ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
弟たちとの10日間(5日目)祝福の式・・・1
2013年10月29日 (火) | 編集 |

<5日目の話

9月25日(水)祝福の式 晴れ

いよいよ当日!

我が家では、朝食の後 ペタさんは洗車しに行ったり、母は着物の着付け
奮闘したり、私は「げ、ストッキング 電線ーーー!とバタバタ。。。

何とか準備を整えて、弟たちをホテルに迎えに行きました。


「着替える場所は、アヴェ(教会)にはありませんよ。」

と、弟たちには話してあったので、

祝福の式1
ウエディングドレス礼服に身を包んだ弟たちを、

「や〜、素敵じゃないのよぉ〜!
と褒め称えてピックアップ。(12:00頃)

そして アヴェマリア教会へ向かう車中で、恐ろしい告白を彼らにひとつ、、

私:「あのねー、花嫁さんの持つ 花束 のことを
スッカリ忘れてたのよね〜。夕べ思い出した、、へへへ。」

弟たち:「あ〜、花束かぁ〜、、、、、、

私:「な、なので 教会に行く途中の花屋さんに寄ってみようと思うんだ。」


花嫁さんには花束がなくっちゃねぇ。(ごめんよー、スッカリ抜けてた

アヴェの花屋さん
というわけで、アヴェの近くの花屋さん『Blumen Heiligに寄って、
『花嫁さん用』ではないけれど、ピンクを基調とした可愛い花束があったので
それを買い、(念のため)持参していた白いリボンで持ち手を飾って
ウエディングブーケ の出来上がり〜〜♪


アヴェで気球4
12:55頃には アヴェのすぐふもとに到着し、


祝福の式2
そこで車のボンネット『ウエディング』のしるしの飾りを取り付けました。
(家から付けてきて、時速100Km以上でアウトバーンや州道を走ってる内に
吹っ飛んでいったりしたら、泣くに泣けませんからね)

この飾りは、式にも参加してくれる 私の友達から弟たちへのプレゼント
こーんなに素敵なものを、ホントに どうもありがとう!


13:00丁度にアヴェに着いた時には、その友達はもう来ていて
形の風船 や、 "式の後に乾杯もしましょう!" と、テーブルゼクト
持参して、アヴェの扉の前に設置してくれていました。 しゅごいっ!
私はそんな事、思いつきもしませんでした。(花嫁の花束さえ忘れる。。。)

友達は このアヴェマリア教会にとてもゆかりのある人で、ドイツ語も上手なので
式の20分前に行った、神父さんとの『式の流れ』についての最終確認の時にも
「一緒にいて聞いてもらえるかなぁ?」と頼らせてもらいました。


神父さんとの その最終ミーティングの前に、ちょっと教会の中をのぞくと、

祝福の式3
長椅子には、先ほどの花屋さん『Blumen Heilig』
あらかじめ依頼していた白いバラの花飾りがキレイに飾られていました。

祝福の式4
こんな素敵な飾りは見た事ありません。。。(私が感動


13:10になったので、神父さん、ペタさん、友達と私の4人で『式の流れ』の確認。

神父さんはその行程をテキストにしてくれていました。



タイトル

『神父 フェリックス クラウスによる、R子(新婦)とM彦(新郎)のための
祝福の礼拝 2013年9月25日 13:30 デッギンゲン アヴェマリアにて』



そして、一番最初にこんな一文がありました。

"Jedem Anfang wohnt ein Zauber inne"
(Hermann Hesse, deutscher Dichter)


すべての始まりには奇跡が宿る
(ドイツの詩人 ヘルマン ヘッセ)

訳は私の "イメージ" ですが、ヘルマン ヘッセの『Stufen 段階 』という
詩の一行
のようです。

きっと、"弟たち2人で歩み出す、この新たな道も光りで溢れている。
恐れずに行け"
と背中を押してくれている一行のような気がします。


式の行程としてテキストに書かれているのは、

1.)入場のオルガン演奏
2.)Heiliger Gott, treuer Gott, do kennst uns....(お祈り)
3.)Psalm-Gebet 36 (祈りの詩篇36)




とつづき、全11行程あります。

弟たちが、「どのタイミングでやればいいのかな と気にしていた
指輪の交換』は 6行程目でした。


そして式の開始 10分前。急いで祭壇前の準備

祝福の式5
ペタさんは新郎新婦の椅子を運び、


祝福の式6
神父さんは教会の灯りをつけて、祭壇のロウソクに火を灯し、


祝福の式7
弟たちは、三脚に持参したハンディカムを取り付け、
(ドイツ語で読めない)行程のテキストに目を通し、

13:30 いよいよ『祝福の式』スタートです!

