ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
日本帰国...その14:最後のイベントの続き
2012年03月20日 (火) | 編集 |
ダムカレーの続きです。( ウソ ウソ!)

やっとここまでたどり着きました、日本帰国シリーズ。
1月29日(日)、日本滞在11日目のつづきです。

日本に帰国する3週間ほど前から
「日本にいくぜ〜、会社にも寄るぜ〜!」と さりげな〜くアピールしていたので
「んじゃ、新年会の飲み会の "サプライズ" として企画しよう!」と
入社時からずーっとお世話になってきた、I さんから、嬉しい提案を受けて
いました。

もちろん この日は日曜日といえど、バイク屋さんは元気に営業です!
なので、まず PM 7:00 から、かつて仕事でお世話になった"年配の方々"
(といっても51〜55才 すんまそん)と「一次会」やろう!ってことに。

場所は、東京都 立川市の立川駅のそば
磯坊主1
立川 磯坊主

磯坊主2 磯坊主3
まるで "海の家" を そのまま持ってきたみたいな海鮮居酒屋です。
好きだな〜、こんな感じ〜!

磯坊主4
新鮮な磯の幸を、店員さんが七輪で焼いてくれます。

磯坊主5
うわっ!こんなに贅沢に "ウニ" をいただいちゃうのぉっ??

磯坊主6
(確か、、)つぶ貝の串焼きマグロのカマ焼き + 梅酒

ペタさんに、「こうやって食べるんだよん。」とお手本(?)を
見せながら、あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。

店の前で "一次会メンバー"の記念写真を撮って、
磯坊主7

PM 8:30 からの二次会(本会だけど)の会場(居酒屋だけど)へ。

一休1 一休2
参加者は、私の勤めていた会社の"西東京店""立川店"と、他拠点の有志

一休3 一休4 一休5
ほどんどの人が、10年〜20年も苦楽をともにした仲間達!みんなイイ奴です!

またまた あっという間に楽しい2時間が過ぎて、"三本締め" でお開きに
しようという時、突然ペタさんが
「ボクに 一言いわせてくださいっ!」と立ち上がりました。

私に緊張が走ります。(訳せるのか 自分?)

「ボクは、ずっと日本に憧れていました。そしていつか日本に行きたいと思って
いました。素敵な女性と出会い(あ、私のことです )、親切なみなさんと出会い、
今 ボクはここにいます。もうすぐドイツに戻らなくてはなりませんが、みなさんに
歓迎された 暖かい思い出を心に留めて、ボクはドイツに帰ります。」
(ペタさんは感無量でウルウル 、私は必死

会場内 「うぉ〜〜〜っ!」 と ヤンヤ ヤンヤ です。

ペタさん、みんなと交流できて 本当に嬉しかったんでしょうね。
涙も我慢しないで かっこ良かったです。

結局 "三本締め" は忘れ去られ、いくつものカメラで記念撮影。
(店員さん、ご協力 ありがとうございました!)
 
一休6

お腹いっぱい、胸いっぱいになった、帰国最後のイベントでした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
日本帰国...その13:最後のイベント
2012年03月12日 (月) | 編集 |
ドイツで いくらガッカリなことがあっても、ホームシック(das Heimweh) に
かからなかったのですが、、、

1月28日の晩、日本でかかりました。 (ドイツに戻りたくないよぅ!)

ペタさん:「(ウルウルしてます)、、あと3日間しかない、、。
うん、うんと、うなずく私、、。 あとは2人でシクシクです。

でもっ日本滞在11日目の1月29日(日)。
今回の帰国、最後のイベントがあります!
「宴会〜〜っ!」 って、もちろん夜からですが。
(ペタさんは、「カラオケも行くのかな?」と、そわそわしてます

で、この日の午前中は ペタさんと散歩に出かけました。AM10:00頃出発。
会社を辞めて ドイツへ引っ越すまでの約2ヶ月間に、よく母と歩いた
朝の散歩コースです。

