ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
搭乗直前までドタバタです。
2012年01月24日 (火) | 編集 |
出国前日のドタバタなペタさんと私のお話

ペタさんは日本への出発(18日)の1日前から休暇をとっていたので、
旅行の準備ができたのは17日の1日間だけ。
なので、この日は朝から2人で大忙し。
・先ずはなんといっても朝食!(大事ですよね!)
・私の「電子滞在許可証 eAT 」が届いてるということで、外人局へ引き取りに。
・ペタさんのパジャマ (der Pyjama)を買いに。(今のは 相当ヨレヨレなので)
・ホンダのバイク屋さん(シュタオホ Stauchさん)に「行ってきます。」の
 ごあいさつ。(シェパードの"ネロ"はちょっと大きくなってました。)
・旅の無事を祈願に、教会"Ave Maria"へ。

1.18.Ave

・家に戻って荷造りするも、ペタさんのダメだし
 ペタさん:「ええっ!そのスーツケース、全部お菓子なのぉ!」(約22Kg分)
 頼むから、少しでも衣類とか一緒に入れて! ということで、しぶしぶ詰め替え。
 (ペタさんは、一体なにを不安がっていたんでしょうか??)
・ペタさんがパソコンでルフトハンザのインターネット オンライン チェックインを
 しようとしても、画面が切り替わらず何をやってもチェックイン不能
  大パニックになるペタさん、、。「シャイ○っ!」連発、、。
※結局、私のMacで問題なくオンライン チェックインできたんですけどね。

気がつけば もう、夜 11:30 過ぎ。
日本にいる母に電話して、「あと5時間後に、電話ちょうだいっ!」
モーニングコールを依頼して就寝。
 
1月18日(水) AM4:30
 電話が鳴り、「おはよーぅ!起きましたか〜っ?」と母。
 4時半っ!? しまった、眠くて計算間違えていました、、。
 私:「ごめん、あと1時間後にまたコールしてくだせいっ!」

 1時間後、目覚まし時計(der Wecker)2つと、日本の母からの
 「モーニング コール(その2)」(日本時刻 PM 1:30 )
 を受けて、無事起床。
 そして しっかり朝食をとります。(やはり これ、大事!)

 忘れ物がないか ドキドキしながら、前日ペタさんと打ち合わせをした通り、
 7:50 に(本当は 7:30 予定だったはずなんですが)
 スーツケース4個(内3個は21Kg 超←その内の半分はお土産です)を
 車へ積み込み、Stuttgart 空港へ。
 本来、車で10分も行けば、この空港に着く距離に住んでいるのですが
 恐れていた渋滞にはまり、8:15 に空港に到着。

1.18.FH2

 私たちの飛行機は、10:00 発なので、9:50 迄に搭乗すればいいのですが
 実は私たちの計画は、ペタさんが私と荷物をいったん空港に降ろして
 自宅へ戻り、車を置いて、バス・電車でまた空港に来る といった、
 倹約(無謀)プラン。しかも1時間に2本しかない私たちのバス、、。
 荷物預けたり、搭乗時の身体チェック受けたりもあるじゃないですか。

  "神様、仏様、どうか飛行機に間に合いますように!"

 ペタさん待ちの時間が、なんと長く感じられたことでしょう!
 私と荷物を空港に置いてから、ほとんど(knapp)1時間後の 9:15 頃に
 ペタさんは、ハァハァ言ってやってきました。
 ペタさん:「いや〜、バスが遅れて 電車も行っちゃってて、うんぬん かんぬん」
 私:「(そんなことはいいから)Gehen Wir!(行きましょうっ!)」

 アタフタと荷物を預けに行き、搭乗チェックを受けて、なんとか搭乗。

1.18.FH

 ほぼ定刻()の 10:00 頃に飛行機がゆっくり動き出し
 出発の定位置で止まります。

 そして AM10:10 機内アナウンス
  "Wir starten!"スタートします! (Frankfurt空港へ
1.18.Start

ひと先ず乗れたので安心です。しかも今回、横にはドイツ人がついてますから
Stuttgart空港の5〜6倍は大きい Frankfurt 空港でも迷うことはないでしょう。
ほんとかなぁ、やっぱ不安だなぁ。

(つづく、、。)


スポンサーサイト
日本です!嬉しいです!でも、超寒いです。
2012年01月22日 (日) | 編集 |
現在、私は日本におります!(19日着)

youkoso

18日(水)に Stuttgart空港から、Frankfurt経由で日本へ。
とにかく前日の17日から、ドタバタでしたが(いつもの事です、、。)
それについては明日、時間があるので書きたいと思います。

