ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
"青の塔"が目印 バート・ヴィンプフェン
2012年09月30日 (日) | 編集 |
( 前回の続きです。)

"鉄腕ゲッツ"の眠るシェーンタールから、Stuttgartに戻る方向へ
約35Km(車で35分ほど)のところに、ドイツで最も
シルエットの美しい街 のひとつ
と言われている

バート ヴィンプフェン Bad Wimpfen という街があります。
Bad バート(入浴、浴場)の名前がつく通り、
ネッカー川沿いの温泉保養地です。(塩水浴)
バートヴィンプフェン1
( 走行中の車の中から撮った写真。)

ネッカー川対岸からの(特に夕暮れの)街のシルエット die Silhouette
とても美しいんだそうですよ。( それ、いつか見たいな )

バートヴィンプフェン2
この バート ヴィンプフェン駅の横の駐車場に車を止めて
散策開始です。( PM 4:30頃

バートヴィンプフェン3
この街の見所は、駅から歩いてもすぐのところにある
カイザープラッツ Kaiserplatz(皇帝の城)跡地です。
1200年頃に建てられた、シュタウフェン皇帝の城の建物
ところどころに残っています。

バートヴィンプフェン4
皇帝の城の入り口にあたるをくぐって行くと、

バートヴィンプフェン5 バートヴィンプフェン6

"ドイツと言えば、木組みの家っ!" な かわいい旧市街が続きます。

バートヴィンプフェン8


バートヴィンプフェン7
このレストランは、街の紋章(ちょっともじって)掲げています。

バートヴィンプフェン9

そして見えてきました、"の塔" Blauer Torm
( 屋根が青いので、青の塔 )

青の塔1
でーーんっ! でかっ!

青の塔2

高さは約58mで、城の西側に立つ "見張りの塔"

さて、壁の真ん中あたりにあるでっぱりは何でしょうか?
( 答えはこの後の記事中に・・・)

赤の塔1
さらにこの先には、城の東側の見張りの塔だった 、
"の塔" Roter Torm(高さは約23m) があります。
青の塔よりも古い塔ですが、なんで "赤"っていうのかな?

赤の塔2
赤の塔と、"ニュルンベルクの小塔" (赤い屋根の小さいやつ)

三十年戦争で荒廃し、厳しい貧困にあえぐこの街に 経済的支援をした
ニュルンベルクへの感謝
から、そう名付けられたそうです。

この 赤の塔と小塔のある広場( ちっちゃいけど )が
すごく居心地がよかったんですよー。 もっと居たかったー!

バートヴィンプフェン10

赤の塔のそばからの、ネッカー川の眺め

バートヴィンプフェン14



ここで、先ほどの答え

赤の塔3

"お便所"

赤の塔の壁にもありました。
下のは・・・も、もしかしてっ!

青の塔のは、入り口の真上にあるんだけどなぁ、、)




バートヴィンプフェン11
この街の とんがりシルエットの一角 をなしている教会
市教会 Stadtkirche( Ev.)

バートヴィンプフェン12
この日は閉まっていたので、ガラス越しに中の様子を撮影。
なかなかキレイっぽかったので、入れなくて残念・・・

バートヴィンプフェン13

バート ヴィンプフェン Bad Wimpfen
なんだか、おとぎの国 のようなかわいい街でしたよ。



長くなりましたが、最後にもう少しだけご紹介。
ペーター教会1
同じく、バート ヴィンプフェンにある ゴシック教会
聖ペテロ教会 Ritterstiftskirche St.Peter( Kath.)

この をもつ西正面 das Westwerk
およそ 10世紀ロマネスク様式で、

ペーター教会2
長堂 das Langhaus(入り口と内陣の中間部分)と 内陣 der Chor
13世紀ゴシック様式で建築されたそうです。

ペーター教会3
( 中の様子 )

ペーター教会4
( 迫力ある パイプオルガン die Orgel )

この教会を含めた素敵な画像みっけ! ウィキメディア・コモンズ
もうひとつ、街の幻想的な写真みっけ! グーグル画像


3回に分けて書いた 9月2日の小旅行でしたが、書いてて
この バート ヴィンプフェンには また来たいなぁと思いました。
"幸運の豚 博物館" ってのがあるようですし、、
訂正幸運の豚博物館は、現在 Stuttgart にあります。 HP

クリスマス マーケットの時期には、また絶対に来よ〜っと!
ライトアップされたこの街が すごくキレイだと思うんですよね〜!

