ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
岐阜プチ旅行(その1)初新幹線で飛騨高山へ
2014年09月30日 (火) | 編集 |

日本への一時帰省、9月2日(火)〜4日(木)は、
母と岐阜プチ旅行に行きました。

岐阜の『白川郷に行ってみたいな〜と以前から思っていて、
母も行った事ないとのことだったので、

『白川郷』・『高山』・『平瀬温泉』
(高山ラーメンと飛騨牛も)

を目的とした "プチ旅行" を計画していたのです。(ほぼ母任せ

気合いで 朝4時半に起きて、トーストした超熟野郎(食パンね)を
ガッツリ食べて、余裕をもって 6時前に家を出発。
(家からは、1時間ちょっとで東京駅に着くけど、
東京駅で迷子になったら、、とかもを想定して

のぞみで行く1
7:30発の新幹線のぞみ博多行きに乗って、まずは名古屋へ。


のぞみで行く2
「わ〜、これ、テレビで見た事ある〜!」
そもそも『のぞみ』どころか、"新幹線野郎"に乗るのが初体験。多分。
(だって過去に新幹線に乗った記憶がないもん、、)


のぞみで行く3
だもんで、発車時刻までまるでカメラ小僧の様に、この『のぞみ』の
写真を撮りまくりです。(ま、こういのはいつもの事)

「新幹線の中から、富士山も見えるんだよね〜。

ということで、カメラをずっとスタンバっていたのですが、

のぞみからの富士山1
見えたけど、、「微妙・・・」(のぞみで約30分後に見えた富士山)

"富士山らぶ"ペタさんに写真を撮って見せてあげようと思ったんですが、

のぞみからの富士山2
風景は良さそうだけど、鉄道橋の柱野郎が、、。(のぞみで約50分後)
と、どれもこれも『微妙』な写真ばかり。

そして当然ながら、この時期はてっぺんに雪をたたえてないしね。

ま、ペタさんにはいつかまた、一緒に新幹線に乗った時にでも
実際にその目で見てもらうとしましょう。
本人は「富士山に登るのが夢なんだ と言うてるし。

そして、東京駅を出発してからピッタリ』1時間45分後(9:15)
名古屋駅に到着。え〜、あっと言う間だー!

名古屋駅で L特急『ワイドビューひだ・飛騨古川行きに乗り換えて
高山
に向かいました。

ワイドビューひだ
名古屋駅 9:39発 ー 高山駅 12:15着
(おー、2時間半はかかるのかー)

座った席は、一番前

この後に停まる『岐阜駅』までは、後ろ向き(背中側)が進行方向
岐阜駅で大阪から来た列車と連結(併結)
その際に方向転換してようやく前向きが進行方向となります。

ひだ5号の電光案内
私達が乗った 『ひだ5号』の停車駅は、
名古屋(9:39)・尾張一宮・岐阜・美濃太田・白川口・飛騨金山・下呂・飛騨萩原・
飛騨小坂・久々野・高山(12:15)・飛騨古川


先頭の眺め
一番前の席で、モコモコとした山間を流れて行く風景を楽しみました。


車窓からの飛水峡

途中、車掌さんの車内アナウンスが入ります。

"進行方向右側に沿って流れているのが飛騨川です。
七宗町から白川町までの12kmの渓谷は『飛水峡』と呼ばれ、
絶景が続きます。岩の上の丸い穴は『甌穴(おうけつ)』と呼ばれ
国の天然記念物に指定されています。"


いつか列車の中からじゃなくて、実際に見に行こうっと!

飛騨川のダム
いくつもの『ダム』を過ぎて、


下呂温泉
『下呂温泉』を過ぎて、(あー、いいな〜下呂温泉〜!)


高山駅1
これまた時間通りに高山に着きました。(12:15)

この日は『平瀬温泉』(高山からバスで約1時間20分)の旅館に宿泊するので
先ずは駅のそばの『バスセンター』で高山駅 14:50発(平川温泉 16:11着)
乗車券を買っておいてから、高山ラーメンを食べに行きました。

高山駅2

バスセンターの窓口の人から「よく行列ができてますよ。」
教えてもらったラーメン屋さんへと、陸橋を渡って駅の反対側へ。

気温は何度くらいだったのかな。あちー、あちー

高山ラーメン1
のろのろと、10分くらい歩いたかな?(もう汗だく
『甚五郎らーめん』というラーメン屋さんに入りました。

高山ラーメン2
そしてメニューの一番上にあった甚五郎らーめん』650円がこちら。
(トッピングに "ゆで卵 50円" をプラスしました)
嬉しい ご飯1杯のサービス付きです。(午後3時まで)