教会の後方2階で、教会オルガンの前に座って待機していた
オルガン奏者(シュヴァイツァーさん)へは、ベルで合図の予定でしたが、

いきなり演奏が始まってしまって 、弟たちと神父さん、
3人ともスタート位置の扉まで駆け足! 急げ〜〜〜!


祝福の式8

そして 新郎新婦(と神父さん)の入場 です!


・・・続きますです・・・



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

いやー、始まってみれば何とかなるもんですね。(^_^)



スポンサーサイト
弟たちとの10日間(4日目)
2013年10月24日 (木) | 編集 |

<4日目のお話 まだそこ〜〜〜

9月24日(火)晴れ

連日の『盛りだくさん観光ドライブ』のため、
明らかにお疲れの様子が感じられる弟たちご一行。

翌日には『大事なイベント(祝福の式)』も控えていたので
この日はサクサクっシュトゥットガルトの周辺だけ観光。

でも できればガイドブックに載ってないような場所
見せたいと思うわけで。。。

いつもよりも遅めに出発(10時半頃)して、最初に向かったのは、

Sternwarte1
シュトゥットガルト天文台
Sternwarte Stuttgart(標高 約351m)


Stuttgart東部Urlanshöhe ウーランズヘーエと呼ばれる高台地区に建っていて、
『Schwäbische Sternwarte e.V(シュヴァーベン天文台協会)』1922年から
運営をしている、一般の人たちに向けた天文台です。

Sternwarte2

天体望遠鏡を使って、月や星の観測ガイドも定期的に行っていています。

Sternwarte3

だいぶ前ですが、私も寒い冬の夜星の観測会に参加したことがありますよ。
(外は雪も積もっていて、寒かったのなんのって

Sternwarte5
天文台の真下には、作品名 "Sternenmädchen 星と少女" という
彫刻の泉があって、星を手にした女の子と、空を見上げたワンちゃん
みんなを出迎えてくれるのです。

Stuttgartには『プラネタリウム』もありますが、
まだ行ったことがないんですよね〜。今度行ってみようっと!


Sternwarte4
天文台から もう少しだけ登ったところの公園からの眺め。
Stuttgartの中心(市庁舎、中央駅、新旧宮殿など)が全部見渡せる場所です。

と、どちらかと言えば 私とペタさんがここに満足し、
ようやくみんなを Stuttgart中心部へご案内〜。

とは言え、ものすごい 駆け足案内 なのでしたが、
"さあご一緒に"

Stuttgart1
「はい、宮殿広場 シュロスプラッツ Schlossplatzだよ。


Schlossgarten
「こっち側は 宮殿庭園 シュロスガルテン Schlossgartenね。」


Schillerplatz1
「でー、シラー広場 シラープラッツ Schillerplatz。」


Schillerplatz2
シラー Schiller さん」


Altes Schloss1
「旧宮殿 アルテス シュロス Altes Schloss でー。」


Altes Schloss2
「で、中庭。」


Altes Schloss3
「この銅像(ヒゲのエーバーハルトさん)と、旧宮殿内の展示については
日本に帰ってから ブログ で見といてねー。」
と適当〜!

この旧宮殿は『州立歴史博物館』として、シュヴァーベン地方で発掘された
約3万年前の品から ヴュルテンベルク公爵家の宝物に至るまで
もりもり沢山で展示しています。(見応えありですよ


マルクトハレ1
そして 屋内市場のマルクトハレ Markthalle で少し買い物をして、


市庁舎2
ちょうど市場(マルクト)が立っていた 市庁舎前のマルクト広場に出てきて、
(Stuttgartの市庁舎の外観は、他の街のように素敵じゃないです)

「ここの市庁舎の中には、面白いものがあるよ〜。 とそれを紹介。
 
[広告] VPS


このように 扉がなーい、止まらなーい『パーテルノステル Paternoster』
呼ばれている昇降機があります。→ パーテルノステル

私も物珍しさに一度乗ったことがありますよ。(母と一緒に)

もちろん普通のエレベーターもありますが、
これはずっと残して欲しいなー。


こんな感じで Stuttgarttの中心だけを案内して、次に向かったのは

Stuttgartの西側の森を抜けて、車で約10分行った所。

マロニエの並木道
マロニエ Rosskastanie の並木道の先にある、


Solitude1
" ソリテュード宮殿 "
Schloss Solitude


Solitude2
は、今日もいい天気〜!

