FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
アウトレットFischhalleへ(WMF編)
2013年06月16日 (日) | 編集 |

先々週、豪雨のあった 6月1日(土)と、先週 6月8日(土)と、
2週続けて Geislingen ガイスリンゲンという町の
アウトレットモール『Fischhalle フィッシュハレ』に行きました。

ウチからだと、アヴェマリア教会のすぐそばを通りますが、
6/1に起きた アヴェ周辺の大洪水も、翌週(6/8)には
Fils川の水位もだいぶ下がり、濁流もおさまってきていました。
 
水位下がった
本来はもっと透き通った水のながれる Fils川なんですけどね。

気温28度
気温も豪雨の日から一気に上がり、すっかり夏のような土曜日でした。

アウトレットモール Fischhalle へはアヴェ教会から車で15分位です。

Fischhalle1
WMF Fischhalle ( WMF フィッシュハレ )
(昔は "お魚 " を売ってたホールなのです)

Fischhalle2

最近 新しく参入したテナントもあり、
Fischhalle5
いまや 30を超えるブランドが、ここでアウトレット商品を販売しています。
FischhalleのHP(ドイツ語)はコチラ

Fischhalle3
もう 看板を見るだけでもワクワクしますよ。


Fischhalle4
以前 ここで買った圧力鍋 に、私はホンっとお世話になってます♪♪


アスパラディスプレイ1
6月1日の回)は、店に入ってすぐに
アスパラフィーバーさん向けディスプレイ
(私向けってやつやね)


アスパラディスプレイ2
白アスパラを茹でる用のノッポ鍋だー!


アスパラ鍋1
リアルな作り物の白アスパラがセットされてます。


アスパラ鍋2
便利そうだな〜、これ。立てて茹でるのがイイのかな?
でも、ドイツならではのアスパラ鍋ですね。(日本じゃ、要らないか)


スチーマー1
そのノッポ野郎の横には、スチーム用の鍋が。
アスパラも蒸しちゃうの?

店内で、それはもう目がキラキラ するような
まぶしい調理器具をながめながら、

「そうだ、弟達(この秋にアヴェで結婚の祝福を受けに来る、羨ましい奴ら)も
ココで新生活の為のキッチン用品を揃えちゃうってのもアリじゃん?」
と思いましたよ。(日本で買うと、倍の値段はするでしょうし)

wmf鍋セット1
WMFのお鍋が4点セットこんなにお得に買えますからね!


wmf鍋セット2
コレ、渋いな〜!

(弟達、気に入ったものがあったら結婚祝いに買ってあげてもよくってよ。)

ただ、鍋セットは日本に持ち帰る荷物がすごく重くなっちゃうね。。。

wmfカトラリー
でも、よく使いそうな大きさの鍋ひとつだけとか、
このような カトラリー(ナイフとかフォークとか)なら
きっと持ち帰れるんじゃないかな?

wmf鍋投げ売りコーナー
ほとんど『投げ売り』みたいなコーナーの鍋だってイイ物だし。


アスパラ鍋3
そして私が何度も前をウロウロした、アスパラ鍋の場所。。。
(来年はアスパラシーズン前に買っちゃおうかな〜 34.95€なり〜。


蒸し鍋ピタリス
来年を待たずに、買っちゃうだろうなと思うのが コレ!
店の入り口にもあった、蒸し料理用の "Vitalis ビタリス" という商品。

こんなのを作って食べたいんですよねー。(お魚蒸し料理)
 
vitalisの例
WMF JapanのHPより → ビタリス

あー、やっぱ 近いうちに調達してこようっと!




ディスプレイ3
6月8日の回)の入り口 ディスプレイは、、、


ディスプレイ4
グリルフィーバーさん向けのに変わっていましたよ。
すでに グリルの季節のドイツですね〜。



<今回 調達してきた WMF商品>
アスパラ皮むき器
アスパラガスの皮むき器〜!


アスパラトング
茹でアスパラ用のトング〜!


スチーマー
やっと手に入れた スチーマー(圧力鍋用)
(これでようやく "蒸しモノ" ができます。。。)


スチーマーの付属品
でも、そのスチーマーに付属していた コレが何なのか
解りません
。。。 なんすかね、これ?

料理は得意ではないけれど、ピカピカの調理器具を眺めてまわるのは
ピカピカの工具を眺めてまわるの位に楽しいのです。


次は、"Lindt" "Gummibärchen"アウトレットのお店
見てきたモノのお話です。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スロースタートな週始め(*_*)
2013年06月13日 (木) | 編集 |

先週 は土・日も含め、いきなりの夏日 が続きましたが

ボウボウの通勤路29

今週は始めから日中ずっと曇りか、雨がしとしと

ボウボウの通勤路30
どよ〜〜〜〜ん。。。(月曜の朝も、火曜の朝も、、)

ま、朝出る時は、かろうじて雨が降っていないので歩いてます。
ボウボウ(通勤路)の変化も気になってますし。

そして、お〜、やっぱり〜っ!(変化してるっ!)