して、高山ラーメンとは・・・高山ラーメン(ウィキペディア)

感想:見た目にシンプル。ゆで卵を追加して良かった。
細い縮れ麺のしょう油味。(味は濃く感じました)
チャーシューは柔らかかったけど、すごく塩辛かった。


「ふーむ、これが高山ラーメンか、、。」とひとまず確認。

お腹いっぱいになった後は、平瀬温泉へ行くバスの発車時刻まで、
古い街並の『さんまちを散策することにしました。

さっき渡った陸橋を戻って、

高山陣屋看板
「時間があったら入ってみよう。」と『高山陣屋』を通り過ぎて、


赤い欄干の中橋
赤い欄干がきれいな『中橋』を渡って、


さんまち1

古い街並が美しい『さんまち通り』へ。(13:40頃)

さんまち2

飛騨高山 古い街並(さんまち通り


さんまちの朝顔1

朝顔 がとてもきれいに咲いていましたよ。

さんまちの朝顔2

落ち着いた風情の黒い家々に、朝顔のブルーがとてもよく似合っていました。


さるぼぼ
お!『さるぼぼ』って、この地方のものだったんだ!
(日本を知らな過ぎな私 さるぼぼ


さんまち4

散策を続ける間にも、気温がどんどん上がって行き、

さんまち5

冷たいものが欲しくなりましたよ。 これぞ日本の夏〜。

さんまち6

造り酒屋の玄関にぶら下がる杉玉酒ばやし)』、かっちょいい!

さんまち7

地酒かー、いいよね〜。

さんまち3

同じく造り酒屋の『舩坂酒造店』の店頭にあった、

フローズンカクテル看板
フローズンカクテルに目が留まり、


フローズンカクテル
お店の中庭の日影でこれを飲みながら小休止。(14:00頃)
(は〜、冷たくて美味しい〜!でもお酒〜!)

さんまちでの散策は楽しくて、でも時間が無くなってきたので

「最終日(4日)にまた散策の続きをやるとして、平瀬温泉に急ごう!」

とダッシュで高山のバスセンターまで戻りました。
(乗り遅れるかと思った、、)

そしてバスで約1時間20分かかって、

平瀬温泉バス停
ようやくこの日の宿泊先のある『平瀬温泉』へ到着!

そしてとっても素敵な旅館へと向かったのでしたー。

続きますよ。(長いわね、ほんと、、)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

全然ドイツ情報と関係ないのが続きますけど、大目に見てね m(_ _)m


スポンサーサイト

やっぱ水族館は最高ニャン!
2014年09月25日 (木) | 編集 |

(妖怪ウォッチの『ジバニャン』にはまっておりますニャン)

前回の続きです。

日本に到着した翌日(8/31)は朝一で 池袋のサンシャイン水族館へ。

サンシャイン水族館

営業が始まる朝10時に、長年のラッコ友達の munyさん
水族館入り口で待ち合わせ。


今回の帰省では、出来るだけ多く ラッコカワウソに会うために、

年間パス
年会員 になりましたよ!
(2回行けば、元が取れるのニャン)

実は私、このまた翌日の9月1日にもこの水族館に来たので、
すぐに元を取っちゃいましたけどね。ほほほ。


前回の帰省の時は、ここにはミールという美人ラッコが一頭だけでしたが、
( その時の過去ブログは コチラ

今年の春に、鳥羽水族館から オスのラッコ『ロイズがやってきていて、
この二頭が一緒にいる様子を見るのがとても楽しみでした。

子供カワウソハクやまとの成長ぶりも見たいし、

それにこの8月にもまたカワウソの赤ちゃんが産まれたそうで、
その子達を見るのもとても楽しみにしていました♪


8/31、9/1の二日間で、かなりの数の写真を撮りまして、
どのショットも可愛くて全部ここに載せたいくらいですが
なんとか選んだいくつかを、ここから一緒に見てください。

先ずはなんってったって、ラッコの『ミール

ミール1
「こんにちは〜、うふ。」な感じが可愛いでしょ〜っ!


ミール2
近くまで寄って来てくれましたよ。


ロイズ2
そしてサンシャイン水族館では初めて会うロイズ


ロイズ3
飼育員さんとの掛け合いもバッチリで、
(ラッコって立ち上がれるんですよ)

ロイズ1
フーディングタイムの時には、いろいろなパフォーマンス
見せてくれました!


