FC2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
モフモフのオチリは結構エロいの(笑)
2019年03月04日 (月) | 編集 |

2月23日(土)

約半年ぶりに、あのモフモフ野郎どものところに行ってきましたよ(=^.^=)
 
アルパカ牧場1

モフモフ?・・・そうっ、アルパカです(^▽^)

半年前、散歩の途中で偶然見つけた『アルパカ牧場』

羊の大群かと思いきや、アルパカの大群だったという(笑)

その過去ブログが ☆こちら☆

あの時は敷地内で営業しているお店が閉まっていたので、
今回は営業しているのを狙って行ってきました。

お店の営業日:金曜日(14時〜18時)と土曜日(10時〜14時)

アルパカ牧場2



アルパカ牧場3
オープン直後の午前10時、一番乗りで入店〜(^▽^)

では、店内の様子をご覧ください♪


アルパカ牧場5

アルパカの毛で作った衣料品や小物がたくさん!


アルパカ牧場6
帽子に手袋、靴下とか、


アルパカ牧場9
ショールやセーターとか、



アルパカ牧場7
アルパカとか(笑)


アルパカ牧場8
アルパカの毛、ふわふわ〜。



アルパカ牧場10
とても柔らかくて素敵なショールなんだけど、お値段はやはり、、、
結構しますよね〜(^▽^;)


アルパカ牧場11
子供用のセーターとか、


アルパカ牧場12
キーホルダーとかもあります。



アルパカ牧場13
アルパカの毛が入ったお布団の上には、、、
『銀ちゃん』(うちによく遊びに来るニャンコ)に似たニャンコが。


アルパカ牧場14
「アルパカのお布団はぬくぬくなのにゃ〜」

おまえ、ええなぁ〜。。。


アルパカ牧場15
お外カフェ(笑)


アルパカ牧場21

なるほど、なるほどと思って、でもアルパカの放牧はまだしてなくて。

さて、帰るかな(はやっ!!)と思って外に出たら、

アルパカ牧場16
おや? ちびっこ達がアルパカと一緒に集まってるぞ?


アルパカ牧場17
一人一人が一頭づつ引いて、お散歩に向かうようです。


アルパカ牧場18
はは〜、そういう体験もできるのね〜。

行ってらっさ〜い!と見ていたら、


アルパカ牧場19
反対方向から、お散歩第一陣と思われるご一行がやってきました。
(ぞろぞろ、ぞろぞろ、、、)


アルパカ牧場20
そして私の眼は、アルパカ達のなんだかセクシーなお尻に釘付けでw

とにかく半年前とは違って、毛がモフモフとした本来の姿のアルパカは
とても可愛かったのです♪

いつか私もお散歩体験に参加してみたいな〜 (≧∇≦)




<おまけ>


アルパカ牧場4

普段けちんぼ、、もとい、倹約家のペタさんが、
なぜか買ってくれましたよ。。。(安かないのに、、、)

実にモフモフで暖かいです。

でもキッチンに立って汚れるのが嫌だから、履いてません(>_<)

ん〜、残念っ!!!(笑)



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

ハァ〜、もう3月ですね〜。
お雛様も出しそびれてしまったな〜。(*_*)
ってか、一時帰省までもうすぐじゃんっ!?



スポンサーサイト
モフモフ大量発生中〜(^▽^;)
2018年09月20日 (木) | 編集 |

ペタさんと散歩に出かける場合、
大抵は車で10分〜20分程度で行ける場所からのスタートでして、
いくつかおきまりの場所があるわけですが、

先日(9月8日)は、隣りの隣りくらいにある町、
Nürtingen(ニュルティンゲン)』の散歩コースを歩いてきましたよ。

ニュルティンゲン
『にゅるにゅる ニュルティンゲン』


この町の一角にVilla Rusticaと呼ばれる、古代ローマの別荘跡がありまして、
 

古代ローマ別荘跡1

この遺跡のそばに駐車してスタートです。


古代ローマ別荘跡2
この別荘は、西暦100年頃に創設されたもので、
ここバーデン=ヴュルテンベルク州にある、古代ローマの別荘の内の
最も大きなものの一つだそうですよ。

ここのことについても、いつかブログで紹介しようと思いながら、
ついに機会をなくしておりました〜。。。

当時としては "ハイテク" な、大衆浴場とか、床暖房などの暖房設備が
備わっていたようです。


まぁ、ここの話はさておき、、、


ニュルティンゲン散歩

何気に今日のこの散歩コースは、約1年半ぶりだったりします。

「結構暑いなぁ〜」(25度以上はあったな)と
汗をふきふき歩き、30分くらいで「もういいや〜」って感じ。。。


モフモフ1
暑いからもうこれくらいでと、車のところに戻ろうとしたら。
おやおや〜? 何かいっぱいいるぞ〜?
(なんだアレ、やぎかな?)