家を出発して、ほんの5分ほどで
散歩道1
遠くに 秩父(ちちぶ)の山々が見える、開けた場所に出ます。

散歩道2
散歩コースの途中で、天気がいい日は富士山も少し見える場所があります。

散歩道3
雪の残る 茶畑をぬけて ( 狭山茶どころ〜

で、まず 私の第1休憩地点( 徒歩 約40分地点)
  ↓  ↓  ↓
狭山湖(山口貯水池)に到着です。東京の"水がめ"となる、大きな人造湖です。
狭山湖5

西武ドーム(写真 左奥)の方へ向かって続く、堤防(長さ 約700m )からも
狭山湖4

狭山湖2
天気がいい日は、「富士山」が見えます。

この日は すっごく風が強くて寒かったのですが、
狭山湖3
滅多に見られない、いい景色が楽しめました。

狭山湖6
反対側には、東京スカイツリーなんとか見えるんですよ。

狭山湖1 狭山湖7
狭山湖は、日本の"ダム湖百選"にも選ばれています。
"ダム湖百選"って何だ?と思って調べたら、、、
こんなのでした(手抜き?)→ → リンク Wikipedia「ダム湖百選」
      もうひとつ → → リンク ダム水源地環境整備センター「ダム湖百選」

この狭山湖周辺は、桜の名所でもあります!
狭山湖(去年)1 狭山湖(去年)2
         ※写真は去年(2011年)4月に撮影

なんか、地元の特派員みたいになってますね。

堤防を渡りきった先にある、狭山不動尊山口観音というお寺に寄って、
狭山不動尊 山口観音
       狭山不動尊             山口観音
電車に乗って帰ります。(というのが、私のお散歩 徒歩 約6kmコース
狭山不動尊では "鐘" がつけます。
ペタさんが "そ〜っ" と ついてたのが面白かったです。(思い切って行け〜!

家に戻ったら、と、彼女と、彼らの犬(チワワのメソちゃん)が来てました。
メソ う、この子も可愛いし。
※お預かり猫のフウちゃん は、どこかに隠れてしまっています。可哀想に、、。

彼らも昼食がまだだったので、4人で近所の"丸源ラーメン"に行きました。
肉そば(もちろんラーメン)」と、食後の100円ソフトクリームが好きで
よく行ったところです。

肉そば1
私は普通に「肉そば」¥682。

肉そば2
ペタさんと弟の彼女は「野菜肉そば」¥819。(どこから食べるんだ?)

肉そば4 肉そば3
欲張って、餃子に唐揚げもっ!       店員さんは「肉そば命」です。
                     (私はラッコ命!)

お腹いっぱいになって 家に戻った後は、ペタさんがドイツで撮った写真を
弟たちに見せながら、熱心に説明し始めました。(お話好きなペタさん)

ペタさん:「これはカーニバルのパレードでね、家の前をこんな行列がね、、。」
     「背中には、こんな麦の殻を突っ込まれてね、、。」
、、、で、ペタさん、いつ 外壁のカバー取り替えるつもりなの、、?
    ( 前日 "シュヴァーベン人の血"が騒いだやつのことです)

結局 ペタさんの話は止まらず、宴会へ向かう時間になりました。 PM 6:00
PM 7:00立川駅 集合です。(1次会 のために

、、あれっ?? 宴会の話まで、また到達しなかったぞ、、。

すみません、、またしても "つづく" です。


<おまけ>
"ダム湖 百選" のHPを見てたら、こんなのがありました。
「ダムカレー」

う〜ん、なるほどね、、、。 確かに "ダム"カレー 。
「よし、私もやろう。」とは思いませんが、ちょっと面白かったです。
   → → → リンクはコチラ(ダム水源地ネット)です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


日本帰国...その12:これぞ、シュヴァーベン魂!
2012年03月05日 (月) | 編集 |
京都・大阪から戻って、まず楽しみだったのが

お預かり猫の"ふうちゃん"に会う事。
京都・大阪旅行へ出かける前日の夜に会ったきりです。
ふうちゃん1(1月27日夜)

3日間見ない内に、ずいぶんとアグレッシブな猫になっていました。
ふうちゃん2 ふうちゃん3


で、本題の1月28日(土)。日本滞在10日目です。
ペタさんのシュヴァーベン人壊れてるものは直したい血
実家にきてからずっと騒いでいたらしく、

このカバーがもう割れててよくないから、交換しなくちゃ!」
(補足)このカバーって:室内のエアコンから壁の穴を出て室外機までのびてるホース類を保護する為のプラスチックのカバー

