FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
ドイツでの忘年会は、初めてのギリシャ料理
2012年12月24日 (月) | 編集 |

12月21日(金)

今年のバイトの 仕事納め となりました。

仕事納め1
そして来年1月7日(月)までの14日間、お店は休業

仕事納め2
残りの棚卸しは、27日28日にやりますけど、、。
まぁ、クリスマス(25日、26日)でなくて良かった。

仕事納め のコノ日(21日)は、

仕事納め3
マーガレットさんの妹さんが焼いた お菓子なんかをつまみながら、
eBayで売れたパーツ野郎の処理をして終了。


本日の栄養4
本日の栄養(1回目)

本日の栄養5
本日の栄養(2回目)

これは、Stuttgartでケーキ屋さんを営んでいる、
日本人の女性パティシエさんチーズケーキ!(超おいしいっ!



仕事が終わる頃に、ユッタさんがスタッフ全員を呼んで、

スタッフジャンパー
新しいスタッフジャンパーと、

シュトレン1
ドイツのクリスマス菓子シュトレン der Stollen を配ってくれました。

シュトレン2
箱に製造会社名とか載ってないので、多分ユッタさんの知り合いの
パン屋さんから
のものだと思います。



そして、本日のメインエベント

忘年会1
みんなで、近所のギリシャ料理レストランへ。 (PM 6:30頃)


忘年会3 忘年会4
参加者は スタッフの全員(=7人)と、週に数回手伝いにくる
メカニック2人その片方の奥さん
かつて20年間このバイク屋で働いていたという
ブリギッタ Brigitta さん、そしてペタさん
。(計12名)

忘年会2
まず飲み物でカンパーイ、はいいんですけどね、

「前菜、食べる?」とか聞かれても、
ギリシャ料理を知りませんからね〜、、。

忘年会5
ペタさん前菜に注文したもの。
メニューには、Dalmadakiaと載っていました。
( gefüllte Weinblätter mit Reis )
直訳:ご飯を詰めたブドウの葉

忘年会6
あ、ホントだ、ご飯

ザジキ Tsatsiki というヨーグルトソース(ニンニク、キュウリ入り)
をつけて、いただきます。

ザジキ ウィキペディア(ザジキ)

なんか食べ慣れない味だったので、1つだけいただきました、、。


メインの料理も よく分らなかったので、説明書きに

「4Hackfleischröllchen mit frischen frittierten Kartoffeln und Tsatsiki」

(直訳:4つのミートボール、揚げたてのフライドポテトとザジキ添え)

と書いてある、 料理番号 31 "Soutzakakiteller"(読めにゃい!)
というのを注文しました。
 
忘年会7
料理には全て、サラダが付いてきます)


で、運ばれてきたのが・・・コレ、、。
 
忘年会8
つのミートボールはどこに??
( 明らかに違うね

みんなも「あれ?コレ違うよね。」と言ってましたが、
まぁコレでもいいやと思い、コレいただくことに。

忘年会9
コレは、料理番号 33 "Bifteki Gemisto" のようです、、。

説明書き:Fleischküchle mit Schafskäsefüllung
mit frischen fritterten Kartoffeln und Tsatsiki
(羊乳製チーズ入りのハンバーグ、フライドポテトとザジキ添え)


おいしかったけど、ボリュームたっぷりで、5分の3程食べて
ギブアップ、、。(げふっ)

隣りのペタさん残りを食べてもらいましたが、
ペタさんもコレと同じ物を食べていました、、。 あちゃ〜!


