fc2ブログ
ドイツ シュトゥットガルト近郊で暮らしています。日々の出来事、シュヴァーベン地方の紹介などを書いています。
Kneipp Anlage(クナイプ施設)
2022年08月04日 (木) | 編集 |

(続きでーす)

ウーラハ滝の駐車場(Maisental)の横にあった
"あの施設" というのは、これです。
 

クナイプ施設1
<Kneipp - Anlage>

"クナイプ アンラーゲ" と言って、
ちまたでは『入浴剤』などでおなじみの『Kneipp クナイプ』さんの
『水療法』の設備です。

『クナイプ施設』は大抵、小川のそばにあって、
"冷水歩行"(Wassertreten)用のプール/浴槽と、
"両腕の冷水浴用"のアームプール/浴槽(Armbecken)が設置されています。

クナイプ施設2
冷水歩行中のご夫婦がいましたよ♪
(アームプールは故障中?のようでした)

ここのプールの水は、ウーラハ滝から流れてくる小川、
"Brühlbach(ブリュールバッハ)" の冷たい水を
利用しているのでしょうね〜。





『クナイプ施設』と言えば、私達がしばしば訪れる
"Ave Maria教会"の近くにもあります。
 

クナイプ施設3
 Bad Ditzenbach(バート ディッツェンバッハ)という
町にある『クナイプ施設』

ここのプールの水は、ネッカー川の支流のFils(フィルス)』川から
入ってきています。


クナイプ施設4
アームプールです。(めっちゃ冷たい!)

"数年前" のペタさんで使い方をご紹介しましょう (^▽^)b
 

クナイプアームプール
はい、このように両腕を冷た〜い水に沈めます。



クナイプ水中歩行1
ズボンまくって、いざ、冷水歩行へ。


クナイプ水中歩行2
(楽しそうです)

私もやったことありますけど、頭がキンキンするほど
水が冷たいんです (*_*)


クナイプ設備使用方法
使用方法の説明があります。

・原則として、冷たい手足の状態で始めないように。
(運動したりして体を温めてから始めて)

・アームプールと冷水歩行は、すぐに続けて行わず、
2時間ほど間を空けて。(えっ!?)
両方の使用は生理学上、逆に作用するので。(だそうです.... )

・アームプールでは両腕を、強い寒冷刺激が生じるまで
最大30秒沈める。
その後、水をさっと拭き取り、腕が完全に乾くまで動かす。

・冷水歩行では、片足を常に水から引き出して歩く。
(コウノトリのように足を高く上げる足どり)
その後、水を拭き取り、温まるまで陸を歩く。

設備の利用は自己責任で!(^▽^;)

・・・・とのことです。


まぁクナイプの水療法は、水によって起きる冷温の温度作用
血液の循環を刺激して、血流の促進を目的としているので、
やり方が重要になってくるんだと思います。


この『水療法』は、ドイツのセバスチャン・クナイプ神父
提唱する自然療法医学『クナイプ医学(Kneipp - Medizin)』
『5つの柱』の内の1つです。

クナイプ医学の『5つの柱』 クナイプ哲学(Kneipp HPより)


こういった『クナイプ施設』ドイツに750箇所もあるそうで。
ドイツのクナイプ施設のリスト

BW州に至っては369箇所あって、
その内、Stuttgartにも2箇所ありますね。(行ったことないけど〜)

※ 先の(ウーラハ滝そばの)クナイプ施設は
Landkreis Reutlingen(ロイトリンゲン郡)にある4つの内の1つ。

※ Aveの近くのBad Ditzenbachのクナイプ施設は
Landkreis Göppingen(ゲッピンゲン郡)にある4つの内の1つ。


こう暑い日が続くと、久々にAveの近くので冷水歩行とか
したくなるな〜 (^▽^;)
でも冷たい水って苦手です〜〜〜〜 (>_<)


クナイプのシャワージェル
ちなみに私が何年も愛用しているクナイプ商品がこれ。
ボディソープ(ってかジェル)です。
爽やかなレモンの香りが良いのです〜(=^.^=)♪

