ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
かなりのモンです、Stuttgart 自然史博物館(その3:完結)
2015年02月27日 (金) | 編集 |
前回から間が空いちゃったわ。。。(続きです)

Stuttgart の『 Rosensteinpark ローゼンシュタインパーク』という
公園の中にある、
『 Staatliches Museum für Naturkunde Stuttgart 』
( シュトゥットガルト 国立自然史博物館 )

もう一つの建物『 Museum am Löwentor(ライオン塔の博物館)』
『古生物学(Paläontologie)』のための博物館です。

ライオンの塔の博物館2
『 Museum am Löwentor(ライオン塔の博物館)』

私達は、先ほどの『ローゼンシュタイン城 博物館』に入館した際に
プラス1ユーロでこっちの博物館にも入れるコンビチケット(同日のみ有効)
を買っていたので、そのチケットを窓口で提示するだけで入りました。
(先にこっちの博物館に入館する際も、同様にコンビチケットが買えますよ)

ライオンの塔の博物館3


『古生物学』の呼称範囲として、ウィキペディアには、
"地質学的時間尺度での過去において地球上に生きてきた生物を対象とし、
その生物の分類・生態・歴史・進化を明らかにすることを目的とする。
つまり古生物を対象とする生物学である。生物学、生態学の他、層序学や
地球化学なども関連する。主に化石標本を用いて研究を行う。"

とあります。


過去に地球上に生きていた野郎どもと言えば〜、
 
恐竜1
やはり、こいつらですわね。。。


恐竜2
南西ドイツ、つまりバーデン・ヴュルテンベルク州で発掘された動植物の
化石をもとにした復元物が、ジオラマで展示されている博物館です。


三畳紀から
過去にさかのぼる事、約2億5千万年前(三畳紀/トリアス紀と呼ばれる
頃以降の南西ドイツの様子が紹介されています。


恐竜3
や〜、いたんだねー、恐竜野郎。


恐竜9



恐竜4
私にはコイツが一番怖かった。(足首危険、足首危険〜!)


恐竜5



恐竜6



恐竜7



ペタさんと恐竜
ペタさん、壁から出て来た恐竜と対話す。
(シュヴァーベン産同士か?)


恐竜8
一番広い展示ホールには、


チビッコ達
チビッコ達が、恐竜の骨の発掘の雰囲気をを楽しめる遊び場もありましたよ。


また、私達が訪れた時は、ヨーロッパで初めて(erstmals in Europa)という

Gefiederte Drachen(羽毛恐竜)
(羽毛の生えた恐竜=鳥じゃないのよ、恐竜よ?)

の期間限定(2014年11/6〜2015年1/18)の特設展示会場がありました。
 
中国より
バーデン・ヴュルテンベルク州との連携協力地方であるという、
中国の『遼寧省(Liaoning りょうねいしょう)』で 1996年から
発見されている羽毛恐竜の化石や、その復元モデルの展示場です。


羽毛恐竜の化石
羽毛恐竜の化石


羽毛恐竜1
羽毛恐竜の復元モデル

始祖鳥ってのは最古の鳥だということを学校で習ったけど、
こやつらは鳥ではないってわけなんね?

羽毛恐竜2



羽毛恐竜3
やー、特別展示で面白いものが観れました!


博物館には『お土産コーナー』もありますが、

恐竜のミニチュア
まぁ、恐竜のミニチュアや、図鑑・絵本とか、オモチャの発掘キットなんかが
あるといったところ。(正直しょぼいぞ?)


恐竜パスタ
あ、オーガニックの『恐竜型パスタ』があったけど、
どうせなら恐竜クッキーとか、恐竜パイとか、恐竜饅頭なんかがあれば
買うのになーと思ったのでした。残念っ!


ライオンの塔の博物館4

以上、シュトゥットガルト 国立自然史博物館

Staatliches Museum für Naturkunde Stuttgart
Museum am Löwentor und Schloss Rosenstein


の訪問記でした〜。

(だらりんこしゃんで書いてたら、かなり時間かかっちゃったねー)




<おまけ>

ライオン塔の博物館の前にデ〜ンと置かれている、オブジェのようなもの。
 
謎の生物?
ぷっくりウネウネした模様が石の表面にありますね。

『ヴェスターシュテッテンの謎の石』

誰かおせーて
これは、ウルムの近くのヴェスターシュテッテンという町の採石場で発見された
4.7トンもの重さのある石で、シュヴァーベン山脈のジュラ紀の頃の
石灰岩の地層から出て来たものだそうです。

この表面の謎の模様がどうやって出来たのか誰にも分らず、
専門家の間では、この模様は
『ヴェスターシュテッテンのパターン(模様)』として
知られるようになったと説明されています。

"なんでこんなぷっくりウネウネが出来たのか分らないけど
『生物はその(自らの)形成に関与しなかった』(これだけは確かな様である)"
と最後に書かれていますが、私には意味不明です。。。

"Lebewesen waren an ihrer Bildung nicht beteiligt."