ボウボウのケシの花1
ボウボウの中に、真っ赤な ケシの花 が咲いてきました!

ボウボウのケシの花2
ボウボウの青々とした麦畑に、こりゃまた がスゴく目立つんです。

ボウボウのボウボウ具合
ボウボウも、ボウボウらしさを発揮してきて、雑草の背の高さ
もう肩を超える勢いです。

そんなボウボウの足下には、すでに良く見かける花々に混じって、

DSCN0843.jpg
去年このボウボウで見てからお気に入り

コウリンタンポポ2
コウリンタンポポ 紅輪蒲公英(独:Orangerote Habichtskraut)
現れ始めましたっ!(オレンジ色がきれいなんですよ)→ 

ウチの庭にも勝手に咲いてくんないかなー。

ボウボウの雑草1

そしてボウボウには どんどん謎の雑草が生えてくるので、
面白いやら気になるやら。。。

ボウボウの雑草3
特に今の「おっ?」は コレ 葉っぱの模様にも特徴があります。
(なんだろ〜、気になるなぁ。。。)
ま、今後のこの植物の様子を見てみましょう。。。

こうして雑草を眺めながら、畑道を右往左往していると、

「やべっ!遅刻だっ!ということになりますが、

ま、5分位いいか〜ってなもんです。(でも10分位になると焦るな)

天気が悪いと、バイク屋も結構ヒマですからね〜。
"nicht viel los" です。。。



店に着いてからも、
「ちょっと急ぎでお使い行って来て〜。」とか頼まれて
すぐ近くの駅の方まで出かけてみるとー、、、

駅の周りのバラ があんまりキレイなもんで、つい

駅のバラ1

ついつい

駅のバラ2

どんどん先へと、、、

駅のバラ3

やはりここ(駅前)でも、カメラを片手に 右往左往

駅のバラ5
バラも いろんなのがあるよな〜)


駅のバラ4
あれ?キレイだけど、これはバラではなかったね。

バス停の藤4
駅前のバス停につたう"藤"は、こんなになっちゃってるし。

・・・と、ついつい時間を忘れてしまいます。。。

またまた「やべっ!」と思って 店に戻る途中でも、
信号待ちの際に脇で咲いてる "素敵なもの" を無視できまへん!

矢車草
"矢車草" です!(キレイな色〜!バラよりも好きだなぁ)
ヤグルマソウ/ヤグルマギク(独:Kornblume)→
(キク科 ヤグルマギク属)


そして、へ〜〜っ!ヤグルマソウって ドイツの国花 だったんだー!
なんだか『意外』な感じ!

なんだか5分で済むような用事でしたが、20分は経過してますね。。。

ま、店に戻っても "nicht viel los" でしたので ホッ (*´-`)

こんな具合で ノンビ〜りなスタートの今週ですが、

やるべき事はやってますよっ!
 
作品No.5
作品No.6 『ピラミッド die Pyramide 』

や〜 eBay で、いろんな大きさの物が売れました。

明日もヒマだといいな〜、、本音。。。)



<おまけ>

バイク屋の隣りに 肉屋さん die Metzgerei がありまして、

昨日のお昼に 初めてそこに行って来ました。

"隣りのお肉屋に初めて" というのではなく、、、

ドイツ(もうすぐ2年経過にして)お肉屋さんデビュー です!
(マジです、、ヤバいです、自分)

肉屋で調達1

しかも買ったものというのが、お肉でもなければソーセージでもなく、

肉屋で調達2
お昼ご飯 の、、、何ですかね、これ?
豚のカツレツをパンに挟んだやつです。
"Schnitzelbrot シュニッツェル ブロート" でいいのかな?

ジャガイモサラダ(小)も一緒に買ってきましたよ。
両方で 5.10 ユーロ(650円くらい?)。価格配分は解りません。。。

「ケチャップとマスタードはどうしますか?」と聞かれたので、
「あ、beides バイデス(両方とも)」と答えて、
その場で両方とも掛けてもらいました。

そのお肉屋さんの中で食べれるテーブル席も2〜3あるし、
コンビニ弁当みたいなケースに料理をよそって、アルミホイルか何かを
上からプレスしての、持ち帰り弁当もその場で作ってくれます。
(おぉ、コレがドイツのお弁当なんだー!