日本(というか、東京・埼玉)は、20日に初雪 が降り、
その後は、ずっと冷たい雨が降り続いています。

ドイツより寒い 日本です! でも、嬉しい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


ドイツ語試験での様子
2012年01月15日 (日) | 編集 |
昨日 行われたドイツ語B1試験のお話の続きです。

AM 8:45 に試験会場に入り、席につきました。
特に席は決められていなく、適当です。
各机の上には、チョコレートが一つずつ置かれていて
「なんて フレンドリーなんだ!」と笑ってしまいました。 ぷふっ

受験者は18人。
ほとんどが私のクラスメートだった人たちで、進行役も
私たちの先生(K先生)だったので、特に緊張もせず、和やかな雰囲気。

「トイレは大丈夫? 机はグラグラしない?」
と、まるでお子ちゃまの様に扱われます。

回答用紙が配られて、名前・出生地・生年月日・試験会場(VHS Filderstadt)
などを、先生の親切な説明を受けながら記入します。
"母国語"のコード番号も書くのですが、日本は「その他」のコードでした、、。

そんなこんなで、約30分後の AM 9:15 に試験開始。

午前中の試験は、聞き取り問題(Hören)25分間(20問)
読み取り問題(Lesen)45分間(25問)、文章を書く事(Schreiben)30分。
AM 11:15 位に終了しました。

午後は口述試験(Sprechen)です。
受験者は2人ずつで、2人の進行役の前に座って行われます。
先ず、自己紹介。次に進行役から渡される写真を見て、その状況説明
※進行役は途中途中で、質問を挟みます。
「(自己紹介に対して)今、仕事してるの?」とか、「この写真の季節はいつだと
 思います?」とか、「あなたの国ではどうですか?」とかとか、、。

最後には(私にとって)一番の難関がやってきます!
受験者2人で、イベントなどを企画し、その準備を話し合う事。
(die Organisierung)
※進行役から、例えば「あなた方の学校の先生のお別れ会を企画してください。」
など、適当なイベントをその場で提示されます。
それに対して:いつ開催するか、誰が、何を、どのようにやるのか、
       飲食物の用意や、買出し、費用分担はどうするか。
       また贈り物は何にするか、などなどを話し合って決めていきます。

私の相手は"エミネ"。ドイツ語コースに通っていた2ヶ月では
帰りのバスも一緒だったし、一度お家へ呼んでもらった事もあるトルコ人です。

私たちの口述試験は PM 1:50 開始。 死ぬ程 時間があります、、。
私は10人位のクラスメートと試験会場の前の廊下の長椅子に座って
おべんと(おにぎりですが)食べたり、おしゃべり(日本の方と)したり
して2時間以上をなんとかやり過ごしました。

次々(25分間隔)に、2人ずつが会場に呼ばれて、だんだん長椅子に
座っている受験者も減っていきます。(終わった人は帰ってよし。)
口述試験が終わって、会場から出て来る人たちは、にこやかだったり
悲しそうだったり、、。

やっと、私とエミネの番が来ました。(PM 1:50)
自己紹介だけは、事前に練習していましたので、問題なかったと思いますが
写真を見せられて、その状況を説明する試験での進行役のつっこみに
あまり上手く反応できなかったのが実感です。
※私に渡された写真は、背広を着た会社員っぽい男の人が、自転車に乗っていて
 道路を横断している場面でした。
進行役は、「この人の職業は何だと思います?どこに向かっているのでしょね?」
「あなたの国では、自転車で通勤するのですか?」など質問してきました。
で、「あなたは自転車に乗りますか?」の問いには
「私は、オートバイに乗ります!」と自慢げに答えました。
(おばか、、。

最後のエミネとのイベント企画、、。
"あなた達は、かつてのVHSの参加者達との再会の会を企画します。
VHSを終えてから、もう随分たっています。いつその会をやるか、どのように
かつての参加者達の住所を知るか、どこでその会をやるか、予算はいくらか、
(あと何かひとつ ←忘れました)" というお題。

2番目の「どうやって、住所を知るか。」を話し合っている間にタイムアウト。
結局、"2週間後の日曜日に再会の会をやろうね。"と、
"メールアドレスを知ってる人たちに「かつての仲間の住所知ってる」かどうか
メールで尋ねてみよう!" の2ポイントしか決められませんでした、、。あ〜あ。

PM 2:15 分に私の初のドイツ語試験は終了しました。(疲れた〜。)

結果は約4週間後(〜6週間後)に、封書で届くそうです。
※聞き取り、読み取り、文章の試験で B1 レベルを取っても、
 口述試験で A2 レベルだと、結果 A2 なんだそうです、、。
(逆に口述試験が B1 であれば、たとえ他が A2 であっても B1
 もらえる
そうです。)