Litsea Cubeba・Zitrone(リトセア クベバ・ツィトローネ)
って書いてあります。
Zitroneはもちろん『レモン』ですが、
Litsea Cubebaって、青文字という植物らしいですよ。

学んだ!! (^▽^)


にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Bad Ditzenbach(バート ディッツェンバッハ)の町には、
ちょっと面白いものがあります。
今度紹介しますね〜(=^.^=)


スポンサーサイト



涼を求めてアノ滝へ!
2022年07月28日 (木) | 編集 |

7月25日(月)

毎日30度超える日々が続いてほんとダレるわ〜、、、
どこか涼しい風景を見に行きたいわ〜、、、

そうだ!滝を見に行こう!(=^.^=)b


と、いうわけで、休暇最終日のペタさんと一緒に
かなり久々に『Bad Urach』(バート ウーラハ)の滝、
Uracher Wasserfall に行ってきましたよ。

ウチ(Filderstadt)から車で約45分です。
(滝の駐車場まではね)

駐車場に着いたのは午前10時50分くらいで空いてます。
土日だったらもうこの時間だとほぼ満車で
滝への道も混雑してしまいます。

20220725ウーラハの滝へ1
駐車場から約2km先に滝があります。
平坦な道を約30分ほど歩きますが、

暑くなりそうだな〜、、 (*_*)


20220725ウーラハの滝へ2
滝から流れてくる" Brühlbach(ブリュールバッハ)" という
小川沿いに歩いて行きまーす。


20220725ウーラハの滝へ3
日向には出たくないですねぇ (^▽^;)


20220725ウーラハの滝へ4
水面に木漏れ日が反射してキラキラしている様、綺麗です (=^.^=)


20220725ウーラハの滝へ5
途中で牛たちが水浴び中で。


20220725ウーラハの滝へ6
『ハイヒールの靴禁止』ですw


20220725ウーラハの滝へ7
このあたりの地質は『Kalktuff』トゥファ)と言って
"石灰質化学沈殿岩で多孔質の石灰華" なんだそうです。
(難しくてわかんないけど。。。)

まぁそういうことで、珍しい植物や昆虫などが生息している
自然保護区なので、立ち入り禁止の札の立つ場所もあります。


20220725ウーラハの滝へ8
滝が見えてきたところで後ろ(今来た道)を振り向くと、


20220725ウーラハの滝へ9
山の上に『ホーラン ウーラハ(廃墟)』が見えます。
夏は木々に覆われてこんな感じですが。


20220725ウーラハの滝へ10
さて、滝です。。。(えっ? 見える?)


20220725ウーラハの滝1
しょぼっ!! (>_<)

雨が降らないので仕方ないか〜。


20220725ウーラハの滝2
滝の近くまで登っていける石の階段があります。
(ってか、木の根っこがアートだw)


20220725ウーラハの滝3
でも途中で断念!(^▽^;)
デブ2人にはもう辛いのぉ〜、、、


20220725ウーラハの滝4
あの、人が立っているところまで
滝のそばにいけるようです。(知らんけどw)


20220725ウーラハの滝5
Uracher Wasserfall(ウーラハ滝)
(高さ約37mほど)


20220725ウーラハの滝6
目には涼しい風景なのですが、体は汗だくで、、、(*_*)
(あれっ?『涼』は??)


20220725ケーキ1
帰りに寄ったカフェの中が一番涼しかったで〜す (≧∇≦)b


20220725ケーキ2
いちごヨーグルトケーキ LOVE


⭐︎冬の(凍った)ウーラハ滝はこんな感じ 過去記事

次は、ウーラハ滝の駐車場(Maisental)の横にあった
"あの設備(施設)" について書きたいと思いまーす。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

鍾乳洞行きたい。。。


アヴェの帰りに見つけたヒマワリ畑♪
2022年07月21日 (木) | 編集 |

今日はペタさんとアヴェ(アヴェマリア教会)に行って、
『聖水(Weihwasser)』を分けてもらい、
周辺を少し散歩してきました (=^.^=)

(行くところが無いといつもこのパターンw)