すごく美味しそうでしたが、量も半端じゃないです。。。
でも、今度そのドイツ弁当を買ってみようかな〜。

私が買った、このお昼ご飯(豚カツレツサンド&ジャガイモサラダ)も
さすがはお肉屋さん!すっごく美味しかったですよ。

でもケチャップとマスタードのかわりに、"ウスターソース"が欲しいな〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


ウチの庭にもシャクナゲがっっ!
2013年06月10日 (月) | 編集 |

本日6月8日(土)の、ウチの庭(まるで森)の様子の話です。

5月末まで ムラサキ色で、いい香りを放っていた
お風呂場の窓の前のライラック(der Flieder)はもう枯れましたが、

寝室の窓の前の コデマリ(小手毬)が、今 満開っ!
 
寝室前のコデマリ1
アパートの入り口 左側にあるコデマリは、そろそろ終わりのようでも、
右側(=ウチの寝室前)のは、今こんな具合なのです。

関連過去ブログ

寝室前のコデマリ2
コデマリ(小手毬):学名:Spiraea cantoniensis →
バラ科 シモツケ属

ドイツ語では何と呼ぶのか、いまだに解りません)
窓から手を伸ばせば、このモフモフ野郎に触れますよ。


それから、2〜3日前に気がついてビックリしたのがコレっ。
 
カーテン越しのシャクナゲ
庭に面した部屋で、カーテン越しに何か赤いものが見えるぞと思って
カーテンを開けると、、、

窓越しのシャクナゲ
あれっ!? あの花はもしやっ?

庭のシャクナゲ1
慌ててカメラを持って、庭に出てみました。
(アレはもしや〜っ!

庭のシャクナゲ2
なんと、モミの木の前に 色鮮やかな シャクナゲ がっ!

庭のシャクナゲ3
シャクナゲ 石楠花(独:Alpenrose)→
ツツジ科 ツツジ属


近所の家々の玄関前や庭では、こんなウスムラサキのシャクナゲ
それはもう見事に咲き誇っていて、キレイだな〜 と思ってましたから

花の数こそ少ないけど、ウチの庭にもシャクナゲが咲いていて
なんだか嬉しい。

でも、何で気がつかなかったのかって?
・・・だって、森みたいなんだもん、、ウチの庭。
(去年も全く気づいていなかった自分。。。


また、ウチの には やはり赤い花を咲かせているこんな低木もあります。
 
庭のベニウツギ1


庭のベニウツギ2
ベニウツギ 紅空木(独:Weigelie 'Bristol Ruby')
スイカズラ科 タニウツギ属


庭のベニウツギ3
"初夏" に咲く花らしいですよ。

確かにこの日は 暑かった〜〜!

気温31度
また アヴェ(教会)方面に出かけましたが、31度の外気温表示がっ!

なので テラス側に咲き始めた、涼しげな花 を見てみましょうっ!

庭のウツギ1
ヤエウツギ 八重空木(独:Deutzie)→
アジサイ科 ウツギ属

庭のウツギ2
花びらが八重のもの一重のものがあるようですが、
ウチのは八重のほう。これから更にモサモサ来そうやねっ。

先に登場した『ベニウツギ(紅空木)』も同じく "ウツギ(空木)"という
名前がついてますが、あっちは『スイカズラ科』。(ヤエウツギはアジサイ科)

"ウツギ(空木)"というのは、枝の芯が空洞であることから由来してる
と読んだので、どちらの木の枝も、中が空洞になってるんでしょうかね?

・・・と思って、枝を切ってみましたよ。
 
空木の枝
が『白いヤエウツギで、 が『赤いベニウツギ

おや?ベニウツギの方は、空洞じゃないです。。。
古い枝も切ってみましたが、結果は同じでしたよ。
(ま、いいや。あまり悩むとハゲそう)


あと、庭の芝生のアチコチヒナギクが咲いてます。
 
ヒナギク
ヒナギク 雛菊(独:Gänseblümchen)→
キク科 ヒナギク属


踏まないようにしなくちゃね! と思ってたら、

デブ黒のパトロール
近所をパトロール中の デブ黒 がやってきました。
(オメ〜、ヒナギク踏みまくってないか?)


と いうわけで、他にもいろいろ「何だコレ? と思う植物が
生えている、小さな森のような庭ですから、
また何か『発見』したらブログに書きたいと思います。



<おまけ>

今回 初めて枝を切ってしまった、ベニウツギヤエウツギ

紅空木と八重空木1

器用な人(=ウチの母とか)がやれば、素敵な花束にもなるかもです。

紅空木と八重空木2

私は、こうやってしばらく台所で楽しみますよ。おほほ、、、


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


森の牛乳、セルフサービス(^_^)
2013年06月06日 (木) | 編集 |

シューンブーフ森オマケの話>みたいなものですが、

この森の端っこに、牛を飼育している農場があります。
 
農場1
森に入る道路から見えていて、ずっと気になっていたので
散歩のついでに寄ってみました。

農場2
"シューンブーフ ホーフ Schönbuchhof" という名前の農場でした。
看板の足もとには『ウシ』の置物が。。。(ブチャイクでした

農場3
"毎日 新鮮な牛乳 セルフサービス"
牛小屋にデカデカと表示してあります。

牛乳セルフサービス1
牛小屋の一角にある、牛乳セルフサービス室の入り口

牛乳セルフサービス2
を開けるとー

牛乳セルフサービス3
すぐ目の前に でーっかいタンク!がドーンです。

牛乳セルフサービス4
『親愛なる 牛乳のお客さん!』と呼びかけて、
牛乳の買い方(取り出し方)の書かれた張り紙がしてあります。
お値段は、1リットル 60セント(80円くらい)