忘年会11
メチャメチャ甘〜いギリシャのデザート(3皿)をみんなで分け合って

1次会が終了。(PM 11:00頃)
すでにお腹いっぱいで、眠いです、、。



このレストランの半地下みたいなところが
バー die Bar になっていて

そこで 次会がスタート、、。

参加者:シュタオホ店長、マーガレットさん、ブリギッタさん、
そしてペタさんと私の合計人。
(え?そんだけだったか

忘年会10

陽気なシュヴァーベンおじさんシュタオホ店長
肝っ玉母さん的マーガレットさんが、
バーの他のお客さんも巻き込んで盛り上がり、

半強制的に別の飲み屋次会 が始まったのが

夜中の1時過ぎ、、。 眠いよぅ、、

この飲み屋でも、店長マーガレットさん顔が広いみたいで

たくさんの人達の宇宙語(シュバーベン語)に囲まれて
楽しかったけど、とにかく眠かったです。
(夜中の3時すぎ帰宅)

シュタオホ店長:「いや〜、飲み過ぎたよ〜。すまんね〜。

って、店長、何かあったんすか!?



おいしいもの食べて、お酒飲んでワイワイやるのは
ドイツの忘年会も同じなんでしょうけど、

何か足りない?って思うのはー、、、

そうか!カラオケだね!(きっと!)


あ〜、それにしても 日本の居酒屋に行って、ホッケ食べたい、、。
大根おろしタップリでお願いします。

ギリシャ料理は、、もういいです、、。



<おまけ>

バイト先のバイク屋のHPで、休業のお知らせを見ると、

メカニック募集

メカニック募集中でした!

ご応募、お待ちしております。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


ドイツで棚卸し die Inventur(バイク屋)
2012年12月21日 (金) | 編集 |

先週の金曜日、バイク屋の店長夫人(ユッタさん)がニコニコしながら

ユッタさん:「由麻〜、Inventur インヴェントゥーア って分る〜?」
( ニコニコ

と言いながら、"インヴェントゥーア"手書きで書かれた
クリップボードを持って来ました。
 
棚卸し1
(私には、ジンヴェントゥーアとしか読めません、、

die Inventur (商品在庫の)棚卸しです。。。

ドイツ語の語彙の少ない私が、この聞き慣れない単語
知ってたことがスゴい!

棚卸し2

ユッタさん:「パソコンから部品の在庫データをプリントアウトして、
実在庫の部品の数をそれに書き込んで、ウンヌン、カンヌン、、」


知ってますよ〜。日本でもやってきましたから〜。
(そして、いつも在庫が合わなくて大変でした、、

棚卸し3

ユッタさん:「私はマーガレットとウエア類をやってるから、
あなたは右の黒い引き出しから始めるといいわよ。

 
棚卸し7

なるへそ。その後は左の棚ですね、、。
で、奥のケーブル類もですよね、、。

棚卸し8

そして、左の奥の奥もですね、、。(遠い目・・・)

棚卸し9

えぇぇ〜〜っ!一人でぇぇぇ〜〜〜っ?


・・・と言うわけで、右の黒い引き出しから。(どよ〜ん)

棚卸し4

各 引き出しには、部品野郎が、びっしりと美しく並んでおります。

棚卸し5
それはもう 整然と。

棚卸し6
小さなネジ1個だって、こんな具合に。



日本の職場(バイク屋)では、棚卸しの為に一日店を閉めて
全員で一気にやったものです。

お昼には、店の経費"お弁当" を調達してもらって、
みんなでワイワイと食べたのが懐かしいなぁ〜。
(棚卸し自体はスンゴく辛かったけどー。)



でも、部品野郎って結構面白いんですよ。

棚卸し11
これ、何? ってのもあるし。

棚卸し12
棚卸し開始早々、部品野郎で遊び始めてしまいましたが、

どの小箱から出した部品だったか分らなくなりかけたので
やめました。(いつ棚卸しが終わるかも分らないし


棚卸し13
大量にある部品(ワッシャー 「正ちゃんマーク」を付けて
数えてたら、マーガレットさんがやってきて

マーガレット:「何やってんのよー。そんなの適当に10個くらい減らして
185個とか書いとけばいいのよー。


やはりかっちょいい マーガレットさんです。)

ただ、私も「なるへそ〜。ダンケー!と言っておきながら、
彼女が去った後、またチマチマと数え続ける辺り、
ドップリと日本人なのでありまーす。179個ありましたよ)



途中でユッタさんがケーキの差し入れをしてくれましたが、

本日の栄養3
(本日の栄養)

またしても " 卵リキュールケーキ " ・・・
(今回はフォークが横刺さり

マーガレットさんのお手製だそうで、アルコールも効いてて
とても美味しいのですが、、

棚卸し14

食べた後は、頭がぐるぐる回って作業に支障をきたします、、。


で、たまたま 店のパソコン管理の行程表を見たら、

12月22日(金)〜1月7日(月)までまたしても
"Betriebsferien"(休業)
となってるのですが、知らされてませんでしたけど?

