ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
いよいよ大詰め(^_^)(帰省話・・でも9月の)
2015年01月30日 (金) | 編集 |

うほほ!(^◇^;)
ちっともドイツ情報でない話ですが、いよいよ大詰めということで
9月の帰省話の続き。

9月15日(月)のドイツへの帰国を目前にして、
「あそこに行った、アレは食べた、誰々さんに会った、あれは買った、、
と、約2週間の帰省中にやりたかった事はだいたいやったな〜という中、
「しゃぶしゃぶが食べたい!
が残っていたので、『ごろにゃん』をしました。

気軽に食べ放題できるとこがいいわ〜と思ってたので、
何度か行った事のある "しゃぶしゃぶ温野菜" でいいかと考えていましたが、
同様に食べ放題ができるしゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉というお店が
近くにもある事を知ったので、
ドイツへ戻る前日、9月14日(日)に家族でランチブッフェに行ってきました。

しゃぶ葉1
しゃぶしゃぶブッフェ しゃぶ葉(所沢店)


しゃぶ葉2
お肉は『注文形式』でたのめますが、野菜などそれ以外の具は
『セルフサービス』。好きなものを好きなだけ取ってこれました。

茹で汁(だし)を2種類選べるのは、しゃぶしゃぶ温野菜と同じですね。


しゃぶ葉3
私は たれは胡麻だれ派。(ポン酢も好きだけど)


しゃぶ葉4
夜(ディナー)はお酒の飲み放題があるんですねー。
(ようし、次こそはコレだな!)

お腹いっぱいになった後は、急いで荷物をまとめないとならなかったので
そのまま家に直行。(ドイツに戻りたくないよ〜〜〜

鷺宮製作所
"しゃぶ葉" から家に向かう途中にある『鷺宮製作所 所沢事業所』

私にはこの看板も、この土地に来た中学時代から知っていて
とても馴染み深く懐かしいものですが、
ルーズベルト・ゲームの青島製作所はここがモデルなんだよ。」
弟が教えてくれました。

(あのドラマも面白かったな〜。え?なんでドイツにいながら知ってるかって?
ほほほ・・・ねぇ?)

投手の沖原和也役を演じた役者(工藤阿須加さん)は、
かつての西武ライオンズの投手、工藤公康さんの息子さんなんですってね!?
阿須加さんは野球経験がないそうだけど、
投球フォームとかとても様になっていたと思うなー。
テニスの腕前は相当のようです。


9月の帰省もまたペタさんをドイツに残しての1人帰省だったけど、
楽しかったな〜。

母との岐阜プチ旅行もとても楽しかったし、
大好きなラッコにもサンシャイン水族館でいっぱい会ってこれました。

帰省してすぐにサンシャイン水族館の『年会員』になった後、
この2週間の帰省中に4回はラッコ達に会いに行きましたよ。

ラッコのミール
ロシアラッコのミール(メス)に、


ラッコのロイズ
アドベンチャーワールド(和歌山 南紀白浜)出身のロイズ(オス)。
また会いに行くからね!元気でね!


カワウソのやまと1
コツメカワウソのやまと(オス)。
またお散歩の様子を見に行くからね!


カワウソのやまと2
ふにゃ〜、、可愛い、、、(今の私、パタリロ顔)


カワウソの赤ちゃん
産まれたばかりだった2匹の赤ちゃんも、もうだいぶ大きくなってるだろうね。
名前はもうついたのかな?