とにかく終わった、終わった〜い!
来週は日本です! 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

いざ!おにぎり持参で試験会場へ
2012年01月14日 (土) | 編集 |
ドイツのことわざにもありますが、
ついつい 気が乗らないことは後回しにしてしまう私です。
          ↓ ↓
"Morgen, morgen, nur nicht heute, sagen alle faulen Leute."
「明日、明日、ただ今日はやらないだけ」って、なまけものの人たちは
 みんな言うのです。」(私の直訳)

※でも本当の意味は、
「今日やれることは今日やれ!」でしょうか、、。

慌ただしいクリスマスシーズンが終わり、今日のドイツ語の試験まで
結構な時間があったにもかかわらず
明日からやろー」「明日は一日中やろー」「まじで明日こそやろう!
と、試験勉強を延期しつづけて、当日になってしまいました。(情けないっ!)

でも、試験よりももっと大事な任務が私にはあります。
そう、試験会場にたどり着くこと! 筋金入りの方向音痴
方向音痴って、ドイツ語でどう言うのでしょうか、、??)

  ※ → どれほどの方向音痴かは、過去記事のこちらをご参照ください。

試験会場は、いつも授業を受けていた建物とは違う場所なのです。
ペタさんも私の方向音痴は嫌っというほど知っているので
前の晩から、乗り換えずに着くバスはとか、バスを降りてからの道のりとか
インターネットで調べて、プリントアウトして、、。
でも最後には、
「僕は車で送ってあげられないけど、ガーミン(携帯GPS) 持ってく?」
                   ↑
(森に散歩に行く時に、迷子にならないようにいつも持参するやつです、、。)
            S.6

        さすがに、これはお断りしました。(いらニャい、、、

ただ、また道に迷っても 余裕もって迷えるように
朝は5時半には起きて、しかもご飯炊いて(余裕ありすぎ?)
おにぎり2つにぎって出発しました。(AM 7:30)

バス降りてからの道のりに不安を感じながらも、無事到着
やはり一番のりでした、、。(AM 8:20)

試験会場へ入ったのは、AM 8:45。
いよいよです!(って、何も試験勉強してないのにぃ。)

で、続きは明日書きます。(いつもこんなで、ごめんなさい

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
明後日、ドイツ語の試験を受けます。ですが、、。
2012年01月11日 (水) | 編集 |
先月、市民学校(VHS)でのドイツ語 B1コース(Aufbau-Modul 3)が終わりまして
今は1月9日から「オリエンテーリング コース」(der Orientierungskurs)
という、次のコースが始まっています。
このコースでは、ドイツの政治(die Politik)・歴史(die Geschichte)、
社会(die Gesellschaft)の基礎知識(das Grundwissen)を学びます。
1日2時間の授業が全15回あって、1月末には終了するコースです。

ですが、私は参加していません。
と言うのも、1月21日(土)に父の三回忌があるので18日(水)のドイツ発で
2週間ほど日本へ帰国するからです。........(わーい!)

このオリエンテーリング コースは3月にもあるので、これに参加したいなと
考えております。(まだまだ勉強っ!)

ペタさんもこれに合わせて(なんとか)休暇がとれたので、一緒に飛びます!
日本滞在中には、2泊3日で京都大阪への「駆け足旅行」も決行します。
ちっちゃな新婚旅行です。


※夕べ、ペタさんが「広島と長崎は遠いの?」と私に聞きました。
 彼の心には、広島、長崎にはやはり感慨深いものがあるようです。
 ペタさんの日本への様々な思いを(あこがれ、共感、痛み)を時折聞く事が
 ありますが、ペタさんはもちろんドイツ人ですが(しかもシュヴァーベン人)
 日本人的感性もかなり持ち合わせているように、よく感じます。
(今回の日本訪問では寄れないけど、いつかきっと広島と長崎にも
 行きましょうね。ペタさん! あと、富士登山、、、。)
                   ↑
    ペタさんの、生涯の夢であります、、。 富士山頂から見る日の出




と言う訳で、父の三回忌とはいえ、日本への一時帰国にうかれているのですが
その前にっ ドイツ語B1の試験があります!しかも明後日です!
ブログ書いてる場合ではないのでした!

でも、いいんだ〜。あと2日でできることなんて限られてるし
今回あわてて受からなくてもいいもん。落ちたら次回に挑戦するもん。
どうせ、まだドイツでは暇人ですから、、。(これは前向き??)

とはいえ、これから ちょっとだけ悪あがきで机に向かうとします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村