モフモフ2

近づいてみると〜、、、


モフモフ3
アルパカ〜!! (≧∇≦)
(数が半端ねぇ〜!!)


モフモフ4
みんな毛ぇ刈られてて、モフモフMAXではないですが。。。


モフモフ5
アルパカの "ユキちゃん"だ ?(^▽^)


モフダッシュ
後ろを振り返ると、別の『ゲート』がちょうど開いたところで、
他のアルパカたちが猛ダッシュ!!
(アルパカ、走るの速っ!!)

いや〜、こんなところが近くにあったなんて、知らなかったわ〜。
(ペタさんも知らなかったです)

ざっと 120頭くらいはいた感じでしたよ。

アルパカ牧場

まんま、『アルパカ牧場』でございました。

この日は土曜日で、アルパカ毛(笑)で作った製品を
販売しているお店とかはもう閉まってたので、
今度は営業時間内に行ってのぞいてみたいな〜。 (≧∇≦)

基本的に、金曜日(14時〜18時)と土曜日(10時〜14時)しか
営業していないようです。

ホームページを見ると、アルパカの個体の販売もしているみたい。
一頭、50万〜60万くらい。。。
(いや〜、普通は自宅で飼えないですね〜)


この『アルパカ牧場』のホームページはこちらでーす。


モフモフ情報でしたっ (≧∇≦)b



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

現在『超伝導』について勉強中。。。
(次のブログのため〜)
やっぱ難しいわ〜、面白いけど(^▽^;)



一個くらいはいいんだと言ってたんだも〜ん
2017年09月29日 (金) | 編集 |

9月も終盤となりますと、

青々としていた木々の葉も、だいぶ黄色が目立ってきてますね〜。

秋になる
ドイツの紅葉ってのは『黄色くなる』って感じで、日本のように
燃えるような紅色ってのはあまり無いですね。。。


そして日中は暑くもなく寒くもなく、
散歩に行くには気持ちいい日が続いております。


散歩1


春の生まれの私ではありますが、何気に私はが好き〜。


散歩2


歩いていると、景色も変わっていき、


散歩3


振り返ると天気も変わりそうだったりしますけど、、、
(雨、降んないで〜!)


りんご1
お、りんごの木!
 
『もぎっ!!』

(以前、ペタさんが「一個だけならイイんだよ」って言ってたので)


りんご2
もぎったりんごをズボン(ペタさんの)でフキフキしたら、
なんと、こんなテカテカにっ!


りんご3
そして、イケる!!


こんなことをしながら、ドイツの秋を感じておりますよ。

さて、今年は日本の燃える紅色、見に帰るかね〜。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

あら?今回は短かかったわね(笑)


今年の秋の思い出は.....これかな?(*_*)
2016年11月25日 (金) | 編集 |

ほら〜、、、またダラダラ過ごしてたら、

もう『シュトゥットガルトのクリスマスマーケット』も始まったじゃない!
(11月23日〜12月23日)

日本は今日(24日)、都心で54年ぶりの11月中の初雪だったそうですね。
(みなさんっ! 路面凍結で転ばないように気をつけてくださいね!!)