日本の水族館のラッコたちの情報や、サンシャイン水族館のラッコや
カワウソたちの様子は、友達のHPらっこ!らっこ!ラッコ!
画像や動画で知る事ができるので嬉しいです。
(munyさん、更新も大変でしょうけど、いつも楽しみにしてますよ


そして、帰省中の最後にサンシャイン水族館に行った時に見たポスター。
 
朝日のような夕日をつれてポスター
思いおこせば、1985年
紀伊國屋ホールで公演された、劇団『第三舞台
『朝日のような夕日をつれて '85』という作品を観て以来、演劇にはまり、
第三舞台の公演に関して言えば、2001年の『10年間封印公演』の
『ファントム・ペイン』まで、全ての公演を観たはずです。
一時期は舞台に影響を受けて、舞台役者を目指そうかと考えた頃も
ありましたな〜。うんうん、若かったからねー。

この『朝日のような夕日をつれて 2014』の公演も、もっと早く知っていれば、
もしかしたらなんとか観ることができたかもな〜。残念、、、。

(第三舞台 公式ホームページ サードステージ

第三舞台以外にも、三谷幸喜さんの作品や、G2 プロデュースの作品が
特に好きで、その他の劇団の作品も合わせて
月に2回は何かしらの演劇を観に行っていましたよ。

当時はそういった舞台で私が観ていた役者さんたちの中にも、
いまやテレビドラマで活躍されている方がたくさんいますねー。


そうだ、帰省中にやりたかった事で、やれなかった事は
お一人様カラオケ
近ごろの歌は全く知りませんから、聖子ちゃんでも明菜ちゃんでも
レベッカでもプリプリでも、大声で気のすむまで歌って来たかったな。

一度、こっちでボウボウ(畑道)を歩きながら歌ってたら調子づいてきて、
どんどん大声になってきて、後ろから自転車に抜かされた途端、
「うにゃうにゃ、、、」と小声になってしまいましたが。
とにかく歌でも、応援でも 大声を出してみたい。


まぁ「次こそは、次こそは!」と日本でやりたい事を思い浮かべながら、
次回の日本帰省を楽しみに過ごす日々でございます。


ドイツへ帰る日
ドイツへ戻る日、羽田空港に向かうリムジンバスの中から。

そう言えば、この9月の帰省よりひとつ前の帰省の際に、
夜中の1時に飛ぶ、羽田発の飛行機に向かう途中のリムジンバスの中で
今思い出しても嬉しくて泣きそうになる出来事があったのですが、
それはまた別で書いてみたいと思っています。

とにかくこれで、ひとまず9月の帰省話はおしまい。
とは言え、日本でビックリした事や、感激、感心した事など
ちまちま書きたいと思いますので、
一緒に「ほ〜、そうなんだ〜?」と感じてもらえる事があるといいな。



<おまけ>

超熟』野郎抱きかかえてドイツに戻るのが私の通例となりつつありますが、

速攻で超熟
この帰省から戻った時は、翌日に一気に食べてしまいました。
冷凍してしばらくしてから食べるつもりだったのに〜!
超熟野郎の誘惑に勝てませんでしたよ、、。 ばかばか〜!


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

そうこうしている内に、1月も終わってしまうのか、、。
ついこの前「あけおめ〜」とか言ってたばかりなのにね。(>_<)



スポンサーサイト

『超高速!参勤交代』(映画)でほっこり(^_^)
2015年01月20日 (火) | 編集 |

年末年始の日本帰省の話が書かれているブログを
「いいな〜」
とアチコチ覗かせていただきつつ、
そのどさくさにまぎれて自分の9月の!帰省の話を続けちゃう。
(もうちょっとで終わるからねー、多分、、、)

日本への帰省では1人で帰るなら、映画観たいわ〜!」と思うので
この時もなんとか時間をやりくりして、たった一本だけですが
これ、観て来ましたよ。
 
DSCF0892.jpg
9月12日(金) 超高速!参勤交代

帰国前に「ちょうど何を上映してるかな〜。」と調べていて、
なんとなくこれが一番面白そうだったので。
(まだ観れるかな? 超高速!参勤交代』作品情報)

6月から公開されていたようで、もう上映期間ギリギリ間に合いました。

でもって、すごく面白かったですよ!

