家の前の道路を直進して交差点に入った車が
『右』からきた自転車をはねちゃったようです。

この場合、先ずは車の方が徐行して、右からの交通に注意しないと。

事故の瞬間を見ていないので、右からきた自転車が、
どれくらいのスピードで交差点を通過しようとしていたのか
分らないけど、
たとえ優先であったとしても、交差点での危険を予測しておかないとね。

実際、自分が運転する車両が優先で交差点に入ろうとしても、
『左』からの車両が徐行もせずに通過していく場面に
何度も遭いますもんね。

私がもっぱら部活で走っている道は、畑の中の舗装された道だったり、
信号のある道路だから、こういった場面はほとんど無いのだけど、

ウチの周辺のような住宅地は、標識の無い交差点ばかりなので
優先、そうで無いに関わらず、交差点では減速して充分気をつけなくては。

当然といっちゃ当然な事だけど、この日、再認識したってところです。


今、こうしてコレを書きながら、その交差点をカーテン越しに
チラチラ見ているけれど、
「お、ちゃんと減速してるね」とか、「君、アウトでしょ」とか
心でつぶやいておりますよ。

幸い、あの事故で自転車に乗ってた人は、すぐに『ムクっ』と立ち上がり、
自転車を起こして路肩へどかして、車の運転手と話を始めていたので
大事には至らなかったのだと思います。(ほっ)


とにかく楽しく自転車に乗り続けるためにも、
事故の無いよう、気をつけて走りましょう!
です。




火曜日(12/8)の朝、目覚めたら、
腰回りと背中が痛くて痛くて起き上がれませんでした。

部活による筋肉痛って感じでもなくて、
「こりゃ、また風邪ひいたかな?」と大事をとって
2日間、ほとんど布団の中で暮らしました。

とにかく布団の中で汗かいて、着替えて、汗かいて、着替えての
繰り返しで、そんな体調不良を吹っ飛ばし、

昨日(12/10)、部活再開すっかな!(2日間走れなかったし)と
意気揚々と布団を抜け出すも、気温マイナス、、。

まー、走り出せば、すぐに熱くなるしな。

というわけで、出動!

気温マイナスだぜ
(カメラ置いてきたので、携帯で)

気温は少し上がって、それでも0度、、、。
日影の地面はキラキラしてるし。氷だわね、これ。
(ここはゆっくり、慎重に〜)


ゴール(空港)に着くまでは、ずっと汗かきまくりで、
そこからの帰還の間は、その汗でどんどん体が冷えていく事を実感。

気温マイナスで、この体の冷え方は絶対良く無いな。

テニスの練習でも私は、途中でシャツを替えに行くので、
できるならチャリ中も、同じ様に途中で着替えたいところなんだけど、
流石にそれは無理なので、なにか手を打たなくちゃ。

忍法、衣替えの術!みたいな、、

やっぱ、日本の一時帰省の時に、忍術の修行もしてくっかな。
(なんたって、伊賀で二泊しますんで)


また自転車の話になっちゃいましたわ。
ほんとは別の話を用意してたのにね〜、おほほ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

・・・今日は意図的に、部活サボっております。(んべ)