ドイツはというと、最近は気温、ゆるいですね〜。
「もうマイナスだ〜〜〜!!」と11月前半はかなり寒がっていたけど、
近ごろは日中、15度くらいにまでなったりしてますもん。

TVでは、クリスマスマーケットの屋台の準備中のおじさんが、
「もっと寒くなってくれないと、グリューワインが売れんわい。」
嘆いていましたし。

とはいえ、クリスマスマーケットも始まったし、
木々の枝葉は枯れ落ちて、ほとんどハゲハゲですから、

秋、終わりですね。。。るるる〜〜〜〜 (>_<)

なので何かちょっと『遅いだろ!!』感がありますが、
今回は私の今年の秋の思い出を。(あ?思い出だから、遅くでもいいのか)


それは、木々がハゲハゲになってしまう少し前のこと。

朝から霧がかっていて、願わくば家でダラダラ(やっぱりかいっ!)と
過ごしていたかったところ、

「外の空気を吸わなくちゃ!!」とペタさんに連れ出されまして。

霧の中
ほうら、霧の中〜〜、、紅葉も見えんわ!!(*_*)


で、ここはどの辺なのかといいますと〜、
いつも散歩に行く森(シューンブーフ)の〜、
 
この辺
この辺。(^_^)


Einsiedel(アインシーデル)という場所です。

Einsiedel城1
でもって、 Schloss Einsiedel(アインシーデル城)
(え〜〜〜、これでも『お城』なんですね〜)


Einsiedel城2
歴史は古く、15世紀に『髭のエーバーハルト公』(エーバーハルト1世)が、
狩りの城として建てた城だということです。

髭の公爵、、、そういえば以前ブログでちょっと紹介しました。
第二次世界大戦の際、壊滅的破壊を受けたシュトゥットガルトの
『希望の光』となったあの人です!! 過去ブログ


Einsiedel城3
現在は、西側の白い建物しか残っていませんが、当時は こんな感じで
白い塔が建っていたり、循環した塀があったりしていたようです。


Einsiedel城4
上のイラストにある、城を囲む水路(堀)は残っています。

現在このお城は、『青少年センター』とでもいいますか、
若者たちの宿泊研修施設、合宿所みたいな形で利用されてるようです。


お城のまわりをしばらく歩いて、天気も良くないからもう帰るか?と決めた途端、
霧が一気に晴れて、太陽が顔を出し始めたんですよね。

それならばせっかくだから、ちゃんと森に行ってみるかね?ってなりまして。

秋の森1
もう、さっきのどんよりな霧の景色がウソのような、キラキラの秋の色! (^_^)


秋の森3

出かけて良かったわ〜、なんてチャッカリ思うわけです。


ベニテングタケ
「んがっ!!」

こんなでっかい『ベニテングタケ』も見つけたし、、
(毒キノコ、毒キノコ!!.....え?どっちがって?)




チャリで出動
森の散歩から帰った後、やはりお天気の良さがもったいなくて、
ペタさん誘ってチャリで出動!!


ササクレヒトヨタケ
そこでは、こんなの見つけました。

多分コレね。『ササクレヒトヨタケ』ってキノコ。


とまぁ、なんだかやたらと短かったような気がする今年の秋。

今思い返しても、『キノコ』の思い出しかありませぬ .......


そして冬が始まるのだね〜 (>_<)




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

私、キノコ博士ではありませんよ(^▽^;)


楽しくシカのお勉強(森の続きの話)
2014年11月01日 (土) | 編集 |

今日は ハロウィーン ですね、、?(本日10/31)

この後、玄関のチャイムが鳴ろうとも、居留守を決め込みますよ?

前回、"続きは明日にでも〜" などと書いておきながら、
面白い遊び道具を手に入れちゃったもんだから、
なんかもう、そっちに夢中でね〜、、。(いかんいかん)

というわけで、やっと続きです。

ようこそシカの体験ゾーンへ看板
『ようこそ、シューンブーフ アカシカの体験小道へ』

シューンブーフ(Schönbuch)の森シカ が生息する囲い地には、
主に子供達が楽しみながらシカの事を知る事ができるように、
案内板ちょっとした遊び場なんかが用意されています。

RehはHirschの雌?看板
Reh(レー:ノロジカ)ってHirsch(シカ)のメスなの〜?』
Ist das Reh die Frau vom Hirsch?

『ううん、違うよ〜ん。』
Nein, dem ist nicht so.