登場人物のキャラクターも、それを演じる俳優たちもすごく良かった。
兵庫、福井、山形、静岡がロケ地という風景も「あ〜、日本だ〜
とても心が癒されましたし、
なにより『佐々木 蔵之介』さんが大好きになりましたよ。

笑って、ハラハラして、ほっこりした映画。
これはもう、DVD買っちゃうね、きっと。


実は同じく、これ、るろうに剣心も上映していたので
すっごく観たかったんですけどね、
(るろうに剣心はアニメを観てましたね。1996-1998ですかー。おろ〜)

るろうに剣心
この映画は『2部作』で、その完結編がなんと翌日の
9月13日からの公開だったので、『完結編は観に行けないや』と思い
残念ながら断念 xxxx


更に残念なのはこれっ!
 
映画妖怪ウォッチ
12月20日 ロードショーーーー!?

(同じく観にいけな〜〜〜い!)

ジバニャン フユニャン
ジバニャンが "いらっしゃい" ゆーとるし、
フユニャンが "待ってる" やんか〜〜〜!

日本のチビッコ達がうらやましい、ドイツ在住のおばさんです。
(まだ上映してるの〜?面白い〜?)

おっとっと、、、

とにかく自分の好きに行動して、好きなものを見たり食べたりできるのは
1人での帰国のいいところですね。(ごめんな〜、ペタさん)

次の帰省は、ペタさんも一緒がいいけど。どうかな〜、無理だろうな〜。
ま、一人でも帰りますよ。




<本日の飯テロ>

あさりの味噌汁

映画を観た後は、電車で昭島に移動して、
毎度の美容院でカット&カラー(私の場合は白髪染めともいうね)
してもらって、毎度のフードコートの銀だこでたこ焼き食べて、
同じくリンガーハットで皿うどん食べて、キディランドでリラクマをあさってから
大満足で家に帰ると、
私のドイツ生活ではお目にかかれない『あさりの味噌汁』

と、

ナスのなんか
ナスの何か (焼きナスですかね?これ。おかん様?)が
私を待っていてくれました〜。

たこ焼きも皿うどんも美味しいですけどね、
おふくろの味ならぬ、おかんの料理
一番のほっこり でございます。

いつもありがとね!m(_ _)m



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

業務(?)連絡〜:メールが見れませ〜ん。
メインで使ってるメールアドレスが停止中で〜す。(>_<)



また元気をもらうよっ!(バイク屋の仲間たち)
2015年01月16日 (金) | 編集 |

今回の年末年始はドイツにいて、ペタさんも土日祝日関係なく
夜勤仕事だったので、クリスマスも年末年始もひとりでポツネン
過ごしておりました。(さみしかね〜)

しかーし、1月2日からはもう、新しいバイトが始まっております。

日本食レストランで週二回の夜の給仕の仕事なのですが、
私には未知の世界

日本でバイク屋に就職する前にやっていたバイトって
『ツナギ』着た仕事がしたくて、ずっとガソリンスタンドでしたからね。
(当時は今みたいな"セルフ"のスタンドってほとんど無かったね)

『接客』をすると言う点では、ガソリンスタンドも、バイク屋も、
今回の給仕の仕事も基本は同じですが、

やはりとても難しい。

何事も始めはうまくいかないし失敗もする。
6時間ずっと、立ち歩き続けるのも今はまだ辛い。
(バイトの次の日は、夕方になってやっと復活してる。。。)

店にかかってくる電話にも、気合いで出てみるも、
相手(ドイツ語の人)が何を言ってるのかがちゃんと把握できず
店の人に代わってもらう始末。

もう少しこの仕事に慣れてくれば、気持ちも体も
楽になってくるとは思うのだけど、
今は仕事の事を考えるととてもナーバスになります。


なのでまた、日本の職場での仲間たちと過ごした帰省の話(秋の事じゃが)を
ここで持ち出して、少し懐かしい思いでに浸り、元気を出そうと思います。

(というわけで、なんと 2014年9月11日 木曜日のお話)