果たして、12月21日までに棚卸しが終わるのでしょうか、、。



<おまけ>

ユッタさん:「あなた、クリスマスにも棚卸しに来れる?

(やっぱ棚卸し、終わらないんじゃん!

ドイツのクリスマス(ヴァイナハテン Weihnachten)
12月25日26日2日間です。(国の祝日

う〜ん、、。特別クリスマスの予定はないけどー、、。

2日間とも行くのはなぁ、、。ちと、考えさせてもらおう。
お手当てが少し でんのかな?


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


教会はもうお腹いっぱい
2012年12月19日 (水) | 編集 |

12月16日(日)第三アドベント der dritte Advent。

第三アドベント

ペタさん:「朝食後、どこに行こうか?」

私:「んじゃ、アヴェ(アヴェ マリア教会)。


私はクリスチャンではないけれど、アヴェは小さくてカワイイ
教会で、気に入っているのです。(近いし)
 
冬のアヴェ1
Wallfahrtskirche Ave Maria 巡礼教会 アヴェ マリア
(ウチから車で30分くらいのデッギンゲン Deggingen にあります)

日曜日の午前中は、アヴェも礼拝があるので
私達はのんびり出かけて、お昼頃に到着。

冬のアヴェ2
教会の中はツリーも飾られ、クリスマスモード

この時期には、 教会の左側に "クリッペ die Krippe "という
イエス・キリスト降誕の情景を表す人形が飾られます。

クリッペ1
大まかな全体像はこんな感じですが、

クリッペ2
部分部分を見ると、とてもよく出来ています。

クリッペ3


クリッペ4


クリッペ5
こうやって人形を並べて行く作業も楽しいだろうな〜。

クリッペ6
手前のには、なぜかいつも(毎年)金魚がいます。

クリッペ7
今はロバに乗ってるマリアさまも、来週の第四アドベントには
生まれたばかりのイエス・キリストと後ろの家畜小屋にいる場面
変わります。(さらにその後、1月6日にも変化がありますよ)


私達がアヴェに来て必ずする事は、

冬のアヴェ3
教会の裏手にあるホコラ(礼拝堂)ロウソクを灯し、

冬のアヴェ4
その先の(St.Anna-Brunnen)の水を頂きます。

冬のアヴェ5
(こうやって


これら一連のことは、日本だったら、狭山不動尊ついて
お寺の前で手を合わせ、「これからも宜しくお願いします。」
とやってるようなものです。私事のローカルな話、、)


冬のアヴェ6
泉の横には、山の上から流れてくる小川がありますが、

冬のアヴェ7
普段はチョロチョロとしか流れて来ないけど
この日は雪解け水がザブザブと流れていました。



後はもう、ウチでダラダラ したかったんですが、

ペタさん:「次、どこ行くぅ?

私:「Nach Hause. ナーハ ハウゼ(家へ)


お出かけ好きなペタさんが、これで真っすぐ家に向かうわけもなく、

デッギンゲンの教会1
結局、アヴェがある同じ町デッギンゲンの町の教会へ。
Pfarrkirche Heilig Kreuz

デッギンゲンの教会2
この教会に寄ったのは、これで2度目ですが、
やはりここもキレイなバロック教会です。

デッギンゲンの教会3
祭壇の周りには、もちろんクリスマスの装飾

デッギンゲンの教会4
一瞬、「笹かっ?と見間違う植木もありましたが、

クリスマスの時期は、どの教会の様子にも変化があって
なかなかイイものです。



この教会を出て 再び車に乗り込み、

私:「んじゃ、お家へ〜。(ヨロピク〜)」

ペタさん:「でも、もう1ヶ所だけ寄ろうね。」


・・・・・・ (-""-;) ・・・・・・


ちょっとずつ我が家方面へ向かっておりますが、

次に寄ったのは ヴィーゼンシュタイク Wiesensteig という町。

Wiesensteig1
この町の、丁度この辺り
シュヴァーベンの貴族 ヘルフェンシュタイン伯爵一族
(Grafen von Helfenstein)
によって、