何かしらの憶測というか、意味を含んだ一行だと思うのですが、
『こういう事を言いたいんじゃない?』ってのがありましたら
どうぞ教えてください。m(_ _)m



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

女子って結構、恐竜好きだと思うんだけど。ねっ?



スポンサーサイト
かなりのモンです、Stuttgart 自然史博物館(その2)
2015年02月17日 (火) | 編集 |

前回の続きです。

「やー、なかなかスゴい博物館だなー。」と感心しながら入った部屋は、

アフリカ象の剥製2
中央に『アフリカ象』の剥製! でかっ!

前回紹介した各展示室は、このアフリカ象のいる部屋を中心に
の字』型に配置されていたようです。

私は極度の方向オンチで、室内に入ると更に方向オンチ度が増すので
ずっと自分の立ち位置が分らなかったけど、
今、コレを書きながら「あー、そうだったんかー!」と知ったところです。
これを見たのよ。(見取り図)


このアフリカ象の部屋には、他にもキリンウシの剥製などもありましたが、

サイの剥製
『サイ』の剥製の場所には、

" 闇市場でサイの角が高額で取り引きされたため、たくさんの博物館が
プロの強盗団によりサイの角を盗まれる被害にあったので
ここではオリジナルではなく『レプリカ(模造品)』を展示しています。"


との説明書きがありました、、。


そしてここの向かい側の部屋に見えるもの、、。
 
となりの展示場
クジラだ、クジラだ!


イワシクジラの剥製1
『イワシクジラ』 イワシクジラ

反対側に回り込むと〜、

イワシクジラの剥製2
あら、イワシクジラの骨付き二枚おろし(お頭付き)

オリジナルの骨格に模型の内蔵と外見を取り付けたもの。


どこから来たん
このイワシクジラ(全長13.11mの若いメス)は、1957年7月3日に
北太平洋の日本から約300kmの場所で捕獲されたと説明されています。
(Japan の文字に過敏な私。何々?って)


ガイド付き
そうこうしてる内に、博物館の職員がガイドをしているご一行が
このクジラの部屋にやってきました。


ラッコの剥製みっけ
そして同じくこのクジラの部屋に、『とある物』を発見!


ラッコの剥製1
こ、こ、こ、これは!『ラッコ』の剥製


ラッコの剥製2
しかも『赤ちゃんラッコ』まで!(なぜに真っ白?)


ラッコの剥製3
ラッコらぶ の私が、声にならない叫びをあげたのは
言うまでもありません。

こんなところでラッコに会えるとは思わなかったな〜! 感激〜!

でもラッコの剥製って、仰向けになって海にプカプカ浮かんでいる姿
見せるようなの形状のものが多いのですが、ここの博物館のように
四つん這いの形ってのは珍しいんだなー。(ラッコって分る?)


このクジラの部屋は、『海の哺乳類』というテーマの展示室で、

セイウチアザラシなどの海獣も骨格標本や剥製を使って
その暮らしぶりなどが紹介されています。

セイウチの剥製



アザラシの剥製


そして、先述のアフリカ象の部屋のように、こちらも『逆の字』型に、
別のテーマでの展示室が配置されていました。

そのテーマというのは『Ökosystem der Erde(地上の生態系)』
様々な『気候帯』に生息する生き物たちの紹介です。

北極圏、南極圏、寒帯(ツンドラ、タイガ、針葉樹林気候など)、
温帯(地中海性気候など)、乾燥帯(ステップ気候、砂漠など)、
熱帯(熱帯雨林、サバナ気候)などの展示室がこのクジラ部屋を囲みます。

極圏の展示
例えば『極圏』の部屋。(オーロラの演出も)


ペンギン
北極圏には 皇帝ペンギンが生息していますよ、とか


ホッキョクギツネ
ホッキョクギツネ、ホッキョクウサギ、ライチョウなどは
カモフラージュのために、夏と冬とで体毛の色が変わりますよ、と
剥製とジオラマを使った展示で紹介されています。


シロクマとアザラシ
おお、これはアザラシピンチなシロクマの捕食の場面!


