ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
新聞社からのご招待(Betriebsführung)
2014年04月28日 (月) | 編集 |

我が家は(というより、ペタさんは)
Stuttgarter Nachrichten シュトゥットガルター ナーハリヒテン』
(シュトゥットガルト ニュース)
という新聞の定期購入をしています。

その新聞社から購読者の為の『会社見学 Betriebsfrührung』の
招待状
が届きました。

もともとペタさんは、そういった『見学ツアー』とかは好きで、
私も "おもしろそうだな〜" とは思いましたが、

ドイツ語ででしょ?

でもせっかくなので参加してきましたよ。(3月20日)

その『会社見学』は、StuttgartMöhringen という地区にある、

Pressehaus
プレッセハウス シュトゥットガルト いう建物で行われました。
(ウチから車で15分くらいの所)

Pressehaus2


地方紙『Stuttgarter Nachrichten』シュトゥットガルトとその近郊地区
発行エリア としていて、

発行エリア


この建物で、編集・出版・印刷事業を行っています。
いわゆる本拠地 der Sitz』ってとこです。


Pressehaus3

見学ツアーのスタートは18:45(約2時間弱のツアー)

参加者はおじさん・おばさんおじいさん・おばあさん30人ほど。
(ま、もう若い人は新聞の定期購読はしないのかもしれない。。。

Pressehaus4
黄色い正方形シンボルマーク


建物のロビーの壁には、

言論の自由1
『言論の自由』を規定した、いくつかの国の憲法が記されていました。

それらの文面の背景 に写っているのは、

(左)フランクフルトのパウル教会:1948年、憲法制定ドイツ国民議会が開かれた場所
(右)民衆を導く自由の女神:必要とあらば、自由は力づくでも守られなければならない



言論の自由2
ドイツ憲法 第5条『Meinungsfreiheit マイヌングスフライハイト』


言論の自由3
なんとビックリ 日本国憲法 第21条』も。

(これを保障する/この条項によって保障されている)

まさかここで日本の憲法の文面に出会うとは思わなかったなー



ツアー開始の時間になると、そのロビーに集まっていた私達ツアー参加者は
先ず 小さなホールに通されて、そこで女性職員さんの話を聞きました。

"ここで先ずビデオによる会社の説明と、質疑応答などで約1時間。
その後 隣りの建物(印刷所)へ行き、原稿が紙に印刷されていく行程を
ご覧いただきます。"
みたいな、、。


会社説明の際に流されたビデオには、

編集者の紹介や、記事のテーマについて話し合う様子、

『事件が起きれば、ヘリを飛ばして駆けつけます と、
ボーイッシュな女性ジャーナリストがさっそうとヘリコプターに
乗り込み、Stuttgartの空へと飛んで行く様、

スポーツ面の担当者が、サッカーの試合に湧く
メルセデス・ベンツ アリーナを取材する様子、

ボス(見た目に若いイケメン社長)報道に対する熱い
思いの話
(たぶんね)があったりで、

なかなかかっこいい会社紹介になっていました。
(ま、そういった"製作のプロ集団"ですしね)


ビデオはともかく、その後実際に登場した『ローカル紙面』の編集者の話とか
質疑応答などは、強烈なシュヴェービッシュ(方言)&早口
さっぱり理解できませんでした。。。┐( ̄ヘ ̄)┌ (さっぱりね)
周りが爆笑する中、ひとり能面野郎 でいるのは結構気まずいものです。


そしていよいよ みんな席を立ち、印刷所と移動。

階段の登り降りが結構あるので、"階段はつらい人"、"平気な人"で
2グループに分かれての行動となりました。

印刷所1
こういう倉庫の眺めってワクワクするなー。((o(´∀`)o))


印刷所2
新聞はこのロール紙に印刷されます。1ロールが 1.4トンだそうです。
長さは25kmだったか、もっとだったか忘れました、、ま、その位です)

このロール紙は 100%再生紙(リサイクル)で、主にドイツ、スカンジナビア
からのもので、しかも 1日に150ロールも届けられるそうです。

また、このロール紙を印刷に適した温度・湿度に順応させる事
この倉庫の重要な役割であるとの事でした。
ロール紙が届いてからこのように順応するまでに3日間かかるんだそうですよ。

イヤホン
移動中の案内は、こんなイヤホンで聞いてましたよ。)


階段をグングンと登り、この建物の中枢といったフロアへ行きます。


刷版機1
コンピューター上で制作された原稿データを、アルミの印刷版
レーザーで描画させる機械。刷版(さっぱん)機とでもいうのかな?