この日の午前中は、またまた『サンシャイン水族館』愛しのラッコ
会って来て、かつての職場に着いたのは午後1時頃。

ドリーム西東京1
ホンダのバイク屋勤務21年間のうち、2004年11月11日オープン(だっけ?)から
2011年3月末に退職するまでの約5年半お世話になった
ホンダドリーム西東京

帰省の際は必ず一度は「よっ!元気〜?と顔を出しに行きます。


ドリーム西東京2
店内の様子は前回の帰省の時と変わらないけど、今回は初めて会うスタッフが2人。
軽く自己紹介をすると、
「あぁ、あなたが。」と、私の事をご存知なのが
嬉しくもあり、気恥ずかしくもあり。

懐かしの店内をプラプラ歩いてみると、
いましたっ!『クマモンキー』
 
クマモンキー1
モンキー くまモン バージョン


クマモンキー2
以前書いたブログでも「欲しいな〜!」と書いていますが、

実物見たらホント可愛くて、ますます欲しくなりましたね。


クマモンキー3
ハンドルを折り畳んで、スーツケースに入るかな?


NC750X
ドイツでも販売されているNC750X

でもドイツには、この色(ブルー)のはありません。
(その代わりに レッドがありますよ


約1時間くらい、K店長、営業のK氏、ピットのNちゃん、Y君と
再会を懐かしんで、

今晩8時半、立川でねっ!

と、一旦 店を後にしました。

つまり、そう!この日の夜は恒例の立川で飲み会!です。


前回のみんなとの飲み会『焼き鳥屋』でしたが、
今回も私が「ぜひ、焼き鳥で!」と強く要望し、

立川鳥貴族1
今回はこちら、鳥貴族です。

それではこれより『飯テロ』いかせていただきま〜す!
 
立川鳥貴族2

目の前に座っていたMちゃんが
「まーた写真撮ってるよ〜!」と笑っていましたが、
当然よっ!私のドイツ生活では、もうお目にかかれないものばかりなんだから!


立川鳥貴族3

これもっ!

立川鳥貴族4

これもっ!

立川鳥貴族5

ぜ〜〜〜〜んぶっ!

立川鳥貴族6

ああ、日本がいいわ、、。

立川鳥貴族7

自分が自分の『飯テロ』にやられてしまいますわね、、。(腹減った〜)


飲み会集合写真1
今回も忙しい中集まってくれた仲間たち!(ホントにありがとねー)

前日(9月10日)は『サーキットミーティング in 袖ヶ浦』という
イベントがあったので、引率、先導等でお疲れだったはず。

このイベントの様子はドリーム横浜都筑が紹介しています。

この日の飲み会で撮った写真に写る私は、
どれもすごく楽しそうで、

仲間達の笑顔を見ていると、私も自然と笑顔になります。

飲み会集合写真2

みんな、いつもありがとうね!
体に気をつけて、これからも頑張って!

私も頑張ります。ってかマジ頑張れ!自分っ!(ぼふっ!)




<おまけ>

私がバイクに乗ってて、楽しかった事のひとつがこの感じ。
 


「あ〜、わかる、わかる〜!って思いましたよ。

(アタイ、かっこいい?みたいな〜)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

では、バイトに行って来ます。。。



もう一度あのラケットを(^_^)
2014年12月22日 (月) | 編集 |

私とテニスとの出会いは、ちょっと前に書きましたが( → ☆)、

今使っているラケットは、日本帰省の時に出会いました
(というわけで、日本帰省話のつづき〜。まだやってるんよ)

高校時代の懐かしのテニス話や恋話に、友達の『サキ』と盛り上がった
翌日(9月9日)の午後、
彼女がアルバイトをしているテニスショップを訪ねてきました。
(午前中はまたラッコを観に、水族館に行ったんですけどね〜)

