FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
水族館って素晴らしい(^_^)
2014年02月25日 (火) | 編集 |


前回からあまり間を開けたくなかったんですが、
14日から体調を崩しまして、先週は寝週間でした。(*_*)

金平糖とお水で生きながらえて、少し胃が小さくなりましたよ。
(ぜひ、コレをキープしたいところですが、すぐに戻っちゃいますね)

・・・というわけで、ようやく続きが書けます。(^_^)




えー、続きは、、。
散歩中のコツメカワウソの『やまと』と『ハクに会ったところから。

彼らが朝のお散歩を終えて、バックヤードに入って行ったので、
私たちは再びラッコの『ミールのもとへ。

ミール4
ミールは丘にあがって、マッタリしていました


ミール5
ミール「フーディングタイムは12時からよーん♪」 ラジャ〜っ!

ミールのお食事タイムが来るまで、水族館をサラッと見学。

サンシャイン水族館5
色どり鮮やかに照らされた、クラゲの漂う『ふわりうむ』


サンシャイン水族館7
暖かい海に住む魚たちが泳ぐ『サンシャインラグーン』


サンシャイン水族館8
ラグーンの中で エイサメも優雅に泳いでるし、隣りの水槽にはマンボウ
いるし、とてもビルの中にあるとは思えない程充実しています。


サンシャイン水族館6
水辺に暮らす生き物たちの展示コーナー。照明もキレイ。


サンシャイン水族館9
とても色合いのキレイな『洞窟水槽』

日本は水族館の数展示個体の種類もとても多いし、見せ方・設備など、
どれをとっても素晴らしい!

まさしく、水族館大国 日本! バンザーイ!なのです。


サンシャイン水族館10



展示1
またこの時は、『ペットボトルで作った魚たち』の作品展示中で、


展示2
透き通ったペットボトルを使った作品が、
幻想的な水の中の世界を更に楽しませてくれました。


展示3

やー、ホントにこれがペットボトル野郎で出来てるの〜?

展示4
『作り方教室』などがあれば、ぜひ参加したいところです。


そして、12時ラッコのお食事の時間でーす。

フーディング1

ラッコはとてもグルメで大食漢

ラッコには、同じく冷たい海で暮らすアザラシたちのような
分厚い皮下脂肪がないため、大量に食べる事で体を温める
エネルギー
を作っているのです。

(1日の食事の量は、体重の約1/4にもなります)

フーディング3
イカ・ホタテ・サーモン・甘エビ・ウチムラサキ貝(大アサリ)などが
ミールの食事の内容です。

ミール1日に約5キロも食べるようですよ。

フーディング4
「あたし、食べるの大好き〜!」とでも言ってるみたい。


フーディング2
「わーい、ウチムラサキ貝〜!」

約10分間の ミールのフーディングタイムが終わり、
私たちも水族館の屋上にあるカフェレストランへ、
自分達の腹ごしらえをしに行きました。


クマノミロコモコ
私が注文した『クマノミ ロコモコ』


クマノミオムハヤシ
munyさんの『クマノミ オムハヤシ』。(期間限定 1日30食)


デザート
デザートは仲良く半分こ

かわいいだけでなく、全部お味もグートでした!

このカフェレストランのある屋上『マリンガーデン』
アシカやオタリア、ペンギンたちの憩いの場でもありますが、

コツメカワウソ・アルマジロ・キンカジューなどもいます。

そして「わー、かわい〜!」と目が釘付けになったのが、
 
こうめ1
ミナミコアリクイの『こうめ』ちゃん

えー、アリクイって、こんなに可愛かったんだ〜♡

こうめ2
前足の大きな爪で、木に登るのがとても上手。


こうめ3
「よいしょっ、こらしょっ。」

まるでチョッキを着てるような後ろ姿がたまりませ〜ん!

こうめ4
「はぁ。。。(休憩)」


こうめ5
「よ〜し、よいしょっ、、、」まだまだ登るんね。

一生懸命に木に登っていく『こうめ』にもラブになりましたー。


その頃、ミールは、、、

まったり3
今度は水に浮かんで マッタリしていました。


まったり2
しっぽを抱きしめて、うつらうつら。。。


まったり1
あ、寝た。。。(おやすみー、ミール)


このあと私たちは、この水族館が1日に2回行っている、
探検ガイドツアーにmunyさんと参加してきました。

探検ツアー1
約45分間のガイドツアーで、普段見ることの出来ない水族館の裏側の施設
生きものたちのエサを用意する「調餌場」などを
飼育スタッフが解説を交えながら案内してくれます。

探検ツアー2
今回 ガイドをしてくださった、『松戸さん』


探検ツアー3
水族館の『ろ過循環設備』についても、ミニチュアを使っての
詳しい説明がありました。


探検ツアー4
『調餌場』では水族館で与えている餌について説明してもらったり、
それらの餌が保管されている大型冷凍庫にも入らせてもらいましたよ。


探検ツアー5
大型水槽『サンシャインラグーン』の上を歩いて渡ったり、


探検ツアー5
ツアーの最後には、お見送りのために待っていてくれた『ペンギン』にも
触らせてもらって、(ペンギンの羽ってとても柔らかいんですよ!)
とても楽しくて、興味深い、あっと言う間の45分間でした。

やっぱり、水族館っていいなー。

次に帰国したときは、水族館巡り(ラッコ巡り)しよう!
実家を拠点にするから、サンシャイン水族館の『年間パスポート』を買って、
ちょくちょく遊びに行こう!

と 決めたのでした〜


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

まだまだ続くのぉ〜、日本の話ぃ〜(^_^)


スポンサーサイト