温帯の部屋1
『温帯』の部屋では、そこに生きる動物たちの他に、


温帯の部屋2
昔の人類の狩りや生活の様子なども知る事ができます。


温帯の部屋3



乾燥帯のジオラマ
乾燥帯(ステップや砂漠)に生息する動物たち。


熱帯のジオラマ1
熱帯(熱帯雨林、サバナ/サバンナ)の部屋も興味深かったです。


熱帯のジオラマ2
色鮮やかな鳥たちや、


熱帯のジオラマ3
変わった行動を取る、見た事もない不思議な鳥なんかもいて面白い!

まぁ、とにかくココには紹介しきれないほどのボリュームで、

散歩の途中でちょっと立ち寄っただけだったのに、
面白くて、気がつけば入館してから 2時間くらい経っていました。


そしてこの後、このローゼンシュタイン城 博物館から歩いて約15分のところの
もう一つの博物館Museum am Löwentor(ライオンの塔の博物館)』
にも行ってきましたよ。(古生物学の博物館)
 
ライオンの塔の博物館


つづく、、(でも次回で完結



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

最近の行動。キツいときには中華ビュッフェ。
エビちゃん食べ放題で復活してます。(何のこっちゃって?)




かなりのモンです、Stuttgart 自然史博物館(その1)
2015年02月10日 (火) | 編集 |

12月中旬(2014年)の事ですが、

Rosensteinpark
Stuttgart の『 Rosensteinpark ローゼンシュタインパーク』という
公園の中にある、
『 Staatliches Museum für Naturkunde Stuttgart 』
( シュトゥットガルト 国立自然史博物館 )


に行ってきました。

この博物館は2つの建物で構成されていて、

1つは『生物学(Biologie)』のための博物館で、
Museum Schloss Rosenstein (ローゼンシュタイン城 博物館)』

もう一つは『古生物学(Paläontologie)』のための博物館、
Museum am Löwentor(ライオン塔の博物館)』

この2つの博物館がある ローゼンシュタイン公園は、ヴィルヘルマ動植物園
隣接しているし、何かのついでで何度か散歩をした事はありましたが、
博物館の中に入ったのは、この日が初めて。

思った以上にたくさんの『興味深いもの』が展示されていましたので、
2〜3回に分けて紹介したいと思いまーす。

Schloss Rosenstein1
先ずは『生物学』の博物館
ローゼンシュタイン城 博物館


Schloss Rosenstein2
この宮殿というかお城というかは、1824年〜1829年に
Wilhelm l.(ヴィルヘルム1世のために建てられて、1954年から
こうした博物館として使われるようになったそうです。


Schloss Rosenstein4
お城に入ってすぐに Kasse(チケット売り場)があって、天井の高い
真っ白なホールが広がります。

入館料は4ユーロ(プラス1ユーロで、もう一つの博物館にも入れる
コンビチケットになります)
水曜日の午後1時〜は、なんと入館料『無料』です。


この白いホールの左右が、いろいろなテーマ(例えば、地球の生態系、
人類の進化、海獣の世界などなど)に沿った
『動植物の標本展示』
つまりは『剥製』を使った展示ルームなのですが、

ここでは私が今回見て回った順で、サクッと紹介しますです。

とりあえず入館してみたものの、前情報が『ゼロ』だったので
適当に歩き出してみて、すぐにどビックリ!!
 
シカの剥製1
いきなり、立派なシカの一家が現れました。

Heimische Lebensräume(在来種の生息地)のジオラマです。

シカの剥製3
これは私がよく散歩に行くシューンブーフの森でも見かける
Rothirsch アカジカ』


シカの剥製2
確かにこうして、森の奥の方からこちらの様子をうかがってる彼らの姿を
よく見かけます。


カモシカ?の剥製1
雪の残る高山に群れるヤギ?カモシカ?
Gämse シャモアという動物だそうです。(ウシ科 シャモア属)


カモシカ?の剥製2
こんな感じで、先ずは身近な自然の中にいる動物達が次々と出現します。

小川の流れる森には、

キツネの剥製
キツネ(の剥製)


キツツキの剥製
キツツキ(の剥製)


