ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
"ボウボウ" の通勤路。
2012年05月28日 (月) | 編集 |
暑いです。。。蒸し暑すぎです、通勤路!(`へ´*)ノ

最近の天気ときたら 朝7時頃は快晴でもバイトに向かう頃( 10時半 )には
なぜか曇ってることが多いです。
通勤路1
蒸し暑い曇り です。( 畑道のわきの草も、肘の高さまで ボウボウ

でも帰り道( 夕方5時頃 )は、また快晴だったりしてます、、。
通勤路2
  景色の向きは、上のとはもちろん逆ですが、同じ日ですよ、これ。
帰りは蒸し暑いというより、ジリジリと暑い です、、。(参りますね)

でも、毎日 "昨日と違うぞ?" があるので、相変わらず 面白い です。

通勤路3
ボウボウ の中に、突如あらわれた ヒナゲシの花赤いので目立ちます。

通勤路4
なんだか分からない花木。(スイカズラ?)

通勤路5
ひときわ 目に眩しいサラダ菜

通勤路6
トラクター野菜の苗を次々に植えていってます。 それ、運転したい

通勤路7
イチゴ畑 のところには、ある日突然 立て看板が。(収穫開始っ!)
" 勝手に穫っちゃだめ!立ち入り禁止 "

この畑道が終わった先も、
通勤路8
やはり ボウボウ歩道(der Gehweg)が続きます。

通勤路9
歩道の ボウボウ の中で最近目立つ、青い花。名前はまだ分かりません。

通勤路10
矢車草も、ボウボウ一部

ドイツの「今年の有毒植物」Giftpflanze des Jahres 2012金鎖(キングサリ)
   キレイだったけど咲き終わって「有毒な種」が垂れ下がっています。
通勤路11 通勤路12

金鎖(キングサリ)についての過去ブログはコチラ → → "金の雨"

でも それに代わって、最近咲き出したのがこれ!
    
"ニセアカシア"  鳥取ではこの木の下で育ったようなものです。
ニセアカシア1
ドイツ語でも "Falsche Akazie" ( 偽のアカシア )と呼ぶようです。
他に "Silberregen" ジルバー レーゲン( 銀の雨とも。
( 又は、Robinie ロビーニエ

ニセアカシア2 ニセアカシア3
この白い花も、葉っぱの形も、とっても懐かしいです。

そんな ニセアカシアも「有毒植物なんだそうですよ。
この花のハチミツはとても美味しいんですけどね〜。

もうひとつ 私を嬉しくさせるのが "クローバー" 別名:シロツメグサ
通勤路13
der Weiß-Klee

アカツメグサ は随分前からあちこちに咲いてますが
いわゆる "白いクローバー"最近やっと見かけるようになりました。

小さい頃から慣れ親しんだ、素朴な植物をみると とても愉快な気分になります。
だから ペンペン草ボウボウ に咲いてるこの通勤路が好きなんかなぁ〜。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
やってみて、うまくいきましたよ!(アスパラ茹でる時)
2012年05月25日 (金) | 編集 |
白アスパラが冷蔵庫にある間は、ふと気がつくと

「やつらを今度はどうしようかな。(食べ方)」と、思案してますが
つい先日5月20日(日)に買ったやつは、1本も手を付けずに
じっと我慢していました。4日間もっ!信じらんなーい! unglaublich!!

なぜなら、ペタさんの両親が来る ことになったんですもんっ!

や、それはいいんですが、何を提供しようかなぁ って考えて
"この 白アスパラ をみんなで食おう!" と思ったわけです。
4日間も後だと、多少 新鮮度が落ちるのは仕方ないけど。

で、今回 何を試してみたかというと、
     
ピーラーで剥いたアスパラの皮を、お茶パック に詰めて
アスパラと一緒に茹でました。

みんなでアスパラ1

これまでは、最後にアスパラを取り出す時に皮がひっからまって大変だったし
ステンレスのざる も持ってないので、アスパラと皮を一緒の鍋のなかで分けて茹でることもできないため
「なんかないかな。 と思ってたわけです。

みんなでアスパラ2
封も切っていない60枚入りのお茶パックを2つも持っていましたよ。 へ〜っ

みんなでアスパラ3
この "詰め物" を利用して、最初にアスパラを立てた状態で茹でる(5〜6分)
といった 芸当もできましたし、(一石二鳥)

みんなでアスパラ4

みんなでアスパラ5
全部を湯につけてからも、この詰め物「重し」になります。

ゆで汁には、砂糖・塩・バターをそれぞれ10〜15ml(味のイメージ重視で)
 溶かしてあります。

蓋を軽くかぶせて、たびたび様子見をしながら
みんなでアスパラ6

みんなでアスパラ7
日本から持ち帰った "杏露酒(シンルチュウ)"チビチビと。

みんなでアスパラ9
茹で上ったアスパラを "楽々" 取り出した後は、
砂糖・塩・バター味のアスパラエキスがたっぷり!
このゆで汁に、"鶏のブイヨン" を適当に溶かして即席アスパラスープの完成!