この行程をCTPというんだそうです。

また、この機械で 4色分(シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック)の
印刷版
が作られるようでした。

アルミの刷版



刷版機2
これは 上記の刷版機に続いて置かれていた機械で、印刷版を輪転機にセットするための
準備をするもの
(アルミの印刷版にカーブや折り目をつけたり)だと思います。
おもて面印刷(Schöndruck)裏面印刷(Widerdruck)用の機械がありました。


印刷所3
刷版機があるのと同じフロアの様子。(部屋というよりただの通路みたい)
ガラスの向こうからは、下に新聞の加工工場(ホール)が見えます。


印刷所4
刷り上がった新聞が天井を高速で駆け巡り


印刷所5
その中の一部がこの筒の中を通って落とされ、


印刷所6
それを受け取り、印刷具合・色の最終チェックと修正を行います。


輪転機
完成した印刷版とロール紙をセットして印刷する『輪転機』
die Rotationsdruckmaschine

時速30kmで回転し、1秒間に13.4mのロール紙を使い
1時間に42,500部の新聞を印刷するそうです。

そしてそんな輪転機がこの印刷所には12基もあります。

作動中の輪転機も何台かありましたが、このツアーのあった時間帯は
まったく忙しくないようでした。


加工ホール1
上から眺めた『新聞加工ホール』の様子。

新聞を小分けして包んだり、縛ったり、配送トラックが待機する場所へ
運んでいったり
します。(全部機械がやりますけどね)


加工ホール2
このギザギザひとつひとつに新聞が差し込まれて、
このホールの上を 縦横無尽に駆け巡るのです。


加工ホール3
う〜ん、スゴい!かっこいい!(見た事ないもばっかり)

ここがフル稼働中は、やら匂いもスゴいんだろうな〜。

ちなみに印刷で使うインキは『植物油インキ』で、
"野菜などを新聞に包んでも害はありませんよ"って言ってましたよ。
ドイツの新聞も、とてもカラフルなんですよね、、)


古い印刷機1
建物の移動中に、なにやら古い印刷機がいくつか置かれている場所を通りましたが
特に説明は無く、、(多分 時間の都合があったのかなと)


古い印刷機2
これなんて、タイプライターのようなものが付いていますね。
ゆっくり見れなくて残念でした。


こうして私達はまた最初の部屋に戻ってきて、

おやつ
用意してあった『軽食』をいただきましたよ。
(もう時刻は 20:30すぎなので、おなかペコペコ)

最後に「どうでしたか?面白かったですか?
これからも Stuttgarter Nachrichten を宜しくお願いします。」

『Auf Wiederlesen!』


みたいな挨拶があって、この会社見学ツアーが終了しました。


結局 参加してみたら面白かったし、

『やっぱり、もの作りの現場の仕事って楽しそうだな。』と思いましたよ。

ただ私は、新聞や雑誌の編集者には全く向いていません
いつもダラダラと長いブログを見てもお分かりのように、
重要点を絞り込んだり、簡潔にまとめたりが出来ないので。おほほ。


そして最後にお土産(参加記念)』にいただいたもの。
 
おみやげ
ペタさんと私、それぞれの誕生日に発行された新聞のトップ記事(1面)のコピー

会社見学への参加申し込みの際に、一緒に申し出る必要がありましたが、
希望者には誕生日や記念日など、希望日に発行された1面記事をコピーしたものを
差し上げる
という粋な計らいがあったのでした。

ただ、1946年 11月12日以降で指定してね』でしたよ。
(そうです、この新聞社の最初の新聞発行がこの日なのでしたー)

また何かこのような見学会の機会があったら、どんどん参加してみよう
思ったのでしたー。
(おばさんにだって、まだまだ面白い事があるでしょうからねっ




<おまけ 1>

私がこの新聞『Stuttgarter Nachrichten』の好きなところー。

新聞記事2
『Panorama パノラマ』という紙面には、しばしば
動物の可愛い一瞬の姿とかが紹介されているところで〜す! ああ、きゃわゆい!
(しかもつい最近は "ラッコ" までもっ!)