この案内板には、"Reh(ノロジカ)とRotwild(アカシカ)は確かにシカの仲間では
あるけれど、どちらも外見、行動、習慣が全く違う種類なんだよ"

と、それぞれの体格食べ物生態などが紹介されています。


森の囲い地の歴史看板
シューンブーフの40kmもの長さに及ぶ『囲い』の歴史 のお話。

中世の貴族の、娯楽や権力誇示の為のシカの狩猟の話から、
それに伴って農民たちの苦しい労働があった事。

1848年の革命後の狩猟動物の激減に対する狩猟法の改正と、戦後に制定された
狩猟禁止が、今度はシカの数の激増を招くことになった事。

大量のシカの群れにより、農業や林業に莫大な損害を被った地元の自治体が、
アカシカの根絶を要求するも、保護と保持、土地の文化的観点から
1960年代の始めに森の4000ヘクタールを柵で囲んで、
そこにアカシカを住まわせるようにした事。

そして野生と森に関心をもつことが、調和へと繋がっていき、
シューンブーフの森は、シカ達がここで元気に暮らすことを
望んでいるんだよ。(ってな事が書いてあります。難しいよ、これ


こんな体験コーナーもあります。
 

幅跳び1
『どこまで飛べる?幅跳びコーナー』
(ペタさんが立ってる所は 9m 地点)


幅跳び2
ハリネズミは飛べないね(0m)、ネズミは0,7m、ウサギは2m、
キツネが2,8m飛べて、イノシシはなんと4mも飛ぶ!
ノロジカ(Reh レー)は6mも飛ぶけど、


アカシカ9m
アカシカ(Rotwild / Rothirsch)は 9m ジャンプっ!

さぁ、君はどこまで飛べる?ってやつです。


重さ比べ
コレは何でしょう?(3基 並んでいます)

『体重はどれくらい?』体験です。

足の踏み台みたいなのがありますが、
アレを手でつかんで引き上げるのですよ。


野うさぎ5kg
野うさぎの体重は5kgほど。取っ手は楽々持ち上がる〜。


若いノロジカ15kg
若いノロジカ15kg。まだまだ楽勝で持ち上がる〜。


若いアカシカ80kg1
そして3基目の若いアカシカは〜?


若いアカシカ80kg2
おお、80kg!こりゃ、無理すると腰をやられるな、、。
(大人のアカシカはこの2倍以上の重さになるよ、との事)


おばさんも挑戦
後から来たおじさん、おばさん達。
だいぶ年配の方達のようですが、おばさん2人とも「うりゃっ!」と
80kgを持ち上げていましたよ、、。(おじさんは見てただけ〜)


でもこんな大型のシカが道路に飛び出して来ようものなら、、、
 
交通事故
シカも不憫だけど、事故処理も大変ですわね、、。
(分りづらいけど、車のフロントガラスにシカが刺さってます)


めくってみよう
これは『誰の足跡?』当ててみてコーナー。


足跡(キタリス)
歩幅と、前足・後ろ足の足跡のイラストが描かれたプレート。

めくってみると〜?
 

キタリス
Eichhörnchen アイヒホーンヒェン(キタリスでしたー!

ドイツで見かけるのは、このリスばかり。(でも超かわいいから


足跡(イノシシ) DSCF2717.jpg
イノシシの足跡はこれ。


足跡(キツネ) キツネ
キツネの足跡。わりと足の運びが真っすぐですねー。


足跡(アナグマ) アナグマ
アナグマの足跡。
(前足と後ろ足が)2度重なるって書いてあるけど、、、
どんな歩き方してんの??


足跡(アカシカ) アカシカ
そしてもちろん、アカシカのも。

こうして見ると、前足と後ろ足の形が違うもの、4本とも同じ形のもの、
歩き方も様々で面白いものですな〜。


鳴き声を聞こう1
『森の動物の声』のコーナー。

1. 『発情期(♡)のアカシカの雄の声』ですって。ぷぷぷ。
んごあお〜〜〜うっっ!って野太い声。

鳴き声を聞こう2
動物の番号を選んでスタートを押すと、上のスピーカーから
そやつの鳴き声が流れますよ。(10秒間くらい)


君の声も
『・・・そして今度は君!』

自分の声を録音して流せるようです。
(恥ずかしくね?)

こんな感じで、遊び心も満載のシューンブーフの森

今日(10/31)も別のエリアを小1時間ほど歩いてきましたけどね。

10月末の森1

暑くも寒くもなく、カサカサと音がする落ち葉の道
とても気持ち良かったですよ。

10月末の森2
もうすぐ森もハゲハゲになっちゃうから、今のうちに楽しまないとね!
(キタリスにも会えるといいな〜)


保護地区
野生動物の憩いの場

今や私の憩いの場でもあります。




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

お、11月に入っちまってるよ?