生ハムとか添えて、オランデーズソース(クノールの出来合いもん)をかけて
みんなでアスパラ10
でっきあっがり〜!

みんなでアスパラ8
この生ハムは "おつとめ品" で安かったんですが、美味しかったですよ。
1パック 69セント REWE にて )通常の半額程度で70円位。

ペタさんの両親(って、もう私の義父母ですが)にも、
スープもアスパラも美味しいと好評で、何度もお礼を言われました。
私はただ、茹でただけなんですけどね、、。 恐縮です、、。

でも、"Ich bin stolz darauf!"
直訳:「私はそれについて、誇りに思います!」)と 言い切っておきました。

やっぱ、アスパラは人を幸せな気分にさせるんだなぁ〜!



<おまけ>

その他、特にペタさんのお母さんに好評だったのがこのパン。
みんなでアスパラ11
同じく REWE で買っておいたやつ。(薄切り8枚入り 1,29ユーロ 130円位
私はまだ こーいったのは食べ慣れませんが、ドイツ人は好きですよね。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


白アスパラフィーバー、折り返し地点 ♪
2012年05月23日 (水) | 編集 |
"白アスパラフィーバー"、5週目 に突入しました。( 5/20〜)

最初に始まったのが土曜日( 4/21 )だったので、
毎週土曜日が私の"白アスパラ調達日"でしたが、今回は日曜日

うちの近くの他のスタンドも行って見ようと思ったんですが、
2件まわって どちらも閉まっていました、、。(日曜日は休業?)

結局 いつものスタンドへ。
5週目1

5週目2
今回は 1kg 9,50 ユーロ(22本)と、イチゴ 1皿 3,50 ユーロ を調達。
先週、Stuttgartのマルクト(市場)で、買ったやつ(1kg 6,50 ユーロ)より
このスタンドの方が美味しかったので、高いけどOKです

なぜか、なかなか食べ切らなかった 緑アスパラ は、最後は ちらし寿司 に。
5週目3

でも相変わらず 白アスパラ をつかった料理のレバートリーは少ないです。
5週目4 5週目5
     いつものやつ       がんばって、キルシュにしてみたやつ

白アスパラの 皮のゆで汁 は、
5週目6
この 鶏のブイヨン を溶かして、スープとして飲んでます。(おいしいっ!
たまにカレー粉を加えて、カレー味とかとか。
このブイヨンは、そのままお湯にとかして飲んでもおいしいですけどね。

最近、アスパラ"付け合わせ" として食べて感動したのがこれ!
5週目6
なんてことない、グリル用の "味付き鶏の足" ですが、
家でまだ食べた事がなかったんですよ。

プレート
グリルプレートに直に並べて、オーブン中段で 約40分 焼きました。

5週目7
皮は カリカリ中は ジューシー!!
もちろん、こーいったのは "手づかみで食う" のが一番ですね!

ただ、40分間 オーブンでグリルしたあと は、台所は煙いし、
オーブンの中は油で すんごいこと なってました、、。 うきゃ〜っ!

ま、オーブンが冷えてから、ペタさんと
コイツ に頑張ってもらいましたけど。
   
泡スプレー 泡あわスプレー!

そして最近 やっと「味ぽん」を調達したので、( カツブシもあるし) ニャ?
"白アスパラのおひたし" なんかも、ようやく出来るんだなぁ〜。

というわけで、まだまだ 飽きてませ〜ん!(白アスパラ)



<おまけ>
スーパーで見かけてて、気になっていた "ナシ" (でも中国産
なし1
試しに買って、食べてみました。

なし2 なし3

・・・まずかったんで、もう買いません。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


宇宙熱に火が付きました!(金環日食)(`へ´*)ノ
2012年05月22日 (火) | 編集 |
今日(5月21日)、日本の多くの地方で、"金環日食"が見れたんですって!
                   die ringförmige Sonnenfinsternis
         今回の金環日食のルート
(香港の北→ 中国の南岸→ 九州の南→ 四国→ 近畿地方→ 中部地方→ 関東地方)

埼玉の実家の母も、この天体ショー朝7時頃から 約50分間ほど眺めていた
そうです。  いいなぁ〜っ!!