もちろんこうして切り抜いて、集めております。




<おまけ 2>

こちらの動画はオーストリア ザルツブルク』の新聞印刷の様子ですが、
今回私が見学したシステムとほぼ同じ感じです。



わかりやすくできてますね!


また、日本の『南日本新聞社』の見学会の様子もなかなか楽しい動画でした。
 



こういった見学会は、子供たちだけでなく、大人たちにも楽しいと思うので
機会があったらぜひ参加されるといいと思いますよ。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

のんさん、おまたせ〜!面白かった〜?(いつも通り、長いけどね。うふ)


スポンサーサイト

テニス用品、調達祭り♪
2014年04月25日 (金) | 編集 |

4月から始めた、ドイツでのテニス練習

15年ぶりのテニスは、ヘロヘロだけど楽しいです。

いよいよ3回目の練習の日がやってきますが、
いいかげん『Myラケット』を調達せねばっ!ということで、

先日(4/22)、バイトの後で町に出ました。(町=Stuttgart)


午後2時にStuttgartに着いて、先ずはNORDSEE』でスナックを買い、
 
昼食1
NORDSEE Snacks

どこか座れる場所を探してお昼ご飯

旧宮殿1
この日は、『旧宮殿の裏』のベンチを確保。


マロニエ3
この周辺も、大きなマロニエ(西洋トチノキ Roßkastanie)の木々
青々として、気持ちのいい木陰を作っています。


マロニエ4
マロニエからの木漏れ日。

"Komorebi 木漏れ日" ist das Licht, das durch Baumkronen fällt.
木漏れ日とは、こずえ(木の枝の先)を通って落ちてくる光り。

関係代名詞の練習。なんつって


マロニエ5
マロニエの花には、赤いのもありますよ。


旧宮殿とマロニエ1
成長すると30mもの高さになるというマロニエ。
宮殿周辺のマロニエも、10m以上はありそうです。


シュティフト教会とマロニエ
シュティフト教会 Stiftskirche と赤い花をつけたマロニエ。


こうやってキョロキョロして歩いている内に、この日の本来の目的
=ラケット調達
の事をすっかり忘れてました。(もう午後3時

しかも、午後3時半にはペタさんを職場へ迎えに行く事になっていたので、
あと30分しか時間がありません! マロニエのせいだー!

あわてて既に『目星』を付けていたお店にダッシュで向かうも、


シュロスプラッツ1
途中のシュロスプラッツで、何かやってるので「お? っと足を止め。。。
FESTIVAL OF ANIMATED FILM
(アニメ祭り)4/22〜4/27 というイベント期間中でした。

・・・いやいや、店へ急げ〜〜〜〜っ!



それでもラケットは、15分程度で『サクッ』と買いましたよ。

というのも、既にテニスサークルの方重さ・面積・グリップの太さ
アドバイスをいただいていて、
私もこの日行くお店のテニス用品のパンフレットを見て
見当を付けていたので、後は実際に手に取ってみるだけです。

パンフレット


そして、じゃじゃ〜〜〜〜んっ!
 

HEAD1
これが『Myラケット』となりました!
HEAD YouTek Innegra Extreme S 2.0(2012年モデル)

もとても気に入りましたよ。
(黄色って、テンションあがるぅ〜!)


HEAD2
ラケットケースも付いていて良かったー。


ラケットサイズ1

ラケットサイズ2
『サイズ』も、アドバイスをいただいていた数値にとても近いものです。


グリップサイズ
グリップサイズは『 L2(4 1/4)』


そして気になるお値段は、、、

お買い得
180 €145 €100

そして更に、同サークルの方からいただいた『15%OFF』クーポン
" 85 € "でゲットです!
Fさん、どうもありがとうございました! )


キーホルダー
かわいかったので、ボールのキーホルダー(3 €)も買いましたよ。




そんな2日後の4月24日(木)

またもやバイトの後に町に出て、テニスグッズの物色。(おほほ)

いつものごとく、先ずは軽食を調達してお昼ご飯。

あまりに暑かったので、市庁舎前の日影の石段に座って食べました。

なんつったって、シュロスプラッツ前 気温28度!