あ、でも明日から もう10月 なのかぁ・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

"ゲッツ"の眠る、シェーンタール (Schöntal)
2012年09月28日 (金) | 編集 |
( 前回の続きです。)

「俺の尻をなめろ!」 鉄腕ゲッツ

前回ご紹介した、ゲッツの城 Götzenburg のある
ヤクストハウゼン Jagsthausenから 5Kmほど離れた、
シェーンタール Schöntal という町の修道院
埋葬されています。

シェーンタール1

この辺りの町村には、ネッカー川の最大の支流のひとつ、

ヤークスト川1
ヤクスト川 die Jagst女性名詞です)が流れています。

ヤークスト川2

そのヤクスト川のすぐそばに建っているのが
シェーンタール修道院1
シェーンタール修道院 Kloster Schöntal
1157年シトー会修道院として建立)

シェーンタール修道院2
バーデン=ヴュルテンベルク州北部最も美しい
バロック聖宮殿だそうです。

シェーンタール修道院3
この2つの塔があるのが、バロック教会 St.Josepf

中は パステルカラーで、すごくキレイでしたよ。

シェーンタール修道院4


シェーンタール修道院5

教会に入ってすぐに 上を見上げると、アーチのを通じて、
シェーンタール修道院6 シェーンタール修道院7
教会の天井に描かれた "神の目 Das Auge Goddes" が見えます。


シェーンタール修道院8


シェーンタール修道院10
中央祭壇 der Hochaltar

シェーンタール修道院9


シェーンタール修道院11
祭壇とかは、"バロック ど〜〜んっ!" って感じなんですが、
壁とか柱やわらかい色調で、ホントきれいでしたよ。


シェーンタール修道院12
新 修道院 die Neue Abtei

シェーンタール修道院13
新 修道院の 吹き抜け階段 das Treppenhaus は、ロココ調

シェーンタール修道院14
天井の絵(フレスコ画)も、なかなか素敵でした。



このあと、この修道院から車で5分ほどのところにある
ノイザース Neusaß という村に向かいました。

ノイザースは太古から、強い 霊的な力 に囲まれた特別な
場所であったということで、紀元前来の巡礼の地だそうです。

そこに ひっそりと建つ、小さな古い教会があります。
ノイザース教会1
ポツねん・・・


ノイザース教会2
巡礼教会 ノイザース Wallfahrtkirche Neusaß

さきほどの シェーンタール修道院の起源の教会ではないかとも
いわれている古〜い教会です。

ノイザース教会3

霊的な地 といわれると、何やら背筋に感じる気がしますが、、。

ノイザース教会4
中央祭壇
( 初めて見る形の祭壇です。

ノイザース教会5
教会のそばにある、マリアの泉 Marienbrünnle 。

ここから流れ出るには、特に眼の病や痛みを和らげる力があるそうです。

ノイザースのLinde1
また、樹齢500を超える大きなリンデ Linde (菩提樹)があって、

ノイザースのLinde2
これまでも、そしてこれからもこの小さな教会を訪れる
人々を見守り続けていくんだろうなぁと思いました。

ノイザース教会6

この時点でもうPM 3:30頃ですが、さらに次の街
バート ヴィンプフェン Bad Wimpfen へ向かいました。
"青の塔"という名所(?)のあるところです。

それについては、また次回・・・
本日、酔っぱらいです、、。 (明日 起きれんの?自分)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



鉄腕ゲッツの城
2012年09月25日 (火) | 編集 |
"鉄腕ゲッツの城" に行ってきましたよ。(9月2日)

ゲッツの城1
ヤクストハウゼン城(又は ゲッツの城)
Burg Jagsthausen(Götzenburg)


"鉄腕ゲッツ"幼少の時期を過ごした城です。


で、鉄腕ゲッツって誰?