フクロウの剥製
フクロウ(の剥製)


カワセミの剥製
川べり(水辺)で獲物を捕らえる カワセミ(の剥製)


リスの剥製
木の上には私の好きな、リスもいました。(剥製ねー)


巣穴のアナグマの剥製
アナグマはこんな巣穴にいるよー、とか。


コウノトリの剥製
巣に群がるコウノトリも、『身近な生息地』の展示に含まれていました。


人類の進化
その後、『人類の進化』の展示、


サル目の剥製
『サル目』を中心とした展示の部屋へと入りました。


その後に続く、脊椎動物(哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類)、
昆虫などの無脊椎動物植物など、おびただしい数の剥製や標本の展示も
想像していた以上のものでした。


テンの剥製
『哺乳類』の展示の中にあった『Japanischer Marder(テン)』
(テンは日本の動物だったのかー)


コアラの剥製
コアラの親子や、


ヤマアラシの剥製
ヤマアラシなどの剥製もありました。


フクロオオカミの剥製
1936年に絶滅したというフクロオオカミ
この剥製は、1847年に死んだ、ヴュルテンベルクの最後の一頭だそう。


鳥類の剥製2

『鳥類』の展示もかなり充実。

鳥類の剥製1



鳥類の剥製3
鳥の羽ばたき方が、それぞれ形を変えた剥製で展示されていたり、


猛禽類による捕獲の剥製
ワシやタカなどの猛禽類が餌である小動物を捕らえている様子など、
リアルな展示などもありましたよ。

その次に現れる、『昆虫』などの展示の場所は
「あー、昆虫ね〜〜、、、見ない、見ない!」とサッサと通り過ぎ、

一体、どんだけあるんだ? と感心しながら歩いていると、

アフリカ象の剥製

なんだかスゴい部屋に入って行きましたよ! ぱお〜〜っ!


つづく〜、、。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

このあと、思わず「うにゃ〜〜〜っ!」と叫んだものがありましたよ。(^_^)
でも猫じゃなぁ〜い。


CMT 休暇の見本市 2015(Die Urlaubs-Messe)
2015年02月03日 (火) | 編集 |

もう終了してしまいましたが、2年ぶりに休暇の見本市
ちょっと覗いてきましたよ。

CMTメッセ

CMT Die Urlaubs-Messe
2015年1月17〜25日 Messe Stuttgatrt にて。

毎年この時期に『メッセ Stuttgart』で開催される大規模な
『旅行』の展示会で、今回も約100もの国々からの出展がありました。

CMT メッセ国旗
日本からの展示もありますよ


出かけたのは 1月23日(金)
私はこの日の午後から予定があり、そのための準備がしたかったのだけど、
ペタさんが『どうしても見に行きたい』展示があるというので
「んじゃ、見て回るのはそれだけね!」という前提で、
会場のオープンと同時に入場しました。(開場:10:00〜)


メッセStuttgart
この "メッセ Stuttgart"は、ウチから最寄りの Filderstadt駅から1駅目の
『Stuttgart空港/メッセ』駅で降りてすぐの場所。

(だからペタさん、1人で行っていいんだぞ?)

だって、ペタさんが『どうしても』見たい展示って、
 
CMTキャンピングカー
キャンピングカー なんですもん、、、。

ペタさんが一番好きな乗り物は『トラクター野郎』ですが、
キャンピングカーも大好き。

午後の予定の事を考えて、ハラハラしている私とは反対に、
瞳を輝かせて展示車両を見て回るペタさんなのです。
(ま、憧れる気持ちはわかるけど、到底買えませんぜ?)

このキャンピングカーのホールは、30〜40分あれば充分だったので、
「せっかくなんで、日本のブースも見て来よう。」と

ホール8
ホール 8へ移動。


CMT日本ブース
ホールの真ん中辺に日本のブースがあって、出展に来ていた方々に
ご挨拶がてら、ちょっとだけお話させてもらいました。
(やっぱ日本がいいですぅ〜、、とか)


あとはまたちょっとだけ、ドイツ国内のブースへ。
(といっても、割と近場の『黒い森』とか)