気温28度

もう、「アイスでも食べちゃおう!」と思って
お目当てのジェラート屋さんにいくと長蛇の列。。。

そのお店は諦めて、ペタさんの職場近くのアイスクリーム屋へ向かいました。
 
アイスクリーム屋


アイスクリーム
Himbeereラズベリー)とミントチョコ


え?テニスグッズ?

もちろん調達しましたよ。


屋外テニスシューズ
ひとつは、屋外テニスコート用のシューズ

これもFさんからいただいた10 €引き』クーポン
53 €でゲット。m(_ _)m

68 €以上なら『15%OFF』、67 €以下なら『10 €引き』クーポンがお得という
緻密なシュミレーションによる購入。。。おほほ。


アシックスのTシャツ
また別の店の"セール品コーナー"で見つけた、
アシックスのドライメッシュTシャツ

39.95 €25 €のセール品でしたが、レジで値段をスキャンしたら
20 €と出ました。

もちろん、20 €で購入できましたよ。


いや〜、今月はもうたくさんお金使っちゃったな〜。
でも満足の、いいお買い物が出来たので良かったのだ!


あ〜、次の練習が楽しみだな〜〜〜!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

手抜き腕立てと、腹筋運動も始めてますよ。(やっと、、)



オースターンの日曜日&月曜日
2014年04月24日 (木) | 編集 |

オースターン(復活祭)休暇の4連休も、
「サクっ と終わりましたので、

復活祭の日曜日(4/20)と月曜日(4/21)の事をサクサクっと。
(ま、来年もまたコレを振り返ることができますのでね)


復活祭の朝は、卵探し




"日曜の朝は庭や部屋に隠された卵やチョコレートを探す"のが
ドイツの復活祭の伝統行事のひとつということですが、

まぁ、子供向けのイベントなので、過去2回(2年の間)にも
ウチではそんなことやった事もありませんでした。

でも日曜日の朝、ベットの下から、
 
オースターンハーゼ
"復活祭のうさぎ"オースターハーゼ(der Osterhase)
『ちらっ?』と はみ出ておりました。


オースターンの贈り物
ウサギからの贈り物は、『アスパラガス料理特集の雑誌』と、


Leysiefferチョコ
『Leysieffer』のチョコレート
(読み方がわかりません。。。レイジーファー?)

あ、このチョコレート屋さん知ってるぞ?

Leysiefferの店
Stuttgartのペタさんの職場のそばにもある、お洒落なお菓子屋さん
窓際にはいつも可愛い動物の形のチョコレートなどが置いてあって
よく外からのぞいたりしてました。(店内に入ったことはないです)

このお店『Leysieffer』は、ドイツ北西部
オスナブリュック Osnabrück という町で、1909年Leysieffer夫妻が始めた
"お菓子屋&カフェ"
が始まりの老舗だそうです。


ペタさんに「あ、このチョコはあそこで買ったの〜?」と聞いたら
ペ:「知らないよ?ボク、買ってないもん 」(しれっ)
(ウサギが買ってきたんじゃ〜ん? って事ですわね)


卵の話に戻りますと、

ゆで卵破裂
朝食のゆで卵野郎は、なぜか 爆発 しました。。。


こんな調子で始まった今年のオースターンの日曜日(Ostersonntag)



またもや アヴェ(Ave Maria教会)に行きましたよ。


2日前の聖金曜日 Karfreitag(カーフライターク)気温3度だったけど、

気温18度
一気に15度差の 18度。(暖かいのはいい事だけど、この差は、、)


復活祭のAve1
天気は不安定だけど、この日 アヴェについたときはバッチリのイイ天気
アヴェの森の色がとてもキレイでした。


復活祭のAve2
午前の礼拝はすでに終わった後で、教会の中もとても静か。


復活祭のAve3
お花ロウソクもキレイに飾ってあって、2日前とは大違いです。


復活祭のAve4
「このロウソクが灯っているのを初めて見た!とペタさん。

教会内のところどころの壁にある、このロウソクは
『復活祭 オースターン』にしか灯されないのかも?らしいです。


復活祭のAve6
冷たくておいしい水が飲める井戸。


復活祭のAve7
季節の花に彩られる花壇も、いつも楽しみのひとつです。


復活祭のAve8



復活祭のAve5
ペタさんには先に車で下に降りてもらって、
私はアヴェからタンポポ野原を歩いて降りてきました。

ズボンのすそが、タンポポの花粉で真っ黄色になっちゃうんですけどね。

復活祭のAve9

どの季節に来てもとてもキレイな場所ですが、
やっぱり春が一番いいかな〜。

アヴェに向かう道でもある『州道466(Bundesstraße 466 / B466)』
とても景気がいいので、ドライブやツーリングにもおすすめですよ。




そして復活祭2日目の月曜日(Ostermontag)