この障子 破けてるから、張り替えなくちゃ!」

網戸も外れやすくなってるから、直さなくちゃ!」

「お風呂場のシャワーの付け根が、裂けそうになってる!」

「お母さん、これ(アコーディオンカーテン)替えたいって言ってたよね!」

、、、あのね、、、ペタさん ここに永住してくれるんなら、まだ充分時間あるからいいですよ。 でもね、、。

ペタさん:「何か出来る事、したいんだよぉぉっ!」

お、、、OK、OK。 んじゃ、エアコンの外のカバー交換と、母の希望の
アコーディオンカーテンの交換をお願いしましょうかねぇ。

その為に必要な物は、今付いてるのとほぼ同じ大きさのプラスチックのカバーと、
外壁の穴とカバーの隙間を埋める為のパテ(粘土みたいなやつ)

そんなの大型ホームセンターに行かなきゃ、無いじゃないのん!

と 言うわけで、母も一緒に3人で (zu dritt) 大型ホームセンターへ。

カインズホーム1 AM 10:30

カインズホーム2 カインズホーム3
まぁ、広い、広い。(で、楽しい、楽しい)
ドイツの Baumarkt バウマルクト:ホームセンターも広いですが
日本のも負けてないですよね。(こういう場所は、私もペタさんも好きです

ただ、今回探し求めてた品々は結構マニアックな物なので、
お店の人に聞いても なかなか見つけられなくて時間がかかりました。

他にも 必要そうな物(配管補修用テープとか)を調達して家に戻ったのが
PM 1:00 過ぎ。 昼食を食べて一息入れたら、もう結構な時間です。
PM 5:00 に、古くからの友人Yui 国立(くにたち)で会う予定があったので
結局 作業は翌日に持ち越しとなりました。
ま、とりあえず必要なものがそろって 一安心。



国立駅には 家から電車で約30分位で着くのですが、乗り換えが3回もあります。
"Wir müssen dreimal umsteigen."  慌ただしい(hektisch)です。

ちなみに "国立"(くにたち)という名前は、国分寺〜立川の間に新しくできた
 地区のため、両方の一文字をとって 国立としたそうです。

国立駅 国立 白十字
JR 国立駅(南口)          待ち合わせした"白十字"(ケーキが

Yui は、私のバンド仲間の一人でありまして、担当はベースでしたが
横浜の教会でオルガン(die Orgel)も演奏しちゃうほどピアノとかも上手です。
"Er ist katholisch."
仕事の傍ら、格闘技と護身術の講師もやったり 彼はとても行動派 です。
(いつも前進し続ける姿勢、勇気づけられるし、ぜひ見習いたい、、。)

白十字でおいしいケーキセットをいただきながらの、あっと言う間の2時間でしたが、ペタさんもまた新しい日本の友達ができて喜んでいました。

その日の夜は、月も笑っていましたよ!
笑う月1

笑う月2 にっこり?

ペタさんは、「こんな月、見た事ない!」って驚いていました。
ドイツでは、こんな風に欠ける月はないのかな、、?


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


日本帰国...その11:またね、大阪!(海遊館)
2012年02月29日 (水) | 編集 |
ご注意:力いっぱい 長いです。

日本滞在9日目 1月27日(金)。

大阪在住20うんの妹
「大阪観光と言えば、通天閣〜、道頓堀〜、ユニバーサル スタジオもあるけど
やっぱ、花月で漫才っしょ! 」と、アドバイスをもらったのですが

ペタさんに漫才は、ねぇ、、

いかにも大阪っぽくて、心魅かれる場所はいろいろあると思うのですが
大阪には"海遊館"もあるじゃないですかっ!
しかも、ラッコ( der Seeotter )のいるっ!

実は私、ラッコ命! (`へ´*)ノ Seeotter ist mein Lieblingstier!
 以前(相当 昔のことです)趣味でホームページを立ち上げていて
 ラッコのいる水族館訪問記・宇宙についての勉強・PCで描いたイラストなどを
 紹介していました。

というわけで、ペタさんには有無を言わさず 海遊館に決定です!