Stuttgartは、中心部よりも その周辺に見所がたくさんあると思います。


Solitude3
宮殿の北側から真っすぐ伸びた通りの先には、
ルードヴィッヒスブルク宮殿があります。

(その ルードヴィッヒスブルク宮殿にも、弟たちをこの滞在中に
連れて行ってあげたいなぁと思いながらも、結局は果たせなかったな〜。


Solitude4
(ソリテュード宮殿の全体像)

この ソリテュード宮殿Stuttgartの新宮殿も)を建てた、
乱暴で贅沢好きカール・オイゲン Karl Eugen 』については
「ん〜、、」って感じもしますが(残念なお顔立ちだし)、
でも素敵なお城を残してくれて ありがと〜! です。

ソリテュード宮殿の過去ブログは → コチラ


ホントは、この近くのビルケンコップフ Birkenkopf』という
場所にも案内したかったのだけど(ビリケンと違うよ)、

みんなの 『明日の事で、もう頭いっぱいよー。という雰囲気が
ずっと伝わってましたので、この日はこれでお開き。

午後2時頃には弟たちをホテルに送り届けて、

「では、明日っ!12時に迎えにくるけんね!」

・・・というわけで、いよいよドキドキの『明日』を迎えたのです。


つづく、、


あ、『ビルケンコプフ』については、また別で紹介します。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

気がつけば、すでに一ヶ月前の話だよ、コレ!(>_<)


弟たちとの10日間(3日目、のつづき)
2013年10月18日 (金) | 編集 |

<3日目のお話、のつづき

12時少し前にテュービンゲンを出て向かった先は、

Lichtenstein1
切り立った崖の上(標高817m)に建つ、リヒテンシュタイン城

リヒテンシュタインという街の外れの森の奥に建っています。
(テュービンゲンからだと、車で30分くらいかな)

Lichtenstein2
駐車場に車を止めて、少し歩いたらもう見えてきました。


Lichtenstein3
『リヒテンシュタイン城』
Schloss Lichtenstein

"メルヘンのお城" とも呼ばれています。

Lichtenstein4
岩壁と一体化してて、かっちょいいのですよー!


Lichtenstein6
目の前に広がる景色も素晴らしいです。


Lichtenstein5
リヒテンシュタイン城の発生は、なんと 1100〜1150年頃のことで、
戦争による破壊再建また破壊長いこと放置 の後、

1842年に当時のこのお城の所有者であった
『ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク伯爵』
Wilhelm Graf von Württemberg
が、

小説家 ヴィルヘルム・ハウフ(Wilhelm Hauff)の書いた
『リヒテンシュタイン』(1826年)に触発されたことによって、

現在の姿、ネオ・ゴシック』様式のお城として再建されたそうです。


Lichtenstein7
お城の入り口中庭(Schlosshof)

ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク伯爵は、
1867年にヴィルヘルム・フォン・ウラッハ公爵( 初代ウラッハ公 )
(Wilhelm I. Herzog von Urach)
となり、 ウラッハ公

現在このお城には、その子孫の方が暮らしていらっしゃるそうです。

Lichtenstein8
多分こちらの建物に (中庭に面した別館)

『伯爵』とか『公爵』とかの貴族の称号がつくだけで、
庶民としてはメルヘンの世界です。


Lichtenstein15
(中庭の窓から、書斎が覗けちゃったりして、、)


Lichtenstein9
ゲーロの館 Gerobau と呼ばれる建物
(多目的ホールみたいです)


Lichtenstein10
ゲーロの館への眺め。


Lichtenstein11
城壁と、その間に建つ建物。


Lichtenstein12
その建物は、小さな礼拝堂 die Kapelle でした。


Lichtenstein13
ヴィルヘルム伯爵は、武器の収集家でもあったようで、
大砲の展示もあります。


Lichtenstein14



Lichtenstein16


このようにお城の中庭に入って散策するのには、入場料2ユーロかかりますが、
お城の建物の中を見学する為には、『ガイドツアー』に参加するようです。


リヒテンシュタイン城のHPはこちら → Schloss Lichtenstein

お城の中の様子はコチラで見れます → Schloss Lichtenstein GALERIE


とても素敵なお城なんですけどね、難点がお城への行きかた
車で行かないと大変そうです。


Lichtenstein17
上空からの様子(借り物画像です)