CMTメッセ2
コチラはホール 6


CMTメッセ4
『黒い森 シュヴァルツ ヴァルト』といえば、鳩時計
何ともこれはゴージャスな鳩時計ですね。


CMTメッセ3
近くのブースでは、アコーディオンによる演奏も始まりました。


CMTメッセ5
同じく『黒い森』にある、セラミック(陶磁器)の食器を作っている、
『Zeller Keramik(ツェラー ケラーミク)』という会社の出展。

1794年に "ファイアンス焼き" の工場として創立して、
1898年以来作られている、この『Hahn und Henne(雄鶏と雌鶏)』
モチーフの食器は、ひとつひとつが職人の手で絵付けされているそうです。
ここでは、その絵付けのデモンストレーションもしていましたよ。


木の小路
そして同じく『黒い森』から。
「この模型は一体なんなんだ?と思ったら、
実際に森の中に立つ『Baumwipfelpfad(バウムヴィプフェルプファート)』
という『レーン(通り道)』の一部でした。
(Baum=木、Wipfel=こずえ、Pfad=小道)

長さ約1250m、高さ約20mの『木で作られた散歩道』のようです。
そしてこれは『黒い森』の Bad Wildbad バート ヴィルトバート
という町のそばにあるものですが、こういった『木の散歩道』
ドイツやオーストリアの大きな森には結構あるみたい。

ちょうどこの模型の『小道』の様子が YouTubeにありましたよ。
 


やー、いいところだな〜。
ペタさんも知らなかったみたいだし、暖かくなったら一度
行ってみたいなぁ。

でも私は『高所恐怖症』の気があるので、途中で吐きそうになるかも。。。

ただ、『Bad バート』と町の名前の頭につくからには、ここも
"温泉保養地"。ぜひ泊まりがけで訪れてみたいものです。


さて、もう少しいろいろ見て回りたいところでしたが、
私にはこの後予定が、、。

帰ろうとしたところで、『Bodensee ボーデン湖』
展示ブースで面白い事をしているおじさんを見つけてしまいました。

大根切りおじさん
アンティークなミシンで大根を切るおじさん。


大根切りミシン2
ミシンの針を取り付ける場所にナイフを取り付けて、


大根切りミシン1
足でミシンのペダルをふみながら『タタタタンっ!』
大根を切っていきます。


大根切りミシン4
一度大根の片面を上から下まで切り込みを入れたあと、
裏っ返しにして反対側も同様に切り込みを入れると、
『びろろ〜〜〜ん』絶妙なつながり具合で大根が切れています。


大根切りミシン3
こんな切れ方。"たくあん"みたいなショネショネ具合の大根が
うまく切れていたので、かなりいい切れ味のナイフなんでしょうかね。


大根とパン
切った大根野郎は、一切れの田舎パンと一緒に来場客にふるまっていて、
私にも一皿くれましたよ。

軽い塩加減の漬け物みたいな大根はいいお味でしたし、
何より付け合わせのパンが特別おいしくて、思わず
「もう1枚ください。」と言いたいところでした。

それにしても、何故このおじさんは『ボーデン湖』のエリアで
このパフォーマンスをしていたのでしょうかね?


他のホールや展示の内容は、ざっと見た感じでは2年前のそれと
大きな違いはなさそうでした。

まぁ、国の魅力的な場所が突然変わるなんてことも無いでしょうしね。

なので、おととし(2013年)にこのメッセに行って来たときの様子が
過去ブログにありますので、良かったら見てみてくださいね。
(その1〜その3、完結編に番外編と長いですが、、)
休暇の見本市に行ってきました(2013年編)

あぁ、これを見ると、2013年は電車代込みで12ユーロで入場できたんだな。
今年は13ユーロでした。
なんか毎年電車賃が値上がりしているんですよね、、。

ストで運行が無くなるは、普通でも運行が遅れるは、消える(!)
なんだから、値上げするならもっとちゃんとして欲しいものです!

そうして時間ピッタリの日本の交通機関の素晴らしさ
つくづく身にしみて感じるのであります。



<おまけ>

私のではなく、ペタさんの戦利品

メッセでのお土産
私が日本の出展ブースでおしゃべりしている間に
外人の振りしてチャッカリもらっていたようです。(あ、外人か!)

いいなー、私にちょうだい。(お手)

パンフレット
そして時間を忘れて眺めてしまうのは、やはり『JAPAN』なんですわ。

次は日本のどこへ行こう?



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

2月です。寒いです。なんか最近雪がよく降ります。
そうだ!温かい『ぜんざい』でも食べようかなー。
ぜんざいの発音、私は『洗剤』と同じトーンなんだけど、みんなは違うの?