さっさと朝食をとり、AM 8:30 にはチェックアウト。

朝の大阪城も見ておこう(欲張り)ということで、一旦また大阪城へ。

親切な(?)おじさんが、「ここ、ベストショット ポイントね!」と
教えてくれたところから パチリッ
大阪城9 なるへそ、いいね

結局、大阪城周辺を散歩して、1時間ほど費やしてしまいました。

ホテルそばの天満橋駅から電車で約20分(大阪港駅)、更に徒歩10分程で
海遊館1
海遊館 に到着です!  AM 10:30 頃

海遊館2
お、入り口にはドイツ語でも "Willkommen im KAIYUKAN"3格ですね)
※もちろん、ドイツ語のパンフレットもありましたよ

一面ブルーの海中トンネル(残念!写真なしです)→ 日本の森 を抜けて
エスカレーターで、まず一気に8Fへ上がります。

すると もう、いきなり ラッコの水槽 です! わー! 久しぶり〜!
ラッコ1

ラッコ2
ちょうど お食事タイムが始まっていました!"Mahlzeit!" AM 11:00

ラッコ3 んちゅっ

ラッコ4 ラッコ5
この水族館のラッコは、イカ(der Tintenfisch)や(der Lachs)、大アサリなどの二枚貝(die zweischalige Muschel)、カニ(die Krabbe)、ウニ(der Seeigel)などを食べているようです。
ラッコって、超グルメ!
Der Seeotter ist der größte Feinschmecker!

この日は何をもらってたのかなぁ。写真撮るのに夢中で、解説を何も聞いてなかった、、。

ラッコは食事が終わると、水面でぐるぐる回転しながら
 毛づくろい(グルーミング)を始めます。
 ちっともジッとしていてくれないので、なかなかいい写真が撮れないんですよね。

ラッコ7 ラッコ8

でも、数枚は可愛いのが撮れましたよ!(あ〜、可愛い〜 )自己満足の世界
ラッコ12 ねっ

ラッコ9 ねっ、ねっ

ラッコ10 ラッコ11
ラッコはイタチ科(die Marder)の動物で、私はイタチ科の動物が大好きです。
(つまり カワウソder Fischotter とかも。)
日本ではずっと、フェレット(das Frettchen)を飼っていましたよ。

ラッコ6

私の友達(munyさん)がラッコ情報満載のHPを作っています!
 可愛いラッコたちの画像もいっぱい!ぜひご紹介させてください。
    → → →「らっこ!らっこ!ラッコ!」

ラッコの水槽は離れがたいんですが、、、 次 行きます。

アザラシ
そっくり返って泳ぐ アザラシ

グレートバリアリーフ
サンゴ礁の海

イワシとサメ
イワシの群れとエビスザメ

ナンヨウマンタ
ナンヨウマンタ

ジンベイザメ
ジンベイザメ

期間限定展示のアオリイカ
期間限定展示のアオリイカ

期間限定展示のタチウオ
同じく期間限定展示のタチウオ

カマイルカ
2頭のカマイルカ

また、いくつか動画を載せましたので、時間があれば見ていってください。
(肝心な、ラッコの動画は 撮り損ないました、、。超がっかりです
  ↓  ↓  ↓  ↓
[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS

PM 4:25 大阪(伊丹)空港発の飛行機に乗らないとならなかったので
後はなんだか駆け足で 海遊館のお土産ショップを見て回ったり、
隣接の"なにわ食いしんぼう横町"をのぞいたり。

なにわ食いしん坊横町1 なにわ食いしん坊横町2

なにわ食いしん坊横町3 あ、ダイハツの三輪車!

なんか、ここも面白そうだったなぁ。(たこやきだけは食べてきましたけど)

大阪港駅〜梅田駅〜大阪(伊丹)空港〜羽田空港〜実家着はPM 9:00

慌ただしかったけど、とても充実して 楽しい京都・大阪でした!