20220721アヴェ1
アヴェへはウチから車で約45分くらい。
Deggingen(デッギンゲン)という町の森の中にあります。

今日はA8(アウトバーン)の工事渋滞でもっと時間がかかりましたが。。。


20220721アヴェ2
アヴェの中はいつも静か。


20220721アヴェ3
小さいけど豪華で可愛い教会です。

このブログでここの立派な『クリスマスクリッペ』
何度も紹介してますね〜。


20220721アヴェ4
祭壇の前に飾られる花はいつも綺麗で、
それを見るのもアヴェに来る楽しみの一つです。


20220721アヴェ5
今日は優しい感じのアレンジメント (≧∇≦)


20220721アヴェ9
アヴェからの眺め。


20220721アヴェ10



20220721アヴェ6
アヴェの森から流れて来る水は冷たくて美味しくて、
その湧き水をペットボトル1本に入れて持ち帰ってます。


20220721アヴェ7



20220721アヴェ8

アヴェからの帰りは渋滞もなくスイスイと。
(反対車線はずっと渋滞しているわけですが)

テック城(Burg Teck)が見えてきたあたりで
なんか黄色く広がる風景がチラッと見えまして。

もう菜の花じゃないし〜、、、?

ペタさんが「ヒマワリでしょ」と言うので、一旦A8を降りて
その黄色野郎を探しに行きました。
 

20220721ヒマワリ1
あったよ、あった!
笑っちゃうほどのヒマワリの数!


20220721ヒマワリ2
向こうの山のてっぺんにテック城が見えてます。


20220721ヒマワリ3
みんなこっち見てるね〜♪


20220721ヒマワリ4



20220721ヒマワリ5



20220721ヒマワリ11
みんな同じ方を向いて咲いていますからね、
後ろに回るとこんな感じでw(ヒマワリのうなじ〜)


20220721ヒマワリ6
最近は体がダルく、気持ちの晴れない出来事が続いているのですが、

このたくさんのヒマワリ見たらちょっと元気出た (^_^)/


20220721軽食
アヴェの近くで食べたコレもなかなか美味しくて、元気出た (^▽^;)

明日も頑張ろうね。



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

いい麦わら帽子が欲しいな〜 (^_^)


ネムネムとモフモフの木
2022年07月14日 (木) | 編集 |

去年の夏、Stuttgartのシュロスプラッツ
なんか初めて見る木がありました。
 

20210725ネムの木1
(2021年7月25日 シュロスプラッツ)


20210725ネムの木2
鮮やかな濃いピンク色の、ケパケパの扇みたいな花。
(ジュリアナTOKIO〜w)

もう花は枯れてしまっているのも多いような状態でしたが、

「初めて見るな〜、なんていう木なんだろうな〜」
気になっていたところ、

さすが、私の散歩の定番『ホーエンハイム庭園』
後日、その庭園にあの木を見つけました!


20210809ネムの木
(2021年8月9日)

まだ綺麗な花が残っている感じで、
名札のプレートでようやくこの木の名前を知りました。

学名:Albizia julibrissin
和名:ネムの木

夜になると葉が閉じて垂れ下がり、眠るように見えるので
この名前がついたそうです。

ドイツ語でも Schlafbaum(眠る木)と呼ばれています。
(Seidenbaum、Seidenakazieとも)

今年もホーエンハイム庭園で咲くのを心待ちにしていたところ、
先日(7月9日)綺麗に咲いていましたよ♪
 

20220709ネムノキ1
(2022年7月9日 ホーエンハイム庭園)

木の高さは6〜10メートルになるそうで、
ここの木は8メートルはありそう。

分布はエチオピア、イランから日本、中国中部に至るようです。


20220709ネムノキ2
上の方にワサワサとたくさん咲いておりますが、


20220709ネムノキ3
割と低い位置にも咲いていてくれたので
触ってみることもできましたよ(^▽^)


20220709ネムノキ4
柔らかいモフモフでした。
ってか、珍しい咲き方しますよね〜。


そして今年も初めて見る木がありました。
 

20220709ボタンブッシュ1
同じくホーエンハイム庭園にある、高さ2メートルくらいの木


20220709ボタンブッシュ2
こんな『球形』の花が咲いていました。

学名:Cephalanthus occidentalis
和名:アメリカヤマタマガサ
(ボタンブッシュ、ハニーベルとも)
(独:Knopfbusch)

原産地は北アメリカ


学名からの『セファランサス』という名前で園芸店で
売られているそうです。


20220709ボタンブッシュ3

『人工衛星の木』とも呼ばれるそうで、
まぁ、そう言われてみれば宙に浮いているようにも?