このメルヘンのお城30分ほどで後にして、
次に向かったのはWMF フィッシュハレ』(アウトレット)

実はこの日一番時間を取りたかった場所なんですよねー。
お買い物って楽しいですからね〜。

WMF Fischhalle
(WMF フィッシュハレの過去ブログはコチラ →

弟たちには結婚祝いとして

「鍋セットでも、カトラリーでも好きなの選んでちょうだい。
持って帰れないだろうから、送ってあげるしね。


と提案し、彼らが選んだのはフライパンガラスの蓋ピーラー。。。
( 欲のないことよのぅ、、

その他、Lindt(リンツ)、Gummi-Bären-Land (グミベーレン ラント)、
koziol(コジオル
などのアウトレットショップで
お土産などの買い物を楽しんでもらって、

帰りにスーパーで食料を調達して、夕飯は我が家で
ソーセージ グリルパーティー!


宴会
テーブルの上はサラダや果物ビールでいっぱいなので、
ソーセージ野郎はもうこんな感じ。。。(適当につまめや状態)

我が家にお客さんなんて、初めてでしたからね。
なんともにぎやかな夜になりました。

いや〜、みなさん、連日(昼飯抜き)のツアー、
お疲れさまでした〜!
(ペタさんもね〜)


次の日は、『式』の前日でもあるので、

サクッとシュトゥットガルト周辺を案内することにしましたよ。


(つづく)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

年内には終わるの?このシリーズ。。。


弟たちとの10日間(3日目)
2013年10月14日 (月) | 編集 |

<3日目のお話

9月23日(月)晴れ

この日の予定は・・・・

Bebenhausen ベーベンハウゼン → Tübingen テュービンゲン →
Lichtenstein リヒテンシュタイン → WMF アウトレットで買い物
です。
(近場巡りとはいえ、やはり盛りだくさん

朝9時20分頃、弟たちをホテルからピックアップして出発〜!


最初に立ち寄った ベーベンハウゼンは、私とペタさんがほぼ毎週
散歩している『Schönbuch シューンブーフ』という広大な森の中
にあり、
テュービンゲンの街の一区域になっている小さな村。

そこの観光名所であるベーベンハウゼン修道院(および城)』
に行って来ました。(9時50分頃)
(観光名所とはいっても、日本の旅行ガイドブックには載らないかな〜)

bebenhausen1
Kloster Bebenhausen (ベーベンハウゼン修道院)


bebenhausen3

1187年頃に初めて文献に登場したシトー会』の修道院だそうです。


bebenhausen2

16世紀の『宗教改革』後は、プロテスタントの修道院学校となり、


bebenhausen14
哲学者の『フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヨーゼフ・フォン・シェリング』が
(Friedrich Wilhelm Joseph von Schelling)

少年時代をここで過ごし、シェリング


bebenhausen9

19世紀の初めには『Jagdschloss(狩りの城)』として
使われるために改築されて、


bebenhausen7
最後のヴュルテンベルク国王の『Wilhelm Ⅱ ヴィルヘルム2世
王妃のシャルロッテが晩年を過ごしたでもあります。


bebenhausen12
第2次世界大戦後には、現在の "バーデン=ヴュルテンベルク州" となる前
(1952年まで)の『バーデン=ホーエンツォレルン州(フランス占領地)』
『州議会』がおかれていました。


・・・というのが ここ『ベーベンハウゼン修道院』の大まかな歴史です。


bebenhausen4



bebenhausen6



bebenhausen8



bebenhausen10



bebenhausen11



bebenhausen5

南西ドイツの中で、最も重要な役割を果たしてきた
小さな村 ベーベンハウゼン
ですが、

現在 何よりも重要なのが この美しい景色!
 
bebenhausen15
(この写真はこちらから拝借 → Kloster u. Schloss Bebenhausen

シューンブーフの森と、この歴史的建物との調和のとれた景観
『Ensambleschutz アンサンブル保護』の下にあるそうですよ。

("アンサンブル保護" なんて直訳するより、"保護文化財" の方がいいかな)


修道院(および城)は現在 博物館になっていて
当時の最先端の台所の様子や、美しい回廊やアーチ状の天井、
夏の食堂、冬の食堂、国王夫妻のモダンな部屋の様子などを見て回れるようです。
(私は 何度も来てるくせに、まだ入ったことがないな。。。