そのテニスショップはこちら

テニスサポートセンター
テニスサポートセンター(仙川店) HP はコチラ


店内1
やー、テニスショップに入るのも何年ぶりなんだろう?
(数えきれないぶり、いや、数えちゃダメよぶり)


店内2
この訪問の日、9月9日は全米オープンテニスの決勝戦の日。
錦織選手が前日の準決勝でジョコビッチ選手を敗り、
日本人初の決勝出場を決めたスポーツ記事が貼られていました。

仕事中の店長に「こんにちはー、サキの友達でーす。」みたいな挨拶。
店長にしてみれば『サキって誰ぞやもし?だったでしょうね。

サキは丁度お昼休憩中だったようで、私はその間、店内を物色。

このお店は、中古のラケットも充実しているという話だったので
帰省前から、できれば1本調達してドイツに戻りたいな〜と考えていました。

プリンス1
ドイツでもまたテニスができる事になった時、プリンス』のラケットをと
考えていたのだけど、ドイツでは『プリンス』見つからなかったんですよねー。
(ドイツでよくみるのは、ウィルソン、ヘッド、バボラ、ダンロップとか)

プリンスのラケットは一番直近まで(とはいえ、相当昔の事)使っていて
すごく使いやすかったんですよ。

なので、まよわず『プリンス』の中から決めようか?

プリンスグラファイト
おおっ!これは私らの時代には 9万円もした
伝説の(?)プリンス『グラファイト OS』ではないかいっ

でもって、「安っ!」(買っちゃう?)


ヨネックス
ヨネックスもホント打ちやすいラケットだったけど、
ウチの高校の部活では、み〜んな『ヨネックス』使ってたから
私はそれがイヤで使わなかったんだよなー。(ひねくれ者)

(サキから聞いた話では、当時のウチのテニス部は『ヨネックス』のご協力?が
あって、いくらか安く買えたんだったそうです。あー、だからか〜)


ケネックス
そんな私は プロ ケネックスを使ってましたね。
このブラックエースはフレームが硬くて男子向けだった覚えがある。
なので、かっこいいなと思ったけど別なのにしたんだっけな。

で、どれを使ってたのかもう忘れたので、ネットで画像を探してみたら、
ボロンエースてのがソックリで、多分それなんだけど、
どうやらそっちもフレームが硬く、やはり男子向けみたいだわ?
でも私にはそのボロン野郎、打ちやすくてとても気に入っていました。
(やっぱオレッチ、男子かにゃ?)

そしてなんと中古の ウッドラケット! おおぅ!
 
ウッド
しかもいい状態!非常にきれいだし。

懐かしいな〜!
ウッドのラケットを使ったことのある若者なんて、もういないでしょう?

私らが入部したばかりの時は、こういった 木製のラケットを使ってました。
確かフタバヤっていうメーカーのだったと思う。

時代はすでに、いわゆるデカラケ(面がデッカいラケットね)が
主流になっていた頃ではあったけど、『ボールを芯でとらえる』とか
『正しいフォームを身につける』とかそういった理由で
(そうじゃないとちゃんとボールが飛ばない)
すぐには『デカラケ』を使わせてもらえなかった。

でも「ウッドのラケットなんて、ダサっ!って思ってたので
その木製野郎を持って歩くのが、当時は恥ずかしかったですよ、、。

今こうして見ると、かっちょよく見えるから不思議。


で、結局 私が最初に買った『デカラケ』
先に出たプロ ケネックス』の"ボロン エース" で、
その後がブリヂストン』の "B10/02" ってやつだったかな?
その後、YAMAHA』の "グラファイト 75"
(当時は YAMAHA もテニスラケットを作っていたのです)

でももう記憶が、、。「確か〜、これ?」と画像を検索しての推測です。
(脳がもうあかんとです

そして休憩が終わったサキに、いろいろアドバイスをしてもらって、
メーカー(過去の使用感)、握った感じ、ブンブン振ってみた感じ、
色なども検討した結果、

ブリヂストン
ブリヂストンの1本を買って、ドイツに持って帰る事にしました!
(ドイツで売ってないし、きっとドイツで持ってる人いないぞ〜)