ミールとロイズ
ロイズはこうして大きく" 万歳 "して寝るのが面白い!
(ミールは丘の上で寝る事が多いよう)

二頭とも仲良く元気で良かったー!
新しい命の誕生にも期待したいです。(どうかお願いっ!)


そしてコツメカワウソの『やまと

やまと1

大抵、朝11時頃に"マリンガーデン"をお散歩している姿を見る事ができます。

やまと2
一才半くらいかなー。ひとまわり大きくなっていました。


やまと3
花壇に登ったり、草むらに入ったりと、忙しい忙しい

最近は散歩中にいろんな "技" を見せてくれるそうなので、
滞在中に一度はその"技"が見れるといいなぁ。

やまとのお姉さん『ハクはご機嫌斜め(反抗期?)で
この両日、お散歩には出てきませんでした。

そして産まれてからまだ一ヶ月足らずの
コツメカワウソの『赤ちゃん

コツメの赤ちゃん1
ようやく目が開いたころで、超かわいいっ!

実はこの二頭の内の一頭は、別のカワウソ夫婦の赤ちゃんだそうです。
ピーター♂』と『シュラ♀』夫婦が自分達の赤ちゃんと一緒に育てています。

コツメカワウソ1
『ピーター』パパ(左かな?)が赤ちゃんを咥えて飼育部屋から連れ出しては、

コツメカワウソ2
『シュラ』ママ"慌てて部屋に咥えて帰る" んですよ。 心配なんだねー。

また、8月31日は夏休みの最終日。

" 特別 "なアシカショーが見れましたよ。

アシカショー1
いつもの演目の他に、


アシカショー2
「前の方のお客さん、ご覚悟を〜〜っ!」とばかりに
で水鉄砲を吹く、夏ならではの豪快なパフォーマンス!
(事前に用意されたビニールの下より撮影)

チビッコたちに混じって「キャーキャー」言ってました。

この最初の二日間では、サンシャイン水族館で

寝っころアルマジロ
アルマジロの裏っ側を見ちゃったり、


反省中?
「ごめんなさい、もうしません!的な
ミナミコアリクイの姿を見ちゃったりと、
とっても楽しい水族館訪問になったのでした。

さーて、滞在中にはあと何回来れるかなー。

ドイツにはラッコがいないし、カワウソ(ユーラシアカワウソ)は
近くのWilhelma動植物園にいるけど、滅多に出て来ないし。
いっぱい『みだめ』しとかないとねー。


この翌日からは、母と岐阜へのプチ旅行に行きましたよ。

そして二泊三日の岐阜旅行の話へと続きまーす
(はよ書けや〜)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今回の滞在中に撮った写真の数は約1500枚、、、ばかか?ばかか?




日本に到着するまで〜(^_^)
2014年09月20日 (土) | 編集 |

前回の日本帰省(年末年始)からまだ1年も経っていないけど、

つい先日までバイト先のバイク屋の夏休みに合わせて、帰っていましたよ、
日本へ!

(ペタさんは仕事があるので、置いてきました)

今回の日本への飛行は、
8月29日(金)早朝 6:25 Stuttgart空港発 → 7:15 Frankfurt空港着。
12:10 Frankfurt空港発 → 翌8月30日(土)日本時間 早朝 6:35 羽田空港着



飛行機の窓から
フランクフルトへ向かう飛行機の中から見えたのはキレイな朝日
(前回は冬で真っ暗でしたが、下界の明かりがキレイでした)

そしては時間通り 7:15にフランクフルト空港へ到着。

さーて、こらからが長いのよー。
12:10までの約5時間もフランクフルト空港での待ち時間はつらい、、。

羽田行き
前回もフランクフルト空港で約4時間半もの待ち時間がありましたが、
空港内をいろいろ散策して回れたのに、今回は空港内の前回行けた場所まで
たどり着けず、搭乗ゲート周辺をウロウロしたり、じっと座って長い時間を
やり過ごすしかありませんでした。

前回はフランクフルトで『もんげー(ものすごく)』長〜い 動く歩道
渡ったけど、そこにも行き着かなかったし、何か違ったのかなぁ ??