中世ドイツの最後を飾った、ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン
(Götz von Berlichingen)という シュヴァーベンの帝国騎士。

戦場で失った右手鉄製の義手 をはめて、戦い続けた
暴れん坊 だそうです。 ウィキペディア

ゲッツの城2

場所は、Stuttgartから北北東へ向かって 約80Kmの所にある
Jagsthausen ヤクストハウゼン という町の中です。
Heilbronn ハイルブロンさらに20Km程行った所)


ヤークストハウゼン紋章
この町の紋章にも、ゲッツの義手が描かれてますよ。


ゲッツの城3

現在、この古城"ホテル&レストラン" になっています。

このゲッツの城の HP(ホテル情報) は   コチラ


ゲッツの城5 一角には小さな博物館もあり
 このゲッツの "義手" とか
 
 ローマ時代の武器などが展示
 されてます。






ゲッツの城4
夏の間は、この 中庭が 野外劇場としても利用され

"実は強盗まがいの騎士だった" とされる ゲッツ
相当美化して書かれているという戯曲
「ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン」(ゲーテ作)の上演も
毎年の恒例行事みたいです。
 
ゲッツの城6
主人公 ゲッツが、「Leck mich am Arsch!」(俺の尻をなめろ!)
って叫ぶわけです。(有名なセリフらしいですね)

ゲーテの書いたゲッツの戯曲について   ウィキペディア



また、鉄腕ゲッツが暴れた時期〜晩年に過ごした城、
ホルンベルク城 Burg Hornbergも、現在は古城ホテルとして
利用されてるそうですよ。  Hotel Burg Hornberg



古城ホテルかぁ、、。
一度は泊まってみたいなぁ。 どうよ、ペタさん。

この日はもう少し足をのばして、ゲッツが埋葬されている
シェーンタール修道院
にも行ってきました。
とても見事なバロック建築の教会があります。

それについては、また今度・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



コレクション画像(ボウボウの通勤路)
2012年09月23日 (日) | 編集 |
ブログに 訪問カウンターを設置してから
なんと10,000回 のご訪問を頂いてました!

ブログを読みにきてくださって、本当にありがとうございます!
良かったらこれからも、どうぞ宜しくお願いします。

で、今回は記念自分のコレクション画像をご紹介したいと思います。
( かなり自己満足の世界です )




<コレクション画像 1>

" ボウボウの通勤路 (AM 10:40 頃)編 "

"ボウボウの通勤路":バイトへ行くときに歩いている、
ボウボウの畑道のことです。

お気に入りの畑道、どうぞ見てってください。
 
コレクション1

コレクション2

コレクション3

コレクション4

コレクション5

コレクション6

コレクション7

コレクション8

コレクション9

コレクション10

コレクション11

コレクション12

ほとんど毎日、こうして写真に収めていますが、
1日たりとも同じ表情がないです。(紹介しきれませ〜ん!)

どうですか? 気に入ったは ありましたかー??


今度、この "ボウボウ通勤路"の 違った角度から眺めた
空の様子も、ご紹介したいと思いま〜す!


<おまけ>

真っ白な空の日も、あったんですよ!
  
コレクション13
写真との境目がわかりませんよね〜、、


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村



デブ黒(猫)の友達って、、
2012年09月21日 (金) | 編集 |
バイトから帰って、まずやる事は
 Lüftung 換気 です。 リュフトゥン〜っ!

お風呂場、台所、寝室、居間と窓を開けていき、
テラスの前のカーテンを ジャッ と開けたら、

2匹1
でで〜〜〜んっ!

デブ黒キツネコ(キツネみたいな猫くん:おそらく
と一緒にいました。

「ももも、もしかして、君たち友達だったの!?

あわててカーテンを閉じて、隙間からこっそり
Beobachten 観察
してみました。 ベオーブァハテン〜っ!

2匹2
( あ、デブ黒と目があっちゃった


2匹3
キツネコ:「なんか視線を感じるぜ、、。」
デブ黒:「あたしゃ、中に入りたいんすけど。」



2匹4
突然 デブ黒が、ピッ と片足あげて
ペロペロと、毛のお手入れを始めました。
キツネコ:「ビクっ!」

2匹5
キツネコ:「なんか、落ち着かんくなったわ、、ここ。」
デブ黒:(ペロペロ、ペロペロ・・・)



2匹6
キツネコ は、しばらく デブ黒の様子を こんな顔して見てましたが
ほどなく行ってしまいました。


デブ黒はというと、、
デブ黒(扉あき待ち)
「戸が開くまで、ここ 動きまへんで。」

わかりましたよ〜ぅ、いま開けるってば!



毎日、入れ替わり 立ち替わりやってくる野良猫達ですが

キツネコ1

気ままな彼らに合わせて、気ままに付き合っております。 &

キツネコ2


キツネコ3

でも 一度、この キツネコじゃぶじゃぶ洗って
きれいにしたいんですよ〜。
絶対に かっこ良くなると思うんですよねっ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村