"ブリヂストン プロビーム V-WI オーバー 2.8"(2004年モデル)です。

傷もほとんど無く、とてもいい状態。
以前使っていた『ブリヂストン』がとても気に入っていたので
このメーカーは願ったり叶ったりです。

そして店長が忙しい時間を割いて、すぐにガットも張ってくれました。

ガット張り1
はい、 こちらがこの仙川店の店長です!       
若いわ、イケメンだわ、優しいわ (一緒に飲みに行きたいわ〜)

隣りで "チョキチョキ" してるのが、私の高校時代のマドンナ、サキちゃん。
今でも都内のテニスのダブルスで優勝しちゃうお人です。
やはりスポーツをし続けていると、健康的で無駄がなくていいですな〜。


ガット張り2
さぁ、今や "私のラケット" を、ガット張り機にセット〜オンっ!


ガット張り3
食い入るように見てたらやっぱ気が散るかしら?
でもこういった専用機器というか機械というか、美しいですね。


ガット張り完成
そして、あっと言う間に できあがり〜〜〜!(うれし〜!)
オリジナル商品の『ドライグリップテープ』もサービスで巻いてくださいました!


店長と
店長!大事に使いますね〜!(ありがと〜〜〜!)


そして偶然というものはあるもので、

こちらの会社の自社商品の開発担当のえらい方の奥様が、
なんと私とサキのテニス部の後輩 Kさんでした!
(私らが3年の時の1年生)

そして彼女も忙しい中 時間を割いて、こちらのお店に来てくれたのです。
しかも優しい店長は、「せっかくだから、3人でお茶して来ていいよ。」
仕事中のサキに 私達との時間をくださったのです。(てんちょ〜


抹茶クリームフラペチーノ
で、テニスショップの近くのスタバで、しばし懐かしの再会のおしゃべり。
(あたしゃ もちろん、『日本の!』抹茶クリーム フラペチーノ

その後またお店に戻って、みんなで記念写真を撮ったりして。

サキが楽しそうに仕事をしているところも見れたし、
ナイスなラケットも調達できたし、サプライズなKさんにも会えたし、
とても素敵な訪問になりました。
(店長、スタッフのみなさんもありがとうございました!)

「また、行くけんね!


そして大事にスーツケースに入れて、ドイツに持ち帰ったラケット。
(なんとか入ったよ)
 
初使用1
持ち帰って初めて使ってみたわけですが、
とてもイイです。(出会うべくして出会ったラケットやね)


初使用2
ドイツで買ったHEAD』野郎(左の)の出番が、今や無い程ですわ。


そして、実は前出のテニスサポートセンターで、この
『ひとり"コソ練" マシーン』も買ってきておりましたー!
 (もちろんスーツケースに入れて持ち帰ったんよ)
テニスヒット1
正式な商品名はテニスヒット(商品紹介はコチラ


2〜3回、テニスサークルの練習日(毎週日曜日)に持参して
この『テニスヒット』を使うための練習をしてみました。


テニスヒット2
テニスサークルでコーチもしてくれる Mさんにも打ってみてもらいましたよ。

私もちょっとだけ『コツ』がつかめてきた感じですが、

・・・自宅近所にこれを使って練習できる場所がありませんでした、、。

いえね、一応ウチの前は公園と空き地になっていて、
「あの辺の隅でなら、これ使えるだろうな〜。」と見当をつけていたので
サキのテニスショップから調達してきたのですが、

その空き地が『工事現場』になっていたんですよ、、。(何か建てるのか?)