、、、このシリーズ、もう少し続きます、、。
よかったら、どうぞおつきあいください。


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


日本帰国...その10:大阪です!(老舗料亭 天満 相生楼)
2012年02月26日 (日) | 編集 |
大阪市の大川に架かる"天神橋"からのキレイな夜景に
天神橋からの夜景
うっとりしたところからの続きです。

この天神橋、明治初期までは木製の橋でしたが、大洪水で橋が流失したのち
ドイツから輸入した鉄製の橋として生まれ変わったそうです。 へ〜!
(昭和初期には、また架け替えられたようですが)

天神橋を渡って、約10分ほど歩くと
天満 相生楼(あいおいろう)に到着です。PM 6:30
相生楼1 相生楼2
ここは 大阪天満宮 のすぐ近くで、川端康成の生家があった場所だそうです。

あらかじめ この時刻で予約(要予約)をしていたので、時間ぴったり!
さんざん引っぱりまわしたとは、一旦ここでお別れ。「また後でね〜

先日のブログでも触れましたが、夫の "成(なる)さん" がこのお店で
板さん(der Koch)として、もう28年間働いています。 父の三回忌の時には、
「フグ」(der Kugelfisch)をいっぱ〜い さばいて送ってくれました。
そのフグの件の過去ブログは → → → コチラです

で、案内された部屋が、、、
相生楼3
ひ、広すぎます。・・・ペタさんと私、言葉がでませんでした。

懐石料理1
すでに配膳されていたお料理。箸袋には、「寿」の文字が。
帰国がてらの新婚旅行ということで、気を使ってくれたんですね!m(_ _)m

懐石料理2 
卵豆腐としめじのお吸物

懐石料理3 
お刺身

懐石料理4 
メバルの煮付け

懐石料理5 
蟹ミソスープ

懐石料理6 
炙りホタテ

懐石料理7 
成(なる)さんスペシャル:ユリ根饅頭 鶯あんかけ

懐石料理8 
モチモチ柔らかいお餅の中に、ユリ根・ひき肉・エンドウ豆が入っています。

懐石料理9 
初もののタケノコご飯と、お味噌汁

懐石料理10 
デザートに洋梨とイチゴ

お料理は見た目も gut ですが、味もしっかりしてて、とても美味しかったです!
部屋には、女将さん(若くてとても感じのいい方)も挨拶に来てくれて、少しお話ができました。

私「ここは、成さんが すぐそこの天満宮で挙式を挙げた後の披露宴で
 来て以来、約20年ぶりなんです。」← そ〜なんですよ。

女将さん「まぁ、そうですかぁ。あかりちゃん(妹達の娘:20才)も時々
  厨房のお手伝いにきてくれてるんですよぉ。」← へ〜、そうなんですか。

2時間かけて ゆっくり、たっぷり美味しい日本料理をいただいて、帰りには
女将さんや成さんとの記念写真を撮らせてもらいました。
私たち親戚は、成さんのことを「日本のペタさん」と呼んでいるので
ダブル ペタさん(ペタ& ペタ)の写真ゲットです。

成さん、ごちそうさまでした!本当に美味しかったです!Köstlich!
今一度、天満 相生楼のご紹介 → → → コチラ(ぐるなび)です

で、次の目的地達の住まいへ。

天神橋筋
相生楼そばの天神橋筋商店街日本で一番長い商店街だそうです)を歩いてすぐ。

目的というのは、妹の所で、お風呂を使わせてもらうことです!
の住むマンション内には、なんと温泉浴場があるのです!
おかげで久々に足をのばして、ゆっくりお風呂につかれました。
ペタさんも、妹の息子達と お風呂を満喫したようでしたよ。

お風呂から妹達の住まいに戻ってほどなく、成さんも帰ってきました。
と成さんが つまみを作ってくれて、プチ宴会。

ホテルにタクシーで戻ったら、もう夜中の1時半
(タクシーの運転手さんも、ドイツをバスツアーで旅行したことが
あったそうで、短い時間でしたが 楽しいお話ができましたよ。)

この日は、妹や成さんには、ほんっとに良くしてもらって
彼らの娘・息子達とも とても楽しいひとときを過ごせました。
ペタさんも、新しい親戚にとけこんでて良かった〜!

・・・つづく( 翌日は海遊館です )・・・



<おまけ>
相生楼での食事の際に飲んだお酒。
呉春
"呉春"(ごしゅん)という、大阪は池田の地酒です。
甘口でも辛口でもなく、まろやかで 飲みやすいお酒でしたよ。
帰りの大阪(伊丹)空港内の「空港銘酒蔵」で母への土産に買いました。
(1800ml 購入価格2059円)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村