休みに家でじっとしてるのが嫌いなペタさんに付き合って、

行ってきましたよ、別の教会へ。。。


Heiligenbronn1
『歴史的 巡礼教会 ハイリゲンブロン

場所は、ウチ(又はStuttgart)から約60Km南西にある、
Waldachtal ヴァルダッハタール という小さな村の中。

もうこの辺りは黒い森 Schwarzwald』であります。


Heiligenbronn2
Wallfahrtskirche Heiligenbronn (巡礼教会 ハイリゲンブロン)


Heiligenbronn3
とても小さな教会ですが、1747年からの歴史ある教会です。

そしてこの『ハイリゲンブロン(聖なる泉)』名前の由来は、
 
Heiligenbronn4
教会のすぐ横にある、このにあります。
(Bronn, Bronnen = Brunnen / 泉)

持参してきたペットボトルに、この泉の水を入れてから、

Heiligenbronn5
周辺を散歩


Heiligenbronn6
おや? 黒い森の一角に、何やら白いものが。


Heiligenbronn7
何だろうと思って近づいていくと、白い花が一斉に咲いているのでした。


Heiligenbronn8
Kirschpflaume チェリープラム 』 という種類の木だと思います。


Heiligenbronn10
黒い森の中からは、様々なトリの声が聞こえてきて、


Heiligenbronn9
森の中に入って、しばらくジッそれを聞いていました。
(黒い森でぼ〜っとするクマですわね


午後1時をまわる頃、空模様が怪しくなってきたので引き上げる事に。
(お腹も空いたよ〜!


案の定、帰りは途中から 豪雨 になりましたが、

菜の花畑の風景1
アウトバーンから見える 菜の花畑の黄色 がとてもキレイでしたよ。


菜の花畑の風景2
今のドイツは 菜の花やタンポポで、アチコチが黄色い絨毯です。


以上、復活祭の日曜日と月曜日の出来事でした〜。(長いわ!)


・・・あ・・・自転車に乗る練習、、、。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

のんさん、もちょっと待っててね!



HONDAが好きだからさ。(^_^)
2014年04月21日 (月) | 編集 |

前回の『ブログに書きたいリスト』の中で、

"HONDAの話" を書いてちょ(wombatさん)をいただきましたので
今日はその話を。

私はここドイツで、近所のホンダのバイク屋でバイトしてまして、
しばしば日本のホンダのサイト(バイク)もチェックします。

そこで最近見て「おおっ!と驚いて、笑っちゃったのが、
 

クマモンキー
http://www.honda.co.jp/Monkey/monkeykumamon/
(HONDAサイトより)

熊本県のご当地キャラ くまモンと、HONDAのモンキーとの合作
モンキー・くまモンバージョン


「ほっすぃ〜〜〜っ!(=欲しい)

HONDA モンキーは、1961年にその原型となるバイクが作られ、
1967年に国内販売が始まって以来 今も人気の50ccバイクです。
(ハンドルは折り畳む事が出来ますよ)

『くまモンキー』誕生の話が映像で見れます。
「バイクが好きだ。」モン
(くまモン、バイク乗ってる〜!

これを見たあとは、HONDA熊本製作所で働きたくなりましたよ♪
(楽しそ〜〜〜!)

また『Honda TV』という、Honda従業員のための放送番組というのも
興味深いです。 Honda TV



そして、最近話題になってた(であろう)動画。
 
『世界最速のHonda芝刈機』



時速187.60kmを樹立。
「世界最速の芝刈機」として「ギネス世界記録」に認定。


「かっけ〜〜〜っ!(=かっこいい!)

hf2620

「VTR1000Fファイアーストーム」のエンジンですって。。。
Honda HPにある詳細記事 ニューリリース

なんか "楽しそうだなぁっ!" って思わせてくれるところが
私の HONDA好きな理由なんです。

あとHONDAのバイクは壊れないとも良く言われますしね。


そう言えば、HONDA アコードの面白いCMがありますよ。
 


ピタゴラスイッチみたいー!たのし〜!
車の部品を利用して、よく考えるものだな〜と感心します。


調子に乗って、紹介させてもらっちゃうならば、

私が 2000年から約10年間乗ってた車はこれ〜!
 