トゲトゲしているのかな?と思って触って見たら、
ふわふわのモフモフでした〜(笑)

で、『もふもふ』と言えば、ハグマノキ(白熊の木)
 

20220621もふもふの木1

これも去年ホーエンハイム庭園で初めて知った
『もふもふ野郎』ですが、


20220621もふもふの木2

この『ハグマノキ(白熊の木)』を超えるモフモフは
他に無いですね〜 (=^.^=)


20220621もふもふの木3


庭園の『ハグマノキ』については去年のブログを見てね〜♪
 もふもふの木、白熊の木〜。


20220709庭園

庭園には他にも変わった花が咲く木がありますので、
また紹介できたらいいなと思ってまーす (^_^)/
よかったらまた来てね〜♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コロナ野郎の感染者が周りでもかなり増えてます (>_<)
とても感染力が強いというBA.5株野郎に気が気じゃないわ〜。。。


甘い香りは10m先から♪(西洋菩提樹)
2022年07月05日 (火) | 編集 |

今年は6月10日ごろから香り出しました。
 

20220510菩提樹1
近所の西洋菩提樹(Linde)


西洋菩提樹の花1
花が咲き出すと、
周辺はめっちゃ甘い香りに包まれます。

最初は、「どこかでバラが咲いてるっ!?」って思ってましたが、
この木の花の香りだと知ってから、
この時期、この木の下で嗅ぐ甘い香りも楽しみの一つです。
ほんと、10mくらい先から近づいてもホワ〜っと香ってくる感じ。


西洋菩提樹の花2
花は小さく黄色で可愛らしい。


西洋菩提樹の花3


西洋菩提樹(リンデ)自体はちっとも珍しくない樹木ですが、
ここに立つこの菩提樹が特徴的なのは、
葉の裏が白っぽいところ。


西洋菩提樹の葉の裏
(こんな感じ)


ホーエンハイム庭園にも数種類の西洋菩提樹がありますので、
その中で見る限り
「うちの近所のあいつは、おそらくコレだな!」と思っているのが、

『Silber Linde』という種です。
(銀葉菩提樹)

Silber Linde(銀葉菩提樹)は、
強い日差しの中では葉の下側(表面が銀色)を太陽に向け、
太陽光を反射させて自身を保護することができるんだそう。

そういえば最近のあやつは、
 

20220705西洋菩提樹1
上の方は、銀色の葉を太陽に向けているように見えます。


20220705西洋菩提樹2
銀色野郎、えらいな〜。


20220626西洋菩提樹の下
日曜日のテニスで、いつもバイクを止めてる場所ですが、
メットを脱いだ途端にホワ〜っと甘い香りが。

「こ、この香りはっ!!」
と思って上を見たら、


20220626西洋菩提樹1

西洋菩提樹〜 (=^.^=)


20220626西洋菩提樹2
しかもうちの近所のと同じ『銀葉』野郎 (≧∇≦)♪

とても甘いいい香りで、テニス練習の前から
嬉しい気分になったのでした〜。


さて、ホーエンハイム庭園では、紫陽花もそうですが、
最近気になっていた木が花を咲かせはじめました。
近々またアップしますね〜 (=^.^=)/



にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

Sバーンが工事ばかりで、電車は遅れるは、本数は減るは、
さらに7月30日〜9月11日まで、うちから中央駅まで間の6駅分が止まらないはで、もうホントうんざり!
ずっと9ユーロチケットにしろっ!! って感じです。ヽ(`△´メ)ノ