というわけで、悲しいかなこの『テニスヒット』は保留中です。

"コソ練" して人知れず上手くなる予定だったのにぃっ!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

今日(12月21日)は、今年最後のテニス練習日でした。
来年もやるぞ〜〜(脂肪燃焼)、お〜〜〜っ!(^_^)




恋と友情とテニス
2014年12月02日 (火) | 編集 |

『青春時代』ってのは、
いつ頃をいうんでしょうかね?

近い範囲で人それぞれだと思うのですが、
私についていえば、漠然と16才〜22才頃かな〜と。
高校入学〜社会人として働き始めるまでの間って感じです。

その間の出来事を思い出すと「もんげ〜、小っ恥ずかしい〜っ!って事も
今はあ〜、青春してたよな〜。の一言で片付けられるわけです。
(現在のこの年でやったら「おいおい、何やっちゃってんの!?」でもね)


なにをいきなり、こんな話を始めたかというと、
9月の帰省の際に、もうほんと、高校卒業以来の友達と
会う機会ができて、当時の話で盛り上がったのが発端です。


2011年6月。私が最終的にドイツに引っ越すということは、
勤務先の人達くらいしか知らない程『こっそり』としたものでした。

つまり 私の『青春時代』を一緒に過ごした人達には、
誰にも知らせず日本を離れたわけです。

日本では、私は土日・祝日も勤務でしたから、就職してからは
めっきり友達と会える時間もなくなり、ずっと疎遠になっていましたから
「ま、このまま私がいなくなっても構わないよね。」と思っていたのです。

おつきあいが無くなっていても、何かあれば連絡がとれるだろう、
会えるだろうと、軽く考えていたのかもしれない。

10,000Kmの遠くに離れてから、もんげ〜後悔しましたよ。

そして今年の正月に帰省した際に、住所を知ってる友達数人に
『現在ドイツに住んでいて、今、日本の実家に一時帰省中です。
もし良かったらメールでもください。』

年賀状を書いて送ったのです。

その後は「どうしてるのかと思ってたよ〜。」と連絡をもらえて、
ドイツに戻ってからも、お互いのこれまでの事をちょっとずつメールで
知らせあったりする事ができるようになって。

でもやっぱり会っていろいろ話せるのが一番いいですよね。
ずいぶんご無沙汰で、デブ熊 になった自分を見せるのは
ちょっと恥ずかしいんだけど、、。

・・・前置きが長くなりましたわ・・・

そんな経緯を経て、9月8日(月)の夕方、
高校(K高校)時代の友達と立川で会う事になりました。

立川夕暮れ
(夕暮れ時の立川駅)

その友達は『サキ』。もちろんニックネームですが、
それが高校時代の彼女の呼び名。
私の高校時代のあだ名は『かっぺー』です。
("ダッシュ勝平"の "かっぺー")

どんなに月日が経っても私としては『サキ』『かっぺー』以外の
呼び方はあり得ないのです。

サキとは一度も同じクラスになった事がなかったけど、
部活(テニス部)で3年間一緒に頑張ってきて、
高校時代で一番仲が良かった友達です。

今回、ほんとに恐ろしい程に久しぶりの再会でしたが、
待ち合わせ場所に現れたサキは、すぐにわかりましたよ。

立川の駅ビルの上にある中華レストランに入って、
いっぱい料理をたのんだのはいいけど、それを食べるのを忘れるほど
いろんな事を話しました。

やはり共通の思い出である、高校時代のテニス部での話は懐かしく、
その話をしている内によみがえってきた』話。おろ〜っ

もうずっと忘れていましたね〜、、。

中学3年のときに、本来は別の県立高校を受験するつもりでしたが、
当時、私が片思いしていた男子のSちゃんが
K高校に行って、テニス部に入る』
と言ってるという情報を得た私は、

「何々っ!? では私もK高校を目指し、テニス部に入っちゃおう!」
と、恋のためにアッサリ方向転換したのでした。

(中学時代、Sちゃんはテニス部、私はソフトボール部)

その当時、K高校は公立高校の中で数少ない硬式テニス部がある高校で
そこのテニス部はインターハイ(高校の全国大会)に出場するほど
強かったので、中学のテニス部で頑張っていたSちゃんも
そこでインターハイに出て戦うことを目標にしていたんですね。

でも、SちゃんはK高校に落ちてしまいました、、。
( まじかよ〜!私は君のために頑張ったのにぃ〜!)