ドイツで初めて(1598年)ジャガイモが栽培された場所

だそうですよ!ただし、花の観賞用として、、)

Wiesensteig2
この町も木組み造りの家々が立ち並ぶ、古い町です。

Wiesensteig3
町の中にある泉の像はゾウです。(シャレでなくて、、)

アヴェのあるデッギンゲンやこの町ヴィーゼンシュタイク
主君だったジャガイモ伯爵一族の家紋の
ゾウさん」町の紋章にしています。

Wiesensteig4
で、立ち寄った教会は
Stiftskirche St.Cyriakus (聖キュリアクス教会)

Wiesensteig5
この教会も2度目。キレイです。(そればっかりやん、、)

Wiesensteig6
大抵の教会では、0,30ユーロ(30セント)〜0,50ユーロ
設置箱に入れて、小さなロウソクを灯して供えることが出来ますが、

ペタさんはどの教会に行っても、必ずそれをやってます。
(敬虔なクリスチャンではなさそうですが

私が日本で、お寺や神社に寄る度に、なんか習慣的
お賽銭投げて、手を合わせているようなものかな?



そしてようやく、本当に家に向かいましたが、途中で

ペタさん:「あ、あそこに見える教会は〜、、」(やめれ!

「冗談だよ〜〜ん。(ホッ・・・)

いくら人々に開かれている教会とはいえ、私にとっては
異空間
であって、落ち着くというよりは緊張しますから、

1日に3ヶ所行くと

もう、お腹いっぱい! な思いなのです。



<おまけ>

家に向かう途中で、先日(10月末)に雪の中登った山
Limburg リムブルク のそばを通りました。
 
リムブルク

アレをアノ中 登ったのかぁ、、(遠い目、、)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ドイツで初めて夕食に出かけた日
2012年12月14日 (金) | 編集 |


20121212日(水)

8日の地元の新聞には、この"ぞろ目の日"

新聞記事

戸籍役場 das Standesamt が、結婚式ラッシュだと載ってました。

ドイツでは戸籍役場で結婚式を挙げなければなりません。
( その後、教会などで式を挙げるカップルもいます

(ご参考まで)  ドイツ ニュースダイジェスト



ちなみに 次の"ぞろ目"の年月日は、
88年後2101年 1月 1日



去年の12月12日に、私とペタさんは戸籍役場で式を挙げたので
この日は私達にとって、結婚周年の日でありました。

手続きを開始してから婚姻許可が降りるまで、半年かかった割には
たったの10分ほどで終わった簡単なもんでしたけど、、。


式の前日には雪の森の散歩でヒザを痛めてたり、
ブーケも当日に、花屋に買いに走ったりと

なんだか心に思い描いてた式とは ほど遠いものになりましたが、

今になってみれば、それもいい思い出です。


(こんな前日だったんですよ、、 明日 結婚式なのに、、



記念の日として、これといった考えはなかったものの、
念のためバイトの休みをもらっていました。

でもペタさんは休みが取れなかったので、その事を
店長夫人(ユッタさん)に話したら、

「あら〜、じゃぁバイトに来れるわねぇ〜。(さすがです)

思わず、「あ、はい〜。」って言ってしまいましたよ、、。
(なんて働き者なんでしょう、、自分、、 )


「休みが取れなくてゴメンよぅ、、。でも夕飯は食べに行こうね。」

と、ペタさん。(私としては、ドビックリです。

マジ? 夕食に外出するの、初めてじゃないのっ!