(このCM、覚えてるかな〜?)


『HONDA S2000』 かっくい〜〜っ!

フルバージョンがコチラで見れました。 S2000 AP1 Honda CM

S2000、ドイツでも『ものすご〜く、たま〜に』見かけます。。。

Do you have a HONDA?
のセリフと、ザ・ハイロウズの『日曜日よりの使者』シリーズのCM、
どれも楽しくて好きです。(耕運機のもありましたね)


S2000
私のS2000野郎内装は赤の本革でした。ふふっ。
多摩ナンバーがイカすでしょ)


私はスポーツカーが好きですが、
でも 四輪で一番好きな車は、

acty.jpg
働く車、『軽トラ』で〜〜す!
(ドイツにはいません。。代わりにトラクター野郎がいます)


そして、HONDA といえばっ

ASIMO1
『ASIMO アシモ』くん


ASIMO2
とっても働き者で、イイ奴なんです。


ASIMO3
しかも 私のマブダチです。(うそです)
うん年前の、サービスショット)


日本では 20年以上バイク屋の従業員としてお世話になっており、
その間ずっと、私にワクワクを与えてくれたHONDA

以前、このブログでもHONDAへの愛を綴りましたが(コレです

日本を離れると、ますます
その『愛』というか、『が募ったりするのです。


そしてさっき見つけた動画ですが、



『あなたは今もライダーですか?』

なんか胸に刺さりました。。。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

こういう自慢っていうか、自己満足の話もたまにはいいよね〜♪




まるで檻の中。。。
2014年04月20日 (日) | 編集 |

オースターン(イースター)休暇、2日目。(4/19 土曜日)

が降ってます。。。(午前9時)

昨日から21日(月)までのこの4連休
今日は土曜日でスーパーもやってるので食材の買出しくらいはできるでしょう。



さて、特に出かける予定もないこの連休。
のんびりブログでも書こうかなと思って、書きたい話リストを作りました。
 
・檻の中で暮らしている話(ナウ)
・ソメイヨシノもしだれ桜も近所で見れる話(4/4情報)
・バイク屋のイベント(4/12の話)
・新聞社の見学に行った話(3/20の話)
・VHS(ドイツ語コース)にまた通ってる話(ナウ)
・『HONDA好き』の話(自分事)
・実はこんな事も趣味の話(自分事)
・日本から調達して役立ってるもの、無駄なもの。(ナウ)
・シリーズにしておいて、未だに完結していない途中の話
(弟たちとの〜/日本です〜)←もう超やばし


更には『デブ黒』の事や『シュヴァーベン語』の事、『トホホ談』など
もっと挙げれば切りがないのですが、

欲張りでこだわり者としては、
"全部書きたいよー、見せたいよー!"と思っているので、

この連休中に、この中の1つ2つでも紹介できればいいな〜と思います。
(ほかの話もボチボチ書きますので、良かったら見に来てくださいねー。
あ、もし「その話を書いてちょ。」がありましたら教えてください。



と いうわけで、今日はその中の 一番リアルタイム なお話、

『まるで檻の中で暮らしてるんじゃ〜い!です。


話はさかのぼる事、うーん、3月10日頃。。。

ウチのアパート(横並びで2棟)の外壁を塗り直します
という張り紙が入り口に貼ってあり、

その足場(das Gerüst)を組むために、ウチのテラスにある
大きな木を切らなくてはならくなりました。
 
庭の木1
よく解らないけど ヒノキ』みたいな常緑樹です。


庭の木2

ペタさんも、2階に住むおじいさんも、とても残念がっていましたが、

チェーンソー
3月13日、ペタさんがチェーンソーで、


庭の木3
その木を 切り倒しました。。。 (根元からかいっ!)

木がなくなると外から丸見えで、なんか恥ずかしいやん。


外壁の足場1
そしてその約10日後(3/24頃)
隣り(写真左)の棟の壁の塗り替えは終了し、今度はウチの棟に
ガッツリと足場が組まれました。

別に足場が組まれる事も、外壁の塗装が始まるのは構わないのですが、

テラスを見てドビックリ

板の下1
「なんじゃ、その板は〜〜〜〜っ!!