787
今回も私が乗ったのは、ANAのボーイング787機。(機内、広〜い)
座席は中央列の端でしたが、横2席は空席だったので、
わりと楽に座らせてもらいましたよ。

が、あまり眠れず、、。
映画 2本(相棒 劇場版Ⅲ、青天の霹靂)とドラマをいくつか観てました。

そして約11時間のフライトの後、無事 羽田に到着。(6:30頃)

「や〜、まだ残暑厳しいんだろうな〜 と覚悟して
でもちょっとワクワクして出ていったら、

着いたじょ
あら意外、、。思った程の暑さじゃないわ? と、ちょっと拍子抜け。


羽田国際線1



羽田国際線2
羽田空港の国際線ターミナルは、『朝顔』のデコレーション
とても可愛らしかったですよ。

そして今回もが羽田空港に迎えに来てくれたので、
前回の帰省の時と同じ空港内の店で、帰国後の第一食目。

最初はうどん
うどんとおにぎりっ!

あー、長旅で疲れたけど、これでやっとホッとしたー。
やっぱ日本で食べるうどんはイイな〜。


実は今回の帰省には、ちょっとしたミッションがあったのです。

弟夫婦(去年の9月にドイツへ『結婚の祝福の式』をやりに来た2人)が
10月から母と同居するので、実家を少しリフォームすることになりました。

「ねーちゃん、これ、まだいるのぉ〜?」
弟に聞かれる私の物もまだ数多く実家にあるので、
この帰省の間にそれらの処分と整理をやるのです。

あー、『断捨離』ってやつ、超苦手、、、。

その晩は 弟夫婦&メソ(弟たちのチワワ)も実家に来て
先ずは持参したドイツビールで 久々の再開に乾杯したのでした〜。
(ビール飲めるのは、母と弟だけなんだけど)

再会に乾杯
私とペタさんがよく行く森、シューンブーフ(Schönbuch)のビール。

さて、明日っから盛りだくさんだわよ〜〜〜!

というわけで、日本での思い出話が続きます。



<おまけ>

帰省中に、またしても『私にヤバい』やつが現る!

妖怪ウォッチ1
"妖怪ウォッチ" の ジバニャン にゃっ!

(ジバニャン=地縛霊の猫妖怪)

どのように『私にヤバい』かったかは、この滞在記でいずれ、、おほほ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今度こそこの思い出シリーズを『完結』させるぞ〜!(ほんとに〜?、、や、多分ね)



またしばらく、ここで頑張ろ。
2014年09月17日 (水) | 編集 |

戻りましたよ、またドイツに。

9月15日(月)、時間通りの22:30に Stuttgart空港に到着し、
荷物を引き取ってからの税関でも今回は何事もなく、
(前回は何事ありでしたので、かなりヒヤヒヤでした

到着時間
23:30には約2週間ぶりの我が家に着きました。

実家を朝9時頃に出発して、空港での待ち時間、乗り継ぎ時間を入れて
約22時間後の帰宅。さすがに疲れますね〜、、。

ペタさんとSekt(スパークリングワイン)で乾杯して
すぐにシャワーしてバタンキュー。

翌朝 9時半頃に目が覚めた時は、ひどい頭痛と吐き気
起き上がることもできなかったです。

とにかく薬を飲んで、また寝て、次に目が覚めたら
もう午後1時過ぎになっていました。

薬と睡眠が効いたのか気分もよくなっていて、お腹も減ったので、

今回も大事に日本から持ち帰った超熟』野郎
即行で手を出してしまいました。

超塾
しかも一気食い。 うまっ!
(あ、ペタさんと半分ずつね)

本来は前回同様に冷凍させて、数ヶ月後に食べようと目論んでいたのに、
我慢できませんでしたよ、、。

体が調子悪かった後なので、何か優しいものが食べたかったんですよねー。

『超熟』食べて元気になったところで、休日を取っていたペタさんが
「ちょっとだけに行こう。」(緑=森 )というので
いつもの森へと車で出発。

車の中から、あたりに広がる畑を耕したり野菜を収穫している
でーっかいトラクターを見たり、


キャベツ販売
道端で売っている『とんがり(キャベツ)』野郎なんかを見ると、

"あ〜、帰って来た(来ちゃった?)んだな〜、、。"と実感します。

日本への帰省前にはまだ立っていなかったカボチャの直売所
 
カボチャ販売1
今年もいつも通りにこんな感じに


カボチャ販売2

すっかりカボチャの季節です。

カボチャ販売3

種類多過ぎ、、、

カボチャ販売4
白いのは買ったことないな〜。


とんがり野郎3
もちろんこの販売所でも『とんがり』野郎を売っていますが、


とんがり野郎4
扱い方は、なかなかワイルドです。。。


カボチャ販売の周り
この販売所の後ろの様子。あー、イイ天気!