と いうわけで、結婚周年記念日
記念すべき初・外食となりました〜!
(わーい、単純に嬉しい。)




行き先はというと、10月に登った "雪山 " のある町、

Weilheim/Teck ヴァイルハイム・テック です。

結婚1周年2

その雪山登りのブログにも登場したペテロ教会のそばにある、

結婚1周年4
Gasthof "zur Post"

ツア ポスト』という、小さなホテル・レストラン。

結婚1周年5
"Post(郵便/郵便局)" には、他に『郵便馬車/駅馬車』という
意味がありました。(ここの場合、そっちですね

結婚1周年6
家族経営アットホームな感じの店で、
地元のお客さんがよく利用してるみたいでした。

結婚1周年7
町のワイン(Weilheimer Stadtwein)という白ワインをいただき、
(ペタさんは運転なので、アップルサイダー)

結婚1周年8
サラダバーで ほぼ全種類もらってきて、

結婚1周年9
久々に牛肉のステーキをいただきました〜!
柔らかくて超美味しい!

結婚1周年10
(ペタさんは、豚肉のなにか)

自前のお肉屋もあるそうで、お肉が素晴らしく美味しかったです。
(牛さん、ありがとう

結婚1周年11
お腹いっぱいになったけど、贅沢にデザートもいっときました。


結婚1周年12

ペタさんがこの店を選んだのは、10月にこの町に来た時に、
この店のメニューをチェックしてて、なにやら私に
食べさせたかった料理があったらしいのですが、
いつでも用意しているものではなかったみたいです。

結婚1周年13

それでも全部美味しかったし、店も店の雰囲気も暖かかったし、

結婚1周年3

お腹も気持ちも幸せな "ぞろ目の日" になりました。


美味しい初・外食以外にも、

結婚1周年1

バラの花束アマリリスの植木ワイン
プレゼントしてくれましたよ。

私は なーんにも用意してなくてスンマソン、、。
(だって、バイト休めなかったんだもん:言い訳)

来年の周年目は、私も何か考えよう、、。

これからも仲良く楽しくやっていこうね、ペタさん!



<おまけ>

レストランに向かう時に「おー、マイナス6度だぁー!」
撮った車の中での写真。(PM 6:18)

結婚1周年16
ゆれてビヨヨ〜んな写真になりました。(芸術的〜)


結婚1周年17
でも、帰りはマイナス12度、、。

朝7時頃の気温がマイナス7度くらいは当たり前になったドイツです。

みなさん、滑って転ばないように気をつけましょう。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


"青の塔"の町のクリスマスマーケットに行きましたよ。Bad Wimpfen
2012年12月11日 (火) | 編集 |

12月9日(日) 第二アドベント der zweite Advent。

第二アドベント


今年の9月末に訪れて、とても素敵な町だったので

「クリスマスマーケットには絶対行こう!」と決めていた、

バート・ヴィンプフェン Bad Wimpfen
行って来ましたよ。

bw1

大雪の中・・・
(9月と全然ちゃうやん!)

過去ブログ "青い塔"が目印 バート・ヴィンプフェン

バート・ヴィンプフェンへは、ウチから車で1時間弱で行けます。)

ま、来ちゃったからには楽しみますよー!

bw2
"ようこそ 古きドイツのクリスマスマーケットへ"

bw3

この町のクリスマスマーケット(2012年)は、
11月30日〜12月16日までの「金・土・日」のみの開催です。

この日、私達はちょうどお昼頃に到着しました。

bw4
入っていきなりの、こういったホカホカのグリルものとか〜、

bw5
ホカホカのグリューワインに心惹かれるところですが〜、

それは後のお楽しみ として、先ずは"青の塔"へ向かいました。

bw6


bw10

木組み造りの家々や、クリスマスの屋台が並ぶ道の途中で、

bw7
このようなニコラウスさんご一行にも遭遇しましたよ。

bw8
"青の塔"
(今日はご自慢のの青い屋根が白いですね、、)