牛乳セルフサービス5
タンクの横には、新品の牛乳ビンを80セントで提供していました。
(代金は壁に掛かってる "Kasse レジ箱" へ)

牛乳セルフサービス6
(ビンの返却は不可ですって)

牛乳セルフサービス7
最初はココへは偵察に来ただけでしたが、
入れ物(ビン)があるならね〜ってことで
牛乳を買って帰りましたよ。

牛乳セルフサービス8
タンクの中の温度は約4度

牛乳セルフサービス9
隅に置いてあった牛乳缶。なんかイイなぁ〜、こういうのって。


牛小屋1
牛小屋ものぞいてみましたよ。

牛小屋2
右列手前の2頭の顔つきがソックリ
 (切り取ってみましたよ)

牛小屋3
流し目でした。。。

牛小屋4
外には子牛もおりました。

農場4
こんな風景を見ながら育つんですね〜。

アスパラスタンド2
帰りはいつものアスパラスタンドに寄って、アスパライチゴを補充。

牛乳とアスパラとイチゴ
新鮮な森の牛乳も(アスパラもイチゴも)美味しかったですよー。

牛乳は日持ちしないので、翌日には飲み切りました。(ペタさんが、、)

今度は『ビン』持参 で買いにいきま〜す!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


アヴェ(教会)の周りも大洪水!(*_*)
2013年06月04日 (火) | 編集 |

6月1日(土)

私の弟たちとの『M&R Dプロジェクト』→ の件で、
ちょっと神父さんにお会いしたかったので、

豪雨の中アヴェへ
豪雨の中アヴェマリア教会に行って来ました。
(弟よ、姉&ペタさんは君らの為に休日も頑張っているぞよ!

気温12
相変わらず寒いです。。。6月になっても気温10度!


アヴェにて2
外の豪雨とは裏腹に、アヴェの中はとても静か


アヴェにて3
祭壇の前には、アヴェで見た事のないこのような椅子が置かれていました。


アヴェにて4
この日の午前中に、Goldene Hochzeit』(金婚式:50周年)
お祝いの式があったようなんです。

その様子を想像してたら、自分も幸せを分けてもらった気分になりましたよ。


教会を出たら、「おや?」

先ほどの豪雨がウソのように、ずいぶんと小降りになっていました。

なので、神父さんに会う前に教会の敷地内にある
"St.Anna Burunnen(聖 アンナの泉)"に寄ったのですが、

アヴェにて5

いつも静かに泉のそばを流れている小川が荒々しい。

アヴェにて6

山の上から 水がじゃぶじゃぶと音をたてながら流れ落ちて行きます。

アヴェにて7

じゃぶじゃぶというより、ゴウゴウです。。。

溢れるアヴェの池
アヴェのすぐ下にある アユの泳ぐ池も、水が溢れ出しています。

アユたち、流れてきちゃったりして、、、

アユの池1 アユの池2
普段はこんな感じの池です )


神父さんとのお話は5分もかからず終了し、アヴェの近所で買い物でも
してから帰ろうと車を出した途端にまた雨が降り出しました。

河川の氾濫1
車から外の様子を見て、またビックリ!

河川の氾濫2
アヴェのある町を走る州道466号線と平行して流れるフィルス川 die Fils
今にも氾濫しそうになっていました。

河川の氾濫3
ってか、すでに氾濫している場所も。。。(の、野原がっ!)

ペタさんも「こんなの初めてみた!」と大興奮。

河川の氾濫4
そしてまた豪雨の帰り道では、消防車が何台も出動していました。




翌日の日曜日は晴れ

嵐のあと1


嵐のあと2
でも畑は水浸しのままです。

そして畑の土がたくわえきれない雨水が、道路へ流れ出ていました。

夜のニュース映像で見ましたが、3つの河川(ドナウ、イルツ、イン)が合流する
バイエルン州のパッサウや、エルベ川の谷間にある
ザクセン州のドレスデン
は家の半分の高さまで水に浸っていました。

これらの水が引くのにも時間がかかるだろうし、
その後も処理が大変ですね。。。(>_<)

死傷者は出なかったのかな? 出てないといいけどな。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村