それでも私はその『恋』を諦めません!
『テニス部に入れば、いつかどこかの公式戦でSちゃんに会えるかも!』
やったこともないテニスを始めたわけでございます。
(これが私とテニスとの馴れ初め〜)

さすがにK高校のテニス部に入部するのは、あちこちの中学からの
テニス部 部長、副部長クラスの人達ばかり。

私は軽い気持ちで入部したものの、『野球部か?』ってほど
練習はキツいし、私はずっと一番へたっぴだし。

練習キツい、先輩キツい、顧問の先生も厳しいで、仲間が
たくさんやめていく中、私ももうやめちゃおっかな〜
思い始めた高校2年の春

新入生の体力測定かなんかがあって、私が『握力測定』を担当したのかな?
その際に、ある新入生男子に一目惚れしちゃったんですね〜。

名簿みて名前とクラスをチェックしたりしてね。
U君っていうのか、ふむふむ、、と)

そしてその日のテニスの練習中に、なんとビックリ
その U君隣りのコートにいるではありませんかっ!

「ぬぬっ!彼はテニス部に入ったのか〜っ!」

そうです。もう退部する気満々だった私は、
U君(を見続ける)のためだけに、結局 高校3年の最後の部活まで
テニス部に居続けたんですよね〜。バカでしょ?

だって最後までテニス部の部活を続けたのは、私含めて4人だけですよ?
他の3人は(もちろんサキもその中の1人ですが)
さすがにテニスも強くて、残るのは当然かもですが、
ソフトボール部あがりの一番へたっぴが、
最後まで『恋心』のためだけにコートに居続ける。

あー、恐ろしや『恋のパワー』。。。

バイトしたり勉強したり、もっと他の選択肢もあっただろうに、
私にはこの "恋の原動力" には逆らえませんでしたね〜。

その後も私の『青春時代』の間には、恋に友情、テニスにバンドと
いろんな出来事がつまっているわけですが、
すべてずっと忘れていましたね。

サキとのおしゃべりで、ほんとにたくさんの事を思い出しました。

そして今、冷静に当時を振り返ると、
『恋をした』ということが、その先の私の原動力だった事が
ハッキリわかりましたよ。(恥ずかしか〜っ!

ま、今後はもう『恋』とかそんな事は無いでしょうが、
友達の大切さが身に染みているし、この年でも、そしてドイツでも
テニスを楽しめるのは、あの頃の経験があったから。

思い切って昔の友達に連絡して良かった。
あの頃の自分に会えて良かった。

でもね、でもね、

こんな風に私に『恋のパワー』を与えてくれて野郎どもには、
もう絶対に会えましぇ〜〜〜〜ん!

たとえ彼らが現在 ハゲちゃってたり、メタボなオヤジになってても
きっと全然かまわなくて、それでも『素敵〜(?)』と思うかもしれないけど、

無理無理、無理無理。絶対ダメ〜〜っ!!
(それだけはもう、封印です)


以上、久々にアップできましたが、一応これは『日本帰省』のお話でした。

私ももうバイク屋でのバイトも終了し、12月に入っちゃって
こっちの様子も書きたい所ですが、
サキに会ったこの日の翌日、彼女が働いているテニスショップ
お邪魔してきた話も書きたいと思っておりますので、

話が行ったり来たりしますけど、良かったらまた読みに来てくださいね!




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

夜中の2時過ぎまでゲームばかりやってしまっています。。。
『プリチー、召還っ!』(誰か止めて〜〜〜っ!