青の塔まえの市庁舎のある広場メイン会場で、

bw9
メリーゴーランドに、

bw11
お菓子屋さん

bw12
ガラス製の飾りを売るお店など、

bw13

約160軒の屋台が出店してるそうです。

bw14
人形使いのおじさんは、雪の中でも
人々を楽しませています。

bw15
星形の光飾りは、やっぱりいくつか欲しいな。
(でも地元Stuttgartの市場で買おうっと!

bw18

いろいろと欲しくなるような、カワイイお店がいっぱいですが、

bw16
中でも ブリキ製のどうぶつ郵便受けや、

bw17
小鳥さんごみ箱なんかに
かなり心が揺れました!(カワイー!



また、お隣の国、オーストリア Österreich からの出店も!
 
bw19
この門をくぐっていくと、

bw20
もふもふの がお待ちかね。(ってかお食事中だ、、。)

このオーストリア エリアでは、グリューワイン
簡単なおやつを提供していました。

bw21

時刻はPM 1:00頃
何か美味しそうなのがないかな〜とちょっと物色。

bw22
これ、アップルパイらしいです。(これも捨てがたいけど)

bw23
結局 揚げたてのカリカリポテトチップスを食べました。
ほのかな甘みと、かすかな塩&焦げた味がまざって
なかなか美味しかったですよ!

bw25
ここのオーストリア屋台の屋根飾りは全部 "コウノトリ"

なんで、オーストリアは "コウノトリ"?と思ったら、
コウノトリが繁殖にやってくることで有名な、ルストという町
オーストリアにあるんだそうですよ。



オーストリア エリアを出て、ついでに"赤の塔" にも行ってみました。
bw26
9月末すごく心地良かったこの広場も
今日はもう、30秒で退却です、、。

bw27

(雪がやむ気配は全くありません)

bw28 bw29
ネッカー川への眺めも、この日はすっかり別もの。

bw30
でも、「あぁ、あの木は "宿り木" だったんだ。」
分りましたよ。9月には分りませんでしたから)


町のシルエットがライトアップされる頃まで居たかったけれど、

もますます強くなり、帰り道もヤバそうだったので
また屋台の並ぶ道を戻りながら車に向かうことにしました。

bw31

吹雪の中、急いで戻りながらも、

bw32
シャシリク Schaschlik と書いてあったのをを食べ、

bw33
(なんか想像してたのと違ってましたが、カレー味で美味しかったです)

bw34
グリューワインを注文し、
(最近はのグリューワインがお気に入り!)

早足で車へ向かいながらも、

bw35
「あ、宿り木 売ってる!とか、

bw36
「お、焼き栗 売ってる!とか、

bw37
「これ1個でいいから欲しい!とか、

なかなか車へたどり着けません。

bw38
きわめつけは、ゼンマイ仕掛のブリキのおもちゃ!

bw39
こんなブリキ野郎が一生懸命動いてたら、離れがたいのです。

bw40
ロボット、、ブスかわいいし、、。


「シャッチィー!(←呼びかけの言葉)と、ペタさんに
首根っこをつかまれるようにして、泣く泣く
クリスマスマーケットを後にしました。

bw41
"さよ〜なら〜、楽しいクリスマスを〜"


夜のキレイなライトアップは残念ながら見れなかったし、
美味しそうなもの、かわいいものも紹介しきれませんが、

bw42
思った通り、とても素敵な、バート・ヴィンプフェン
クリスマスマーケット
でしたよ。 オススメっ!


今回も長〜いブログに最後までお付き合いくださり、
ありがとうございましたー!


バート・ヴィンプフェンのクリスマスマーケットのHPはこちら
(注)音楽が流れますよ。 Weihnachtsmarkt



懲りずに <おまけ>

あの町を出たのは、PM 3:30頃だったんですがー、、

渋滞12Kmを避ける為に迂回して、、

bw43

ナビ道に迷い、、(ナビ:「おやっ?」)

家に着いたのは、PM 6:30頃でした、、。

おとなしく渋滞12Kmをやり過ごした方が良かったんじゃ?


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村