気温28度
・・・ってか気温『28度』まで上がる程 暑くなりましたよ。


帰国後の森1
森の中はそれよりは少し涼しくて、


帰国後の森2
久しぶりのこの森の匂いや鳥の声に癒されました。

約1時間程の散歩の後は、家への戻りがてらスーパーで食材を買ってから

家の近くの農家へを買いに行ってみると、
 
近所の農家1
そこももう『カボチャ』野郎がいっぱい。


近所の農家2
近い内にカボチャも買いに来よーっと。


近所の農家3
これはデコレーション用のカボチャですね。


近所の農家4
そしてもちろん、『とんがり』もっ。

あー、この町のいつもの秋だな〜。(もう4年目の秋)

こうしてまたドイツでの "いつも" が始まります。

17日(水)からはまたバイトも始まるし、
とにかく、そのバイク屋が閉店してしまう12月末まではしっかり働こう。

・・・バイク屋が閉店した後は、、、?

ん〜、先の事に不安は尽きないけど、

またしばらく、ここで頑張ります。



ですがこの後、今回の日本での思い出についてを書こうと思います。
(前回の帰省のが完結していないにもかかわらず〜、、)




<おまけ>

私の使った飛行機では、重量23Kg 1個まで』が無料手荷物扱い。

重さギリギリ
この絶妙な重量をご覧あれ!

(超過したら、その分は食っちまうつもりでのぞみましたよ)




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

あー、太った!あー、太った!



帰省前日はWilhelma(動植物園)
2014年09月07日 (日) | 編集 |

はやい、、。日本に帰省して、はや一週間、、。

ドイツへ戻る日まで、あと9日となってしまいました。

ここは 日本での事を書き残したいところですが、帰国前日に行った
『Wilhelma(ヴィルヘルマ)動植物園』の様子を少し。


現在、Wilhelmaは "スイレン(睡蓮)"がキレイですよー

8月末のWilhelma1



Wilhelmaの睡蓮1
" スイレン die Seerose"


Wilhelmaの睡蓮2



Wilhelmaの蓮1
" ハス der Lotos " も少しだけ咲いていました。


Wilhelmaの蓮2


朝9時頃には入園して、のんびりとお気に入りの場所を回っていましたら、
気温もどんどん上がっていき、来園客もどんどん増えてきました。

翌日(8/29)の早朝に日本へ向かって出発する予定だったので
お昼過ぎには家に帰ることに。

帰りに再びスイレンの池の前を通ると、

Wilhelmaの池の掃除1
池のお掃除をしていましたよ。


Wilhelmaの池の掃除2

こうやってこの池を手入れしている様子は、
2011年5月に、母と来た時にも見た事があります。

その時は丁度、地元テレビ局がこの手入れの様子を取材に来ていて、
その日の夜の放送の一部に、たまたま私達が写っていたんですよね〜。
(母はかわゆく、私は「ぼけ〜っ」としている様子が放送されました)

Wilhelmaの池の掃除3
あの日も、この男の人が池の水に入っていたような、、。


ちなみに、いつも見事な『つばき』や『つつじ』が栽培されている"温室" では、
現在フクシア die Fuchsie』という花がとてもキレイですよ。

温室のフクシア



フクシア1



フクシア2
花の形も様々で面白いですねー。


フクシア3



フクシア4


こういった『温室』は、人でギュウギュウになってしまうと
立ち止まってゆっくり観察ができないので、朝9時くらいまでには
入園した方がいいですよ。


この日もカワウソ』に会えなかったけれど(ほんとにいるのか?)

いいんだも〜ん!日本でラッコと一緒に会うも〜ん!

と、ホクホクな気持ちで、翌日、日本へと飛び立ったのであります。




<おまけ>

いつも通り、ここのカワウソ野郎には会えなかったのだけれど、

リス
" Eichhönchen キタリス " には会えましたよ


Edelpapagei
" Edelpapagei エーデルパパガイ " というオウムの種類は、
ずっと チュチュしていました。(赤いのがメス、緑がオス)



孔雀とペタさん
ペタさん、孔雀(der Pfau)に接近中。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

あ"〜、毎日食べ過ぎで、体が重いし、、。 まいっか!