板の下2
「あたしの大事なアジサイの上〜〜〜っ!


下敷きのアジサイ
「ぺっしゃんこ〜〜〜〜っ!!かわいそー!
(責任者出て来い、おら〜〜〜っ!)


板の下3
せめてこうやって、アジサイを避けて板を置く事もできたはずっ!(あほ!)

どうやらお隣さん家も、テラスにあったグリル機材が壊されてたようで

ペタさんもお隣さんも、管理人さんを通して文句を伝えたようです。

外壁の足場3
こうして本格的に始まった塗装作業ですが、

朝7時から始まるんですよね。足場をガタガタ歩く音。(早いわっ!)

朝、Roll-Laden ロルラーデン(巻き上げシャッター)を上げると
目の前に作業のおっちゃんがいて、『おうっ と固まる事も度々。。。。


そんな落ち着かない毎日も、「ま、10日間程で終わるでしょ。」と思ってました。

・・・ところがどっこい、4月10日を過ぎても終わらない。。。
作業員は2〜3名のようでしたけど)

とにかく、足場の近くに咲いてる花とか、
 
庭の白い花
ヒナギク(das Gänseblümchen)


垣根1
垣根に咲く木花が、塗装作業のせいで痛んでしまわないか気がかり。


コデマリ
コデマリ(小手毬)


赤い花1
名前の解らない木花。


赤い花2
(オカン様、解る〜?)


外壁の足場4
そしてようやく塗装作業が終わったっぽい(?)4月16日(水)

それでも足場は組まれたまま。。。

外壁の足場5
アパートの入り口のライラックも咲き始めたのに
こんな光景ですよ。。。(-_-;)

ペタさんも、その他住民の人達も、
この檻の中でオースターンを迎えろというのかっ!」

"ウングラウプリヒ! Unglaublich!"
(信じられ〜〜〜〜んっ!)怒り心頭に。。。

まぁ、確かに私にとっても『いつまでもこんな足場に囲まれて』
あまりイイ気はしてませんでしたが、ドイツ人のペタさんや
住民達にしてみれば、オースターンに
ってところが特に腹立たしいようです。

もちろん祝日の昨日(4/18)も、足場の解体作業なんてしないわけで。

そしてそんな状況を、私は朝からブログにチマチマと書いていたのですが、

なんとそうしてるウチに、足場の解体作業が行われました あら意外。
(やっぱ、さすがに大事なオースターンにこの状態はね〜)


塗装完了
というわけで、本日 4月19日(土)午後1時頃には足場の撤去完了
壁も白くキレイになりました。


入り口のライラック1
アパートの入り口のライラックも、白い壁によく映えます。


入り口のライラック2
そのライラックをウチの洗面所の窓から見ると、こんな感じ。
(早くもっと咲いてね〜)


庭側
庭側の壁。


テラス側
テラス側の壁。


庭のライラック1
テラスの木を切り倒す以前は、
その木に隠れて見えなかった薄紫色のライラック


庭のライラック2
淡いキレイな色だな〜♪


庭のヤブ1
そして今までは木の陰で、ずっと控えめにしていたヤブ
(ヤブってのも、、)

今や、思う存分 テラス側にむかって腕を伸ばしています。


庭のヤブ2
花も咲いてますよ。
(丁度 西日があたり出した午後6時頃


テラスのお掃除
ペタさんは張り切ってテラスのお掃除


頑張れアジサイ
私はアジサイの植えてある 固くなった土を掘り返して土の中の空気の入れ換え

ぺしゃんこにされたアジサイも、なんとか復活しそうです。(ほっ)

今回 切り倒された木はかわいそうですが、また元気に育っていくでしょう。
あの大きさになるまでには、何年も何年もかかるのでしょうけど。。。


以上、『アパートの外壁塗装の記録』でしたー。

あれ?檻は外れたわけで、タイトルとちょっとズレましたね。。。
(ま、いっか)

そして、こんな調子で話がちっとも簡潔にまとめられないでーす。
(ま、それでもいっか)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

あ、自転車に乗る練習しなかったぞ!午後からは雨も上がったのにねぇ〜。。。
明日、明日〜〜〜。