今回の金環日食は、日本では 1987年に沖縄で見られて以来、25年ぶり
 ( 東京では 173年ぶり、大阪では 282年ぶり )
 次回は18年後(2030年)に北海道で見る事ができるそうです。

 大阪在住の妹 の話では、分厚い雲のせいで、大阪では「ちらっ」としか
 見れなかった
ようです。( 282年ぶりなのにねっ。残念!

母のところでは、AM 7:30 頃"食の最大" だったそうで、
"戻りかけの太陽" が映し出した、家の前の"木漏れ日" の写真を
速攻でメールで 送ってくれました。( AM 7:50 頃の写真だそうです )
木漏れ日
"今、太陽はこんな風に見えてるんよ!" ってことですねっ!

こういった 天体現象 の話を聞くと、私の "宇宙熱" ムクムク
よみがえってきます!! あ、これじゃ メラメラとですね。

というのも、私は自称、宇宙オタク

宇宙おたく1

星座には あまり興味がありませんが、
宇宙の成り立ちや、天体現象については素人ながらかなり勉強しました。
趣味の範囲で本やDVDから ですけどねっ。

宇宙おたく2


で、私の宝物のひとつが これですっ!
      
"カール・セーガン" Carl Sagan のコスモス COSMOS
宇宙おたく3

私の "宇宙熱" は、この番組「コスモス」から始まったようなものです。

宇宙おたく4

覚えてる人がいたら、嬉しいなぁ。

あ、でも もう30年以上前の番組ですからねぇ、、。 時間よ〜止まれぇ〜 ♪

この宇宙熱の再燃で、夜更かしが始まる事、必至です


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Schloss Solitude ソリテュード宮殿 (^_^)
2012年05月21日 (月) | 編集 |
前回のつづきです。

シュトゥットガルトの西アカジカとイノシシの公園の に立つ
小さな宮殿 Schloss Solitude ソリテュード宮殿 です!

お気に入りのお城(宮殿)なので、大きめ画像でいきまーす。

solitude1
"Schloss Solitude" 

solitude2

solitude3

solitude4
1763年に、ヴュルテンベルク公カール・オイゲン( Carl Eugen )
狩猟用の別邸として建てた ロココ様式の宮殿 です。

シュトゥットガルトの "新宮殿 Neues Schloss" を建てたのも
 この オイゲンさん。

neues schloss シュトゥットガルト新宮殿


天気が良かった日の ベストショットはこれです。
          
solitude5

以上の5枚の写真は、宮殿の"南側"です。


"北側"は、宮殿前が一面 芝生になっていて、とてもキレイな景色なんですが、

solitude7
ちょうど 逆光なのと、この日は雲が多くて 残念ながら写真はこんな感じ、、。

solitude8
でもこの時、結婚式のパーティーをしている人達がいました。
宮殿で(しかも Solitudeで )パーティーだなんて、いいですね〜!

また、宮殿の "(?)" のところが、ポッカリ開いた通路になっていまして、
solitude6
当時は そこから 約13km 先 まっすぐ
"Residenzschloss Ludwigsburg ルートヴィッヒスブルク宮殿"
まで、
連絡道路としての並木道が続いていたそうです。
今は、ただのアスファルトの道路ですが、まっすぐのびているのが見えます。

residenz ルートヴィッヒスブルク宮殿


私はこのソリテュード宮殿には、これまで(過去4年間)に4回程きていますが
なぜか機会がなくて(たまたま閉まってたり、時間がなかったり)
まだ一度も中に入ったことがないのです。(今回もそう

そろそろ帰ろうかなという頃に、なにか始まりました。
solitude9

多分ですが、乗馬クラブとかで、昔の伝統にのっとった形式
"狩り" に出かける様子を楽しんでいるんだと思いますよ。
ラッパのファンファーレが鳴った後、森の中へと消えていきました。
solitude10


宮殿の東側から続くマロニエ(西洋トチノキ Rosskastanien)の並木道。
solitude11

道のすぐ横の牧場では、約10頭程の馬草を食べてたり
solitude12

たわむれていたり
solitude13

こっちに寄って来たり。はろ〜!
solitude14
やっぱ、宮殿とかお城には が似合いますね。 かっこい〜っ!

また今度この宮殿を訪れるときは、ぜひとも中に入ってみたいものです。



<おまけ>

"19世紀" の ソリテュード宮殿 の周辺の様子
solitude15
実はこの絵(ジオラマ)シュトゥットガルトの「メルセデス・ベンツ博物館」
撮った写真の中で見つけました。

"当時、ソリテュード宮殿の住民達への食料品などは、もっぱら馬車での運搬
であったが、ゴットリープ・ダイムラーは 1886年に、このような馬車に
最初の高回転型ガソリンエンジンを取り付けた"


みたいな解説がついていましたよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村