以上、ブログに書き残す上で、後から調べてみたことでした〜。
(弟たちと この修道院を散策したときには、何の説明もしてましぇーん



そうして、ベーベンハウゼンとは 目と鼻の先にある

Tübingen テュービンゲン に向かいました。

Stuttgartから約40km南に位置するこの街は、
美しい『大学都市』としてガイドブックにも紹介されていますね。


私達は街の中心である『Marktplatz マルクト広場』近くに車を止めて、

tübingen1
その周辺をちょっこっと散策。(11時頃)


tübingen2
この日はちょうど『市』が立っていました。(お花がキレイ)


tübingen3
このマルクト広場に建つ『市庁舎』。ここも外壁にフレスコ画があります。


tübingen4
そして『天文時計』も。(ウルムみたいですねー)


tübingen5
このカフェは、実は私とペタさんの"思い出"のお店です。
(この日ペタさんに言われるまで覚えてませんでした。。。) あ〜、ここけ〜!

ペタさんとウン年前に初めて、(そしてそれっきりか?)『カフェ』
に寄って、「アイスカフェー、生クリーム抜きで」
Eiskaffee ohne Sahne, bitte!
と注文をしたお店です。

ドイツの『アイスカフェー』は、いわゆるコーヒーフロートで、
しかも上に生クリームがタップリのっかってきますよね。

"生クリーム抜きで" と注文すると、代わりに"アイス"がひとつ
増えて来るよ
と教えてもらったことがあるので、実践してみた店です。
(結果、この店では その通りでしたよ♪)


tübingen9


もっとゆっくりテュービンゲンの旧市街を散策できたらよかったけど、
とにかく先が長いので、記念撮影のスポットで有名な橋へ。
 
tübingen7
ネッカー川に架かる『エーバーハルト橋』からの眺め。
残念なことに、いきなり曇ってきました。。。


tübingen8
2011年5月に母と来たときは、こんなにイイ天気でしたが。

写真の奥に見える、トンガリ屋根の黄色い建物は、
詩人・思想家のヘルダーリンが、精神を病んだ後の生涯を過ごした部屋のある
『ヘルダーリン塔』です。


と、ここでしっかり『観光客』(色んな組み合わせで記念撮影)をして
また車に戻って次の目的地へ!

(腹が減ったなどとは、言っちゃダメなのだ


次は〜、リヒテンシュタイン〜、リヒテンシュタイン〜♪

・・・続きます、、



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お客さんも昼飯抜きなのだよ。


最近のボウボウ(通勤路)
2013年10月09日 (水) | 編集 |

弟たちとの楽しい10日間も終わり、ついに始まってしまいました、

お仕事。。。 10月7日(月)から。

(あれ? その10日間の3日目の話は? 多分次回に。。)

あまりに長い休暇だったので( 関連過去ブログ

前日から『やるきモード=0』


とはいえ、仕事行かなくちゃね〜。
と久々に『ボウボウの通勤路』を歩いて行きましたが、

どんよりボウボウ
ボウボウが暗い。。。どよ〜〜〜ん、、
(最近は朝8時くらいまで外が暗いし、天気もこんな感じ)

青空ぷり〜ず!です。。


黄色のボウボウ
でも 2週間ぶりに歩くボウボウは、黄色が目立ってきてました。


黄色のアスパラ
ボウボウのアスパラガスも、黄色いフサフサに。


キャベツ畑
キャベツ畑にニョキっと立っていたのは、小型のベルトコンベアかな?


サラダ畑
サラダ用の野菜も2度目の収穫ができそうです。


そしてこのボウボウの道に、1本だけあるクルミの木の下で、

くるみ1
今年もクルミの実を1つ拾いましたよ。

去年のボウボウのクルミの話 →


くるみ2
次の日には 3つ!

落ちたて、皮から外れたてで、まだ湿ってる状態です。


赤めくボウボウ1
ボウボウの畑道の先は、赤く色づいてきております。


赤めくボウボウ2



壁の赤

きれいなんだから、あとはカラッと晴れてほしいなぁ。
(気温もなんだか 生ぬるい感じ)

バイク屋の前7
とにかく今年の分の有給休暇はもうナシだし、頑張ろ〜っと。。。


初日の夕方『やたっ!仕事終了〜!』と思ったら、
まだあと1時間もあって、ガックリしました。。。



<おまけ>

ファモーソ

お昼休みに読んでます。。。

同僚に『それ何?』って聞かれると困るな〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツにも『パロディ』って確立してるのかな?